全国のプロミスATMが利用できます。申込みは公式ホームページからどうぞ!
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ユニーファイナンスでの自営業者の借入について

柔軟な審査を行う中堅消費者金融会社の中には、自営業者への貸出しを行っていない会社もあります。
中堅消費者金融会社には、大手で借入が出来なかった方の申込みが中心になります。
ですから、初めて消費者金融を利用する方の申込みはほとんどありません。
そのような顧客層では、
“自営業者は毎月安定した収入があるサラリーマンよりもリスクが高い”と判断してのことでしょう。

しかしユニーファイナンスでは自営業者に対しても積極的に貸出しを行っているので注目です!


自営業者の方にも小口無担保ローンがおすすめです!




≪自営業者の方でも小口無担保ローンがおすすめ≫

ユニーファイナンスでは、自営業者向けの商品として「事業者向けビジネスローン」があります。
しかしこの商品は100万円超の大型ローンになり、事業資金として借入をするイメージになります。
また大型融資になるので審査は厳しくなり、担保や連帯保証人が必要となる場合も多いようです。
どうしても大型融資をご希望であればやむを得ませんが、100万円以下の金額であれば、自営業者の方でも、「小口無担保ローン」への申込みをおすすめします。

※自営業者が小口無担保ローンに申込むメリット
@審査にかかる時間が速い
A担保や連帯保証人は原則不要
(担保や連帯保証人を必要としない範囲で審査をしてもらえます。)
B提出書類が少ない
(ビジネスローンの場合には、契約にあたり必要な書類は多岐にわたります。)
C審査が通過しやすい
(事業者向けビジネスローンに申込むよりも、可決率は圧倒的に上がります)

※自営業者が小口無担保ローンに申込むデメリット
@総量規制の対象商品となる
前述したように、「小口無担保ローン」は審査も速く通過もしやすいのですが、総量規制の適用を受けることになります。
「事業者向けビジネスローン」の場合は、総量規制の例外にあたります。)

ユニーファイナンスの返済シミュレーション

ユニーファイナンスの基本的な貸付条件は下記のようになっています。
○貸付利率:実質年率17.95%(100万円未満)
○違約利率:実質年率20.00%
○毎月の返済額:下記参照
・10万円以下の場合・・・4,000円以上
・10万円超20万円以下の場合・・・8,000円
・20万円超30万円以下の場合・・・12,000円
・以後融資残高が10万円増すごとに3,000円を追加した金額
○返済回数:下記参照
・融資金額が30万円以下の場合・・・33回以内
・融資金額が30万円超え100万円未満の場合・・・55回以内
・融資金額が100万円を超える場合・・・82回以内

利用金額に対して毎月の返済額がやや高めに設定されているのは、日本貸金業協会が定める「貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則」の第26条で「リボルビング契約を締結する場合は、返済が原則3年以内(ただし、極度額が30万円を超える場合には原則5年以内。極度額が100万円を超える場合は合理的理由があればこの限りでない。)に終了するようにしなければならない。」とされているからでしょう。
(大手消費者金融会社を含めこの基準を厳密に遵守している会社は実は少なく、ユニーファイナンスのコンプライアンス体制がしっかり整っていることが垣間見えます。)

この貸付条件に基づき、シミュレートしてみましたので参考にしてください。
(枠内融資を受けずに当初の分割金を完済に至るまで支払い続けたと仮定した計算です。実際の支払総額は利用した日付によって変わりますので、あくまで目安です。)
○限度10万円を利用した場合(毎月支払額:4,000円)
・返済回数:32回
・支払総額:126,165円
○限度20万円を利用した場合(毎月支払額:8,000円)
・返済回数:32回
・支払総額:252,337円
○限度30万円を利用した場合(毎月支払額:12,000円)
・返済回数:32回
・支払総額:378,518円
○限度40万円を利用した場合(毎月支払額:15,000円)
・返済回数:35回
・支払総額:514,202円
○限度50万円を利用した場合(毎月返済額:18,000円)
・返済回数:37回
・支払総額:651,031

実際の取引では、枠内融資を受けたり、最低返済金額も借入残高に応じて引きさがりますから、上記よりも長期間の利用になることが多く、支払総額もそれに伴い、上がることになることでしょう。
取引が長期間になれば、それだけ負担する利息金額も大きなものになってきます。
くれぐれも計画的なご利用を心がけましょう。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの指定信用情報機関の定期調

ユニーファイナンスに新規申込みをした際には、指定信用情報機関である,株式会社日本信用情報機構JICC)を通して、返済能力調査他社の借入調査)が行われることになります。
総量規制の判定はこの指定信用情報機関で調査した借入金額が基になりますから、厳格な審査をするために現在の法律ではこの調査は貸金業者の義務になっています。

この指定信用情報機関には他社の借入状況以外にも、照会対象者の住所、氏名、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号などの個人情報が登録されており、ユニーファイナンスをはじめ貸金業者指定信用情報機関の照会をすることで、それらの情報を確認することができます。
(申込み時に申告した内容と指定信用情報機関の内容が相違していれば、不審に思われ確認されることがあります。)

ユニーファイナンスでの契約は指定信用情報機関の定期調査が義務付けられています!
さてこの指定信用情報機関の調査ですが、照会されるのは新規申込みの時だけではありません。
ユニーファイナンス個人向け小口融資の商品は、定められた限度枠内で繰り返し入金・出金ができる、いわゆるリボルビング契約になります。
(全国のプロミスATMからFITカードを利用して入金・出金が可能です。)
リボルビング契約は顧客が自由にATMなどから引き出しができるという性質上、融資の都度に指定信用情報機関を利用した返済能力調査を実施して総量規制の判定をすることは現実的に困難です。
そこでリボルビング契約の場合、定期的に指定信用情報機関の調査をして総量規制の判定をすることが貸金業者に義務付けられています。
この定期調査で総量規制に抵触していることが判明した場合には、
@ 極度額の減額
か、
A 新たな貸付停止措置(出金停止措置)
を講じられることになります。

ユニーファイナンスの定期調査の頻度は?
ユニーファイナンスのようにリボルビング契約における途上与信の頻度は内閣府令で下記のように義務付けられています。
・1月の借入れの合計額が5万円以上、かつ、借入残高が10万円以上の場合には毎月
・上記にあたらなくとも借入残高が10万円以上の場合には3月ごと

この調査で総借入残高が年収の3分の1を超えていることが判明した場合は、前述のように極度額の減額か新たな貸付停止措置(出金停止措置)を講じられることになります。
また、最低3月ごとには定期調査をされるということは、定期調査の都度、申告されている顧客情報と指定信用情報機関に登録されている個人情報に相違がないかの確認もされると思われます。

○突然の出金停止には要注意!
このように定期的に実施される途上与信で総量規制に抵触している場合には、突然、限度枠内での出金が出来なくなることもあり得ます。
もし枠内での追加融資をあてにして、資金計画を立てていた場合には、困ったことになりかねません。
リボルビング契約にはこのようなリスクも有ることは認識したうえで、資金計画を立ててください。

申込みはこちらの公式ホームページより!

ユニーファイナンスの口コミ評価を検証する!

ユニーファイナンスはインターネット上の口コミが非常に少ない会社です。
その上、本当に利用者が書いているのか怪しい記述もあり、なかなか公正な口コミ分析は困難です。

そこでユニーファイナンスをどこよりも詳しく解説している」と自負している当サイトで、ユニーファイナンス口コミを徹底検証してみます。


@「債務整理後支払い済の方は審査対象だが自己破産債務整理中の方は審査対象外」というのは本当か?
これはユニーファイナンス口コミや評価を書いたネット上の記事でよく見受けられる記述ですが、結論から言うと、現在は自己破産債務整理をした方でも審査対象になっているようです。(平成26年5月現在)
確かに、従来の消費者金融会社の審査では、自己破産した方は債務整理した方よりも低い評価で見られていました。
しかし、近年は過払い返還の増加で、自己破産の数は減少し、債務整理の数は増加傾向にあります。
(本来、自己破産すべき状況の方でも過払い返還があれば自己破産をせずに債務整理で対応が可能になっています。)
簡潔にまとめると、債務整理をする方と自己破産をする方の違いは主に下記のようになります。
・債務整理・・・過払い返還での清算が見込める方
・自己破産・・・過払い返還での清算が見込めない方
このような傾向は、近年、特に顕著化しています。
このように現在は、過払い債務の有無で、整理の方向性は決まることが多く、債務整理者よりも自己破産者の属性が必ずしも劣るということはありません。
このような傾向を受けて、ユニーファイナンスをはじめ各消費者金融会社の審査基準も変化してきています。
過去自己破産した方も、申込みをする価値は十分にあります。


A「複数の借入があるのに審査が通った!」または「審査が厳しい。貸す気がないのでは!」など人によって感想が違うのはどうしてか?
ユニーファイナンス比較的柔軟な審査を行っていますが、その評判は両極端に分かれています。
原因は、「ユニーファイナンスの審査は、総量規制の範囲内で複数の借入がある方や自己破産債務整理をした方への審査は柔軟だが、他社支払延滞中や他社支払いが毎回遅れ気味の方への審査は厳しい」ということだからでしょう。
現在、ユニーファイナンスをはじめ消費者金融会社には、キャッシングの審査をする時に指定信用情報機関を利用した他社借入調査を行うことが義務付けられています。
指定信用情報機関から得た情報によって、「他社借入額」の他に「他社の延滞有無」や「過去12ヵ月の延滞日数」が判明します。
審査が厳しいとの口コミは、他社延滞中の方や過去1年以内に他社延滞したことがある方だと思われます。
“他社延滞は審査に非常に不利になります”から要注意です。


B「いろいろ聞かれたあげく否決になった」というのは本当か?
そのようなケースが、どうしても出てくるのはやむを得ないでしょう。
審査中にいろいろと聞き取りされるのは、丁寧に審査を行っている証拠です。
何も聞き取らないで否決にすることは簡単に出来ます。
しかし、ユニーファイナンスでは申込みされた方をなるべく可決にするために、簡単に否決にしないで聞き取り(ヒアリング)を行っています。
その結果、否決となることもありますが、手間を惜しまず聞き取りをする姿勢は、ユニーファイナンス
の努力と言えるでしょう。

C「電話の対応が悪い」というのは本当か?
これはその方のとらえ方によるので何とも言えません。
しかし、当サイトでもユニーファイナンスに問い合わせすることがありますが、不愉快な対応をされたことはありません。女性スタッフが対応してくれて親切で感じは良かったという印象でした。
最低限度、暴力的な対応をされることはありませんので、気にする必要はないでしょう。


C「督促が厳しい」というのは本当か?
現在、消費者金融会社暴力的な取り立て行為はかなり厳しく禁止されています。
平成22年の改正貸金業法施行によって、その傾向はより強まりました。
何をもって厳しいというのかは、その方の受け取り方になりますが、ユニーファイナンスの督促は合法的なことしか行いません。
また近年、企業にはコンプライアンス(法令遵守)が非常に厳しく問われる時代になってきています。
もちろん延滞すれば電話連絡が入ったり通知が発行されたりしますが、あくまで合法的な範囲でのことです。
暴力的な取り立てをした消費者金融会社が被るデメリットは計りしれません。

これらのレポートはユニーファイナンス口コミ評価を当サイト独自の調査で検証したものです。口コミはあくまで個人の感想ですからもちろん当サイトとは異なった意見もあると思います。あくまで目安・参考としてお役立てば幸いです。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの各申込み方法の特徴につい

ユニーファイナンスへの基本的申込み方法は下記になります。
・有人店頭
・無人店舗
・電話
・インターネット
各申込み方法の特徴を生かしてしてご自身にあった申込みが可能です。

○有人店舗での申込み
(平日9:00〜19:00)
ユニーファイナンスの有人店舗は名古屋駅近郊の1店舗だけです。
所在地は公式ホームページを参照ください。
有人店舗に出向けば、担当者と対面の上で審査されることになります。中にはそのことに抵抗を持たれる方もいると思いますが、かつて対面審査消費者金融会社の基本でしたし、現在でも非対面よりも信頼してもらえる場合が多く、名古屋近郊にお住まいで来店に抵抗がなければ、有人店舗での申込みをおすすめします。
デメリットは、来店しても絶対に借入できる保証はありませんので、徒労となってしまう可能性はどうしてもあるということです。

○無人店舗での申込み
(平日9:00〜19:00 土日祝10:00〜19:00)
ユニーファイナンス東海地方を中心に無人店舗が複数あります。
無人店舗は公式ホームページを参照ください。
無人店舗では遠隔審査で、審査〜契約することが可能で、契約後はFITカードでお近くのプロミスATMで引き出しができます。
また、無人店舗のメリットは、土曜、日曜、祝日でも契約が可能なことです。
しかし、有人店舗同様に来店しても絶対に借入できる保証はありません。

○電話での申込み
(年中無休24時間)
ユニーファイナンスでは、年中無休24時間、電話での受付を行っています。
お申込みはフリーダイヤル(0120−2929−80)になります。
申込み方法はオペレーターの質問に回答するだけでOKです。
(融資エリアは振込融資で全国対応しています。)
デメリットは、予想よりも申込みに時間がかかる事と(電話で聞き取りされる都合上、やむを得ないでしょう。)、オペレーターはユニーファイナンスの社員ではなく、事務代行会社の人なので細かな質問には対応は困難なことでしょう。

○インターネットでの申込み
(年中無休24時間)
ユニーファイナンスで現在最も力を入れているのがインターネットキャッシングです。
もちろん申込みは24時間可能です。
来店などの必要もありませんし、申込みも公式ホームページ内「新規お申し込みフォーム」の簡単な確認項目に入力するだけです。
自宅に居ながら都合の良い時間に申込みできるのは非常に便利です。
審査が可決になった場合は郵送で契約書類を交わし銀行口座への振込で融資を行います。
もちろん融資エリアは全国対応です。
デメリットとしては来店にくらべると、融資までに契約書の取り交わしをする分、どうしても日数がかかってしまうことでしょう。
しかし、自分の都合良い時間で申込みが可能で、審査可否の回答はスピーディーです。
一番万能でおすすめの申込み方法です。



ユニーファイナンスのインターネットキャッシングはこちらからどうぞ!

ユニーファイナンスの増額(増枠)について

ユニーファイナンス
で取引を続ければ、増額増枠)が可能になる場合があります。
増額増枠)までに必要な取引期間は半年〜1年ほどで、その間に延滞や極端な借入の増加がないことが必要になってきます。
ユニーファイナンスから営業が入る場合もありますが、必要な方は直接問い合わせをされると良いでしょう。

大手消費者金融会社と違い、ユニーファイナンスのような中堅の消費者金融会社は、“新規融資額を低めにして、増額増枠)で融資額を上げる“というのが基本になります。
ですから最初の新規融資限度額が低くても、増額増枠)で高額融資が受けれるようになる可能性は大です。
ユニーファイナンス無担保ローンの最大融資額は300万円まで対応可能です。)

しかし、どんなに取引実績が良くても増額増枠)できるのは総量規制に抵触しない範囲内になりますので注意が必要です。

当サイトの調査では、限度100万円以上の増額増枠)はなかなか可決されないようですが、限度100万未満、それも限度50万円までの増額増枠)であれば、比較的早めに可能になってくるようです。

いずれにしても、一般的にフリーキャッシングで必要と思われる額には十分対応しています。
また、既存の借入先が増額増枠)に柔軟に対応すれば新たな借入を増やす必要はなく、多重債務という状態にはなりませんし返済金額も抑えれます。

利用後の増額増枠)のし易さを考えてもユニーファイナンスをおすすめします。


ユニーファイナンスは利用後の増額(増枠)も期待できます!≫

ユニーファイナンスのヒアリング通過のコツ

ユニーファイナンスキャッシングの審査を受ける時、他社での借入や生活状況に関して簡単な聞き取り(ヒアリング)をされることになります。

これは大手消費者金融ではあまり見られない作業ですが、大手の審査が通らなかった方を審査対象としている中堅消費者金融では、ヒアリングを実施している会社が多く、主に下記の目的で行われます。
・顧客の収支状況の詳細確認
・詐欺や虚偽申込みでないかの確認
・顧客の返済意思を確認するため
・トラブルの多そうな(クレーマー)顧客を除くため

通常このヒアリングが実施されるのは、
・申込みフォームに入力した内容での属性審査
指定信用情報機関を利用した返済能力調査他社借入額の調査
に通過した方に限られますから、このヒアリングを通過すれば可決の可能性が大です。

≪ユニーファイナンスのヒアリング通過のコツ≫
@ 下手な嘘はつかない
他社の借入状況指定信用情報機関の調査で判明していますし、年収なども収入証明で確認をされることになります。また勤続年数も社会保険の交付日や資格取得日との整合性を確認されます。
下手な嘘をついてもばれることが多く、かえって信用を落とすことになります。
審査に不利益なことでも、正直に回答する方がよいでしょう。

A 最終的な返済方法(清算方法)があれば明らかにする
例えば、退職金がいくら見込めるので最終的にはそれで返済が可能など、具体的な清算根拠があれば、示しておく方が良いでしょう。

B 返済誠意を伝える
ユニーファイナンスをはじめ中堅の消費者金融会社は、大手と違ってはじめて消費者金融を利用する方の申込みはほとんどありません。
主となる顧客は、「大手消費者金融の審査が通らなかった方」になります。
このようにリスク層への貸出しを主としている中堅消費者金融の審査は、「返済誠意」が伝わるかどうかということが、最終的な審査の可否を分けるポイントになっていることが実は多く、「借入したお金は必ず返済してく」という謙虚な姿勢が伝わればOKです。

これらの聞き取り(ヒアリング)は、顧客の状況によって確認される項目も様々ですから、事前対策をすることは難しいのですが、上記のコツを参考に誠意をもって対応すれば、難なく通過することはできるでしょう。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

財務局登録が信頼できる理由

ユニーファイナンスの創業は昭和46年1月で実に41年の実績があることは、既に説明しました。
また、貸金業登録番号【東海財務局(10)第00086号】になります。
(このカッコ内の数字は(1)から始まり、3年ごとの更新で番号が増加してゆきます。(10)は現段階では最長の番号になります。)

ここで注目頂きたいのが、ユニーファイナンスは都道府県知事登録ではなく、財務局登録ということです。
その登録の違いは、
営業所が単独都道府県の場合は都道府県知事登録 
営業所が複数の都道府県にまたがる場合は財務局登録 
になります。

財務局登録で(10)ということは、30年以上前から都道府県にまたっがて営業所を構えていた規模の大きな会社ということになります。

現在、積極営業を展開している中堅消費者金融会社ユニーファイナンス以外にも数社ありますが、そのほとんどは、都道府県知事登録です。(かつて、財務局登録であった会社もありますが、事業縮小によって営業所が減少し、都道府県知事登録に登録換えをしている会社がほとんどです。)

また一般的に、財務局登録の会社は都道府県知事登録の会社よりも規模が大きく社会に与える影響も大きいため、コンプライアンス体制を含めた企業体質などは、より厳しい基準で求められることになります。
このように財務局登録で営業を行っている消費者金融会社は行政の厳しい管理下で業務を行っていますので、その信頼度は都道府県知事登録のそれより高いものになります。

「財務局登録(10)」というのは、ユニーファイナンスが、何十年も事業を縮小せずに厳しい監督の本で営業してきた証です。

大手に比べて知名度の低い中堅消費者金融で借入をするのであれば、まずなによりも、安全性を確認すべきです。
(現在、インターネットで広告している中小の消費者金融会社の中には悪質な業者も混ざっています。)

財務局登録(10)で柔軟審査を実施しているユニーファイナンスは文句なしでおすすめです!


大手の次の申込み先は、ユニーファイナンスで間違いはありません。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスへの申込みは申込み件数が少

当サイトをご覧になっている方は、ユニーファイナンスのようないわゆる中堅の消費者金融キャッシングの申込みを検討している方が多いと思います。
しかし申込みをするタイミングにもちょっとしたコツがあるのはご存知でしょうか。

いわゆる大手消費者金融会社の審査は、オートスコアリングシステム(申込者の属性などを入力するとコンピューターが自動的に融資の可否や限度額を自動的に出してくれるシステム)を導入している会社がほとんどです。
オートスコアリングシステムを利用することで、担当者の主観や思い込みを排除できるのでムラのない決裁が可能になります。
しかし、このオートスコアリングシステムは、属性の良い申込者の審査には大いに役立ちますが、過去金融事故があった方などに柔軟な審査を行う中堅消費者金融会社の審査には完全に対応しきれていません。
ユニーファイナンスのような中堅消費者金融会社の審査では、担当者・決裁者の経験に基づく判断など、最終的にはどうしてもマンパワーが必要になってきます。

ですからどうしても申込みが多い時よりも少ない時の方が丁寧な審査をするようになってきます。
同じ申込みをするなら申込件数が多い時より少ない時に申込みをする方がおすすめです。

≪火曜から金曜日の間の申込みがおすすめです≫
一般的に月曜日のような休日明けは、申込み件数が多いので審査はどうしても厳しめになります。
しかし火曜から金曜は申込み件数が安定しているので月曜日に比べて丁寧に審査を行うことが可能になります。
(過去金融事故がある方などへの融資は本来例外融資になりますからなおさらです。)

≪月初より月半ば以降の申込みがおすすめです≫
営利目的の会社には営業目標数値(ノルマ)が決められています。もちろん消費者金融会社もその例外ではありません。
目標数値(ノルマ)達成に向けて、月初より月半ば以降の方が審査が通りやすくなる傾向があります。

ユニーファイナンスに限ったことではありませんが、中堅消費者金融へ申込みを検討している方は参考にしてみてください。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの新規お申込みフォームの入

ユニーファイナンスキャッシングの申込みをするには、公式ホームページから【お申し込みフォーム】に必要項目を入力して送信することになります。
この申込みフォームへの入力事項は、もちろん正確に入力しなければなりませんが、審査で可決の可能性を高めるためにはちょっとしたコツが必要になります。
今回は、【お申し込みフォーム】への入力について解説してゆきます。

その@
≪嘘の入力はしない≫
【お申し込みフォーム】の入力内容は、正直に回答しなくてはいけません。
例えば、申込みには年収額や他社借入額の入力が必要ですが、審査に有利になるようにと、年収額を多めに、他社借入額は少なめに申告してしまいがちです。
しかし、最終的に嘘はばれます。

(年収は収入証明で明らかになります。また、他社借入額は指定信用情報機関を利用した借入調査で把握されています。)
嘘の申告がばれた場合は信用がなくなるので、審査にはかなり不利になります。

そのA
≪ご希望金額は50万円が妥当≫
希望金額が入力項目としてありますが、中には遠慮をして本当に必要な金額よりも低い金額を入力してしまう方もいます。
しかし、あまりおすすめできません。
ユニーファイナンスをはじめ、消費者金融の審査では基本的に、希望金額を超えた金額の貸出しはしていません。
もし、審査の結果、希望額以上の融資が可能であっても、融資額は本人の希望額の範囲内で抑えられる可能性が高くなります。
その理由としては、行政の監査などで、希望金額以上の融資は、「押し貸し」「過剰融資」と見なされる可能性があるからです。
希望金額50万円としておくことをおすすめします。
消費者金融の審査では、新規融資で50万円以上はなかなかありません)
必要以上の金額の審査結果が出ても、その時点で減額を検討すれば良いでしょう。

そのB
≪資金使途にギャンブル・借入金返済はNGです≫
資金使途はプルダウンで選択して入力が必要です。もちろん正直に該当するものを選択すればよいのですが、「ギャンブル」「借入金返済」は避けた方が無難でしょう。
「ギャンブル」目的の借入では審査の通過は難しいのは当然ですが、「借入金返済」もいわゆる「借換えローン」のことを指しているのかは不明です。
下手をすると他社の返済に苦労しているというマイナスの印象を与えかねません。

そのC
≪自宅(固定)電話は審査で有利です≫
最近は、携帯電話の普及に伴って、自宅に固定電話を置かない方も増えてきましたが、もし自宅に固定電話がある場合は、申告しておいた方が審査では有利になります。
固定電話の存在は居住の安定性を示しているのでユニーファイナンスをはじめ消費者金融キャッシング審査では結構重視されます。
もちろん携帯電話のみでも審査可能ですが、自宅固定電話はあれば、是非申告しておくことをおすすめします。

そのD
≪可能であれば配偶者についても入力した方が審査には有利です≫
入力必須項目ではありませんが、配偶者についての項目は可能であれば入力しておいた方が審査では有利です。
ユニーファイナンスは歴史の長い正規登録業者です。取得した個人情報を他に流すというようなことはまず考えられません。
また、入力する情報も配偶者の氏名と生年月日だけの情報ですから、調査できることは、自社でその配偶者の取引があったか否かぐらいです。
その程度の情報でも審査する担当者からすれば配偶者の情報を開示しているとゆうことは、非常に安心感があると言えます。

ユニーファイナンスに申込をする時には、以上のことに注意して申込みをしてみてください。
可決になる可能性は多少でも高まると思われます。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!
プロフィール
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査さんの画像
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査
ユニーファイナンスでの借入から審査まで、どこよりも詳しく解説しています。 キャッシングを考えている方は、是非参考にしてください。
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
検索
当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。