広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月24日

時間配分

私の勤めている公立中学校は、
来週の月曜日から水曜日まで、
1学期の期末試験です。

私立はもう少しあとですが、
だいたいそういう時期ですよね。

今日は試験の時間配分について、
話そうと思います。

私の作る問題は、
放送問題(聞き取りテスト)→漢字→文法→読解問題
という順に並んでいます。

これはなぜかというと、
国語は@関心・意欲・態度A話す・聞くB書くC読むD言語事項という
5観点別にAからCの評価が付き、
そこからほぼ自動的に計算されて5から1の評定が付きますが、
放送問題はA、漢字や文法はD、読解問題はBとCというように、
成績を付けやすいという、こちらの事情があるからです(笑)

あとは、
皆さんの時間配分を考慮してあります。

試験に慣れている人は、
試験開始後すぐにテスト問題全体を眺め、
すぐに取りかかれる問題を探し、
そこから解いていきます。

けれども、なぜか
前から順に解きたい人、
前から順に解かなきゃ気が済まない人など、
いるんですよね。

そういう人は、
大問1に読解問題があって、
しかも字数の多い記述式問題が含まれている場合、
そこに時間をかけすぎて、
あとで解こうと思っていた問題が時間切れで解けないという
ことがあります。

そこで、
開始5分で始まる放送問題の解答欄を「どこどこ?」と焦って探さなくても良いように冒頭に配置し、
次に暗記物で解くのに時間がかからない漢字や文法、
最後に時間のかかる読解問題、
という順番にしてあって、
前から順に解く人でも、
暗記物で時間が足りなくならないようにしてあるのです。

読解問題を解く時でも、
前から順に解けば、
答えが本文に出てくる順になっていて解きやすいと思いますが、
記述問題が苦手で時間がかかる人は、
要注意です。

記述問題はとりあえずとばして、
記号問題や抜き出し問題を先に処理しておいたほうが、
気持ちに余裕が生まれます。

ただし、
前から順に解かない場合は、
一つだけ注意が必要です。

それは、
解答欄を間違えないこと。

あとで解こうと思ってとばしたところに、
次の問題の答えを書いてしまうと、
非常に残念なことになります。

それでは皆さん、
頑張ってくださいね。


2017年05月23日

人間は忘れる生き物です

今日、ちょっと面白いことがありました。

提出物を出しに職員室に来た生徒が、
「良岑先生いらっしゃいますか?」
と言うので、
職員一同「良岑?誰?」

きっと、このブログを読んでくれていて、
私の本名が出てこなかったんだと思いますが、
「良岑」はペンネームです。

百人一首の「いまこむと」を作った素性法師が好きで、
彼の俗名が「良岑玄利」と言われているので、
そこからつけた名前なんです。

こっちは仮の姿なんで、
学校では秘密ですよ(*ˊૢᵕˋૢ*)

さて、うちの中学校は明後日から中間テストです。
各授業でテストに向けて最終確認が行われています。

2年生の授業で可能動詞の説明がありましたが、
数週間前に私が教えたことを、
大半の生徒が忘れていました。

かなり丁寧にわかりやすく説明したつもりですが、
説明をした時は理解していても、
やっぱり復習して自分で実践して身につけないと、
忘れていってしまいますね。

忘れること自体は、
誰にでもあることなので、
定着するよう努力しましょう。

エビングハウスの忘却曲線というのがあるのですが、
1日経つと、もう74%も忘れてしまうのだそうです。

ですから、
このブログの中に試験範囲の項目がある人は、
ぜひ復習に使って、
忘却と戦ってくださいね。


2017年05月21日

中間テストシーズンですね

私は国語の先生以外に別の顔も持っているのですが、
昨日はそっち関係の大きなイベントがあり、
バタバタしていました。

結果としては大成功で、
来年に繋げていきたいと思っています。

さて、
これを読んでいる皆さんは、
そろそろ中間テストですね。

明日から始まる学校もあるようです。
修学旅行や林間学校の時期によって、
各学校、テストの日が多少前後するからですが、
どんな日程でもベストを尽くしたいものです。

テストに強い人と弱い人がいます。
勉強しないで試験を受ける人は論外ですが、
勉強したのに本番で実力を発揮できないのが、
「テストに弱い人」です。

昨日はダンス関係のイベントでしたが、
場慣れしている人はハプニングがあっても、
臨機応変に上手く対処できますが、
慣れていない人は((( ;゚Д゚)).。oO(ヤバイヤバイヤバイマジヤバイドウシヨウ…
と固まってしまいます。

テストも同じ。
十分に準備出来ている人は、
心に余裕があるので、
いつもしないようなミスを連発……
ということは避けられます。

まずは勉強することです。
あとは、場慣れ。
限られた時間の中できちんと問題が解けなければいけないので、
時間を計って問題を解く練習をします。

教科書準拠のテスト対策問題集は、
書店でも千円以下で売られていますね。
学校の先生は、
テストを作る時に、
市販の問題集を参考にすることが、
実は結構あるんです。
やっておいて損はありません。

頑張ってくださいね。





2017年05月18日

スピーチ

今日は中学一年生に「スピーチのしかた」の授業をしました。

私が教員になって感じたことは、
「平成生まれの子たちは、スピーチが上手い!」
ということでした。
原稿の構成云々のことではなく、
とにかく人前で話すことに慣れているということです。

私が子どもの頃は40人学級で、
1人1人がみんなの前でスピーチやら発表やらする機会は、
学級委員でもやらない限り、
自己紹介と日直の朝の会・帰りの会くらいしかなかったような記憶があります。

授業中も、
目立ちたがり屋しか基本、発言しないし、
挙手していないのに先生に当てられたら、
もう、しどろもどろ。

そんな時代からすると、
今の子どもたちは小学校でかなり発表の場を与えられ、
鍛えられて中学校に入ってくる感じがします。

スピーチの基本は、
「自分の言いたいことを、誤解なくしっかり相手に伝える」
ということにつきると思います。

文章の構成を工夫したり、
ゆっくり・はっきり・大きな声で・メリハリつけて・聞き手の目を見て……
というテクニックも、
結局は「自分の言いたいことを、誤解なくしっかり相手に伝える」ためのもの。

そう考えると、
まずはスピーチ原稿の内容そのものが、
いかに大切であるかが分かりますね。

内容のないものを、
どんなに素晴らしい態度で発表しても、
たいしたスピーチにはなりませんからね。

ところで、中学校で国語の成績を上げようと思ったら、
スピーチで手を抜いてはいけません。

スピーチ原稿から「書く力」、
発表から「話す力」、
クラスメイトの発表にメモを取るならそこから「聞く力」が、
それぞれ評価され、
評定に入っていきます。

定期テストは国語の場合、
「読む力」の評価が大部分を占めます。

それ以外のものは、
普段の授業でやるスピーチや小テスト、暗唱テストなどから、
成績がつくのです。

話を戻しますが、
「私は平成生まれだけど人前で話すのは苦手だ」という人は、
相手の目をバチッと見るのではなく、
おでこの辺りや首元など、
少しずらして見るようにすると良いですよ。
面接の時なんかにも使えるワザです。


2017年04月11日

過去問

まだ新学期になったばかりで、
受験生になった学年の人たちも、
とりあえず新生活(新しい先生・新しい友だち)に慣れるのに必死で、
過去問について考える余裕はないかもしれません。

みなさんの中には、
過去問なんて受験直前に、
自分の学力が志望校のレベルに達しているかどうかを、
確認するためのものでしょ、
と思っている人もいるかもしれません。
けれども、
過去問を解く目的は、
それだけではありません。

問題傾向や時間配分をみるのです。

それは、
受験直前にやっていては、
間に合いません。

みなさんは、
何かをしようとする時、
必ず目標を立てますよね。
ゴールを設定しますよね。

ゴールが決まれば、
逆算して今何をすべきかが見えてきます。

行きたい高校を見つけ、
第一志望校に設定する。

これだけで受かれば苦労しないのですが、
第一志望校の試験がどういうもので、
どんなレベルなのか、
これを知って初めて、
自分の到達目標が定まります。

過去問を解いてみる。

自分に足りない点を把握する
(時間が足りない、苦手な分野がある、など)

受験前までに、自分の足りない点を伸ばす

直前に過去問を解いてみて、到達度を確認

この流れで学習を進めます。

塾に通っている人は、
「過去問は受験直前まで取っておきなさい」と言われる人もいるかもしれませんが、
それを鵜呑みにすると、
敵を知らずに竹槍で強敵に突っ込んでいくような受験になりますよ。

まずは、
自分を知ること。

それが受験勉強の始まりです。

過去問はこちら↓↓↓からどうぞ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
∞∞ 高校入試 虎の巻∞∞

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!
志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて
入試を受けたい方などにお勧めの問題集です。

○あなたが受験する公立入試の過去問
・・・・だから入試に出るところから勉強できる

○過去10年分をパターン別に特別編集
・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる

○99%ここから出る!英単語3ページ付録つき
・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています。

大学入試対策やリスニング対策などもご用意しております。

さあ、志望校合格は今始めるかにかかっています。
多くの先輩受験生たちが使ってきたこの「高校入試虎の巻」を使って
私たちと一緒に頑張りませんか?
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TEPM3+5TKLPU+T2Y+NYHDV
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年03月06日

たしかにAしかしBなぜならC構文

高校生くらいになると、
今日のブログのタイトルを見ただけで、
「あぁ、アレのことか」と
分かってくれる人もいると思いますが。

今日は、説明文・論説文・評論文を読むときの、
テクニックの一つを解説します。

いわゆる「論説文」というのは、
作者が主張したいことがまずあり、
それを読者に納得させるよう、
証拠や具体例などを挙げながら説明していく文章です。

たとえば、
「制服なんか、要らない!」
という主張があるとしましょう。

それを、ただ
「制服は必要ありません。」と言っても、
聞いている人を納得させることはできません。

「なんでだよ、制服のほうが楽で良いじゃん。」
なんて、言い返されてしまうかもしれません。

そこで、タイトルの
たしかにしかしなぜならC構文」を使ってみましょう。

たしかに、制服は便利かもしれません。毎朝の服選びは必要ないし、制服はどこの学校の学生か分かるので、一体感や統一感があります。しかし、私は制服は必要ないと考えています。なぜなら、制服は温度調節が難しいので、夏は暑く、冬は寒いというデメリットに加え、制服一式を買いそろえる費用の負担、毎日洗濯できないという衛生面の問題、没個性の問題もあるからです。

どうですか。
ただ「制服は反対だ!」と叫ぶより、説得力がありませんか。

これが、「たしかにAしかしBなぜならC構文」の力です。

まず、「たしかに」のあとに一般論や考えられる反論を挙げ、
とりあえず「こういう考え方もあるよね」的な肯定の気持ちを表します。

次に、「しかし」など逆説の接続詞を置き、
「たしかに」のあとに述べたことを否定するような自分の意見を述べます。

最後に、「なぜなら」と、自分の意見の根拠を述べ、
自分の意見に賛同させるよう説得するのです。

論説文の多くは、
この「たしかにAしかしBなぜならC構文」を用いて書かれています。

分かりやすくて、しかも説得力があるからです。

もちろん、
「たしかに」のかわりに「一般的には」などの言葉で書かれていたり、
「しかし」が「ところが」など他の逆説の接続詞・接続助詞になっていたり、
「なぜなら」が「その理由は」になっていたりと、
細かい違いはあります。

ですから、その構文を見落とさないよう注意しなければなりません。

けれども、
この構文を頭に入れておけば、
「逆説の接続詞のあとに、筆者の主張したいことが書いてあるな」とか、
「なぜならのあとに書いてあることが理由で、筆者はこんな主張をしているんだな」などということが、
とてもよく分かるようになります。

さらに、自分が小論文を書く時にも使えます。
自分が何か主張したいときは、
「たしかにAしかしBなぜならC構文」を使えば、
説得力のある文が書けます。

というわけで、
今日は「たしかにAしかしBなぜならC構文」、覚えましょう。








2017年02月12日

国語のテストの時間配分

小・中・高生共通の話題です。

学校の定期テストで時間が足りないという話はあまり聞きませんが、
模試や入試本番になると、
「時間があったら出来たのに、全然時間が足りなかった」
「残り5分のところで最後の大問に全く手をつけていなかったから、焦って適当に答えを埋めた」
「見直しの時間が全くなかった」
などという声をよく聞きます。

学校の定期テストを受ける時、
みなさんはどのように解き始めますか。

学校の定期テストは、
ほとんど教科書が範囲で、
授業で習って読んだことのある文章が出るので、
いちいち文章は確認せず、
いきなり問1から読み始め、
漢字や文法など、考えなくても分かるものを、
先に終わらせたりするでしょう。

ところが、模試などでは初めて見る文章が出ます。
「次の文章を読んで、あとの問いに答えなさい」
と書いてあるから、バカ正直に文章からゆっくり丁寧に
読み始めていませんか。

それが時間のロスなのです。

知らない文章だからこそ、
先に問を読んでおく必要があります。

問は、その文章の大切なことを聞いてきます。
当たり前ですが。
だから、先に問に目を通しておけば、
本文に何が書いてあるのか、
だいたい予測できます。
その状態で本文を読み始めれば、
何も情報なく読むより、
速く読めます。

それに
「本文には次の一文が抜けています。どこに入るか探しなさい」
みたいな問題がありますが、
本文から読み始めたら、
また該当箇所を探すために本文を読み直すことになり、
とんでもない時間の無駄です。

いつも国語のテストでは時間が足りない、
と思っている人は、
まずは「文章を読み始める前にあとの問を読んでおく」
を試してください。

大学受験生には比較的知られたテクニックだと思いますが、
小・中学生にも有効です。






2017年02月10日

文法のテスト対策・基本編

公立中学校は、そろそろ学年末試験でテスト週間ですね。

文法は
「これまでに習ったところ全範囲」
が試験範囲になる学校も多いと思います。

そこで、今日は「何を聞かれているのか」をチェックしようと思います。
これを覚えておかないと、
「分かっていたのに、活用の種類を答えるところで活用形を答えちゃった」
みたいなミスで点を落とすことになりますよ。

問1...いくつの段落から成るか
→文法問題で段落数を聞かれたら、形式段落の数です。1マス下がっているところを数えましょう。

問2...いくつの文から成るか
→一文とは、前の文の句点(。)のすぐ後から、最初に出てくる句点(。)までです。だから、基本的には句点の数を数えれば、文の数になるのですが、会話文や引用の「 」の中にある「。」は数えないので、ちょっと注意が必要です。

問3...いくつの文節から成るか
→文節とは、「ね」を入れて切れるところです。自立語が必ず1文節に1個入っています。付属語だけでは文節になりません。また、自立語が2個以上入っているなら、切れ目がまだあるということです。間違えやすいのは補助動詞。

問4…いくつの単語から成るか
→すべての品詞ごとに区切ります。複合動詞や複合名詞、接頭語・接尾語がついたものなどは、長いけれど1単語なので、変なところで切らないようにしましょう。

問5…この文節はどんな働きをしているか
→「文節の働き」を聞かれたら、それは「主語・述語・修飾語・接続語・独立語」のどれか、ということです。倒置文でなければ、たいてい文末にある文節が述語なので、そこから他の文節の働きを探していきます。

問6…この二つの文節にはどんな関係があるか
→「文節同士の関係」を聞かれたら、それは「主語・述語の関係」、「修飾・被修飾の関係」、「接続の関係」、「並立の関係」、「補助・被補助の関係」、「独立の関係」のどれかです。修飾・被修飾を答える場合、「連体修飾」か「連用修飾」かまで答えを要求されることがあります。

問7…この単語の品詞を答えよ
→品詞を聞かれたら、「動詞・形容詞・形容動詞・名詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞・助動詞・助詞」の中から答えます。名詞を2つに分けて「名詞・代名詞」とする先生もいますので、代名詞の時は「代名詞」と答えておくと確実です。

問8…この単語は自立語か付属語か
→上記の10品詞の中で、「助動詞・助詞」が付属語、あとは自立語です。

問9…この単語の活用の種類を答えよ
→活用の種類を聞かれるのは動詞です。「五段活用・上一段活用・下一段活用・カ行変格活用・サ行変格活用」の5種類の中から答えます。五段活用・上一段活用・下一段活用については、〇行かも答えさせる場合があります。「ら・り・る・る・れ・れ・ろ」ならラ行、「き・き・きる・きる・きれ・きろ・きよ」ならカ行、「べ・べ・べる・べる・べれ・べろ・べよ」ならバ行、というように、初めの字がどこの行の字かで判断します。

問10…この単語の活用形を答えよ
→活用のある品詞は「動詞・形容詞・形容動詞・助動詞」だけです。「未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形」の6種類の中から答えます。「かろ・かっ・く・う・い・い・けれ」など活用表の丸覚えで対応できる場合がほとんどですが、どちらか判別がつかない場合は、意味も考えましょう。このブログの過去の記事を参照してください。

以上が、良く出る問題の答え方でした。グッドラック(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑






ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
動詞の連体形 by 良岑吏茶 (07/29)
動詞の連体形 by エゼル (07/28)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/21)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/20)
コメントが…… by 清みず (06/19)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
良岑吏茶さんの画像
良岑吏茶
日本語検定1級合格。文法と百人一首が得意。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。