ファン
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年10月22日

分子遺伝学的完全寛解

“分子遺伝学的完全寛解(CMR)”

これが今現在の僕の状態です。
グリベック断薬の臨床試験にチャレンジして、すでに2年1ヵ月が経ちました。
大学病院への通院も7月以降、2ヵ月に1回から3ヵ月に1回に通院間隔が延びました。
0D42E5F5-31F3-43EA-9B75-CA0BE84437E2.png

10月21日(月曜日)が通院日でした。
3ヵ月間隔になって、費用的にも負担が軽くなってきましたよ。
貧乏な僕には大助かりです。


では、慢性骨髄性白血病(CML)の治療目標とはどんなものなのでしょうか?
白血病細胞を可能な限り減らし、慢性期を維持して移行期や急性転化期へ進行させないことです。
そのため、治療効果の指標として、目標段階が設定されています。


慢性期を維持するためには、
  • 細胞遺伝学的完全寛解(CCyR)
  • 分子遺伝学的効果(MMR)
  • 分子遺伝学的完全寛解(CMR)
を順に目指していきますが、CMRになっても治癒したわけでは(白血病細胞がゼロになったわけでは)ないので、治療を継続する必要があります。
僕の場合も寛解を維持してるだけで、決して治ったわけじゃないんですよ。

◆治療効果と白血病細胞の数
治療目標 白血病細胞数
(診察時) 1兆個
血液学的完全寛解(CHR) 100億個
細胞遺伝学的完全寛解(CCyR) 10億個
分子遺伝学的効果(MMR) 100万個以下
分子遺伝学的完全寛解(CMR)
効果判定の基準
血液学的完全寛解(CHR:Complete HR)
白血球数が正常値になり、脾臓の腫れなどの臨床症状が消えます。
以下のすべての項目を満たす場合
* 白血球数が10,000/μL未満、かつ分画の正常化
* 血小板数が450,000/μL未満
* 脾臓の腫れなし
細胞遺伝学的完全寛解(CCyR:Complete CyR)
フィラデルフィア(Ph)染色体が認められなくなります。
* フィラデルフィア(Ph)染色体が消失(0%、20個中0個)
◎細胞遺伝学的検査による効果の判定には、CCyRのほかに細胞遺伝学的大寛解(MCyR:Major CyR)があります。まずはMCyRを目指し、MCyRの達成後にCCyRを目指します。
大寛解(MCyR)とは、フィラデルフィア(Ph)染色体が1〜35%の場合をいいます。
分子遺伝学的効果(MMR:Major MR)
BCR-ABL遺伝子が少なくなります。
* PCR法:BCR-ABL遺伝子が0.1%以下、100コピー/μg RNA以下
* Amp-CML法:BCR-ABL遺伝子が50コピー/0.5 μg RNA以下、50コピー/アッセイ以下
分子遺伝学的完全寛解(CMR:Complete MR)
BCR-ABL遺伝子が非常に少なくなる、あるいは検出されません。
* PCR法で2回連続BCR-ABL遺伝子が検出されない

8365105B-F3F4-4CA1-BE57-2915CED3DF00.png

僕の場合、検査の結果
BCR-ABL濃度 ⒈67コピー/テスト
ABL濃度 320667コピー/テスト
ということでBCR-ABL遺伝子(白血病細胞)は0じゃないんですよね。
主治医の先生も、完治ではありませんよ。
と釘を刺されました(涙
現段階では、一生お付き合いしないといけないのです。。。やっぱり

ランキングに参加してます
よろしければこちらをポチッと
していただけると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村


白血病ランキング
スポンサーリンク
ロリポップ!なら初心者でも安心!

大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど

誰でもカンタンに使える機能が満載!



スポンサーリンク


posted by やすやん at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白血病
リンク集
検索
プロフィール
やすやんさんの画像
やすやん
平成20年5月慢性骨髄性白血病発覚 グリベック服用にて治療中。 そのグリベックがまた高いのなんの! もし保険利かなかったら、毎朝12,000円強もする薬が一瞬にして私の腹の中に納まる計算。。。 厚労省さん、何とかしてくれ〜!!! と思ってたら、平成29年7月より休薬して経過観察となりまして、 はや1年が過ぎても完全寛解状態を維持しております。 目指せ完治!
プロフィール
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。