広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年12月23日

おすすめ洋楽 12/23日号


Tom Hardy主演『VENOM』の主題歌、Eminemの“Venom”
カッコイイ曲。



ラジオで1回聴いただけで、超お気に入りに。Clean Banditとは何ぞや?(笑) Luis Fonsiは“Despacito”の人だよね。



Ollyの“Moves”
『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』のエンディングでかかってた。だからビデオにローワン・アトキンソンが出てるの。“テイク・ユア・ラブ”という曲のビデオも作ってほしい


posted by Yukie at 16:54| 洋楽

2018年11月18日

今月のサンホ

DSC_0139.JPG

 今月サン宝石でお買い物したもの @ツートンクマぬいぐるみキーホルダー。ピンクと水色の色がカワイイ、お顔もカワイイ。買って良かった。Aラメ入り蛍光ジェルペン4本セット。にじまない・裏うつりしない、というので購入。新年から手帳用に使おうと思って。使うのが楽しみ。B夜光サンタほっぺちゃんとソリセット。夜、ちゃんと光ってる。ソリが豪華。Cチョコミントほっぺちゃんオブジェ。このオブジェを見ると、31のチョコレートミントを食べたくなる?! カワイイです。Dハート柄ラッピングペーパー。ブックカバー用に購入 そしてプレゼントとしてパール付三角フレームデザインイヤリングをいただいた。うれしい・・・ 皆さんもサンホでお買い物、してね。
posted by Yukie at 19:52| サン宝石

2018年09月29日

おすすめ洋楽 9/29日号

最近気に入っている曲をピックアップしてみたので、良かったらチェックしてみて


Lenny Kravitzのニュー・アルバムからの曲“Low”。大人のロックって感じで、とても良い。ビデオもめっちゃかっこ良い!



WHY DON'T WEのデビュー・アルバム表題曲“8 Letters”。物悲しい感じの曲。アルバム注文しちゃった。



Ariana Grandeの“No Tears Left To Cry”。こちらもアルバム注文しちゃった。テロを起こされても強かった彼女を応援したいと思って。



NE-YOの新作から表題曲“GOOD MAN”。新作はすこぶる良い。全曲いいんだな。



ラテン・ボーイズ・グループCNCOの“Reggaeton Lento”。歌も上手いし若いしイケメンだし、最高。



Jonas Blueの“Rise”という曲。このグループはよく知らないけど、ラジオで何回か聴いて、耳に残ってた。どんなグループなんだろう?どんな歌詞なんだろう?と気になってる
posted by Yukie at 17:42| 洋楽

2018年08月07日

カピリンピック2018

 カピバラのスイカ早食い競争、カピリンピック。(今年で4年目だそう) 5園国のカピバラが500gの皮付きスイカを食べきるタイムを競う。
 結果は、1位が那須どうぶつ王国のリゼ、2位が埼玉県こども動物自然公園の心音、3位が長崎バイオパークのメイプル、4位が伊豆シャボテン動物公園のケビン、5位がいしかわ動物園のシータ。リゼは堂々と食べていた。メイプルは最初警戒してスイカに近付かなかったが、食べ始めたら早かった。優勝したリゼには賞状と地域の名産品が贈られるんだとか。
 あまりスイカ好きでない私も、動画を見てたら食べたくなっちゃった。



posted by Yukie at 17:57| 動物

2018年08月06日

火星観望会レポ

 幕張で行われた火星観望会に行ってきた。
(観望会の公式サイトはこちらhttp://mars18makuhari.com) 8月1日と2日にイオンモール幕張新都心グランドモール前豊砂公園で行われ、私は1日に行ってきた。16時からイオン内で「天文宇宙イベント」があり、参加。(椅子ゲット) 学生さんのロボットコーナーや阿部新助先生の講演など。そうそう、千葉市科学館が配っていた“黄色い星型の消しゴム”もゲットさせていただいた。超カワイイ、顔が書いてある。17時になった所で、夕飯を食べに。(博多だるまJAPANというお店。煮卵入りラーメン・白ごはん・ウーロン茶。おいしい
 18時半頃豊砂公園へ。「見たい望遠鏡の列に並んでください」と言われたけど、望遠鏡のことはよく分からない。長い列もあった、大口径のかな? 大学生風の優しそうなお兄さんに「火星ですか?」と聞くと、「金星です」と言われたが、見させてもらった。上半分の金星が見えた。お兄さんにその理由を説明していただいた。そして隣にいた望遠鏡を準備していたお兄さんに「火星はいつ見られるんですか?」と聞くと「19時か19時半くらい」と言われたので、イオンに戻る。(笑) 蔦屋書店の「天文・宇宙書籍フェア」の本を立ち読みさせてもらう。
 19時過ぎに再び公園へ。木星(縞は見られないけど、衛星が見られた)、土星(リングが見られた)を見る。そして先程火星の時間を教えてくれたお兄さんの望遠鏡で、火星を見た。やっぱり少し赤かった。もう20時近かったので、公園を後にした。

 観望会に行ったのも、望遠鏡で見たのも、今回が初めて。良い体験をさせていただいた。私は双眼鏡しか持ってないので、いつか望遠鏡買いたいな。
 主催者の皆さん、たくさんのスタッフの皆さん、お疲れ様&ありがとうございました

20180731i.png


posted by Yukie at 16:41| 天体

2018年07月21日

2018 WORLD CUP RUSSIAを振り返る&イケメン海外選手特集

 ワールドカップロシア大会は、今までで一番テレビ観戦した大会だった。日本以外の国の試合もできるだけ見たし、テレビのサッカー関連番組もよく見た。楽しい1ヶ月間だった。
 日本がコロンビアに勝ったのはすごいなぁ。ハンド→PKが効いた。セネガル戦は1-1の時に寝てしまって、でも起きたら2-2で試合が終わってた。ポーランド戦は前半まで見て、寝てしまった。日本がボール回しをしたことが批判されてるようだけど、そういう試合は何度も見たことある。ベルギー戦は午前3時キックオフ目覚ましとかはかけてなくて、自然に起きたのが後半45分(!)くらい。テレビつけて数分でベルギーが3点目・・・。試合は終了、泣く日本選手・・・。目覚めたばかりで、何が起きてるのかしばらく理解できなかった。ハイライトを見て、ようやくどんな試合だったのかが分かった。優勝候補のベルギーに、良くここまでやったものだ。頑張ったなぁ。選手が泣いていたのがかわいそうだった、悔しかったんだろうなぁ。
 楽しい1ヶ月となったのは、やっぱり日本チームのおかげ。西野監督、選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。



イケメン選手特集
かっこ良かった選手をあげていく。
まずはポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手。

Embed from Getty Images

老若男女問わず皆が彼のこと大好き 正真正銘の大スター。

続いては、アルゼンチンのリオネル・メッシ選手。

Embed from Getty Images

ワールドカップの少し前に、某テレビ番組に出ているのを見て、日本のテレビ番組に出てくれるなんてナイスガイだなぁと思った。

そして、メキシコのハビエル・エルナンデス選手!

Embed from Getty Images

さわやかイケメン、優しそうな感じ

他にもクロアチアのルカ・モドリッチ選手や

Embed from Getty Images

ポーランドのラファウ・クルザワ選手などが印象に残った。

Embed from Getty Images

 私はNHKと民放だけなので、ほんの一部の試合しか見られなかった。もっと試合を見てたら、もっと多くのかっこ良い選手を見付けられたでしょう。
 海外サッカーも気になる。サッカーにより興味が湧くような、楽しいワールドカップだった。










posted by Yukie at 16:35| スポーツ

2018年07月11日

ジュラシック・パークV あらすじとキャスト・スタッフ解説

 2001年公開の、ジュラシック・シリーズ第3作目。監督は『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』のジョー・ジョンストン。脚本は『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の監督、アレグザンダー・ペーンら3名の共同。前2作の監督を務めたスティーヴン・スピルバーグは製作に回った。

 〜コスタリカ沖でパラセールをしていた少年・エリックが、近くの島に墜落し消息不明になってしまう。その島では、ジュラシック・パーク事件の生き残りの恐竜たちが野生化していた。エリックの両親は、事件の当事者であるアラン・グラント博士を伴って救出に向かうが・・・。〜

 エリックの父・ポールと母・アマンダのカービー夫妻は、「恐竜島へはもう行かない」と言っているグラントに嘘八百を並べ、島に同行させる。離婚しているのにそうでないフリをする、ポールはタイル屋なのにカービー・エンタープライズ(?!)の社長と名乗る、報酬である小切手もでたらめ・・・。嘘だらけで笑ってしまった。でも小切手につられた博士もちょっとね。
 グラントの助手で、ビリーという青年が登場する。彼はヴェロキラプトルの卵を持ち出し、皆を危険にさらしてしまった。グラントから糾弾されるが、その後エリックがプテラノドンに襲われた際、ビリーは身代わりとなり滝の中に消える。グラントの信用を失ったまま死んでしまった・・・と思っていたら、何とビリーは生きていた! 良かった〜、アメリカ軍が助けに来てくれたのだ。
 そしてラストに向かうに連れて、カービー一家が絆を取り戻していくのが感動的。父・ポールが元妻・アマンダとエリックを、身を挺して守ろうとする姿がね。お父さん死んじゃうのかな?ってヒヤヒヤしたけど、大丈夫だった。

 ヴェロキラプトル、プテラノドン、ティラノサウルス・レックス、スピノサウルスなど、恐竜も多数出演。研究所の水槽?のガラスに映るヴェロキラプトルが標本かと思ったら、目が動いて→襲いかかってくる。これは怖かった。ヴェロキラプトルは神出鬼没って感じ。とてもちっちゃな恐竜がかわいかった。コンピ―?コンピ―の赤ちゃん?(笑) ラストのブラキオサウルス、アンキロサウルス、ステゴサウルスなど草食恐竜たちの群れのカットに目を輝かす。やっぱり草食恐竜は雄大でいいなぁ。

 グラント博士を演じたのは、最近『ピーターラビット』に出ていたサム・ニール。ヴァンパイアものやドラマなどにも出演するベテランだが、やっぱりグラント博士役がハマリ役なのかな。
 ポールを演じたのは、『エアフォース・ワン』のウィリアム・H・メーシー。“ちょっと頼りなさそうだけどホントは良いお父さん”を好演していた。
 アマンダ役は、『バッドボーイズ』『ディープ・インパクト』のティア・レオーニ。近年映画館でお目にかからないけど、お元気かしら?
 ビリー役はアレッサンドロ・二ヴォラという俳優さん。『アメリカン・ハッスル』や『デビルズ・ノット』にも出ているそうな。両方観たことあるけど、二ヴォラのシーンは思い出せない。また観る機会があったら、ちゃんと確認しよ。
 利口でたくましい少年・エリックを演じていた子役のトレヴァー・モーガン。大人になった今も、俳優を続けているようだ。日本でも公開されるような作品に出てほしいな。なかなかのイケメンになっているしネ。

 シリーズの中でもドラマ度が高い本作、好きだな。初期三部作のしめくくりとして、申し分のない出来映えの1本だ。

続きを読む...
posted by Yukie at 16:33| 洋画
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。