ファン
最新記事
写真ギャラリー
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2019年04月08日

accessフォームの作成

見逃し配信




マイクロソフトエクセルのまとめ記事はこちら


Microsoft Office ブログランキングへ



Accessフォームについて

Accessには大きな要素として「テーブル」「クエリ」

「フォーム」「レポート」と4つあります。

「テーブル」はデータを保管するところです。

「クエリ」はデータを加工するところです。

「フォーム」はデータを入力するところです。

データの表示として利用することもできます。

「レポート」はデータを出力するところです。


今回は「フォーム」について紹介していきましょう。

【フォームの作成】

フォームの作成方法も色々ありますが、

まず一番簡単な方法から紹介しましょう。

それはテーブルから作る方法です。

先ほど「フォーム」はデータを入力するところと紹介しました。

ということはデータを保管しているテーブルを元に作成するのが

一番理に適っていると思います。

フォーム1.png

上記のような住所録テーブルがあるとします。

ここからフォームを作成します。

フォーム2.png

リボンの「作成」から「フォーム」を押します。

フォーム3.png

一瞬で出来上がりましたね。

これがフォームです。

今は一番目のテーブルのデータが表示されています。

下の「レコード」右向き三角1ボタンを押していくと2番目・3番目と

表示が変っていきます。

最後まで行きもう一度右向き三角1を押すと新規レコードに移動します。

新規レコードにデータを入力すると、データが保存されます。

Accessには「保存して終了」という概念がありません。

ExcelとかWordでは右上の×を押すと「保存して終了しますか?」という

問いかけをしてくれます。

Accessではデータを記入すると保存されます。

一々保存のことを気にする必要はありません。


それからフォームの見た目と配置ですね。

デザインモードにしましょう

フォーム4.png

上記のようになります。

ここから入力とか見やすさとかを考えてレイアウトしていけば

いいと思います。

フォーム5.png

いまオレンジになっている「住所1」の枠を小さくしました。

するとそれ以外の項目も一緒について小さくなっていきます。

現時点でこのフォーム内のテキストとかラベルは関連付けされて一緒の動きをします。

このままだとレイアウトを変更できないので、自由に動かせるようにしましょう。

フォーム6.png

今レベルとテキストボックスすべてを選択して、リボンの「配置」から

「レイアウトの削除」を押します。

フォーム7.png

するとレイアウトがバラバラに動かせるようになります。

上の図は「ID」だけ動かした状態です。

ただし、フィールドのラベルとテキストボックスは一体なので一緒についてきます。

配置によってはラベルを上に持って行ったり、右に配置したりしたいですね。

そのような場合どうすればいいのか。

フォーム8.png

いま「ID」のラベルだけ上に大きくしました。

ここから下の部分を上にあげて、次に右に広げていきましょう。

フォーム9.png

こんな感じですね。

もう見えてきましたね。

次は左を短くしてテキストボックスの左端に合わせればOKですね。

フォーム10.png

ラベルが上部に配置されました。

このように一つ一つのラベル・テキストボックスが大きさとか配置

とか自由にレイアウト出来ます。

またラベルに関しては別の方法もあります。

一度「ID」のラベルを削除しましょう。

オレンジになっている段階で「Del」を押してもらえば削除されます。

フォーム11.png

リボンの「デザイン」から「Aa」というボタンを押します。

このボタンは「ラベル」を作るボタンです。

フォーム12.png

いまマウスを矢印のように動かして四角い枠を作りました。

こればラベルです。

フォーム13.png

このラベルに今「ID」と入力しました。

フォーム14.png

エラーマークをクリックすると上のように「関連付けられていない

新しいラベル」という表示がでて、「ラベルをコントロールと

関連付ける」「このエラーに関するヘルプ」「エラーを無視する」

「エラーチェックオプション」と選択肢が表示されます。

今回は「ラベルをコントロールと関連付ける」を選択します。

ここでいう「コントロール」というのはフィールドの「テキスト

ボックス」のことです。

普通に「コントロール」というのはフォーム上の部品を指します。

フォーム15.png

ここで「ID」を選択して「OK」すれば関連付けは終了です。

先ほど削除したラベルと同じ働きをします。

関連付けした後は先ほどのようにどちらかを動かせば一緒についてきます。





コントロールの追加と廃止

コントロール(フォーム上の部品)が不要の場合もあります。

特に「ID」は不要だと思いますね。

どうせ新規でテーブルに保存されればオートナンバーで番号が付くのですから。

ラベルとテキストボックスの両方を選択して「Del」を押すと削除されます。

「会社・支店」もいったん削除してみましょう。

フォーム16.png

リボンの「既存のフィールドの追加」を押してください。

右のように「フィールドリスト」というのが表示されます。

ここに「このビューで利用可能なフィールド」という項目から

「会社・支店」をダブルクリックしてください。

フォーム17.png

このように「会社・支店」が作成されました。

誤って消してしまってもこのような方法で復活させることができます。

また全く新しいコントロールを作成することも可能です。

私が良く作製するコントロールは日付ですね。

フォーム18.png

このボタンがテキストボックスの作成ボタンです。

ここを押してフォーム上に適当に□を作ってください。

フォーム19.png

するとこのような「テキストボックスウィザード」なるものが出てきます。

正直言いますと私はこの「テキストボックスウィザード」は

使用したことがありません。

毎回「キャンセル」か「完了」を押してここはパスします。

一応「次へ」を押してどのような内容か知っておいて損は無いと思います。

フォーム20.png

今度はリボンの「プロパティシート」を押して「データ」を選択してください。

一番上に「コントロールソース」というところがあります。

ここのリストを押すと各フィール名が出てきます。

何かのフィール名を選択すればそのコントロールになります。

今回は日付を入れたいのでその右の「・・・」というところを押してください。

フォーム21.png

「式ビルダ―」というのが表示されますね。

ここでコントロールを作成します。

今回は左の「式の要素」で関数から「組み込み関数」を選択し、

式のカテゴリーから「日付/時刻」を選択し、「Date」を選択しました。

すると上の枠内に「Date()」という表示がでます。

これはExcelのToday()と同じ内容です。本日の日付を返すということです。

ここに直接「Date()」と記述していただいてももちろんOKです。

そして右上の「OK」ボタンを押してください。

フォーム22.png

テキストボックス内に「=Date()」とプロパティシートの

コントロールソースにも「=Date()」と記述されましたね。

これでいったん通常表示に戻してみましょう。

フォーム23.png

このように日付を表示できるようになりました。


デザインモードのプロパティシートは非常に便利なので使い方を

マスターしてください。

プロパティシートのタブには「書式」「データ」「イベント」

「その他」「すべて」とありここでほぼフォーム上の設定が可能です。

またここからマクロ等の記述もできます。

ここを一つ一つやっていくと膨大な内容になっていきますので、

後日追々やっていきましょう。

とにかくAccessはこのプロパティというところが充実しているので

一つのことを実施するにもいろいろな方法が選択できます。

それは各々がいろいろ試してみて色々な方法を知って、

その都度どの方法を選択していくか考えていけばいいと思います。

Accessはやり方が分かってくると非常に面白いソフトだと思います。

■■ / /  ノートパソコン・BTOパソコンのことならパソコン工房 / / ■■
   ★-パソコン工房のパソコンは24時間365日サポート-★
      \\-全国約90店舗で充実のサポート-//

ここからアクセス!→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2Z8SOQ+6C130I+31IS+626XV



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8704687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
プロフィール
さんの画像

60過ぎのおっちゃんです。手探りでブログを立ち上げました。至らない点が多々あると思いますがご容赦ください。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。