最新記事
Popular page
  1. 1. ヘアケアの本質を追求でツヤ髪へ! 癒しのモーガンズ
  2. 2. ヒト幹細胞美容液でハリ肌へ FLOSCAステムエッセンス
  3. 3. デリケートな肌に ドクターリセラの美容液 透輝美
  4. 4. シンプルなエイジングケアで健康肌に 話題のオルビスユー
  5. 5. 自然×科学のハイブリッドコスメ D.U.O ザ エッセンス セラム
  6. 6. 染まるのにやさしいカラートリートメント マイナチュレ
  7. 7. 成分が凄い!集中美容液 ドクターリセラ 透輝の滴
  8. 8. 先端美容の皮膚科医と共同開発 ミューノアージュ
  9. 9. 浸透力が凄い贅沢なオールインワン ホメオバウ ワンリッチゲル
  10. 10. クレンジング不要のミネラルファンデーション エトヴォス
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
タグクラウド
ファン
プロフィール
adzukiさんの画像
adzuki
アラフィフからの美肌追求中です。
プロフィール

2017年11月03日

体の内から美肌ケア


美肌のためには、肌は何でできているかを
知らないと、、そうそう、メインはタンパク質
ですよね。

それ以外にも必要不可欠栄養素が色々ありますね。

それぞれの役割や多く含まれている食材を
書きとめてみたいと思います。

■タンパク質

神経や臓器などの細胞を作り、
皮膚を形成する素でもあります。

また、コラーゲンを構成しているため
不足すると新陳代謝を妨げ、
ハリがなくなり、たるみ、くすみの元になります。

主な食材:
肉、魚、乳製品、卵、大豆

■ビタミンC

still-life-836769_640.jpg

水溶性ビタミン。
摂取したタンパク質からコラーゲンの生成と
維持に働きかけます。

紫外線によるシミ、ソバカスの発生抑制にも
貢献します。

主な食材:
赤ピーマン、アセロラ、ブロッコリー、いちご、
キウイ、ほうれん草

■ビタミンA

脂溶性ビタミン。
皮膚構成の細胞に大きく関わり、
皮膚、粘膜を丈夫にし、肌のターンオーバーを促し、
免疫力、抵抗力をアップし細菌による感染を
防いでくれます。

不足すると、保湿力が低下し、
潤いを保てない肌になってしまいます。

主な食材:
豚肉 にんじん わかめ 卵 バター ほうれん草 
豆苗 チーズ にら ひじき 小松菜

■ビタミンB1

7f9b170efab46a67a0e949e7fcf1ccb6_s.jpg

水溶性ビタミン。
糖質を分解してエネルギーに変換してくれます。

糖質エネルギーは脳や神経を正常に維持する働きで
精神安定のためにも必要です。

不足すると、疲労物質である乳酸がたまって
疲れやすくなります。

主な食材:
豚肉 うなぎ 玄米 たらこ そば さけ ごま

■ビタミンB2

タンパク質や脂質を効率よく分解して
エネルギーに変える働きがあります。
新陳代謝を促進し、皮膚、髪、爪などの
細胞の再生に働きかけます。

不足すると、代謝が上手に行われず
肌あれ、ニキビなどに繋がります。

主な食材:
豚レバー、牛レバー、鶏レバー カレイ さば 
うなぎ ししゃも 卵 わかめ 焼きのり 
納豆 アーモンド

■ビタミンE

脂溶性ビタミン。

血中のコレステロールの酸化を防ぎ
毛細血管を拡張することにより、
隅々まで血液が行き届きます。

結果、肌荒れを予防し
冷え性や肩こりなどに効果的です。

ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があり、
脂質と一緒に摂ると吸収率がアップします。

主な食材:
うなぎ はまち アーモンド 落花生 アボカド
ほうれん草 かぼちゃ 木綿豆腐 卵 
キウイフルーツ たらこ

また、以下の栄養素も見逃せません。

■鉄分
コラーゲン生成を促します。
肉類、魚・貝類

■脂質
ビタミンAとEを運ぶ役割をします。
オリーブ油、大豆油、ごま油、亜麻仁油

■亜鉛
髪や爪を生成するタンパク質の合成や
コラーゲン生成にも関わっています。
豚レバー、かき、エンドウ豆、ごま

以前テレビで、ご長寿の方に
長寿の秘訣には共通の食べ物があるのか、、
インタビューしていましたが、結果、
「肉と卵をほぼ毎日食べる」でした。

美肌も長寿も、きっと根本は同じなのでしょうね。

ぽちっとしていただくとうれしいです
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
タグ:美肌
posted by adzuki at 21:20 | Food
検索




QRコード