ファン
最新記事
写真ギャラリー
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2019年05月10日

パソコン購入しました。





マイクロソフトエクセルのまとめ記事はこちら


Microsoft Office ブログランキングへ

パソコン購入


会社で使用しているパソコンが壊れました。

2012年に職場で同じパソコンを2台購入しました。

東芝製の一体型PCです。

3月初めに、朝一PCの電源を入れたメンバーから「朝一起動しなかった。

何度か試してやっと起動した」という話がありました。

当日一通り作業を終え、一息ついたところで朝の話を思いだし、

再起動してみました。

ところが電源LEDは点灯しているが全く画面が表示されない状態になりました。

HDDの動作LEDが無いのでHDDが動作しているかどうかも不明です。

とりあえず何度か電源ON・OFFを繰り返すが、画面は真っ黒のまま。

少々焦りました。

まず、この機種は外部入力があるのでそこをチェックしてみました。

外部入力に他のPCからHDMIケーブルを接続して、外部入力に切り替えたところ、

一瞬映像が映り、すぐに真っ暗になりました。

どうやらモニターまたは映像系の故障と思われます。

一体型なのでどうにもできずこれはあきらめるしかないかと開き直り、

HDDだけ取り外し、データだけ外部保存しました。

そこから上司に報告してパソコン購入の許可をもらって機種選定を始めました。

同時期に2台購入しているので、もう一台も壊れる可能性があるので、

2台購入の許可をもらいました。

とりあえず最初の1台は納期が早いドスパラで購入。

それから約1か月後に2台目の資金調達もできたので、2台目の選定にかかりました。

1台目は通常のタワー型です。

ドスパラPC.png

OS   Windows 10 Home 64ビット

CPU  インテル Core i5-8400 (2.80GHz-4.00GHz/6コア/6スレッド)

メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1)

240GB  SSD

光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

マザーボードインテル H370 チップセット

上記の構成にモニターを追加しました。


2台目に関しては若干スペースが無いので「スリムタイプ」から探しました。

あとCPUですが「Ryzen 5」で探すことにしました。

最終的に「パソコン工房」を選択しました。


パソコン工房PC.jpg

商品スペックですが

 OS Windows 10 Home 64ビット

 CPU AMD(R) Ryzen 5 2400G プロセッサー

メモリ 8GB×1(計8GB)

 SSD 240GB 2.5インチ Serial-ATA SSD

光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

チップセット AMD(R) B350 チップセット

上記構成にモニターを追加しました。

同じようなスペックで他社も探しましたが、パソコン工房が一番安かったため

こちらで決めました。

モニター込みで80,740円です。

(配送料・手数料は別途)これは安いと思いました。

当初「マウスコンピューター」を第一候補にあげていましたが、

若干同じスペックで比較すると高額になります。

まあ関連企業だからいいとしましょう。


最近BTOパソコンを色々調べるようになり、通常メーカー製を購入するのは

ちょっと考えるようになりました。

とにかく価格帯が高いですね。

それから不要なプリインストールアプリが多すぎます。

次に自宅でパソコンを購入するようなことがあれば絶対BTOメーカーで探しますね。

また、社内としては「セキュリティソフト」としてマカフィーを使用しているので、

新しくパソコンを購入してもマカフィーをインストールすればOKです。

マカフィーは台数無制限です!!

マカフィー.jpg

Officeに関しても、office365soloを年間契約しているため、

それをインストールすればOKなので、その他のソフトは不要です。

office365solo.jpg

office365soloも昨年あたりからインストール台数が無制限になり、

同時ログインが5台までという制限に変わりました。

社内にはパソコン4台なので全然問題ありません。

非常に助かります。

Officeプリインストールタイプは費用も余分にかかりますし、

サービスに限度があります。

office365soloならば年額費用は掛かりますが、常に最新バージョンが使用できます。

今後はoffice365soloに移行していくのではないでしょうか。

年間11,500円くらいだったと思います。

自宅用だと若干高いかもしれません。

パソコン工房ですが、4月2日にネットから注文。

4月5日に発送メールが届き、4月6日午前中に到着しました。

納期的な話をするとドスパラが2日ほど早かったですね。

ドスパラは日曜日夕方にネット注文して、月曜日昼過ぎに発送メールが届き、

火曜日午前中に届きました。

これは早かったですね。

非常に助かりました。

到着して2〜3時間ほどで社内利用できる環境になりました。

やはりSSDは早いです。

設定等も簡単です。

Ryzen 5は初めて使用しましたが「早い!」です。

ドスパラよりもこちらの方が早いですね。

また仕事柄一度に複数のアプリを起動して切り替えながら作業をするのですが、

メモリを8GBのため、ストレスなしで作業できます。

以前の東芝PCはメモリが4GBだったので時々プチフリーズが

あったりして結構ストレスでした。

CPUもCeleron B820 1.7Gだったこともありますね。

ノートパソコンのことならパソコン工房通販ショップ







ドスパラもパソコン工房も納品後に「いかがでしょうか」みたいな

メール配信があったと記憶しております。

今回は問題なかったのでメール連絡はしていませんが、

アフターサービスも充実しているように思えます。

後は耐久性能だけですが、まあ今のところ問題なく数年は活躍してくれると思います。

うっとうしいのはMicrosoft関係ですね。

特に「OneDrive」は使用する気もないのですが、勝手にアップロードを始めますし。

アカウントでサインインすればedgeとかも勝手にお気に入りを登録するし。

更新も勝手に始めますし。

ちょっと最近のMicrosoftはやり過ぎ感が満載です。


ドスパラもパソコン工房も非常にいいですね。

BTOパソコンということでネットとかでは色々言われていますが、

BTOパソコンはこんなものだという認識をキチンと持っていれば問題ないと思います。

ネット上では様々なクレーム・批判等見受けられますが、やはりそれらは

BTOパソコンの事を十分認識せずに購入した結果ではないかと思います。

これからBTOパソコンを購入しようと思っている方は、まずしっかり

BTOパソコンの事を勉強してください。

またBTOパソコンメーカーに関してもしっかり調べてください。

もちろん既存のメーカーでも最近はカスタマイズにも取り組んでいますので、

そちらを選択するのも問題ありません。

一時期、次のパソコンはどこで購入しようか、どんなスペックのものが

いいのかよく分かりませんでしたが、色々調べていくうちにだんだん分かってきました。


基本はCPUとメモリとディスクです。

今まではインテルが1強でしたが、最近のAMDは頑張っていると思います。

色々調べているときに、最近Ryzenが好評ということが分かってきました。

そこで今回インテルとRyzenの2種類のパソコンを購入してみました。

Ryzenを使ってみて改めて今後のパソコン購入の選択肢の1つであることを実感しました。

メモリに関しては最低4GB無いと苦しいですね。余裕を見て8GBあれば十分だと思います。

それからディスクですが、やはりSSDは早いです。

自宅でもHDDからSSDに入れ替えましたが、驚異的に早くなります。

パソコンが重い・遅いと感じておられる方はぜひSSDに換装することを

検討してはいかがでしょうか。




BTOパソコン(PC)のことならパソコン工房通販ショップ


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8793409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
プロフィール
さんの画像

60過ぎのおっちゃんです。手探りでブログを立ち上げました。至らない点が多々あると思いますがご容赦ください。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。