ファン
検索
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ヨリちゃんさんの画像
ヨリちゃん
プロフィール

2019年01月29日

北方領土への関心は?




 領土問題 プーチン大統領の「覚悟」日本も評価すべきだ!


 鈴木宗男・新党大地代表 2019年1月22日


      1-29-2.jpg

  「プーチン大統領は約束を守る男。安倍首相との信頼関係も厚い。北方領土の解決は今しかない」。新党大地の鈴木宗男代表は熱く語る


 





 1月16日に首相官邸で安倍晋三首相と会い、首相は今年、日露にかける並々ならぬ決意を述べた。首相は「今年は平和条約の締結に向けて自分の手で新しい歴史に道を開きたい。元島民の思いは何時も頭にある」と話していた。1月22日の首脳会談にかける強い思いを披瀝された。
 2018年11月にシンガポールであった日露首脳会談の後、首相は平和条約交渉を「仕上げて行く」と発言した。私はそこに首相の強い決意と覚悟を見た。


 1 首相は6月の前に再訪露すべきだ

 1月22日の日露首脳会談の後、ロシアのプーチン大統領は6月に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に来日することが決まっている。しかし、首脳会談が1月の次は6月と云うのは間が空き過ぎる。1月の首脳会談の後、6月の前に首相はもう一度、訪露すべきだと思う。
 日本国内でもロシア国内でも、領土に対する色々な考え方がある。最大公約数を得る為には、首脳が領土問題解決の道筋と理由について、説明責任を出来る限り果たした方が好い。首相が再訪露することで、確固たる道筋と流れを作り、全体の流れをある程度示す必要がある。


 




 2 歴史踏まえれば自ずと解決する

 「日本の首相が一方的に訪露するのはどうなのか、一方通行だ」と云う批判があるが、間違っている。この問題はプーチン氏の勇気と決意が前提だ。プーチン氏の覚悟を日本人はもっと評価しなければなら無い。ロシアの世論は「1島だって返す必要はない」と云うものだ。ロシアの「戦後の国際社会の諸手続きで正当に得た領土だ」と云う主張は当然である。
 今の国際社会の枠組みが、国連も含めて連合国、詰まり戦勝国の論理で出来たものだと云う事は歴史の事実として否定できない。

 それ等を踏まえて考えればプーチン氏の背負っているリスクは大きい。にも関わらず、プーチン氏は2000年に大統領になってから、歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言の有効性を一度も否定したことがない。これは大変な勇気だ。
 そして、日本政府の方針は01年3月に森喜朗首相とプーチン氏の間で結ばれたイルクーツク声明にある通り「四島の帰属に関する問題を解決することにより、平和条約を締結」と云うものだ。首相の方針はこの枠の中にある。
 首相の頭の中には、この歴史的事実の意味と経緯が確り入っている。だからこそ18年11月のシンガポールの合意に至った。首相はプーチン氏と既に24回の首脳会談を重ね、22日が25回目だ。両者の信頼関係は極めて高い。歴史の事実をお互いが踏まえて交渉を進めれば、自ずから結果はついて来る。


    1-29-3.jpg
  


 3 両首脳は「2島返還+アルファ」で決断する

 結果と云うのは「2島返還+アルファ」だ。「2島先行返還」では無い。歯舞群島、色丹島については日本が主権を持つ。国後、択捉の2島についてはロシアが主権を持つ。その上で国後、択捉では元島民の自由往来や共同経済活動を進める。

 両首脳の決断で国境画定の問題は決着する。当然、平和条約にも盛り込まれる。国境画定の問題を解決しなければ平和条約の意味が無い。
 日本としては譲れ無い部分を首相が明確にする。それを請けてプーチン氏がどう判断するかと云う事だが、私は両首脳の信頼関係の中で成し遂げられると思っている。


 




 4 「平和及び友好」が大切だ

 平和条約は10項目からなる日ソ共同宣言と同様、8、9項目の基本的なものと為るだろう。日ソ共同宣言の第1項をもう一度、見て欲しい。

 「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の戦争状態は、この宣言が効力を生ずる日に終了し、両国の間に平和及び友好善隣関係が回復される」
 
 これがとても大切なことだ。私はガルージン駐日ロシア大使に会った時もそう伝えた。ロシア人は日本に対して良い印象を持っている。しかし、日本人は未だ「ソ連=ロシア」と云うイメージを持っている人が多い。スターリンによるシベリア抑留の問題についてもロシアのエリツィン大統領は1993年に来日した際に明確に謝罪している。それでもなお、日本にはマイナスイメージが残っている。
 沖縄返還で日本の米国に対する感情は好転した。同様に日露の領土問題が解決すれば、日本人の持つロシアに対するイメージも大きく変わって来ると思う。その先の両国の関係には極めて大きい可能性が開けて来るだろう。 以上



 *関連したニュースを参照します。


 




 
  色丹島で見えた“北方領土交渉”厳しい現状 日テレNEWS24


 Nippon News Network(NNN) 2/1(金) 5:52配信


 ロシアでは、北方領土の日本への引き渡しに対する反発が強まっている。北方領土のひとつ、色丹島の最新映像から見えて来たものは、日本にとっては厳しいものだった。

 ◆引き渡しに反対する世論高まる きっかけは…

 ロシア・モスクワで先月20日に行われた北方領土の引き渡しに反対する集会には、市民ら500人以上が参加した。「クリル諸島は我々の領土だ!!」と云うシュプレヒコールが挙がり、「北方領土を含むクリル諸島は『ロシアの領土だ』」と書かれた横断幕が。ロシアでは今、日本への引き渡しに反対する世論が高まっている。切っ掛けは、去年11月の首脳会談だった。

  安倍首相「1956年(日ソ)共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させる。本日そのことで、プーチン大統領と合意しました」

 1956年に日本と旧ソ連の間で結ばれた「日ソ共同宣言」には、平和条約の締結後に色丹島と歯舞群島が引き渡されると書かれている。プーチン大統領は、本当に島を引き渡すのではないか。ロシアの国民の不安が高まったのだ。


 




 ◆“渦中”の色丹島の今

 “渦中”の色丹島は、今、どうなっているのか。NNNは、去年12月に撮影された映像を入手した。 色丹島の穴澗湾に、島の「ロシア化」を象徴する建物があった。ロシアの企業が経営する水産加工場だ。周辺の海で採れる魚を加工して、国内向けに出荷している。

 オレグ・マズル工場長「スケソウダラ、マダラ、カレイは一年中。サバ、イワシ、サンマ、イカを時期によって加工しています」

 ここでは、出稼ぎ労働者も含め約350人が働いている。工場によれば、作業監督の月収は約16万円と、ロシア全土の平均月収の倍以上だ。政府は島への移住などを促す為、最低賃金をその他の地域よりも高く設定するなどの優遇措置を取っている。
 ロシアは、2007年から本格的に北方領土の開発を進めて来た。流通などが改善され、スーパーには様々な商品が並んでいる。それだけに、多くの島民が引き渡しには反対の立場だ。

 色丹島の住民「島の引き渡しには反対。ここで沢山努力したし、子ども2人も生まれた。島は子どもの故郷ですから」

 ◆プーチン大統領は…交渉の行方は?

  先月の日露首脳会談の後、プーチン大統領は、国民の反発を気にしたのか、平和条約の締結に慎重な姿勢を示した。

 ロシア・プーチン大統領「両国が容認出来る様な解決の為に、私たちは丹念な作業を行わなければならないと強調したい」

 島の引き渡しに対するロシアの国民の反発が強まる中、交渉の先行きは不透明感を増している。 以上


 女性専用クレジットカード



 
 「返せ!北方領土」のスローガン 封印して住民大会

 
 テレ朝 news All Nippon NewsNetwork(ANN) 2/7(木) 11:50配信 




 2月7日は「北方領土の日」です。北海道根室市では北方領土返還を求める住民大会が行われますが、今年は「返せ!北方領土」のスローガンを封印しての開催です。

 根室市では間も無く7日正午から、元島民ら約1000人が参加して住民大会が開かれます。例年、北方領土返還運動のスローガンとして「返せ!北方領土」と云う文言を横断幕や鉢巻きなどに使って来ましたが、今年はこの表現を封印して「平和条約の早期締結を」と云うソフトな表現に変えたということです。
 領土問題を含む平和条約交渉の進展を期待してロシア側に配慮した形です。元島民2世・野潟龍彦さん(67):「本来であればもっと以前のように『島を返せ』と叫びたい。4つの島の返還を願ってきょうは皆さん集まると思う」  

 高齢化が進む元島民の平均年齢は既に83歳を超え、一日も早い解決を望んでいます。




 【管理人のひとこと】


 元気一杯の鈴木宗男さん、この難しい問題をいとも簡単に「両首脳は《2島返還+アルファ》で決断する!」と切って捨てた。領土問題として、複雑な国民感情が交錯するヤヤコシイ話をサモ簡単に明快に結論着けるには、氏独特の何かの確信があるのだろうか?

 北方領土の返還についての両国民の意思はハッキリしている。

 ・ロシア 第二次世界大戦の勝利で得た領土である。戦後以来、今まで幾多な投資をして開発を継続して来た。それを、日本に返還するのは国と国民の財産を投げ出すに等しい。どうして返す必要があるのか。余程の見返りが無ければ賛成できない。
 ・日本 歴史的に我が国固有の領土である。戦争のドサクサに不法に占領されたままである。戦後70年も経ったのだから早く返して欲しい。

 この互いに交わら無い心情のままで、合意出来る素地は無いと思うのだが・・・確かにロシアは経済的発展の上では後れを取って居る。日本もこの20年以上は、経済的な発展は微妙だ。特に米・中・欧と比較するとその比では無い。その両国が、辺鄙(へんぴ)で小さな島の帰属問題に「なにか」を望んでいるとする、それは果たして一体何なのだろう? 私はこれが理解できない。
 私は、昭和21年1月、戦後の樺太で生まれた引揚者の子供だ。赤ちゃんの時に引揚げたのだろうから何の記憶もないが、上の姉兄は樺太の小中学校へ通った記憶も重くあるだろう。北方領土に経済的な価値を求めるのか、それとも単に情緒的なノスタルジーを求めるのか?私には理解できないのである。

 鈴木氏は「沖縄返還で日本の米国に対する感情は好転した。同様に日露の領土問題が解決すれば、日本人の持つロシアに対するイメージも大きく変わって来ると思う」と語る。確かに沖縄と樺太・千島は、戦火に見舞われ多くの被害者を産んだ地である。犠牲者の数の比較は別にしてだが、沖縄はアメリカが、樺太・千島列島ではソ連が侵攻し支配した。沖縄は日本に返還されたが、千島は支配されたまま今まで続く。この様に、沖縄とこの北方領土を同等に捉えて好いのか私には分から無い。
 人口減少・高齢化が一般的な我が国の柔弱な事情の中、日本の有する島々は更に一層の過疎化が進行している。その様な状況下の中で、果たして北方四島が新たに返却されてどの様な思索があるのだろう?日本の中でどの様な位置づけに為るのか・・・私はその方が心配なのだ。
 
 


 皆さんはどう感じますか?コメントをお寄せください!


 




2019年01月25日

〚紙面の片隅から〛8 「期待される蚕業革命(さんぎょうかくめい)!」



 〚紙面の片隅から〛8  2019年1月25日(金)の某宗教誌から引用します 






 


     1-25-10.jpg



 期待される蚕業革命(さんぎよぅかくめい)!!



 蛍光色など新素材開発


 明治から昭和初期に掛け、日本の近代化を支えた養蚕業(ようさんぎょう)。近年、様々な先端技術を用いてシルクの新たな用途を開発する挑戦が始まって居る。カイコの餌となる桑の生産を通じ、農山村地域の活性化にもつながる「蚕業革命(さんぎょうかくめい)」として期待されている。

      
 緑や赤にオレンジなど、暗闇(くらやみ)で光る蛍光色の繭(まゆ人差し指サイン上の写真)。国立研究開発法人の「農業・食品産業技術総合研究開発機構(農研機構)」で新たなシルクの開発にあたる門野敬子・新産業開拓研究領域長は「目に見える形で成果を世の中に示せた」と胸を張る。
 門野氏によると、遺伝子組み換えカイコが誕生したのは2000年。2007年に蛍光色シルクを採取することに成功した。今では多様な色に加えて、超極細で染色し易いタイプまで、様々なシルクを作り出せる。


    1-25-4.jpg

             遺伝子組み換えカイコ

   

 農研機構は、暗い場所で青い光を当て、フィルターを通してみると緑色に光るドレスを試作。ファッション業界や現代アートの関係者がこの「光るシルク」に関心を示しており、先ずは舞台衣装や芸術作品などへの利用が期待される。


   1-25-5.jpg

         遺伝子組み換えカイコ の関連図


 医療分野にシルクを活用する研究も進められている。シルクを材料にした人工血管を開発した東京農工大の朝倉哲郎教授は「いつか苦しんでいる患者を救う時が来る」と力を込める。


      1-25-20.jpg

              群馬県  蛍光シルク量産へ  



 




 
 医療分野でも活用研究


 熊本県山鹿市では、カイコからシルクを年中採集出来る様にした最新鋭工場が2017年から稼働始めた。耕作放棄地を造成した自前の桑畑も備えており「蚕業革命」の先駆けとも言えるプロジェクトだ。
 「思い切った《スマート養蚕》でないと、日本の養蚕は終わる」と工場を建設した。「あつまる山鹿シルク」の島田祐太専務は、養蚕再生に意欲を燃やす。工場では25ヘクタールある自前の桑畑で採れた無農薬の桑の葉を、人工飼料に加工。飼料からシルクまでを一貫生産する体制を整えている。
 病気に弱いカイコを守る為、空調を完備したクリーンルームで湿度や温度を管理。昔は桑の葉が茂る春から秋にかけて年3回程度だった繭の採集作業を最大年24回可能にしたという。養蚕農家ではカイコに一日3回、桑の葉を食べさせる必要があったが、この工場では人工飼料を月3回与えるだけ。重労働を大幅に合理化した。

 製造されたシルクは、スカーフや高級石鹸の原料として販売。将来的には遺伝子組み換えカイコを活用したバイオ医薬品への材料提供、桑畑の拡大も視野に入れる。過疎化が進む地域では農家の高齢化が進んでおり、住民からは手間のかかる桑づくりを「各農家でやるのは無理」との声も上がる。
 工場を誘致し、小学校跡地を用地として提供した山鹿市の中嶋憲正市長は「ぜひ山鹿市でやってほしかった。若者の定着につながれば好い」と話し、一層の雇用創出に期待する。


      1-26-2.jpg


     科学の森:蚕のたんぱく質で医薬などを・・・


  1-26-3.jpg



 





 若年層取り組みがカギ


 昭和初期まで日本の主要輸出品だった生糸。その生産量は現在、最盛期の0.1%にも満たない。養蚕農家の数も激減し高齢化が進んでいる。今後はシルクの新用途開発と共に、担い手として若年層をどう取り込むかが「蚕業革命」の行方を左右するカギになりそうだ。
 日本の生糸生産量は20世紀初頭に世界一と為り、ピーク時は4万トンを超えた。戦後も製糸を含めた繊維産業が日本の復興を支えたものの、1970年代から衰退の一途をたどり、2017年の生産量は20トン程度だ。養蚕農家もピークの1929年には20万戸超だったが、2017年にはわずか336戸。農家の高齢化もあり、このままでは養蚕のさらなる衰退は避けられない情勢だ。

 シルクの用途は近年、広がりを見せている。遺伝子組み換えカイコのシルクの成分を使った製品としては、骨粗しょう 症やアルツハイマー型認知症の検査薬・化粧品が既に実用化された。悪性リンパ腫の抗がん剤の開発が行われるなど、将来性の大きいバイオ医薬品分野にも期待がかかる。
 シルクの繊維製品としての需要は世界的に伸びており、群馬県蚕糸(さんし)技術センターの須関浩文所長は「養蚕業をIT産業のように若い人に魅力を感じて貰える仕事にしたい」と語る。(時事) 以上


 





ご参考に別の情報を併記します・・・(抜粋)

 

 遺伝子組換えカイコが開くシルク利用の最前線


 農業・食品産業技術総合研究機構生物機能利用研究部門新産業開拓研究領域 小島 桂氏の文章から引用します(抜粋)


 Published: 2016-11-20コピーライトマーク 2016 公益社団法人日本農芸化学会


 





 はじめに

 カイコは,カイコガと云う鱗翅目昆虫(りんしもくこんちゅう)の一種でミツバチと同様にヒトが古くから利用して来た昆虫です。特にカイコは高級な繊維であるシルクを生産する昆虫として,長い時間を掛けてヒトが利用し易い様に改良が続けられて来ました。
 その結果,カイコが作るシルクは、その野生種であるクワコのシルクとは比べ物になら無い程長く立派な繊維に為ったのです。又,改良の過程でカイコは歩き回って餌を探すことをせず,成虫も飛ぶことが出来ない昆虫に為りました。ヒトが世話をしない限り生きていけない生物で,一般に家畜と言われるウシやブタ・ニワトリ以上に家畜化された生物と言えるのです。

 シルクは,カイコがサナギになる際に作る繭から採られる繊維で,殆どタンパク質だけで出来た1,000〜1,500 mほどの1本の長い糸で、通常,私達はこの糸を10〜20本束ねたものを生糸として使っています。
 カイコの幼虫は,卵から孵化してから3週間かけて成長して繭を作るのですが,それまでに体重を孵化時のおよそ10,000倍の3 g程度に増やします。そして体重の10%に達する300 mgほどのシルクを繭として作り出すのです。
 これをヒトに例えると,3,000 gで生まれた新生児が3週間後に体重が30 tに為り3 tの糸を吐き出すことに相当する訳で、カイコが如何に効率好く成長し短期間で大量のシルクを作り出すことが出来るか判ります。また,カイコは極めて扱い易くきちんと管理することで一度に数万頭規模で飼育が可能です。

 ヒトはこの,カイコが持つ素晴らしい機能を「シルクの生産」と云う形で利用して来たのですが,2000年にカイコの遺伝子組換え技術が確立されたことで「機能性や力学物性を改変したシルクを生産」し,又カイコのタンパク質生産能力を「有用タンパク質の生産」に利用出来る様になったのです。


 




 遺伝子組換えカイコの利用法

 カイコの遺伝子組換えには,piggyBacと云うトランスポゾンを利用して,目的とする遺伝子をカイコのゲノムDNAに導入します。では,作り出された遺伝子組換えカイコは,どの様な事に利用できるのでしょうか? 幾つかの例で紹介したいと思います。

 まず,純粋に科学的な観点からカイコの遺伝子の機能解析に使われている


 例えば,カイコの成虫の複眼は黒色をしているが,その色素を作る為の遺伝子が全て知られている訳ではありません。そこで,候補となる遺伝子について遺伝子組換えを使ってその機能を抑えたり,逆に増強したりして対象とした遺伝子が本当に目的の機能を持つものか調べることが出来る。このようにして,w1,w3,reといった遺伝子が同定される。
 又,カイコの生理機能を改変する試みがあります。例えば,養蚕業に重大な被害をもたらす核多角体病と云うウイルス病があるのですが,このウイルスが体内で増え難くする遺伝子を導入して病気に抵抗性を示すカイコの作出が行われているます。

 他にも,先に述べたようにカイコの高いシルク生産能力を利用して,有用なタンパク質をカイコの繭に作らせ回収する試みが近年盛んに行われています。例えば,サイトカインの一種であるbFGFや,ヒトのコラーゲン,抗体を繭中に発現する遺伝子組換えカイコが作出されました。これ等のタンパク質が繭から抽出され利用されています。
 繭から抽出されたこれらのタンパク質は,比較的容易に高純度に精製出来ることや,エンドトキシンの混入が少ないこと,又,狂牛病の発生で注目されるようになった動物由来の成分(血漿など)が含まれ無い事などから美容や医療の分野から注目を集めています。

 遺伝子組換えカイコの利用法として,もう一つ大きな分野がシルクそのものの改変です。私達のグループでは,シルクに外来タンパク質を発現させてシルクそのものの機能性や強さを変化させて利用しようと云う試みを続けて来ました。この取り組みの中で生まれた成果が,蛍光シルクやクモ糸シルクなどです。これ等の改変シルクについて紹介します。

 シルクを改変する試み

 蛍光シルクやクモ糸シルクの作出は,新しいシルク素材を作り出したいと云う願いから始まりました。シルクは古くから和服や肌着の素材として利用されていることからも判る様に高級繊維の代表です。しかしその一方で,洗濯がし難い・毛羽立つ・黄ばむと言った欠点も少なからず存在します。
 遺伝子組換えカイコの技術を使ったシルクの改変研究は,こういったシルクの欠点を補い,又新しい機能性の付与を目的とした研究から始まったのですが、残念ながらこれらの欠点を補う改変シルクは未だ実現していません。が,新しいシルクが幾つか開発されています。
 シルクの本体はフィブロインという繊維で,フィブロインは3種類のタンパク質から出来ています。シルクを改変する試みでは,この内最も大きなタンパク質であるフィブロインH鎖タンパク質を改変する技術開発から始まりました。


 1.蛍光シルク

 フィブロインH鎖タンパク質の組換えタンパク質をどのように設計してカイコに作らせ,繭の中に発現したことが判る様にするか?と云う問題の解決策として,緑色蛍光タンパク質(GFP)が利用されたのです。
 カイコのフィブロインH鎖遺伝子の大きな繰返し領域の代わりにGFP遺伝子を組み込んで,更に幼虫の後部絹糸腺(シルクの内フィブロインを合成する組織)で発現するように組換え遺伝子を構築し,遺伝子組換えカイコを創出したのです。
 出来上がった遺伝子組換えカイコは,組換えフィブロインH鎖-GFP融合タンパク質を絹糸腺で発現し,緑色の繭を作ったのです。この繭は更に,ブラックライトや青色光を当てると綺麗な緑色蛍光を発し,目的の遺伝子組換えカイコの創出に成功したことが一目瞭然であったのです。現在では,蛍光シルクはGFPとは別の蛍光タンパク質を利用することで緑色に加えて,赤やオレンジなど多数の色で実現され(図1a, b)ています。


     1-26-100.png
   
図1■蛍光シルクとクモ糸シルク a, b: 種々の蛍光シルク繭と生糸.c, d: クモ糸シルクの生糸とニット

 現代美術家のスプツニ子氏やブライダルファッションデザイナーの桂 由美氏らが蛍光シルクを利用した作品を発表しており,ほかにも蛍光シルクを用いた試作品がいくつも作出され,注目を集めています。
 蛍光シルクの開発は,当初純粋に技術開発から始まったものです,それが今や実用化まで進んでいるのです。機能改変シルクへの関心の高さを示す好い例でもあるのです。


 2.クモ糸シルク

 蛍光シルクが出来たことで興味深かったのは,繭が緑色で緑色蛍光を持ったことです。詰まり,この方法でシルクに外来タンパク質を発現させた場合,そのタンパク質が本来の機能性を発揮出来る事が示されたのです。そこで,次に挑戦したのがクモの糸をカイコに作らせることでした。
 ご存じのように,クモの糸は強く好く伸びることで有名です。実際にオニグモというクモの縦糸を取ってきてカイコのシルクと力学物性を比べてみると強度が3倍,伸びが1.5倍もあったのです。この強さと伸びをカイコのシルクに反映させることが出来れば,シルクの価値は格段に上がると期待されたのです。

 そこで,このオニグモから縦糸のタンパク質遺伝子をクローニングしてGFP遺伝子の代わりに用い,遺伝子組換えカイコの作出を始めました。先ず2007年にオニグモの縦糸タンパク質をシルクに作らせた最初の遺伝子組換えカイコを報告したが,実験系統のカイコ品種を使っていた為糸が取れなかったのです。そこできちんとした糸が取れる実用品種のカイコを用いて遺伝子組換えカイコを作り直すこととし,2014年に要約「クモ糸シルク」について発表出来た訳です。
 「クモ糸シルク」には,重量にして0.6%のクモ糸タンパク質が含まれていた。僅か0.6%であったが,糸の強さを測定した処強度が1.1倍,伸びが1.4倍,強靭さが1.5倍に向上したシルクでした。そこで,クモ糸シルクの生糸や布・ニットなどを作製した訳です。肌触りが柔らかくしなやかな製品ができあがったのです。
 現在,クモ糸シルクは強靭さが増した切れ難いシルクとして,衣料用繊維のみならず工業用素材としての可能性を視野に応用展開が図られています。


   1-26-101.png
 

 3.アフィニティーシルク

 蛍光シルク・クモ糸シルクは,シルクそのものを繊維として利用する試みの中で得られた改変シルクでした。これとは別にシルクをタンパク質材料として考えて利用する試みもあります。シルクの中に外来タンパク質を発現させることで新たな機能性をシルクに付与し,利用する方法です。その一つがアフィニティーシルクです。

 アフィニティーシルクは「フィブロインL鎖」と「抗体の可変部から為る一本鎖抗体(scFv)」との融合タンパク質を発現させた改変シルクで,抗原特異的な結合活性を持つシルクです。scFvを別の抗体のものに変えることで,異なる抗原を結合するアフィニティーシルクを多数作り出すことができます。
 また,抗体とは異なり,カイコの飼育量を増やすことで容易に大量生産出来る特徴もあります。アフィニティーシルクは,シルク繊維そのものに抗原結合活性が期待出来るほかに,シルクを溶解した水溶液や,水溶液から調製したシルクパウダーやフィルムにおいても抗原特異的結合活性が期待できます。実際に,WASP(Wiscott–Aldrich syndrome protein)と云うタンパク質に特異的に結合するモノクローナル抗体から作られたscFvをシルクに持つ遺伝子組換えカイコを作出し,そのシルクをパウダーやフィルムに加工した処,WASP特異的な抗原結合活性が保持されていたのです。アフィニティーシルクが免疫沈降やELISA実験に親抗体と同等に使用出来ることが判明しているます。
 アフィニティーシルクは,今ある抗体を用いた製品に抗体の代替品としてそのまま利用出来るほか,今後例えばインフルエンザウイルスと結合するscFvを持つアフィニティーシルクが作り出されれば,インフルエンザウイルスをキャッチするマスク等に応用出来る技術として発展すると期待しています。

 4.その他の改変シルク

 これらの他にも,遺伝子組換えカイコが作った改変シルクを医療用の材料として利用する為の研究も進められています。シルクはこれまでも手術用の縫合糸としても利用されており,生体に優しい材料として認められています。遺伝子組換え技術によりもっと体に馴染むシルクが出来れば,更に医療用途への利用が広がるでしょう。その一つとして私達が取り組んだのが,シルクを細胞が接着し易い様に改良することでした。

 “RGDS”(アルギニン–グリシン–アスパラギン酸–セリン)という4つのアミノ酸が並んだペプチドには,細胞のインテグリンがこれを認識して結合する.そこで“RGDS”ペプチドを融合した組換えフィブロインL鎖タンパク質をシルクの中に発現する遺伝子組換えカイコを作出した.この遺伝子組換えカイコが作ったシルク(RGDSシルク)を溶解して調製したシルクスポンジやシルクフィルム上には培養細胞がよく接着することが見い出されています。


 




 5.これからの組換えカイコ

 現在の遺伝子組換えカイコはpiggyBacというトランスポゾンを使った方法で作出されており,組換え体作出の成否は偶然に左右されます。特に目的タンパク質のシルクへの発現量の制御はほぼ不可能で,出来上がった組換えカイコの繭を調べるまでは判らないのが現状です。
 その為,より効率良く組換えタンパク質をシルクに発現させ,或いはシルクタンパク質そのものを改変して全く新しいシルクを作り出す為の技術が求められて来ました。近年,ZincFinger Nuclease(ZFN)やTALEN, Crisper/Cas9といったゲノム編集技術が開発され,ゲノム上の特定の遺伝子を切断して機能を止めたり,切断部位に新しい遺伝子を挿入したりといったことに利用されつつあります。カイコへの応用は現在研究が進められている最中で,カイコにもこれらの技術が利用可能であることが判りつつあります。今後のシルクの改変においてもこれ等の技術の適用と,利用価値が更に高まったシルクの開発が期待されるのです。



 




 シルクの加工

 これまでに少し触れましたが,シルクの利用は繊維に留まらないのです。特に遺伝子組換えカイコが作る改変シルクは,様々な形態に加工されてその機能性を発揮することも多いのです。最後に,シルクから作られる水溶液・パウダー・フィルム・スポンジなどの素材について紹介したいと思います。


     1-26-101.png

 カイコの繭を精練して得られるシルク(フィブロイン)からは,直接・間接に様々な形態に加工することが出来る。左から反時計回りに,水溶液・スポンジ・パウダー・フィルム・プラスチック様成型体


 1.シルク水溶液

 シルクは不溶性のタンパク質ですが,塩化カルシウムの濃厚溶液や臭化リチウム水溶液などに溶解することが知られています。これ等の水溶液に溶解したシルクは,透析して水溶液に出来ます。シルク水溶液は,そのまま化粧品などの原料として利用される他,以下の様々なシルク素材の出発材料となる重要な素材です。

 2.シルクフィルム・スポンジ

 シルクフィルムは,シルク水溶液を平坦な基材に広げ乾燥することで調製できます。調製したフィルムはオブラートの様に容易に水に溶けますが,水蒸気にあてたりアルコール処理することで水に溶け無いフィルムにすることができます。シルクフィルムは,細胞培養の基材などに利用されます。
 シルクスポンジの調製法には幾つか方法があり,夫々一長一短あります。シルク水溶液に塩の粒子を加えて作る方法は,ポアサイズを一定に出来るが成型が困難です。一方,私たちのグループでは,フィブロイン水溶液に有機溶媒を少量加えて冷凍することでフィブロインスポンジを調製する方法を確立しています。この方法では,シルク水溶液の濃度や溶媒の種類,凍結条件などを調整することで様々な構造や物性をもつシルクスポンジを調製できます。

 このシルクスポンジは,肌触りが滑らかなことから香粧分野での利用が進められています。また,冒頭で紹介したbFGF融合シルクやRGDSシルクから作ったシルクスポンジでは,これらを基材とした細胞培養で細胞の増殖や組織分化に特徴があるなど,再生医療用材料として有望な結果が示され,シルクスポンジの再生医療分野への応用が期待されています。

 3.シルクパウダー

 シルクパウダーは上記の様々なシルク材料から作ることができます。シルクそのものや水溶液を凍結乾燥したもの,フィルムやスポンジを破砕することでシルクパウダーが調製出来,出発材料によってかさ高さなどが異なるシルクパウダーとなります。シルクパウダーは,食品や化粧品原料として用いられている他,アフィニティーシルクでは研究用担体としての応用研究が進められています。


 おわりに

 遺伝子組換え技術により,カイコが作り出すシルクは多様性を増し,応用範囲も広がりつつあることを紹介しました。カイコはヒトが世話をしなければ生きていけない生物であることから,間違って外界に逃げた場合にも生存できないと考えられており,遺伝子組換え生物として優れた特性をもつ生物と考えられています。
 また,カイコは集団での飼育が可能なことから,今回紹介した様々なシルク素材や医療材料などを遺伝子組換えカイコを使った生産はこれから益々盛んに為るだろうと思います。カイコとシルクが遺伝子組換えと云う手法により新しい利用法を得たことで,今後「新蚕業」として花開くことを期待しています。 以上


 



 



 





 









 
 



 
















 

2019年01月16日

もう一度、10月からの消費税の10%への増税について考えてみよう!



  疑問 消費税の増税  メリット・デメリット?


  




 消費税10%に反対!なぜ増税?意外なメリットとデメリットを紹介!

 消費税3%から始まり気づけば8%に。そして消費税10%の引き延ばしが平成31年8月(2019年)に決まりました。多くが増税に反対しています。でも意外なメリットもあるので、デメリットと合わせて今後の消費税について考えていきましょう。そもそも、なぜ増税が必要なのでしょうか・・・?


 




 1、消費税10%に反対!なぜ増税?

 消費税10%に反対している人はすごく多いです。一方、消費税アップは私たちが安心して暮らせる日本を作る為にどうしても必要なことである様に思います。消費税が増税される理由はズバリ国民全員から税金を集めることが出来るからです。
 当たり前だろ!と言われそうですが、なぜ増税する必要があるかと言うと、消費税で集まった税金は当然ながら年金・介護・医療・子育てなどの財源にあてられているのですが、何と現在9兆円も足りないそうなんです。その為「これはヤバい・・・」となり、平成31年の消費税アップが決まったのです。

 他の税金の場合は滞納者も多いが、消費税は払わなければ物を買うことができないので間違いなく集めることが出来ます。国会でくだらん議論する位なら他にやることあるだろとも思いますが。寝てるし。家計簿をつけて家計を管理する人としては入るか入らないかのお金は本当に予算が立たずに困るんですよね。
 一方、消費税は必ず入るお金なんで政府は予算を立て易いのです。だから増税するのです。3%から始まりもう直ぐ10%にまで引き上げられることが決まりました。小さい買い物の時はそれ程気にならないのですが大きい買い物をした時は消費税の額に本当に驚いてしまいます。

 例えば10万円のiPhoneを買ったら8000円も税金で捕られてしまうのです。そりゃアもう国民が増税に反対するのも当然です。でも消費税を挙げる事にはメリットもあるんです。勿論デメリットもありますが、両方を知って消費税増税について反対か賛成かもう一度考えてみましょう。


 





 2、意外なメリットとデメリットを紹介!

 消費税10%への増税は意外なメリットとデメリットがあります。

 (1)消費税10%のメリット

 ・子育て世代における社会保障の充実により経済状態が良くなる。

 増税された消費税で集まった財源は今後子育て世代における社会保障の充実により多く使われていくことになりそうです。自分には子供がいないから関係ない!!という人もいるかも知れませんがそれは間違っています。現在の日本は少子高齢化です。働けない高齢者は年金を受け取り生活しています。それを支えるのが働ける世代による納税と消費者全員が負担する消費税です。
 日本の将来を支える子供達の社会保障を充実させることで子育てをしている家庭の負担を軽くし高齢化を支える子供の数を増やすことは年金の財源確保や経済の活性化に繋がります。子育てにはとてもお金がかかります。社会保障が十分にされ無いと益々子供の数は減って行くでしょう。日本の高齢化社会を支える子供の数が少ないと経済はドンドン悪くなってしまうのです。
 消費税を増税し少子化対策に充てることは「消費税を払う⇒社会保障の財源になる高齢化社会を支える子供の数が増える経済も活性化する」との良いサイクルを生み出すメリットがあるのです。すぐ、直接的にメリットがある訳では無いですが大切だとは思います。


 





 ・特定の世帯に負担をかけすぎない

 所得が上がると色々な面で税金や支払う額が高くなります。健康保険・公営住宅・保育園など。働けば働くほど税金も高くなっています。消費税で国が社会保障の財源を確保できなければ、働く世帯の納税負担はますます増えていくことに為るでしょう。
 その点消費税ならば買い物をする人全員から少しずつ税金を徴収することが出来る為これ以上特定の世帯から負担をかけるのを防ぐことができるメリットがあります。



 





(2)消費税10%のデメリット

 ・経済がにぶる

 やはり消費税が上がれば財布のひもも固くなるのが世の常です。お金を使わなければ経済は活性化しないというデメリットがあります。消費税を増税することで経済が活性化すると云う構図は消費者がこれまでと同じかそれ以上に消費活動を行った場合です。いかにして増税後も消費活動を維持或いは向上させるかという難しい課題を残しています。

 ・お金がない人はさらに苦しく

 消費税のメリットとしてあげた国民全員から少しずつ税金を徴収することは裏を返せばデメリットであるとも言えます。現在は年金も少ないですから働けない世帯は消費行動が益々鈍くなって行く事が予想されます。消費税が10%に増税されたら最新iPhone買うだけで1万も税金払うのは、正直嫌です。

 3、さいごに

 消費税10%に反対!なぜ増税?意外なメリットとデメリットを紹介と言うことで書かせて頂きましたが個人的には消費税増税には反対です。何故ならば先に無駄な議論をして仕事をした積りになっている仕事やったぜ感満載な議員をもっと減らすか減給して粛清しろって話だからです。マジで寝てる余裕あるなら転職しろと声を大にして言いたい。
 
 今後消費税10%への増税が経済活性化に繋がるのか、更なる不景気を生み出してしまうのか、どちらに転ぶかは今後の政府の対策次第だと思います。消費税増税は平成31年に決まってしまったので国がそれまでどのような政策を打ち出して行くのか目が離せませんね。議員の粛清とともに見守っていきたいと思います。



 






 消費税10%引き上げ表明どう思う?「おかしい、無理」と国民の声


 安倍首相は、2019年10月の消費税10%引き上げについて、予定通り行うことを表明しました。これまで個人消費を押し下げるとして2度にわたり延期した消費増税ですが、今回は延期しないとのことです。この表明を評価する声は一定数あるものの、大多数の国民は「無理、おかしい」など批判的な反応を示しています。そこで今回は、消費税10%引き上げの概要と、国民の声を集めてみました。
 安倍首相は14日、社会保障制度の財源確保の為、消費税を現行の8%から10%に引き上げることを表明しました。「リーマンショック級の事態が起こら無い限り再度延期することは無い」と以前より発言していた安倍首相ですが、その言葉通り来年10月より引き上げが行われる見通しです。15日の臨時閣議で正式表明した後、影響を和らげる対策の検討に入るということです。

 現在発表されている対策案は以下の通り。


  1-16-7.jpg


 消費増税対策案のポイント(出展:読売オンライン)

 以前から、食料品などへ軽減税率を導入する案は報道されていましたが、クレジットカードを使用した消費者に2%のポイント還元を行う(中小小売店に限る)というのは驚きですよね。また、幼児教育・保育の無償化も対策案として掲げられていますが、本当に実現するのかどうかにも注目が集まります。
 日銀の黒田総裁は今回の表明について、「8%に引き上げた時より経済的影響小さい」とコメントを出しています。黒田総裁は消費増税を実施するかどうかは政府の判断だと前置きした上で、消費税の10%への引き上げが日本経済に与えるマイナスの影響は大きく無いと述べました。特に今回は食料品などが軽減税率で8%に据え置かれるなどと指摘し、10%に増税する影響は4年前に5%から8%に引き上げた時に比べ「3分の1か4分の1程度にとどまる」という見通しを示しました。(引用:Yahoo!ニュースより)



 




 消費税10%引き上げ、どう思う?

 消費税10%どう思う?

 皆さんは、今回の消費税10%引き上げをどう受け止めてらっしゃいますでしょうか?個人的には、食料品などに軽減税率を適用するのは賛成ですが、物によって税率が違うというのはそのシステムを維持する販売側の負担が大きいのかなと。
 例えば、スーパーでも、今までは全ての商品に8%課して会計したら良かったところが、物によって10%になるのですから、その管理コストもバカになりません。消費増税しないに越したことはありませんが、するのであれば、消費者・販売者それぞれが混乱しない仕組みを考える必要がありそうです。

 このニュースを受け、ネットでは「消費税10%どう思う?」と云う質問が出ており、様々な意見交換が行われています。
 食品と生活必需品の消費税を撤廃するか、責めて食品だけでも撤廃するのか、それが出来ないと言うなら、これ等の品目を3%に引き下げるのか、財務省関係者は消費増税に異を唱える人達を貧乏人呼ばわりしていないで、この国の将来を見据えるべきです。
 食べていくだけで精一杯!が、生きてるだけで精一杯!になる。長く安倍政権を支持していた人の多数が安倍政権に対して疑問視する事に為るでしょう。安倍政権支持の中の多くは消費税は上げるべきでは無く、財政も決して困窮していない事も解っています。
 仮に消費税を上げた処で税収は上がらない事もわかっています。財務省の圧力にしたって決めるのは安倍総理です。だから財務大臣は麻生さんから違う誰かに変える事を望んだんですがね。麻生さんは副総理だけでいいじゃないか。それ等の意見をご紹介いたします。



 消費税10%賛成派の意見

・消費税10%か!痛いけど必要なら。 #消費税10ガススタンド? イノシン (@srsfmy) October 15, 2018ガススタンド
 ・消費税は、子供の頃に「計算面倒だからから10%で良いじゃん」って言ってたので10%なら反対しない。
端数切り捨てなので、子供頃はワザワザ何度もレジ回って一個づつ買って節税してた。? 3STT:3P(K.U.Z.) (@KUZ_3STT3P) October 15, 2018
 ・使い道に問題が無ければいいのではないかなぁ。国民が出来る限り平等に平和になれれば。衣食住など最低限のものは消費税を無くしてしまうとか。生きるのに不必要な高級品は20%とか。? ochiai (@tabibitorider) October 15, 2018ガススタンド

 消費税10%反対派の意見

 ・本当に国の政策、おかしいです!同じ商品をイートインか?持ち帰りか?で課税対象かそうでないか? 何を基準に外食ならば、飲食店が全て持ち帰りを可能にしたなら税収減となるでしょう。 本当に国の政策はおかしいです!https://t.co/1Iir3sgztxガススタンド? おみやさん (@masai_3830) October 14, 2018ガススタンド
 ・消費税増えるしガス料金も値上げするのに私のお給料だけ据え置きってのはおかしい、ふざけんなばか? ちくわ (@pororontan) October 14, 2018ガススタンド
 ・消費税10%って苦しいにもほどがあるんだけど…… くろりす (@krksquirrel) October 15, 2018ガススタンド
 ・来年にはやっぱり消費税上がるのね顔3(かなしいカオ)勘弁しておくれ顔3(かなしいカオ)税上がる前に車新しいの買わなきゃな? はっちゃん。 (@07sWall) October 15, 2018ガススタンド
 ・消費税10%って…何もできんくなるやん…? ちゃんおーin da hOUsE (@na0toBoY) October 15, 2018ガススタンド
 ・国のお偉いさん! 裕福な家庭もあれば貧困な家庭もある年寄り抱えて働かなきゃならない家庭もある!そんな国民から税金だ消費税アップだ と金を取ることばかりじゃないか!あんたらそんな国民の税金で飯食えて何にも感じんのか!? 麻雀タカラ (@SU2hwLqhIO0kQJy) October 15, 2018ガススタンド
 ・来年から消費税10%かぁ。。。死ぬなぁ(゚ω゚)? いこま (@nmpmkkkm) October 15, 2018
 ・消費税増税じゃなくて消費増を目指すのが政治の仕事です ? コーエン (@aag95910) October 15, 2018
 ・消費税があがると消費者側にはどんなメリットがあるの?? まーみんと愉快な仲間たち!の巻 October 15, 2018
 ・2019年10月に消費税10%? 今でもきついのに これ以上あがるとか生きる気力がなくなる…? 福たろ@双極性障害 (@5_nd6) October 15, 2018ガススタンド
 ・自分でも馬鹿だなと思うけど「消費税が上がって生活が苦しくなりそうだから、今食べるご飯も買うの迷ってる」って思考回路なんですがどうしたらいいですか ? 徘徊 (@ringmoa) October 15, 2018?
 ・来年10月に消費税10%になるとかほんと無理。他で削って何とかして欲しい…先に家建てておいてよかった…? 美波るい@ルッコ (@kimitohutari88) October 15, 2018ガススタンド
 ・消費税10%もう無理ーーーーーー🧟‍♀️🧟‍♀️🧟‍♀️? kazuko (@SunBear_) October 15, 2018ガススタンド
 ・消費税上がるの無理??生活必需品は3%か0%にしろ? アボカド🥑 (@belibeliakanwa) October 15, 2018ガススタンド


 





 消費税10%引き上げに対する国民の声まとめ

 こう見ると、大多数の国民が今回の消費増税に反対していることがわかります。反対する人の意見で目立つものが、
 ・生活が厳しい
 ・消費増税することのメリットがわからない
 ・給料が上がらないのに消費税だけ上がるのはおかしい


 というもの。アベノミクスによって確かに給与・賞与の平均額が押し上げられたとは言うものの、それは一部の大企業に限ったもの。大多数の国民がアベノミクスの恩恵を享受できていないため、今回の消費増税への反発が大きいのでしょう。また、賛成派の中でも、

・必要があれば仕方ない
・メリットや使い途を示してほしい


 という声が目立ちます。賛成派も単純に賛成している訳では無く、きちんとその使い途を公表した上で、納得の行く使い方をしてほしいと考えてきるのがわかります。一部の方からは「計算しやすくて良い」という意見もありましたが、生活への影響を考えると、少数派の意見といえますね!

 他にも、

・軽減税率はわかりにくいので一律にしてほしい
・税込表示を義務化してほしい
・消費税は軽くして、高級品の税率を上げては?


 という意見もありました。皆さんは、今回の消費増税をどのように受け止めておられるでしょうか?


 
 





 まとめ

 安倍首相が2019年10月より消費税を10%(パーセント)に引き上げることを表明しました。10%への引き上げが行われる見通しではあったものの、2度にわたり延期された為「今回も延期されるのでは?」と思っていた方も多いのではないでしょうか?それだけに、今回の増税表明へのインパクトが大きかったように思います。
 ネットでは様々な意見がありましたが、大多数が増税に反対するもの。中には賛成という声もありますが、賛成派も「きちんと使い途やメリットを示してほしい」との意見が目立ちます。消費増税が決定してしまったからには覆すことはできないですが、政府は国民の意見を真摯に受け止め、消費税が有効に活用できるよう国民に示していただきたいと心から願います。


 





 以上、数ある記事から最も大切なものを参照いたしました。実際8%⇒10%・・・たかが2%の違いなのですが、総額の一割と考えると現実味が増します。このための軽減策が出ていますが、ハッキリ言って、複雑で不公平でこの策をするだけで莫大な経費が掛かり、混乱と不平感があふれる始末です。
 「食品や子育てに関するものは全て3%に減税し、その他の物品は10%にする」この位の大胆な仕分けでもしないと「店で食べたら8%で持ち帰ったら10%」等など何等理屈の通らない無駄な線引きを造らなくては為らず、全く意味不明の策と為ってしまいます。
 増税の目的を絞り単純明快にすることで、国民の協力度が上がり実質的な増税の効果が得られるでしょう。「子育てと年金や生活の向上の為の増税」と銘打って国民の理解を得られるものと考えます。その為の施策を全省庁がこぞって展開するべきです。

 以上



2019年の政治日程は?



 平成最後の年を迎え既に半ばを過ぎてしまった。サテ、本年は新たな元号を迎える年と為ったのだが、果たして今年の一年はどの様な年に為るのだろう?先ずは、今年(2019年)の政治日程を確認してみよう・・・




 


 
 今後の主な政治日程


 【図解・政治】今後の主な政治日程


  1-16-1.gif


 政府・与党、通常国会を1月下旬召集=参院選7月21日有力


 政府・与党は来年の通常国会について、1月下旬に召集する方向で調整に入った。安倍晋三首相の外交日程を確保するのが狙い。これに伴い、来年夏の参院選は7月4日公示、同21日投開票の日程が有力だ。

 首相は本年 1月にスイス・ダボスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を検討。この前後にロシアを訪問し、プーチン大統領と北方領土問題について協議する方針だ。
 召集日を巡っては当初、年明け早々の1月4日も取り沙汰された。しかし、政府・与党は一連の首脳外交を優先し、首相の帰国後に通常国会を開会する判断に傾いた。
 一方、会期末については、6月28・29両日に大阪市で20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されることを考慮する必要がある。通常国会の会期は150日間と定められており、G20の前に会期を終える為、1月29日までの召集となりそうだ。 

 サテ。昨今の安倍内閣の支持率はどの様に為って居るのだろう?支持率の推移を見てみよう。



 




 【図解・政治】内閣支持率の推移


  1-16-2.gif



 内閣支持下落38%=軽減税率は賛成5割(時事世論調査)


 時事通信が12/7〜10日に実施した12月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比3.4ポイント減の38.9%で6カ月ぶりに下落した。不支持率は同0.5ポイント増の38.7%で支持と不支持が拮抗した。外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法をめぐり、政府・与党が審議を強引に進めたことなどが影響したとみられる。その他のアンケート結果は、

 2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入される軽減税率の賛否を聞いたところ、「賛成」53.7%、「反対」32.9%となった。
 2019年夏の参院選に合わせた衆院解散・総選挙が取り沙汰されていることを尋ねたところ、「賛成」33.9%、「反対」30.1%だった。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」17.7%「リーダーシップがある」10.5%「首相を信頼する」9.1%などの順。支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」21.0%「期待が持てない」15.0%「政策が駄目」13.8%などとなった。そこで、安倍自民・与党に対する野党の政治力はどの様なものなのだろう・・・


 





 【図解・政治】立憲民主党の地方組織設立状況(2018年12月)



      1-16-3.gif


 立憲の地方組織、41都道府県に=年内目標を達成


 立憲民主党は12/25日、茨城、奈良両県で県連を設立した。これにより、地方組織は計41となり、年内目標の40を達成した。残りの6県は、来年夏の参院選の行方を占う改選数1の1人区が殆どで、同党は年明け以降、「空白区」での設立の動きを加速させる。
 
 枝野幸男代表は12/25日の常任幹事会で「来年は統一地方選、参院選がある。選挙を通じて更に仲間を増やす年にしていきたい」と語った。
 残りの6県は岩手、富山、石川、三重、広島、佐賀で、改選数2の広島を除く5県が1人区。福山哲郎幹事長は25日の記者会見で「参院選の比例代表(での票の掘り起こし)を考えても、一日も早く立ち上げたい」と述べたそこで、野党筆頭の立民と他の野党との共闘関係はどうなのだろうか?


 



 

 【図解・政治】野党共闘をめぐる構図(2018年10月)



    1-16-4.gif


 野党5党首、参院選へ協力確認=候補者調整は曲折も


 立憲民主・国民民主・共産・自由・社民の5党首らが12/16日夜、東京都内のホテルで会談する。来年夏の参院選に向け、改選数1の1人区で候補者一本化を目指す方針を確認する見通しだ。先の沖縄県知事選での勝利を弾みに、参院選でも共闘を実現したい考えだが、立憲・国民と共産の思惑は合致して居らず、候補者調整は曲折も予想される。5野党の党首が顔を揃えるのは、安倍内閣不信任決議案の提出を決めた7月20日以来。
 
 全国32の1人区のうち、立憲は1、国民は2、共産は22選挙区で候補者を内定しており、長野と長崎で国民と共産が競合。各党の擁立が進めば競合区が増えるのは必至だ。
 2016年の前回参院選では、全ての1人区で野党一本化が実現し、11選挙区で自民に競り勝った。来夏に向け、各野党とも競合回避の必要性では一致しているものの、各論では溝がある。

 立憲、国民両党を支援する連合は長年、共産と対立関係にあり、両党は共産との直接交渉に否定的。民間団体「市民連合」を介在させる形を模索しているが、共産は「政党と政党が責任を持って話し合うことが必要だ」と反発している。
 共産は、少なくとも3選挙区で自前候補を立てたい考え。野党間で共通公約の作成や相互推薦も求めている。だが、立憲、国民両党は「無党派や保守層の票が逃げる」と及び腰だ。
 改選数2以上の複数区でも、足並みは揃っていない。旧民主党系現職のいる2人区で他党に配慮を求める国民に対し、立憲は全ての複数区に独自候補を擁立する方針で、駆け引きが続いている。

 この様に野党では、ナカナカ統一した動きが困難の様で、何時までも「弱小野党のバラバラ軍団対安倍一強自民」の構図が崩れそうも無い。しかし、立民は実力者を次々と陣営に迎えて着実に(数では少数であるが)力を着けている様に見える。
 そこで、安倍自民の中はどうなのだろうか?矢張り、最後の任期と為ると氏の影響力は依然とは比べ物に為らぬ程落ちているのは否めない。かと言って、では誰が次期総裁を目指すのかの決着は着かず、小泉信次郎氏の一番人気にも力強さは見られない。雑多で小さな豆が、熱されたフライパンの中でパチパチと弾けているに過ぎない。〔レームダック〕とまでは行かないが、安倍一強内閣も最後のあだ花へとひたすら整理の道を辿って居る様だ。
 喫緊の日ロの北方領土問題で何等かの成果を挙げることが必要なのだが、今の処その様な楽観は許されない。プーチン氏の国内支持率も陰りが出ている現状では、氏が領土を割譲する決意を押し通す状況には無く、安倍・プーチンの蜜月も日本への実効力は持てない様だ。


 





 【図解・政治】「ポスト安倍」の構図(2018年10月)


    1-16-5.gif


 「ポスト安倍」、首位は小泉氏=時事世論調査 

 時事通信の10月の世論調査で、次の首相にふさわしいと考える人を聞いたところ、小泉進次郎自民党前筆頭副幹事長が26.1%で首位に立った。小泉氏は6月の調査の「次の総裁」でもトップだった。自民党総裁最後の任期に入った安倍晋三首相16.7%と2位に踏みとどまり、根強い人気が示された。

 9月の総裁選で首相と戦った石破茂自民党元幹事長は15.3%の3位。「私がポスト安倍」と公言する立憲民主党の枝野幸男代表が5.4%で4位だった。以下、岸田文雄自民党政調会長5.0%、河野太郎外相3.0%、野田聖子前総務相1.8%の順となった。
 一方、自民党支持層に限って見ると、首相27.4%、小泉氏22.8%、石破氏17.6%などだった。新たな総裁候補に浮上して来た加藤勝信自民党総務会長は選択肢に含めなかった。 


 





 【図解・政治】立憲民主党の支持率推移(2018年9月)


   1-16-6.gif



 結党1年、支持率に陰り=初の党大会「フェス」開催−立憲

 立憲民主党の結党後初の党大会が12/29日、東京都内で開幕した。来月3日には結党1年を迎え、野党第1党として自民党に次ぐ支持率を保っているが、通常国会閉幕以降は下落傾向が続く。「草の根の民主主義」を掲げ、支持者が主体的に参画する党運営を模索して来たが、支持率回復に向けた党の存在感発揮が課題だ。

 枝野幸男代表は12/29日、地方組織の代表者らを集めた会議で「野党第1党の立場を与えていただいた以上、次は政権を担う責任を国民から課せられていると思わなければならない」と決意表明。30日には「立憲フェス」と銘打って、国会議員が一般党員に当たる「パートナーズ」と交流するほか、党の活動方針を決定する。
 立憲の支持率は、時事通信の世論調査で1月の6.2%をピークに、7月には5%を割り込み、9月は4.4%まで落ち込んだ。国会開会中は森友・加計問題などで政権を厳しく追及し注目を集めたが、閉会後はアピールの場を失ったことが原因とみられる。同党幹部も「何をしているか国民に伝わら無い」と漏らす。

 枝野氏は29日の会議で、県連不在の県を早急に減らす考えを強調。「テレビや新聞を見なくても立憲が何をしているかが分かる状況を作る」と語り、地域での活動強化の必要性を訴えた。
 今月訪米した枝野氏は、2016年の米大統領選民主党予備選で若者らの支持を集めたサンダース上院議員と会談。「国民の草の根の声に寄り添うことが重要だ」との助言を受けた。30日に決定する活動方針には、「わかものクラブ」(仮称)の設置を明記。支持が弱いとされる若年層との接点を増やすなどして、党勢拡大を図る考えだ。 以上



 以上が昨年までの政界の模様だ。サテ、今年は改元・参院選・更に北方領土の返還交渉等多事多彩な政治日程が盛り込められているが、私たち庶民に身近な10月からの消費税10%増税問題が控える。
 既定事実だとする政府に対して、昨今の家計経済の苦境を考えて反対の声も多い。更に、軽減税率への手数の複雑さが賛否を呼んでいる。徒に複雑で処理の費用が掛かり、増税の効果が薄れるとの指摘もある。この問題について次回は考えてみます。