広告

posted by fanblog

2017年04月28日

活用表の覚え方(動詞のカ行変格活用・サ行変格活用)

昨日の続きです。

カ行変格活用の動詞は、「来る」のみです。
もちろん、「くる」と平仮名で書かれていても、
「〜てくる」と補助動詞になっていても、
カ行変格活用とみなしますが、
覚えるのは「来る」1語と思っておいて良いでしょう。

サ行変格活用の動詞は、「する」のみです。
ただし、こちらは「名詞+する」の複合動詞も全て含むので、
数は相当ありますが、
「帰宅する」「説明する」「スタートする」など、
見慣れてしまえば、
サ行変格活用とすぐに判別できます。
気をつけなければならないのは、
「名詞+する」の間に「を」などが入っている場合。
「帰宅をする」「説明をする」「スタートをする」のように、
間に「を」が入ると、
それはもう「名詞+助詞+サ行変格活用動詞」と
3単語になるので、
複合動詞にはなりません。
「する」が単独でサ行変格活用動詞になります。

さて、
活用表の覚え方ですが、
カ行変格活用は、
「ない・う・た・て・ます・。・とき・の・こと・ば・!」が使えます。
名前の通り「変」な活用をするので、
「こ・き・くる・くる・くれ・こい」と
丸覚えするほうが確実ですけどね。

しかし、
サ行変格活用は、
「ない・う・た・て・ます・。・とき・の・こと・ば・!」ではちょっと足りません。
【未然形】
し(ない)
し(よう)
せ(ず・ぬ)
さ(れる)
さ(せる)
【連用形】
し(た)
し(て)
し(ます)
【終止形】
する(。)
【連体形】
する(とき)
する(の)
する(こと)
【仮定形】
すれ(ば)
【命令形】
しろ
せよ

未然形が3つもあるのです。
だから、サ行変格活用は、
「し・さ・せ・し・する・する・すれ・しろ・せよ」
と丸覚えした方が、
ミスを防げると思います。

ここからは、
名古屋弁話者への注意喚起。
「宿題なんかしずに、すぐこればいいじゃん」
を標準語に直してください。

「は?これのどこが名古屋弁?」と思った人、
気をつけてね。

正解は、
「宿題なんかせずに、すぐくればいいじゃん」
でした。
打消しの助動詞「ず」の上のサ行変格活用動詞は未然形の「せ」で、
仮定を表す助詞「ば」の上のカ行変格活用動詞は仮定形の「くれ」だからです。

ちなみに「じゃん」は三河弁ですが、
横浜に輸出され、
カッコイイ若者言葉として全国区になった感があるので、
標準語として扱います。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6215043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
動詞の連体形 by 良岑吏茶 (07/29)
動詞の連体形 by エゼル (07/28)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/21)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/20)
コメントが…… by 清みず (06/19)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
良岑吏茶さんの画像
良岑吏茶
日本語検定1級合格。文法と百人一首が得意。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。