ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ヨリちゃんさんの画像
ヨリちゃん
プロフィール

2021年03月05日

続報! 福原愛が不倫デートを「自らバラした」不可解



 続報! 福原愛が不倫デートを「自らバラした」不可解

 離婚拒否する夫への“最後通告”


 https://www.jprime.jp/ 3/4(木) 20:01配信


 アノ“国民的娘”、“泣き虫愛ちゃん”が不倫!? 目を疑う様な衝撃のスクープ撮だ。3月4日発売の『女性セブン』が《台湾に夫も子も残して里帰り不倫》と、卓球女子元日本代表・福原愛の“不倫”現場を押さえた写真を掲載したのだった。
 同誌は、メジャーリーガーの大谷翔平選手似のエリート会社員だと云う高身長のAさんと、マスク越しでも楽しげな様子が判る小柄な福原との横浜デートをキャッチ。2人はホテルで1泊し、更に彼女の自宅マンションでも一夜を過ごしたと報じた。

3-5-1.jpg

    愛ちゃんは、記者の存在を完全に認識した上で顔も隠さずにデートを続けた

 「事の始まりは2月18日に愛ちゃんが出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)“子供が幼稚園に上がるタイミングで、日本に拠点を移すことを考えている”と告白すると、2月25日に『女性セブン』が“すわ別居へ”と報じたのです。この時点では“眉唾物”の話だったのですが……」(ワイドショー・ディレクター)  

 この“別居”報道は台湾にも伝わり、即日に卓球選手の夫・江宏傑(ジャン・ホンジェ)が飽く迄「子供の教育の為」とし「夫婦共に一所懸命に頑張っている」と夫婦間に問題は無い事を強調。又福原は「3月に帰国する」とも付け加えた。  
 これで騒動は収まると思われたが、2月28日に自身のツイッターで《この数日間ズッと週刊誌の方に着けられて気が滅入りそう》《直接聞きに来て呉れたら云いのに》とこぼす福原。この時点で、既に周辺で“張り込み”が行われて居た事が伺えるのだが「何とも不可解です」とは写真誌カメラマン。

 「『セブン』さんが横浜デートを抑えたのは2月27日の様で、直撃取材をしたのがツイート翌日の3月1日の事から、彼女の希望通りに事実確認をしたのでしょう。取材に“仲の良い友達”と関係を否定した愛ちゃんですが、同誌が撮った写真の2人を見ると、その距離感からして恋人同士にしか見え無いのも事実。  
そして府に落ち無いのが、マークされて居るのを判って居ながら白昼堂々Aさんとデートし、お泊まりをしたのかと云う事。番組放送から僅か2週間程の急転直下の展開ですが、マルで日本に滞在して居る間に“新恋人”の存在をバラしたかった様にも思えてなりません」
 

 別居報道に始まり、この度の不倫スクープも又台湾の各メディアは速報やトップニュース扱いで報じて居る。中国のトップリーグで活躍した福原は、現地でも“小愛(しゃおあい)”の愛称でアイドル級の人気を誇り、一挙手一投足が注目される存在だ。  
 2016年に江選手と結婚して台湾に渡り、一男一女を授かった福原。夫婦でテレビ出演してはカメラの前でもキスを披露するラブラブ振りで、仲の悪さ等微塵も感じさせることは無かった、様に見えた。

3-4-1.jpg

        私の覚悟は出来ている・・・全てを背負う積りなのです

 貴女は金を生む鶏よ

 処が、不倫をスクープした『女性セブン』と同日発売の『週刊文春』が《離婚全真相 モラハラ台湾夫とモンスター家族》と題して、福原が江選手から言葉と態度による暴力を受けて居た事を報じたのだ。そして1月中旬に日本と台湾に提出する2枚の離婚届に判を押し、夫にも既に離婚の意思を告げたとして居る。

3-4-5.jpg

             新婚時代互いに結婚指輪を披露する二人

 「何でも、理解あった優しい夫が結婚を機にモラハラ夫に為り、時に“売女”等と汚い言葉で罵ることもあったと云うのです。又、SNSで仲良しアピールしていた江さんの姉・江恆亘(ジャン・リガ)さんとも良い関係にあったとは言えず、唯一の味方と信じていた義母からも“貴女は、我が家の金を生む鶏よ”と云う言葉を投げ掛けられて、愛ちゃんは孤独感を募らせていったと」

 遂には2019年末に子供を連れて帰国した妻を、夫は日本まで追い掛けて来て謝罪し、態度を改めると誓う。しかし、台湾での生活に戻るとモラハラが再発し、見限った福原は離婚届に判を押した。同時期に東京を拠点に自身が代表取締役を務める『株式会社omusubi』を設立するも、会社の役員欄に江選手の名前は記され無かった。
 江選手の所属事務所は不倫騒動を受けて《2人は離婚して居ません》とのコメントを発表。又《国際結婚は色々な事がある》とモラハラ問題を国際結婚ゆえとし《双方が一緒に努力する必要がある》と福原にも責任があるとも取れる見解を示した。「これはドロ沼化しそうですね」とは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。

 「ジャンさんの言動から察すると、DV夫に有り勝ちな暴力と謝罪を繰り返して妻に粘着するタイプの様にも思えます。恐らくは愛ちゃんが離婚を突き突けても簡単に受け入れ無いでしょうし、寧ろ彼女の一時的な気迷いで“夫婦は又やり直せる”と短絡的に考えて居るのかも知れません。夫婦の主張は逆に為りますが、久々に高嶋政伸さんと美元さん元夫婦のドロ沼離婚劇を思い出しましたね」  

 2012年に離婚裁判に発展した高嶋政伸と美元の離婚騒動。別れたい夫と別れたく無い妻の言い分は平行線を辿り、双方がDVやストーキングがあったことを訴えて、仕舞には音声テープが法廷に持ち込まれるドロドロ振り。結局、高嶋サイドが“手切金を払って要約別れられた”とも報じられた。

3-4-2.jpg

             今は新しい彼を信じて・・・

 マスコミを利用した

 「普通に考えれば、愛ちゃんはデート時に撮られて居るのを判って居たと思いますよ。同誌に掲載された写真を見ると、何れもAさんは全く気付いていない様子でソッポを向いて居ますが、片や彼女はカメラに顔を向けて居ます。単純に顔が写っている写真を選んだ、と云う事も有り得ますが(笑)。  
 例え彼女が主張した通りに、Aさんが本当に“友達の1人”だったとしても、離婚届に判を押そうとしないジャンさんに“もう、私には新しい恋人が居るのよ”と思わせるには十分。台湾でも写真が見られるのを承知の上で、日本のマスコミを利用したとも考えられます。写真をワザと撮らせるのは、芸能界の古くから使われる常套手段の一つです」(佐々木氏)
 

 ホンワカとした印象の福原からはイササカ想像つかないが『徹子の部屋』への出演を決めた時から卓球のごとく策を練り、試合プランを組み立てて居たのだろうか。

 「只、離婚が成立していない内の“不倫”は、世間が娘の様に見守って来た“泣き虫愛ちゃん”のイメージは崩れますし、協議の際に夫側から慰謝料を請求される可能性もあります。それでも、身を投げ打ってでもジャンさんと離婚したい気持ちの方が強いのかも知れません。   
 それに数々のモラハラを受けて来たと云う証拠、音声テープでも所持して居るのなら有利に事が運ぶでしょうし、“不倫の原因を作ったのは貴方よ”と主張出来ますからね」(佐々木氏)
 

 現在も福原に関する報道が加熱している台湾だが、不思議と彼女の“不倫”を非難する声は多くは無い。夫とその家族の“素性”は既に知られて居るのかも知れない。

                    以上










         暖かくなる季節 体毛を綺麗に・・・