ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ヨリちゃんさんの画像
ヨリちゃん
プロフィール

2020年04月24日

何故日本でPCR検査数が増え無いのか 日本社会ならではの 課題と解決策を考える【あたらしい意識高い系を始め様】


 

 【新しい意識高い系を始め様】

 何故 日本でPCR検査数が増え無いのか 

 日本社会ならではの 課題と解決策を考える



            〜FINDERS 倉本圭造 4/24(金) 21:25配信〜


           042511.jpg

何故 PCR検査を増やす増やさ無いでモメて居るのか?

 私は経営コンサルタントなのですが、普段の仕事の中で製造業とかで「日本らしさ」的なものが、世界的に見てもチャンと優秀性として発揮されて居て、無内容な「日本スゴイ!」的な話じゃ無く「本当にスゴイ」分野と普段触れる事があります。
 そう云う分野の経営者の人とかは皆揃って一様に、日本に於いて新型コロナ対策が問題に為り始めた2月下旬や3月上旬の頃、伝え聞く日本の対策の在り方に付いて「誰なのか判ら無いが日本の対策のリーダーには物凄い優秀な人が居るっポイ」と言って居ました。私も同感で、当時世間で「日本は何も対策して無いのに何故か上手く行って居る様だ」ミタイな事が言われて居るのが謎で「嫌々メッチャ的を射たスゴイ対策が絶賛進行中じゃないですか!」と思って居ました。

 好く、ITのセキュリティ対策チームが優秀なら優秀な程、使い手からは「マルで何もして居ない」様に感じられる・・・と云う話が有りますが、限られた資源・限られた期間の中で、今有るリソースを最大限活用して成果を出した日本の対策は超凄かったと今でも思って居ます。
 後々3月中旬位に為って、どうやら専門家会議ってのが有るらしいとか、西浦博氏・北海道大学大学院教授・通称「8割おじさん」や尾身茂氏・地域医療機能推進機構理事長・・・そして押谷仁氏・東北大学大学院教授と云った「顔」が認知される様に為って、彼等が出す資料等に付いて「日本政府から出される資料からコンなに感銘を受けたのは初めてだ」ミタイな話をチラホラとネットで見ました。

 しかし一方で、3月中旬の三連休以降段々と暗雲が立ち込めて来て、最終的に全国的な緊急事態宣言に迄追い込まれ、その後も混沌として未来が見通せ無い状況に陥ってしまって居ます。私が普段の仕事の経験から感じる事は、この「3月中旬迄の成功」と「それ以降の失敗」は表裏一体で、単純に「失敗」部分だけを見て「バカだねえ」と云うだけでは改善出来ない無課題が有ると云う事です。
 今後も新型コロナ対策は長期戦が続きますし、私達日本人はこの問題に立ち向かう時に、どう云う事を気を付けるべきなのか?に付いて考える記事を書きます。その議論の中で、巷を騒がせているPCR検査数を増やす増やさ無い・・・と云う様な「課題」を日本の中で上手く処理するにはどう云う考え方が必要なのか?と云う話もします。

 同時にコレは「古い社会」を敵視せずその隠れた深い合理性に着目しつつ、時代に合わせて変えるべき処を変えて行く「新しい意識高い系」を始め様・・・と云う連載の第二回でもあります。

 目次は以下の通りです。

(1)3月上旬迄の日本の健闘とそれ以降の苦戦は表裏一体
(2)ローカルな事情にチャンと適合した戦略で有る程、見た目は他の国と違って居て当然
(3)PCR検査数を増やす・増やさ無い・・・と云う課題に付いて考えてみる
(4)日本に於いて「組織の縦割り」を超えた連携が必要な時には「新しい意識高い系」のモードで対処するべき
(5)これからの展望
(6)新しい意識高い系を始め様

 (1)3月上旬迄の日本の健闘と、それ以降の苦戦は表裏一体

 3月上旬迄の対策に於いて「誰か知ら無いが物凄い優秀な人が遣ってる感じがする」と「現場系」の経営者達が口を揃えて言って居たのは、大体以下の様な決断を可成り初期から一貫した見通しを以て策定し実行して居た処にあります。

 A) 中国に於ける武漢とそれ以外の地域の致死率の差に着目し「医療機関への負荷を低減し医療崩壊を避ける事」を最重視して戦略を作る
 B) 急にはキャパシティを増やせ無いPCR検査では無く、国民皆保険でコンビニ診療的に医者に懸かる事が定着して居る全国の医療機関探知網として使い、他国に比べて異様に多く配備されて居るCTを活用して症状者を探し出し、そこからの芋づる式に接触者を追って感染者を発見して行く作戦の全体設計
 C) 一瞬の内に制御不能なレベルに蔓延してしまった欧米では出来無かった視点として、ダイヤモンド・プリンセス号や初期の武漢からの帰国者からの感染を丁寧に追って「三密」と云った「感染させ易い状況の定性的な把握」や、感染させ捲くる人とそうで無い人の差が激しい事からの「クラスター対策」方針によって「出来るだけ経済を止め無い」形での封じ込めを模索する姿勢

           042502.jpg

 ・・・これ等の何処がスゴイかと云うと「今持ってるリソース」を徹底的に活用し「最大の効果を得る」為にどうするか?と云う視点が貫かれて居る事です。本当に効果が高い施策だけを社会・経済への影響を最小限にしながら行う事で、マルで「何も遣ってない」かの様に見える程鮮やかな仕事だった。
 結果的に、欧米諸国とは桁が違う死者数の少なさに、少なくとも第一波の時点ではシノギ切れたと云えるでしょう。例えると、今日のお昼ご飯を作ら無きゃって為った時に、炊飯器が例え無くても土鍋が有るからそれを使おう!レシピに書いて有る材料と違うけど冷蔵庫に有るモノを炒めてオカズにしよう!・・・ミタイな感じですね。

 逆に言うとこの長所の裏返しの短所は今持ってるリソースで足り無く為った時どうするか?と云う時、特に今の組織構造を超える様な広域の連携が必要な事が超絶苦手な処です。只、これは長所の裏返しの短所なので、その「短所」だけを捉えてバカだネエ・・・って言ってても解決しないんですよね。
 長所と短所を全体として捉えた上で、議論を交通整理する必要がある。ソコで必要なのが、私が「新しい意識高い系」と呼んで居る行動指針なんですよ。

 (2)ローカルな事情にチャンと適合した戦略で有る程、見た目は他の国と違って居て当然

 世界の国々は、夫々国情も持って居る医療リソースの種類も全然違うので全世界共通に同じ手法で遣らなくちゃ・・・と為ると、自分達が持って居る武器の種類と合わ無く為ってしまうんですね。サッキの例で言えば「炊飯器が無いとご飯が炊けません」的な話では、今まさに襲い掛かって来て居る課題にチャンと最大の効果を発揮する対策は出来ません。
 だから本当に現場レベルで優秀で有る程、その対策はオリジナルで、他とは違ったものに為って来る可能性が高い。これは「誰が言ってるかで無く何を言ってるかを見るべき」的な話で、チャンと物事自体を深く知って「為る程、見掛けは随分違うけどスジは通ってますね」と云う判断が出来る人なら好いんですが、世の中余りそう云う感じでは無いですよね?

  「〇〇ナンて言ってるのは日本だけだぞ!」ミタイな感じで日本の当局が言って居る内容自体を自分のアタマで読み解くのでは無く「ニューヨーク・タイムズにはこう載って居たぞ!」的な権威主義でしか判断出来無い人が世の中には多いのでチャンと現場レベルで適合したオリジナルの戦略を持って居る程孤立無援に為ってしまうんですよ。
 ローカルな事情にチャンと適合したオリジナルな対策をして居る担当部署が孤立無援に為って行く時、日本では特有の意固地さ・・・の様な振る舞いに為ってしまう事が良くあります。それが、事情が判ら無い世間一般から見ると非常に排他的で自分の考えだけに固執して居る様に見えてしまい、余計に相互コミュニケーションが困難に為り、担当部署は更に自分達が今持って居るリソースの範囲内だけで全てを解決しようとして混迷してしまう事に為る。

 その範囲で成功すれば好いけれども、その範囲を超える様な大問題に為ると・・・3月中旬以降、感染爆発した欧米諸国から大量の帰国者が市中に放たれ、対策班の接触者追跡能力が足り無く為って来て・・・後は皆さんご存知の通りです。そんな時私達はどうすれば良かったのでしょうか?

 (3)PCR検査数を増やす・増やさ無い・・・と云う課題に付いて考えてみる

 例えばPCR検査を増やす・増やさ無い・・・と云う様な課題に付いて考えてみます。この問題が何故紛糾して居るかと云うと「PCR検査を増やすべき」と云う意見を言う人の中に、
 「チャンと日本の対策班の考え方が判った上で改善点を指摘して居る声」
 「日本の現状は全然判って無いけど、他国が遣ってるんだからヤレとか、検査し無いと判る訳無いじゃんとか云った単純な視点で批判して居る人」
 がゴチャゴチャに混じってしまって居るからなんですね。

  日本の対策の考え方に付いての好く有る誤解として
  PCR検査数が少ないから全体像が判って居る筈が無い
  無症状者・軽症者を検査して居ないから、そう云うヤツが市中でウロウロして感染して居るのを止められる筈が無い
 と云うものがあります。しかし、日本ではまず
  何処かで感染者が出たら全国の病院網とソコに配備されたCTで探知出来る筈
  そこで見付けた患者から芋づる式に逆算して接触者に検査して行く・・・と云う方針で、その「芋づる式」に追って行く過程では症状が有ろうと無かろうと検査をして居る訳です。

 例えば韓国はメッチャ検査をしてると云うイメージが有るけれども、それでも結局国民全体の1%程度しか検査して居ません。それ位現状は何処の国でもPCR検査と云うのは貴重な資源なので、或る程度対象者を厳選して使う様にしないと無駄撃ちに為ってしまうんですね。その厳選の遣り方が日本は自分達が今持って居る武器の種類に合わせたオリジナルな手法を取って居て、そうする事で少無くとも3月上旬迄は、無症状な人も含めて多くの感染者を捕捉して隔離する事が出来て居た。

 この「接触者追跡」に使うPCR検査能力を別の処で浪費して仕舞たく無い為に、一時期は医師が必要と認めてもナカナカ検査して貰え無いと云った問題が発生して居り、一般の人から見ると「余程の重傷者以外は一切検査をして居ないのではないか」と云う誤解が広がって居るんですね。
 しかし、専門家会議の人達は最初から「検査能力を増やせるものなら増やして欲しい。特に医者が必要と認めたのに検査出来無い事例が出て来て居るのは良く無い。しかし戦略的に重要な接触者追跡に使う資源が、安心の為の検査で使い潰されるのは避けたい」と云う様な趣旨の発言を繰り返して居ました。

 自宅待機中に亡く為った事例等が出て来た事で、何処迄が「安心の為の検査」で、何処からが「医療者が必要と認める検査」なのかの線引きを遣り直す流れに為りそうですが、少なくとも後者に関してはスムーズに検査迄行ける体制にしようと云う合意は、既に出来つつ有ると言えるでしょう。詰り此処迄の話をスライドにまとめると・・・

         042501.jpg

 好く、検査を増やすと医療崩壊するとかし無いとか議論されて居ますが、正しくはチャンと配慮した上で遣れば医療崩壊させずにPCR検査を増やす事は出来る ナンですよね。スライドでは多少単純化して話していますが「PCR検査資源の優先順位が崩壊する」以外にも色んな「医療崩壊」に繋がる可能性は有る訳です。
 
         042504.jpg

 実際は総人口の足った1%強

 その当たりをチャンと配慮した上で動かせるかどうかが重要なんです。しかし、これだけ色んな誤解が世間に溢れ、デマや陰謀論が花盛りの状態で、この「チャンと配慮をした上で遣れば」を実現出来るでしょうか?
 「兎に角検査を増やしさえすれば好いんだ!」と云う熱狂が暴走して、或る程度上手く行って居た戦略が全部台無しに為ってしまう可能性だって有ります。日本の医療現場が言って居る事はPCR検査を拡大するなでは無く「貴重なPCR検査キャパシティを無駄撃ちし無いで呉れ!」と云う事。日本は総理大臣にすら強い権限は殆ど無いコンセンサス重視国家なので、イザ「今有る組織の縦割り」を離れた処での広域の協力関係を必要とする方針を立ててしまうと、色んな人のヨコヤリで果てし無く混乱して、大事な作戦の一貫性が崩壊してしまい勝ちなんですよね。

 そう云う状況では、今マサに前線で戦っている部署に居る人は警戒心を持って当然ですよね?出来るだけ自分達が確実にコントロール出来る範囲だけで何とかしよう・・・と思って仕舞っても可笑しく無い。だから、日本に於いて「広域的な連携」が必要な時には、以下にお話しする様な「新しい意識高い系」のモードで「議論の交通整理」を確り遣る必要があるんですよ。









 (4)日本に於いて「組織の縦割り」を超えた連携が必要な時には「新しい意識高い系」のモードで対処するべき

       042505.jpg

 「新しい意識高い系」に付いては、こないだ私のインタビュー記事が公開されたんですが、ソコでした話が非常にイメージし易いので以下のスライドで紹介すると・・・

       042506.jpg
       042506.jpg
       042507.jpg
       042503.jpg

 「新しい意識高い系」とは?(その2)

 私のクライアントのマニア向け小売店で、スタンプカードをアプリにするって話が在ったんですが、今時スタンプカード?って思う人は使わ無きゃ好いだけな一方で、スタンプカード集めてる(通販の時はシール同封してるんでそれを綺麗に貼ってる)人って凄い大事な顧客なんで、そう云う人がアプリ化で離れてしまうんじゃないかって云うのは正当な懸念ですよね。
 そう云う時に「未だにスタンプカードとか昭和かよ!」とか言っててもダメで、チャンと溜まってるスタンプとアプリのポイントの交換比率を考えるとか、それを発表する時にハートフルに顧客との関係が深まる様なメッセージを考えるとか、そう云う事を遣れば誰も反対しないしスルスルと進む訳ですよね。

 詰り、日本に於いてチャンと現場と理屈が適切な形で協業して行くには 「医療現場の人がPCR検査の安易な拡大に慎重になる理由」迄深堀りして、その解決策の方向性のコンセンサスを作って行く処迄「現場以外」が遣ら無いといけない訳です。

           042508.jpg

 「現場が反対する理由」が判れば、只それを解き解して行けば好い。例えば・・・

  保健所のキャパが問題なら、保健所とは別の検査センターを用意すれば好いですね?
  医療機関に集まる事自体が感染拡大のリスクなら、ドライブスルー方式や訪問型の移動検診ならどうでしょう?
  検体を集める事は効率化出来ても「検査」自体はどうしてもキャパが限られると云うのなら、その事をチャンと世の中に伝えて協力を要請するメッセージを発するべきでは?
  安心自体が目的なら、PCR検査よりも、ソモソモ電話相談の時にチャンと心理的な安心を与える様なフォローをして「無意味に放り出された」と感じさせ無い配慮を作り込む事が大事なのでは?(この部分可成り重要だと思って居ます)
  保健所の人が今遣って居る作業の内、こう云う部分は外注したり専門家で無くてもサポート出来る筈では???

 この様に、議論をチャンと交通整理する処迄外野が遣れば「医療現場の最前線で戦って居る人」をサポート出来る。現場の人も安心して検査拡大に同意出来る。それが「新しい意識高い系」の考え方なんですね。特に、今時々ネットで話題に為る感染者の体験談の、

 「症状が出たかも知れない時に電話しても全然繋がらない」
 「アッチコッチタライ廻しにされて物凄く不安に為った」

 とか、そう云うレベルの不安を医療関係者は結構軽視し勝ちなんですが(明らかに彼等の責任範囲では無いとは云え)その辺りの細部でチャンと「不安自体をケア」する事が出来れば、この幸薄い論争も随分落ち着いて来るのではないかと思います。

 皆「前工程」のPCR検査の話ばかりして居るけれども、大事なのは「後工程」の接触者追跡をモッと徹底出来る様にする事では???

 3月位からズッと思って居るんですが、韓国が出て来ると冷静さを失うのは、日本の右翼さんだけじゃ無くて左の人も相当ヤバいです。このPCR検査の話も、冷静に問題自体を解き解して行けば好いのに、矢鱈感情的に相手を全否定して遣る!ミタイなムーブメントが両側から荒れ狂って居る為に対処が出来無く為ってしまって居ます。
 で、韓国以上に検査して居るドイツがそれ程成功して無い処を見ると、東アジア諸国で成功して居る国はこの「接触者追跡」をメチャクチャ徹底的に遣ってる処が鍵なのではないでしょうか。上記のスライドで、韓国が遣ってる接触者追跡能力と日本の対策班の比較をして居ますが・・・ハッキリ言って話に為ら無い程の差がある。

 韓国と日本の比較(その2)

         042509.jpg
         042510.jpg

 今後日本のPCR検査はドンドン増やして行く流れには為って居るものの「CTが過剰配備されて居る日本の医療網をレーダーに使う」戦略が有る分、PCR検査の数は少なくとも一般に思われて居る程の差に為って無いと云うのは、多くの専門家が言って居る事です。(例の岩田健太郎医師も言って居る)しかしこの「接触者追跡」能力はもう天地程違う。韓国が「プライバシーってナンですか」位の感じでバシバシ強権的に追跡して居るのに対して、日本では保健所が「若い人は電話しても出て貰えなくて・・・」ミタイなレベル(笑)で直ぐ「感染経路不明」に為ってしまう。

 そう云う「プライバシーに関する法律問題」で可成りビハインドが有る上に、それに使える人員もITツールも全然違います。中国が非常に強権的な住民監視システムを持って居るのは有名でしたけど、今回の韓国と台湾の事例は「え?それOKなの?」って結構私は衝撃を受けました。特に韓国の、携帯のGPS情報やクレジットカード決済情報、更には監視カメラ情報迄駆使して感染者を監視してるのは・・・
 今日本が考えるべきことは「何処迄」なら許容出来るのか?と云う事です。恐らく、中華文明圏(及び韓国)で見られるレベルの監視体制は、プライバシー大好き日本人は受け入れ難いのではないかと思います。彼等とは「お上」的なものに関する感覚が全然違うんだな・・・と思ったりしました。

 最近一番アタマ可笑しいんじゃないか?と思うのは、日本政府がマイナンバーカードを導入しようとした時には「国が個人を管理しようとして居る!」と反対して於いて、同じ人が台湾のマスク配給制を聞いたら「コレは凄い!矢張り日本政府は無能だ!」と騒ぐ・・・ミタイな話です。もう、誰かの所為にするのは辞めにしよう(ぺこぱ風)

 (6)新しい意識高い系を始め様

 最後に、こう云うのって「アベ」が考えて遣るべき事で、俺達はそれに文句を着けるのが仕事なんじゃないの?って思う人も居るかも知れない。マア確かに、日本に超絶賢いリーダーが居て、こう云う議論の交通整理を全部遣って、バシーン!と流麗なプレゼンテーションを遣って全国民の意識統一をして呉れたら言う事は無い訳ですけど!!!
 でもね、ジャア過去に居たリベラル派のリーダーならそう云う人が居たかって云うと、そうでも無い訳じゃないですか。有史以来日本のリーダーには余りそう云う人は居なかったレベルの事を求めて「日本はダメだ・・・」って言っててもしょうが無いですよね。出来無い事を求めるのも辞めにしよう(再びぺこぱ風)

 そう云うリーダーを皆で引きずり下ろして、現場レベルの優秀さを実現して居る「短所と長所が表裏一体」の日本って云う国が有るんだから、無いもの強請りしてても仕方が無い。私は個人相手に「文通」しながらコーチング的に人生相談をするミタイな仕事も遣って居て、その中にはアベ嫌いのフェミニストミタイな女性も居るんですが、その人は最近「永田町のアホ共に怒りが溜まり過ぎて何処かで焼き討ちとかのテロ行為をしたい位の気分」とか言ってました。(笑)
 その怒りは判らんでも無いですが、だからコソ後一歩、連載第1回で書いた様に、果てし無く美化された欧米の幻想を持って来てローカルな存在を叩き捲くるだけで無く、チャンと「ローカルな事情を普遍的な論理で掬い上げる」事が出来る様に為りましょう。

 過去1カ月か一寸、PCR検査問題に付いて紛糾して居る中での色んな「日本政府批判派」の人達(メディアや論客さん)には、チャンとこの記事で書いた様な事情が判った上で主張して居る人も多かった様に記憶して居ます。後一歩の意識付けで、全然違う世界が見えて来る筈!「新しい意識高い系」って云うのは、日本人の悪癖である「足して二で割る妥協策」ではありません。
 後一歩・後一歩、チャンと「ローカルの事情」を汲み上げる能力を手に入れれば、日本は縦横無尽に「真面な論理」が通る風通しの好い国に為れますよ。 日本の中の知識人のコミュニティが、今回の危機に於いてこう云う「新しい意識高い系」の配慮迄実現出来る様に為れば、その時日本は初めて「自民党的なもの」以外で国を統治する事が可能に為る。

 ・・・そう云う未来がもう目の前迄来てる!(三度ぺこぱ風)今、韓国の事例や台湾の事例を持って来て考えるべき事は、日本で取り入れられる事はどの部分なのか?出来無いとしたらそれは何故なのか?何処を変えれば好いのか?と云う論点をチャンと詰めて行く事です。恐らく、日本は韓国レベルの(増してや中国レベルの)国民監視は出来ません。アレルギーが強過ぎる・・・そうは云ってもマイナンバーカードのもう少し強化した運用位は遣って欲しいと思って居るのですが。
 ジャアそう云う「武器」が無い分、人員レベルでの接触者追跡能力は、韓国の何倍とか云うレベルで用意しないと「ダンスwithコロナ」の時代に戻れ無い筈では?或いは、日本人も受け入れ可能なレベルのIT的な接触者追跡ツールはどう云うものでしょうか?

 連載の次回ではその当たりの「経済再開」に当たって何を考えるべきなのか、その時に「武漢で行き成り爆発した中国、カルト宗教で行き成り爆発した韓国、早めに水際で封じ込めた台湾、知らない内に行き成り爆発した欧米」には出来て居ない「感染者数が少無い内にその動態をキッチリ調べる事が出来た」日本の対策班の知見をどう活かして行けば好いのか?と云う話をします。

 連載は不定期なので、更新情報は私のツイッターをフォロー頂ければと思います。この連載の趣旨に興味を持たれた方は、コロナ以前に書いた本ではありますが、単なる極論同士の罵り合いに陥らず「みんなで豊かに為る」という大目標に向かって適切な社会運営・経済運営を行って行くにはどう云う事を考える必要があるのか?と云う視点から書いた「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」をお読み頂ければと思います。Kindleアンリミテッド登録者は無料で読めます。

 「経営コンサルタント」的な視点と「思想家」的な大きな捉え返しを往復する事で、無内容な「日本ダメ」VS「日本スゴイ」論的な罵り合いを超える新しい視点を提示する本と為って居ます。この記事への感想など、聞かせて頂ければと思います。私のウェブサイトのメール投稿フォームからか、私のツイッターに話しかけて頂ければと。


          042512.jpg

 倉本圭造  経営コンサルタント・経済思想家 1978年神戸市生まれ 兵庫県立神戸高校・京都大学経済学部卒業後 マッキンゼー入社 国内大企業や日本政府・国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面する事で、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感 その探求を単身スタートさせる 先ずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場 時にはカルト宗教団体やホストクラブに迄潜入して働くフィールドワークを実行後 船井総研を経て独立 企業単位のコンサルティングプロジェクトの傍ら「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成やニートの社会再参加・元小学校教員が始めた塾がキャンセル待ちが続出する大盛況と為る等 幅広い「個人の奥底からの変革」を支援 アマゾンKDPより「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』晶文社より『日本がアメリカに勝つ方法』発売中
           
          倉本圭造 経営コンサルタント・経済思想家    以上



















安倍首相のコロナ対応に疑問符 世論が「一番、怒って居る事」 10万円は評価 指導力には辛口の理由




 安倍首相のコロナ対応に疑問符 世論が「一番、怒って居る事」 

 10万円は評価 指導力には辛口の理由


            〜withnews 4/24(金) 7:00配信〜

 〜国内での感染者数が1万人を超えた新型コロナウイルス。安倍晋三首相は緊急事態宣言の対象を全国に拡大する等、感染拡大を抑えようとして居ます。朝日新聞の世論調査からは、政府対応を厳しく見る有権者の意識が浮かびました。首相の指導力にも疑問符を着けて居る様です。
 「一律10万円」は評価する一方「布マスク」は不評に。有権者が一番「怒って居る」のは何か。調査結果から考えます〜
 朝日新聞記者・磯部佳孝

 政府対応「評価しない」増える

 朝日新聞の世論調査では、新型コロナの感染が広がった2月以降、政府対応に付いて聞いて居ます。3月調査で「評価する」と「評価しない」が共に41%で割れて居ましたが、4月調査では「評価しない」53%が「評価する」33%を大きく上回りました。4月調査で評価が下がった背景には、何が有るのでしょうか。

 「一律10万円」は評価「布マスク」は不評

 3月調査から4月調査の間、安倍首相は4月7日に緊急事態宣言を出し、同16日には対象区域を全国に広げました。全ての世帯に布製マスクを2枚ずつ配る事や、全ての国民に1人一律10万円を給付する事を決める等、対応策を次々と打ち出した時期でした。4月調査では、一連の対応策に付いて評価を聞きました。
「緊急事態宣言の全国拡大」と「一律10万円給付」に付いては評価が比較的高かった一方で、最初に緊急事態宣言を出したタイミングや「布マスク」に対する世論の評価は厳しめです。首相の政策判断の評価は割れました。      

 【安倍首相は、今月(4月)7日に東京や大阪など7つの都府県へ限定して、緊急事態宣言を出しました。あなたは、この7日に出したタイミングについてどう思いますか。(2020年4月調査)】
  早過ぎた(1%)
  適切だ(18%)
  遅過ぎた(77%)
 *その他・答えないは省略

【安倍首相は、(4月)16日に緊急事態宣言の対象区域を全国に拡大しました。あなたは対象区域を全国に拡大したことを評価しますか。評価しませんか。(同)】
  評価する(88%)
  評価しない(9%)
 *その他・答えないは省略

 問われる安倍首相の指導力

 個別の政策の評価とは別に、新型コロナ対応全体の評価が暗転した背景には、首相の指導力に対する厳しい見方がありそうです。4月調査で「安倍首相は感染拡大の防止に向けて、指導力を発揮して居ると思いますか」と聞いた処「発揮して居ない」57%が「発揮して居る」33%を大きく上回りました。「発揮して居ない」と答えた人の78%が新型コロナ対応全体を評価して居ませんでした。

 現金給付を巡っては「減収し、生活に困る世帯に30万円」から「全国民に一律10万円」への方針転換の過程で混乱も有りました。感染拡大防止の成果が未だ見え無い中で、陣頭に立つ首相の指導力への疑問符が、新型コロナ対応全体の評価の低さに繋がって居る様です。

 「生活不安」高まる

 4月調査の内閣支持率は41%(不支持率41%)で、3月調査の41%(不支持率38%)から横ばいでした。4月調査は60代以上の高齢層で支持離れが起きた一方、30代以下の若年層で支持率が上がった為、全体の支持率は変わりませんでした。若年層は「一律10万円」を初めとした一連の新型コロナ対応に付いて、中高年層に比べると「評価する」が高めでした。
 今後の内閣支持率を占う上で重要に為りそうなのが「生活不安」への対応です。4月調査で「新型コロナウイルスの感染拡大で、貴方は生活が苦しく為る不安を感じますか」と尋ねた処「感じる」58%「感じない」40%でした。
 3月調査では「感じる」46%「感じない」52%だったので「生活不安」の高まりが判ります。4月調査で内閣支持率が比較的高かった若年層を含む全ての世代で4月調査の「生活不安」を感じる割合は、3月調査より大きく為りました。

 4月調査を職業別でみると「製造・サービス従事者層」の68%「自営業者層」の67%が生活不安を「感じる」と答えて居ます。「事務・技術職層」で「感じる」は49%でしたので、休業要請による収入の減少など、影響を直に受けている層程、生活不安を感じて居る事が伺えます。
「製造・サービス従事者層」と「自営業者層」では、新型コロナの政府対応を「評価しない」が60%前後に上りました。この「生活不安」を解消する対策を打てるのか。イヨイヨ、首相の指導力が問われて居ます。


                   以上









 新型コロナで世界のリーダーの支持率上昇中 

 何故 安倍政権だけ下がったのか?


            〜文春オンライン 吉田 徹 4/23(木) 17:00配信〜

 〜世界を覆うコロナ・ショックの中で、政治指導者の一挙手一投足に改めて注目が集まって居る。1950〜60年代の英首相マクミランは、記者に「最も恐いものは?」と問われて「予期せぬ出来事だよ、君、予期せぬ出来事だ」と答えたと云う。パンデミックは指導者に取っての思わぬ試金石と為って居る。評価を高めた政治家・低めた政治家の命運を分けたものは何なのだろうか〜


           042411.jpg

                 吉田 徹氏

 「ポピュリスト」の人気が再燃して居る?

 コロナ・ショックを受けて、これ迄ポピュリスト政治家として名指しされて来た政治家の支持率が上昇して居るのが目を引く。

       042410.jpg

      自らも新型コロナ・ウイルスに感染したボリス・ジョンソン首相 コピーライトマークAFLO

 昨年の総選挙で勝利してイギリスのEU離脱を決定的にしたボリス・ジョンソン内閣の支持率は、2019年12月時点で34%・不支持率が46%だったのが、3月末に為って支持率52%・不支持率26%と逆転・・・記録的な上昇を見せた(YouGov調査)この数字は首相がコロナ・ウイルスに感染した事への同情も有る事も考慮しなければ為ら無いが、一政権が此処迄の高い支持率を得るのは異例の事だ。
 支持理由に付いても、これ迄首相を「無能」と判断して居た有権者は少数派に転じ、2020年に入って「有能」とする割合が増えて居る。イギリスは、依然として感染者封じ込めに手古摺って居るにも関わらずである。

 大西洋を挟んだもう1人のポピュリスト政治家、米トランプ大統領はどうだろうか。此処でもトランプ大統領を評価する有権者は49%・支持しないのが45%と支持率が上回る(米Gallup調査)
 経済情勢の急激な悪化から、11月の大統領選は安泰とは云え無い。しかしトランプ大統領への支持率が概ね40%前後で推移して来て居り、これ迄不支持率の方が高かった事を考えると、追い風が吹いて居る事は間違い無い。

 危機時に与党を信頼し勝ちな有権者達

 政治情勢を示す英語に「旗下集合効果・rally round the flag effect」と云うものがある。コレは、危機時に在って、現政権の指導者を支持する態度が有権者の間に広がる現象を指す。国難に在っては党派を超えて政権を支える事が有権者の責務で有ると云う意識に加え、政策に多少の不満が在っても危機管理対策では野党よりも与党に信頼が寄せられる。野党に賭けるリスクよりも、現職を応援してリスクを減らし安全を取る事が合理的だからだ。

 例えば、2000年に僅差で民主党候補アル・ゴアに競り勝ったジョージ・W・ブッシュ大統領は、決して人気の有る大統領では無く、在任期間の平均支持率は49%に過ぎ無かった。しかし、2001年の9.11同時多発テロを受けた直後には86%と云う、米憲政史上で最高の支持率を記録して居る。
 2015年にパリで130人余りの犠牲者を出した同時多発テロでも、任期中の平均支持率が約20%の史上最低記録保持者だった時のフランソワ・オランド大統領の支持率は直後に最高の支持率・35%を記録して居る。

 だから、支持率上昇の恩恵に浴して居るのはポピュリスト政治家だけでは無い。ドイツのメルケル首相・フランスのマクロン大統領・イタリアのコンテ首相等、夫々の絶対的な人気の度合いは異為れども、コロナ・ショックを受けて支持率の上昇を見て居る。
 ちなみに、メルケル首相のドイツを初め、台湾・ニュージーランド等、コロナ・ウイルス封じ込めに一定程度成功して居ると評価されて居る国のリーダーは女性で有る事が多い事も特徴的だ。

 有権者は政策で評価しない

 少し前に政治学者の間で話題に為った『現実主義者の為の民主主義』と云う本がある(エイカン=バルテルズ著、2016年〔未邦訳〕)この研究は、過去のアメリカの有権者行動を解析して、如何に有権者は時の政権の政策や業績を考慮しないで投票して居るのかを実証したものだ。

 自然災害やインフルエンザの感染など、政権とは関係無い出来事がその責任とされたり、直近の経済情勢だけが考慮されたりする一方、歴史的な転換と為る様な時の政権の政策が評価され無い事が多いと云う。例えば、1916年にニュージャージー州でサメによる襲撃事件が有権者の不安を煽った結果、その選挙区での与党候補に不利に為ったと云う印象的なエピソードを著者は紹介して居る。
 勿論、これは有権者が愚かだと云う訳では無い。全ての有権者が複雑な現象の原因と結果を政策と結びつけて理解出来る訳では無く、認知上のバイアス・・・好ましいと思う事に引き付けて解釈する事や党派性が投票の基準に為る為だ。
 こう考えると、コロナ・ウイルス対策の様に、専門家の間でも場合によっては意見が分かれる政策は、有権者が冷静に判断出来るものでは無い。ソコで政治に求められるのは、単に安心感を提供出来るかどうかなのである。

 安倍政権の支持率低下 日本は何故例外?
 
 そう考えると、日本の特殊さが際立つ。と云うのも、コロナ・パニックを受けて安倍政権の支持率は低下傾向に有るからだ。3月中は持ち応えて居たものの、直近の4月10〜13日の世論調査では支持率は前月から5ポイント下がって40%、2月以来と為る不支持率・43%との逆転現象を経験して居る。(共同通信調査)
 トランプを含めて各国指導者の支持率が上がる中、何故我が、国の総理の支持率だけが下がって居るのか。確かに政府の対策に不満は寄せられては居るが、死者数を見ても他国程酷い状況では無い。外出禁止措置についても、他国の様に罰則が有る訳では無く、市民生活を過度に逼迫させるものでは無い。

 日本と云う例外を作って居るのは、ソコにもう一つのポピュリズムが潜んで居るからとの仮説が成り立つ。安倍政権とは対照的に、支持率を上昇させて居るのが小池東京都知事だ。東京オリンピック・パラリンピック延期を受けて支持率が下降して居た都知事の起死回生のチャンスを提供したのが、今回のコロナ・パニックだった。支持率は2019年12月をボトムに上昇し、今では80%近い支持率を保って居る。(産経新聞FNN合同調査)

 都知事は、3月25日に「ロックダウン」や「オーバーシュート」と云った強い言葉を使いながら、国に先んじて一早く外出自粛要請を都民に行い、その後、中央政府が緊急事態宣言を出す下地を作った。4月7日に緊急事態宣言が出された後には、より幅広い業種の自粛要請を政府に対して求め、事業者当たり50〜100万円の協力金を約束、国が当初模索して居た世帯への最大30万円の「給付金」よりも安心感の有る約束を打ち出している。
 医療保健や教育行政等の規制や運営の現場は、日本では地方自治体に任されて居る。特措法に基づく非常事態宣言も出す主体は政府だが、指定や要請の責任主体と為るのは各自治体だ。この為、身近な行政機関は、日本では強い政治不信の対象と為って居る中央政府よりも住民への安心を供与出来る、より大きな存在なのだ。

 何故、日本の首長にポピュリストが多いのか

 ポピュリズムに話を戻せば、冒頭のジョンソン首相やトランプ大統領・ブラジルのボウソナロ大統領等、諸外国では国政レベルでのポピュリズム政治家が目立つのに対して、日本のポピュリストは地方の首長で有る事が多い。
 例外は小泉純一郎元首相だが、彼を除けば、田中康夫元長野県知事・石原慎太郎元都知事・橋下徹前大阪府知事・市長、河村たかし名古屋市長等、これ迄ポピュリスト政治家とされて来たのは全て地方政治のプレーヤーだ。

 日本で何故地方レベルのポピュリストが多いのかには理由がある。一つは日本の地方政治が「二元代表制」と呼ばれる、民意を代表する首長と議会と云う2つの回路を持つ制度に依って運営される為だ。定数1の選挙区を持つのは大都市のみであり、それも東京都の場合は千代田区と中央区のみだ(島部・市部除く)
 その他の市町村の選挙区の定数は概ね2から6が定数と議会が比例代表制を執るのに対し、首長選挙は大きな単一の選挙区(即ち小選挙区)で選ばれる多数代表制の下で行われる。
 こうした非対称性が有る場合、議員候補者は特定業界や組織に応援されて「狭く堅い民意」を代表する傾向が有るのに対し、首長は大票田の集まる都市部の無党派層から為る「広く薄い民意」を代表し無ければ為ら無い。従って、首長に取っては既得権益や議会を批判して選挙戦を戦うのが合理的に為る。

 ポピュリズムの定義は多様で、一般的には政治・経済エリートに対して庶民と呼ばれる者達の民意を代表する政治スタイルとされるが、日本の首長はポピュリスト政治を培養し易い土壌にあるのだ。更に二元代表制の下では、日本の首長はアメリカの州知事と同じ様に、大統領的な政治を行う事が可能に為る。
 議会解散権や条例への拒否権・独自に条例を制定する事も可能だ。更に2017年の地方自治法改正に依って、福祉サービスや飲食店営業許可の事務も担う要にも成り、大きな権限を手にする様に為った。

 コロナ・パニックの様な危機時に於いては、歯切れ好く、毅然とした態度を示す首長の存在感が必然的に浮上する事に為る。そして、ポピュリズム政治が、エリートに対する庶民の声を代表するものだとすれば、日本の首長は、法的権限に欠き財政赤字に苦しんで弱い政策しか打ち出せ無い政権与党を仮想敵とする事で、住民の支持を集められる。
 詰り、北海道の鈴木知事・大阪の吉村知事等が休校措置等を含む緊急事態宣言を独自に出し、危機事態の「競り上げ」を行って居るのには政治的な理由も有る。政権支持率低下と反比例するかの様に、彼等の支持率も又小池知事と共に上がり、政府は背中を押される様にして4月16日に全国規模での非常事態宣言に踏み切らざるを得無かった。他国と違って、政権の支持率が何故下がって居るのか、そして首長達の支持率が何故上がって居るかの一つの説明に為るだろう。

 トランプ大統領の様に支持率が上昇して居る例でも、例えばコロナ対策の陣頭指揮に立つニューヨーク州のクオモ知事も実に87%と支持と不支持率を逆転させて居る。(シエナ大学調査)

 毅然とした態度と無責任さは紙一重
 
 最も、以上はポピュリスト政治家がコロナ・ウイルス対策で最も有効な対策を打てて居ると言って居る訳では無い。トランプ大統領もジョンソン首相も、当初は経済への悪影響を懸念して、集団免疫の獲得に依ってウイルス封じ込めを目論み、見事に失敗した事を想起すべきだ。
 休業要請をする日本の知事にしても、財源に欠く東京都以外は国の財政に依存し無ければ為ら無い。毅然とした態度は無責任さと紙一重に為り得る。

 世界には、ハンガリーのオルバン首相やイスラエルのネタニエフ首相の様に、コロナ・パニックを奇貨として議会の機能迄を一部停止し、それ迄の強権を更に強め様として居る指導者も居る。ポピュリズム政治に依って人々の不安感は払拭出来るかも知れないが、それで以てワクチンが開発されたり、目前に迫る大不況が解決されたりする訳では無い。言い換えれば、現在のポピュリズム政治を作り上げて居るのは、私達の漠然とした不安感なのだ。
 有権者は合理的では無いかも知れないが、歴史を見ると、危機時に輝いた指導者が有権者からお払い箱に為る時もある。ナチスドイツとの闘いでイギリスを勝利に導いたチャーチル首相は、1950年代に二度目の首相の座を降りる事に為ったし、フランスを解放したドゴール将軍は、1960年代に自身が提案した国民投票を否決されて引退した。


 平時に戻った時、有権者にどの様に判断されるのか・・・政治指導者の真価はその時にコソ試されるべきなのだ。

               042412.jpg

 吉田 徹 政治学者 プロフィール 1975年生まれ 東京大学総合文化研究科博士課程修了(学術博士)北海道大学法学研究科教授 北海道地方自治研究所理事 シノドス国際社会動向研究所理事 フランス国立社会科学高等研究所日仏財団リサーチ・アソシエイト 
 著書に『ポピュリズムを考える』(NHK出版)『感情の政治学』(講談社選書メチエ)『「野党」論』(ちくま新書)共編著に『民意のはかり方』(法律文化社)『現代政治のリーダーシップ』(岩波書店)など
               
                   以上









 【管理人のひとこと】

 吉田 徹氏の言葉の中で、大いに納得される事がある。・・・旗下集合効果・rally round the flag effectと云うもので、危機時に在っては、現政権の指導者を支持する態度が有権者の間に広がる現象を指す。国難に在っては党派を超えて政権を支える事が有権者の責務で有ると云う意識に加え、政策に多少の不満が在っても危機管理対策では野党よりも与党に信頼が寄せられる。野党に賭けるリスクよりも現職を応援してリスクを減らし安全を取る事が合理的だからだ・・・
 確かに危機的な状況を迎えると多くの国民は、現政権に対して早期の対策とその復旧を求め、徒な政権批判を慎む様に為るだろう・・・悪夢の民主党政権時の3・11やそれに伴う福島原発事故に際しては、批判は有れ
ど、不眠不休の政権の仕事振りには知る人は評価した。一部の批判が大きく膨らむ迄には至ら無かったのも歴史が証明するだろう。
 民主党政権が瓦解したのは、偏に小沢一郎氏との内紛に近いドロドロした内輪もめと鳩山氏の外交の不手際・野田氏の不可解な財政規律の正常化への消費増税とが重なった複合的要因だろう。何処かの衆院選の補選で自民党の新人が勝利したとのニュースが、これも、頼りない現政権を庇おうとする民意なのか、余りにも低い投票率故なのか・・・






















新型コロナ対策であぶり出された「日本型危機」




 新型コロナ対策であぶり出された 「日本型危機」

         〜ニューズウィーク日本版 冷泉彰彦 4/24(金) 17:14配信〜


         042408.jpg

 〜表面的には、日本はコロナ対策に「成功して居る」様に見えるし、欧米各国と比較すれば日本の新型コロナの被害は今の処小さい・・・が、その前提として元々疲弊して居た日本の医療も経済共が危機を目前に控えて居た・・・その上にコロナが襲って来た訳だ〜

 私が住んで居るのは、アメリカのニュージャージー州で、ニューヨーク州に次いで新型コロナウイルスの感染数も死者数も深刻な地域です。その数は本稿の時点で最新の4月23日(木)発表では、直近の24時間で307人、当初からの死者の累計は州内だけで5,368人と云う厳しい状況です。ホボ完全なロックダウンも、現時点で6週間に達しています。
 そのニュージャージーから見て居ると、日本のコロナ危機は非常に特殊に見えます。特に人口比の死亡率からは、表面的には「日本は成功して居る」様に見えるし、そうで有る為らば「日本式の対策」をもっと他の国にも紹介したい、そんな想いに駆られたこともあります。

 ですが、冷静に考えてみると「日本式」が通用するのは日本だけだと云う事に気付きます。どうして日本では「日本式の対策」と為って居るのかと云うと、それは危機が「日本にだけ起きている特殊な現象」詰り、「日本型危機」に根ざして居るからです。では、その「日本型危機」とは何かと云うと、以下の3つに要約できます。

 医療も経済もコロナ以前に疲弊し切って居た

 1)先ず、コロナ死亡率が日本では先進国中で際立って低いにも関わらず危機感が有る理由を考えてみます。例えば、人口比(10万人当たり)の死亡率は、ニュージャージー州59.64、全米14.24に対して、日本は0.22と為って居ます。
 此処数週間の議論に上る様に為った「グレーゾーン遺体」や「在宅死」と云った事例が有るにしても、日本が先進国の中で極端に低いのは事実だと思います。それにも関わらず危機感が有るのは何故かと云うと、医療や経済の崩壊に至る「限界値」が非常に低いからだと思います。

 それは日本の医療や経済のレベルが低いと云う事ではありません。日本経済は現在でもGDP総額で世界3位です。又医療水準の先進性や、全国に至る医療のネットワークの整備等は完全に先進国水準です。ですが、日本の場合は経済も医療も全く余裕が無いのだと思います。
 コロナ以前の段階で、例えば救急医療の現場では既に人手不足に依る疲弊が指摘されて居ました。一方で、高齢化の進行により医療コストの増大が問題と為り、地域の中核病院を合併させてコストを削減する取り組み等が検討されて居たのです。

 経済も同じです。バブル崩壊を端緒として金融危機を起こした1990年代に始まって、およそ30年に渉る経済の低迷・具体的には生産性の低迷と、最先端部門の国外流出による経済の質の低下が改善出来て居ません。そんな中で、教育水準の高い国家が観光を主要産業にすると云う悲劇的な国策迄動員されて居た訳です。
 医療も経済もコロナ以前に疲弊し切って居ました。詰り、コロナと云う異次元の危機を受け止める余裕と云うのは、日本の場合は極めて限られて居たと考えられます。日本の危機感が中国や欧米と質的に異為るのはこの為だと思います。

 時間稼ぎには成功したものの

 2)その様な危機感が有ったとして、だからコソ「準備」期間の「時間を稼ぐ」為に感染拡大を「遅らせる」事を国策として来た訳です。又「時間稼ぎ」と云う事では、クラスター戦略にしても、ソモソモ衛生観念の普及した社会と云う事でも、一定の効果が在った筈です。
 それにも関わらず「準備」は追い付いて居ません。例えばPCR検査の件数を増やす問題に関しては、2月時点で方針は決まって居たにも関わらず実現は出来て居ません。ソコには、陽性イコール入院と云う厳格な対応を維持して居る為に検査が増やせ無いとか、検体採取の安全性確保・陽性者の診察体制等様々な受け皿の問題が有った訳です。

 その流れからすれば、守旧派を批判して改革を迫ると云う種類の議論が考えられます。ですが、ソモソモ医療行政と云うのは、厳格な制度や前例をベースに慎重に運用されて来た訳で、それを急に変えてしまうと「返って命が守れ無い」と云う恐怖も現場には有るのだと思います。
 一方で、危機が仮に或る水準を越えてしまった場合には、今度は変え無いと命が守れ無いフェーズに為ります。その場合に備えて、叩くのでは無く変化を支える議論が出来無いか、現状はソコを誠実に遣り切る局面なのかも知れません。

 権力に対する世論の不信

 3)その一方で、この様な「日本型危機」が進行して居るとして、どうして対人接触率抑制の政策が十分に発動出来無いのかと云う問題があります。特に強制力の行使がどうして躊躇されるのかと云うのは、例えば「10人強の婚約式が在ると云う情報だけで警察が来て解散命令を出す」と云うニュージャージーから見て居ると、確かに全く違う世界に思えます。
 此処にも日本型の危機が在ります。江戸時代以来の「お上と庶民」が対立する相互不信が今でもカルチャーとして残って居る事が先ず指摘出来ます。

 強制と補償は表裏一体と云う理屈もソコから来て居ると思います。一方で、補償を大規模にすると、バブル崩壊以降の経済被害・・・そして震災や豪雨被害とのバランスと云う問題も有るでしょう。そんな中で、行政に於いても権力の行使やコミュニケーションに神経を使う、それがこの国の「国のかたち」或いは「国柄」として有るのだと思います。
 そう考えると、世論は権力ゲームの匂いのする政治家や組織防衛の匂いのする官僚の言葉は信じ無いし、強制される事は忌避すると云う事実を、政治は前提として動くしか無いと云う事に為ります。

 首相より都知事が前面に出て来るとか、リスクコミュニケーションは専門家に頼ると云う事では、アメリカにも似た構図が在りますが、日本の方が更に困難な事情を抱えた中で、行政手腕が厳しく問われてしまっているのだと思います。
 この様に、日本に有るのは抜き差し為ら無い事情から来る「日本式危機」です。既に疲弊して居た医療の現場を・或いは脆弱な国内経済を、どう遣ったら崩壊させずにコロナ危機を乗り越える事が出来るのか、政治と世論の相互信頼はどう遣ったら可能に為るのか、今回の連休と云うのは改めて実現可能なオプションを並べつつ検討し直すタイミングなのだと思います。


            042409.jpg

 冷泉彰彦 在米作家 東京都生まれ 東京大学文学部卒業 コロンビア大学大学院卒業(修士・日本語教授法)福武書店(現、ベネッセ・コーポレーション) ベルリッツ・インターナショナル社 米国ニュージャージー州立ラトガース大学講師を経て、現在はプリンストン日本語学校高等部主任 1993年より米国在住
 メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を毎週土曜日号として寄稿(2001年9月より、現在は隔週刊)「Newsweek日本版公式ブログ」寄稿中 NHK-BS『cool japan』に「ご意見番」として出演中 『上から目線の時代』『関係の空気 場の空気』(講談社現代新書)『チェンジはどこへ消えたか オーラをなくしたオバマの試練』『アメリカは本当に貧困大国なのか?』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数


                   以上


















「安倍政権は『日本を滅ぼす』かも知れない・・・」エコノミストが警鐘!




 「安倍政権は『日本を滅ぼす』かもしれない・・・」

 エコノミストが警鐘!


            〜現代ビジネス 中原 圭介 4/24(金) 7:31配信〜


              042406.jpg

     〜国民目線でリーダーシップを発揮出来る 新しいトップの誕生が求められて居る〜

 「コロナ後」のV字回復は期待出来無い?

 新型コロナウイルスで大失速して居る日本経済が、やがてV字回復するとの予想がマーケットでは多いのですが、果たしてそうでしょうか。例えば米国の金融機関等では、新型コロナ後の米国経済はV字回復すると見て居る向きが多い様です。
 ゴールドマン・サックスは、米国の4〜6月期の経済成長率をマイナス34%と予想して居ますが、政府やFRBの資金支援により倒産ラッシュが回避出来ると云う前提で、7〜9月期はプラス19%と急回復が見込まれるとして居ます。しかし、例え新型コロナの感染拡大が夏頃迄に一回は収束したとしても、米国経済は容易に新型コロナ前の状態には戻ら無いと考えて居ます。

 と云うのも、ウィルスによる感染症が流行する場合、第1波が収束した後に為って、当然の様に第2波や第3波と相次いで次の波が遣って来るからです。中国の鳥インフルエンザでは、感染者数が最も増えたのは第5波の時でした。
 米国の3月の雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月比で70.1万人も減少し、失業率は4.4%と前月から0.9ポイントも悪化しました。毎週集計される新規失業保険の申請件数に依れば、2008年のリーマン・ショック期に発生した失業者数870万人を、足った1〜2か月で上回るペースで増え続けて居ます。4月以降の雇用統計が著しく悪化するのは確実であり、4〜6月の失業率は10%を超えると云う見方が大勢です。

 こう云った非常事態時に最も求められて居るのは、政府が資金繰りの悪化した企業や生活苦に陥った家計に対して、迅速に金銭的な支援をすると云う事です。政府がこの大事な作業にダラダラと時間を掛ける様な事があれば、時間を追う毎に倒産や失業が増えて云って、一時的の筈だった経済への悪影響が長期的な悪影響へと変わってしまう事が危惧されます。

 アメリカが「必死」に為って居るワケ

 それを強く意識して居るのが米国です。米国の議会では、3月中に第1弾と第2弾の緊急補正予算・第3弾と為る2兆ドルの経済対策を相次いで可決しました。特に第3弾はGDPの1割に相当し、中小企業に対し6月末迄給与支払いの肩代わりをする他、大人1人に付き1200ドル・約13万円、子供1人に付き500ドル・約5.5万円が既に給付されて居ます。
 その上、第4弾と為る追加の経済対策を検討して居ると云いますから、米国は経済への長期的なダメージを抑えるのに必死に為って居ると云えます。但し米国の新規感染者数が第1波のピークを打ったかどうか、未だ判ら無いのが現状です。

 米国の新型コロナの新規感染者数(4月16日時点)は3日間平均で見ても・5日間平均で見ても、ピークの水準で一進一退の動きを継続して居ます。この様に米国は新型コロナの第1波収束の見通しが立って居ない中で、経済活動を4月中にも再開しようとして居ます。
 トランプ大統領は、外出制限を緩和する為に新たな指針を公表しましたが、11月の大統領選を前に経済を出来るだけ早期に回復させたい焦りが有るからでしょう。しかし、外出制限の緩和が早過ぎると、新型コロナの第1波が再び拡大するリスクが高まってしまい兼ねません。

 安倍政権は、対策の体を為して居ない

 翻(ひるがえ)って日本はどうでしょうか。アメリカとは対照的に、日本は対策のスピードが異様に遅いと言わざるを得ません。日本では新型コロナウイルスの新規感染者数が、未だピークを打つ様な状況には有りません。
 新型コロナウイルスの新規感染者数(4月16日時点)は、3日間平均で4月13日から4日連続で、5日間平均で4月14日から3日連続で減少して居るものの、日本はPCR検査を必要以上に抑制して居るので、その数字を真面に受け取る事は出来ません。

 新型コロナに於ける日本政府の対応は、全てが後手に回って居る印象です。中国からの渡航者の全面禁止しかり・海外からの帰国者への隔離の要請しかり・緊急事態宣言の発令とその宣言の全国への対象拡大しかり・企業や家計への補償しかり・・・国民の心配を他所に、その全ての判断が呆れる程に遅いのです。
 「傷口が浅い内に対策を打つ」のは、企業経営に於いても国家運営に於いても違いは有りませんが、傷口が広がってからの慌てて居る政府の対応には非常に残念に思って居ます。

 日本経済への打撃は「乗数的」に拡大して行く

 安倍晋三首相は4月7日に緊急事態宣言を7都府県に出した際の会見以降、国民に他人との接触を8割削減する様訴え続けて居ます。それが出来れば計算上、数週間後に新規感染者数が頭打ちに為ると云う事ですが、実際に都心の平日の人出は全体的に6割も減って居ません。
 4月16日に緊急事態宣言の対象を全国に拡大したからと云って、本当に平日に8割を削減出来るのか、全く未知数です。恐らく、日本全国で5月6日迄自粛を続けたとしても、新規感染者数は頭打ちには為ら無いでしょうし、感染者総数は20,000人を超える可能性が高いでしょう。そう為って来れば、政府は全国に更なる自粛の延長を求める事に為るのでは無いでしょうか。

 欧米の様なスピード感を持った、手厚い支援が企業にも家計にも無い現状、経済への打撃は乗数的に拡大して行く懸念が高まって行きます。
 政府は4月16日に為って要約、家計への支援を「収入が激減した世帯への30万円給付」から「全ての国民への10万円給付」に方針を変更し、補正予算の組み替えをすると表明しましたが、これだけで1か月間のタイムロスに為って居ます。  
 10万円の給付は早くても6月上旬の支給に為る見込みで、生活苦に悩む人々に取ってシンドイ時間が続く事は避けられそうもありません。売上げが減った企業への支援金は、申請書類の作成・提出が求められる為、どんなに早くても7月頃に為るのではないかと見られて居ます。

 安倍首相に、この難局は乗り越えられ無い

 経済への長期的なダメージを抑えるには、スピード感が最も求められて居ます。しかし何故か、政府にはその発想が全く欠けて居ます。安倍首相は「悪夢の様な民主党政権」と野党を罵る事が多いですが、国民の多くは今、安倍内閣をどう思って居るのか、好く考えて対応して貰いたい処です。
 このママの体たらくでは、安倍内閣の支持率は30%前後に急落し、与党内から安倍降ろしが始まるのも時間の問題かも知れません。国家が危機に陥った時コソ、首相を初め政治家の方々の力量が試されます。

 多くの国民が首相の圧倒的な力量不足に落胆して居る中で、国民目線でリーダーシップを発揮出来る新しいトップの誕生が求められて居る様に思われます。


              042407.jpg

 中原 圭介 経済アナリスト 経営コンサルタント 経済アナリスト 経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動 「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる 企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナー等で経営教育・経済教育の普及に努めて居る
 経済や経営だけで無く、歴史や哲学、自然科学等 幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており その予測の正確さには定評がある「最も予測が当たる経済アナリスト」として評価が高くファンも多い
 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)『日本の国難』『お金の神様』(ともに講談社)『ビジネスで使える経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)などがある
 東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』ヤフーで『経済の視点から日本の将来を考える』を好評連載中


                     以上