広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月10日

『言葉の力』

久しぶりの更新になります。

みなさん、お元気ですか。
梅雨入りしてしまいましたが、
この週末は良い天気で、
行楽日和ですね。

今日の話題は、
『言葉の力』。

光村の中二の教科書に載っている、
大岡信による随筆です。

大岡信さんは、
朝日新聞に「折々のうた」を連載していた詩人で、
新聞記者や大学教授も経験していて、
先々月お亡くなりになった、
ある意味「旬」な人です。

静岡出身なので、
「大岡信ことば館」という施設を
三島市に開きました。

さて、
教科書に載っている文章ですが、
その内容をひとことで言うと、
「言葉って、それを発した人の生き方が反映されるから、美しい言葉を話したかったら、美しい生き方をしなさいよ」ってことです。

そこから、「相手が発した言葉の背後にあるものを、我々は読み取らなくてはならない」とも解釈できます。

言葉というのは、氷山の一角です。

たとえば、
3歳の女の子が紫陽花の花を見て「わぁ、きれい!」と言ったら、
きっとその花の色や形を気に入って、
そう言ったんだろう、くらいに推測されます。

しかし、
80歳のおばあちゃんが紫陽花の花を見て「わぁ、きれい!」と言ったら、
きっと80年生きてきた中で幾度となく見てきたであろう紫陽花の思い出も重なり、
「幼い頃に庭に咲いていた紫陽花に似ている」
「雨は嫌だけど紫陽花の美しさで梅雨をやりすごせる」
「あの人と出会ったのも紫陽花の季節だった」
「私は水色のがく紫陽花が好きだけど、まさにこれはわたし好みだわ」
などなど、様々な思いが心の奥底にあり、
そのほんの一部が言葉となって、
「わぁ、きれい!」
となったのかもしれません。

それを、
この随筆の中では、
染色家の志村ふくみさんが桜の皮で絹糸を染める話を例えにして
説明しています。

志村さんがピンク色に染めた絹糸から作った着物を大岡さんに見せると、
大岡さんは初め、桜の花びらで染めたのかと思います。
しかし、実際は桜の花が咲く直前の皮で染めたと聞き、
大岡さんはイメージをふくらませます。

そうか、
桜は、本当は木全体が春になるとピンク色に色づいているのだけど、
人間の目に見えるピンク色は、
花びらしかない。
ということは、我々が見ているピンク色は、
桜の木のほんの一部だったんだな。
それって、
言葉の世界でも同じだよな。
我々が見聞きしている言葉って、
それを発している人のほんの一部だもんな。

ということは、
言葉を考えるのは、生き方を考えるのと同じだ。
だって、言葉ってその人そのものを反映するから。

そういう内容です。

桜の花びら=言葉一語一語
桜の木全体=言葉を発した人の生き方・人生・価値観

この構造が分かっていれば、
実に明解な文章ですよ。

なぜこのタイミングで、
この解説をしたかは、
察してくださいね。


2017年05月05日

今日も……

五連休三日目です。

雑感記事も三日目になります……

今日は、ピューロランドの隣にある、
進研ゼミの本社に遊びに行ってきました。

娘がしまじろう好きなので、
ベネッセの最上階(21)にプラネタリウムがあるのを知り、
これは是非連れていこう、と。

プラネタリウムでは、
春の星座についてと、
海のクジラの話を観ました。

星座は一般的なプラネタリウムと変わらないと思いますが、
クジラの話は、
球体の大画面に映し出されるので、
迫力がありました。

大人400円、子ども200円なので、
良心的なお値段ですね。

多摩センターまで行く交通費は、
結構かかりましたが。

プラネタリウムに行く前に、
1階のエリアベネッセへ行き、
しまじろうのパネルの前で写真を撮ったり、
しまじろうにメッセージカードを書いたりして、
遊びました。

3歳の子が、
しまじろうに「よろしくね」と書いたので、
スタッフのお姉さんが
「もう字が書けるんだね、凄いね」と褒めてくれました。

たしかに字は書けますが、
「どうしたらご飯をさっさと食べられるようになるか」
とか、
「どうしたら外出時に勝手に手を振り払って行きたい所に飛んで行かなくなるか」
など、
教えてもらいたいものだと思いました( •́ .̫ •̀ )


2017年03月17日

数詞

なぎら健壱という歌手が歌っている、
「いっぽんでもニンジン」(前田利博・作詞)、
聞いたことありますか?

一本でもニンジン
二足でもサンダル
三艘でもヨット
四粒でもゴマシオ
五台でもロケット
六羽でもシチメンチョウ
七匹でもハチ
八頭でもクジラ
九杯でもジュース
十個でもイチゴ……

という、数え歌のような、言葉遊びのような歌です。

ここに出てくる、
「一本、二足、三艘…」というのが、
名詞の中で、
ものの数、量、順序を表す「数詞」というものです。

ちなみに、
「ニンジン、サンダル、ヨット…」は、
「普通名詞」です。

ついでに説明を加えますが、
「一宮」「四国」「九州」などの人名・地名は、
数字が入っていても「数詞」ではなく、
「固有名詞」ですよ。

「数詞」は、
数字が入っている単語だけでなく、
「何個」「いくつ」など、
数字が入っていない単語もあるので、
見落とさないよう注意が必要です。

数詞といえば、
日本語のものの数え方は複雑ですよね。

箪笥(たんす)を一棹と数えたり、
絵画を一幅と数えたり、
うさぎを一羽と数えたり。

こういう言葉は、
便覧などで一覧表を確認して覚えることもできますが、
普通は生活の中でなんとなく身についていくものだと思います。

うちには箪笥がないので、
「一棹」と数える機会もない。
だから、娘も「一棹」なんて数え方、
知らないと思います。

文化の喪失による言葉の喪失。
結構身近な問題だと思いました。








ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
動詞の連体形 by 良岑吏茶 (07/29)
動詞の連体形 by エゼル (07/28)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/21)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/20)
コメントが…… by 清みず (06/19)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
良岑吏茶さんの画像
良岑吏茶
日本語検定1級合格。文法と百人一首が得意。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。