プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2019年06月30日

地産地消グルメ 日光市今市(栃木県) #登山でアンチエイジング

 男体山、鳴虫山など、日光の山を登った後の楽しみの日光グルメを紹介します。
 私個人としては、日光駅とくらべ少し落ち着いている今市駅周辺のグルメを散策するのが好きです。

20180901_144516.jpg まずは造り酒屋の「渡邊佐平商店」です。

 通年、酒蔵見学が可能で試飲させてくれます。

IMG_20180831_112312.jpg日本酒の代表銘柄には、日光誉、大吟醸清開などがあります。個人的には、きざけ日光誉が気にいりました。

IMG_20180831_112705.jpg その他、地酒から造った焼酎もありました。

 今市周辺では、綺麗な伏流水が豊富なようで、酒造りの他、美味しい鰻を食べさせてくれる店もあります。

IMG_20180831_115718.jpg その一つ「魚登久」にてうな丼をいただきました。

 また、かき氷を提供する店もいくつかあります。廉価なので行列ができている店もありますが、是非とも試してみてください。

IMG_20180831_123651.jpg

ネット限定・5,940円以上お買い上げで送料無料【2019年8月20日まで】

国内産米100%【名水の郷 日光おかき工房】


2019年06月29日

日常のアンチエイジング登山 関東1 鳴虫山

 登山がアンチエイジングに良い理由を解説していますが、

「どれぐらいのペースで続ければ良いの?」

と思われるでしょう。
 登山の運動強度は多くの人が想像する以上に高く、無積雪期の一般的な登山の運動強度はジョギングに相当するそうです。安全な登山をするためには、ある程度の体力を身に着ける必要があります。

 個人差もありますが、その目安は「3〜4時間の山行を週1回」になります。

 引用文献: 山本正嘉(鹿屋体育大学教授)著、「登山の運動生理学とトレーニング学」、東京新聞(2016年)

 そんな日常のアンチエイジング用に適した山を紹介していきます。交通のアクセスが良く、3〜4時間で登れ、無理なく日帰りができる山になります。それゆえ標高1000メートル前後の低山になるので、真夏の登山にはあまり適していません。早朝に登る必要があります。

IMG_20170521_144943-2.jpg 鳴虫山は、JRもしくは東武日光駅から歩いて登れる山です。眺めはそれほど良くないですが、綺麗な清流にも出くわします。日常のアンチエイジング登山に適した山だと思います。

 写真は、憾満ガ淵(かんまんがふち)付近のものです。


IMG_20170521_105835.jpg 登山口からの登り始めは急坂が続きます。


IMG_20170521_113702.jpg 駅から歩き始めて約1時間で神ノ主山(こうのすやま)まで来れます。

IMG_20170521_163559.jpg さらに1時間、木の根がはびこった山道を歩くと鳴虫山の頂上に出ます。写真を見て分かるように、樹林でおおわれているので、眺望はあまり良くないです。
 ここでお弁当を食べている人が多いです。

IMG_20170521_151420.jpg下山時に、清流に出くわし、慈雲寺を横切り、さらに降りて行くと日光東照宮の参道にたどり着きます。時間に余裕があれば立ち寄りも良いかと思います。

2019年06月28日

アンチエイジングに登山を勧める理由 その1

 本ブログは、アンチエイジングに登山を勧めることを目的にしています。

 「登山が、本当にアンチエイジングに良いの?」と思う人もいるでしょう。

 私も、いろんなサイトにそれらしき理由が記されているのを見ましたが、どれも確信が得られませんでした。ところが、以下の本に出会い完読し、

 登山がアンチエイジングに良いこと、他人に勧めて大丈夫と確信しました!

 山本正嘉(鹿屋体育大学教授)著、「登山の運動生理学とトレーニング学」、東京新聞(2016年)

IMG_20190619_132448.jpg 山本正嘉先生は、登山の運動生理学の権威です。
 この本では、登山での事故防止をはじめ、より快適、より健康的など様々な意味でよりより登山を実現するにはどうしたらよいかを、運動生理学の観点から解説されています。
 先生の長年の研究をまとめた本であるゆえ、様々なデータによる裏付けが示されていて、まさにアンチエイジングのための登山のバイブルと言って過言では無いと思います。

 是非とも一読を勧めます。


20190215_215940.jpg 私は、幸いにして、2019年2月に都内で開催された山本先生の登山セミナーに参加することができました。
 そこで本にサインいただきました。

 本サイトでは、適宜、山元先生の本を引用しながらアンチエイジングに登山を勧める理由を説明していきます。

2019年06月21日

6月 九重山(大分県) 1泊2日 二日目(法華院温泉山荘〜牧ノ戸峠〜湯布院) #登山でアンチエイジング

IMG_20190616_053232-2.jpg 二日目は朝4時に起床し、朝食の代わりに頼んで作ってもらったお弁当を食べ、出発の準備をしました。
 法華院温泉山荘から諏峨守越下を目指して急坂を登っていきます。振り返ると雲の隙間からご来光が見えました。いつ見ても感激!

IMG_20190616_054308.jpg諏峨守越下に向かう途中、独特の盆地状になっている平地を横切っていきます。

IMG_20190616_064140.jpg久住別れから久住山(九重山)に向かって急坂を登っていきます。

IMG_20190616_064644.jpg偶然にも雲が切れて青空が広がり、九重山の山頂と山肌、そして咲き群れるミヤマキリシマを拝むことができました!

IMG_20190616_070426.jpg山頂にたどり着くも、強い風とガスに体温と視界を奪われ、そそくさと撤収しました。

IMG_20190616_071422.jpg頂上付近のミヤマキリシマです。本当に美しいです。青空とのコントラストで撮影したかった!

IMG_20190616_085934.jpgあとはひたすら下山し、牧ノ戸峠に向かいます。
ミヤマキリシマの花見時期は、全国から登山客が集まってくるようで、牧ノ戸峠の駐車場は朝5時で満車になるそうです。
周りは路上駐車の車であふれかえってました。整備やマイカー規制が必用かと思います。

IMG_20190616_091824.jpg牧ノ戸峠のドライブインで見つけた名物?「山賊おにぎり」。中には沢山の具が入っていて美味しかったです。

IMG_20190616_131244.jpgその後、九州横断バスにて湯布院に向かいました。
法華院温泉山荘では、石鹸やシャンプーの使用は禁止なので、はやり一風呂浴びて帰りたいですね。
駅から徒歩10分ほどの、昔からの街の温泉の乙丸温泉に行きました。200円と格安です。

IMG_20190616_123951.jpg乙丸温泉の利用料は、この賽銭箱に収める仕組みになっています。ユニークですね。

風呂後は、湯布院で食事を済ませ、空港連絡バスにて大分空港へ。それから東京に飛びました。







2019年06月20日

6月 九重山(大分県) 1泊2日 初日(日田〜法華院温泉山荘) #登山でアンチエイジング

大分県に鎮座する九重山(久住山とも書くようです)は百名山の一つで、6月のミヤマキリシマの開花時期になると、全国から登山客が集まる美しい山です。
2日に分けて解説します。


IMG_20190616_071422-2.jpg 東京や大阪など九州外から九重山にアクセスするには、
1)福岡空港(もしくは新幹線博多駅)に入り、鉄道にて豊後中村駅、アクセスバスにて登山口に行く方法、
2)大分空港に入り、空港連絡バスにて湯布院へ、さらに九州横断バスにて登山口へ、が便利かと思います。

 今回は、行きは1)、帰りは2)の逆の手段にしました。往路は、金曜日に出発し日田にて1泊しましたが、土曜日の早朝に都内を出発すれば、週末だけで十分こなせそうな旅程です

20190615_123948.jpegJR日田駅前のオブジェ。自分の「I(あい)」を入れて「HITA(日田)」を完成しましょう、のいかにもインスタ映えを狙ったオブジェがあり、雨の中、観光客が写真を撮ってました。

IMG_20190615_120921.jpg電車を待っていると、金色に輝く「或る列車」が到着しました。Amazing Royal Universal, ARUの略だそうです。日田〜大分まで、物凄く高価な乗車料のようですが、満席のようです。

IMG_20190615_133933.jpg豊後中村駅からはコミュニティバスに乗って登山口に向かいます。1時間ぐらいかかりますが、料金は一律500円と大変割安です。

IMG_20190615_144314.jpgみやま登山口(長者原登山口)にて下車し、タデ原湿原を縦断する形で九重連山に向かっていきます。
あいにくの雨で、山は見えませんでしたが湿原と雨は合いますね。

IMG_20190615_154738.jpg雨ヶ池を横切り、坊がつるを超え、少し登って行ったところに本日の温泉宿、法華院温泉山荘があります。
冷え切った体に温泉は助かります。

IMG_20190615_164351.jpg
20190616_093504.jpg夕食です。基本的にセルフサービスです。お酒は持ち込み可能でした。
明日の晴天を祈りながら早めの就寝としました。




2019年06月19日

地産地消グルメ 伊那市(長野県) #登山でアンチエイジング

 甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳などの南アルプスの100名山を長野県側からアクセスする場合、仙流荘が起点になるかと思います。仙流荘のある伊那市は、「信州蕎麦発祥の地」と呼ばれているようで、蕎麦の栽培が盛んなようです。なので、登山の前後に周囲の蕎麦を堪能するのが自ずと楽しみになります。
 「杣蕎麦」を尋ねてみました。
IMG_20180616_112514.jpg 杣蕎麦は、仙流荘の側にある隠れ家的蕎麦屋で、静かな環境にあります。南アルプス登山前の緊張が和らぎました。

 写真は天ぷら蕎麦ですが、筍等の煮物にデザートが付きました。値段も安く大満足の昼食になりました。




IMG_20180616_112528.jpg

IMG_20180616_113522.jpg




2019年06月18日

地産地消グルメ 沖永良部島 #登山でアンチエイジング

 登山の楽しみの一つは、言わずもがなご当地グルメを堪能することです。記憶に残る、アンチエイジングにも良さそうな地産地消グルメについても紹介していきたいと思います。
 まずは、沖永良部島のグルメです。ケービングの際に宿泊したホテルに併設の居酒屋「台所Haisai」にていただきました。
IMG_20180622_181443.jpg豚足 見る限りコラーゲンたっぷりですね。意外にさっぱりとした味です。

IMG_20180622_181100.jpg生きくらげの天ぷら 6月がシーズンだったのか、写真では伝わらないかもしれませんが、大きなきくらげがてんこ盛りでした。これ一皿でお腹満腹になるかも(笑)。

IMG_20180622_181107.jpgソーメンチャンプル 地理的に沖縄に近いこともあり、沖縄料理でもおなじみのものも多いです。
食べてみると、どの料理も比較的あっさりだったと思います。

IMG_20180622_180204.jpg黒糖焼酎のロックに生ビール 説明は不要ですね。

IMG_20180622_103247.jpgグルメではないですが、一応、観光情報も。
海は白浜にエメラルドブルーです。

IMG_20180622_091047.jpg西郷さんが閉じ込められていた牢屋も見学できました。

IMG_20180622_085138.jpgアクセスは、鹿児島空港から1時間程度。プロペラ機でした。







2019年06月17日

6月 ケイビング(沖永良部島)1日 #登山でアンチエイジング

 沖永良部島は鹿児島県に属する離島で、2018年の大河ドラマの撮影により、俄かに脚光を浴びたところです。
 この島には、地中の鍾乳洞をケイビングが楽しめます。アンチエイジングとは少し異なりますが、体が動くうちに是非とも体験して欲しいとの思いから紹介します。
 なお、雨季でないと水が乏しくなり楽しめないそうですが、あまりに降雨があると危険なため中心になるそうです。お天気の運も必要のようです。


086.JPG鍾乳洞の入り口。まさに異空間。気分はインディ・ジョーンズ

人気ホテルが最大50%OFF

250社の予約サイトから料金を一括比較

お得な宿泊プランをご案内

www.trivago.jp

002.JPGケイビング専用のガイドツアーに申し込まないと、とてもいけません。ウェットスーツの上に作業服を着て、ブーツ、手袋、ヘルメットにヘッドランプを装着して、地中探検に向かいます。

032.JPG時に、水流の中を岩に捕まりながら横断する箇所もあります。

019.JPG水の中にライトを入れてライトアップした洞窟は、幻想的な世界です。

040.JPG
075 (2).JPG長い年月をかけて、形成された炭酸カルシウムの結晶。美しさに見とれてしまいます。

FB_IMG_1529842457171.jpgツアーによっては、大人の胴体と同じ隙間を潜り抜けて進む箇所があり、50肩などで体が動かなくなるといけない箇所もあります。是非ともアンチエイジングにつとめて、動く体を維持くださいね。



2019年06月15日

6月 塔ノ岳(神奈川県)1日 #登山でアンチエイジング

塔ノ岳は、丹沢山地に属し、頂上の標高は1,490 m。関東地方に住んでいる方からは、小田急の丹沢・大山フリー切符を利用して日帰り登山を楽しめる山の一つです。

022.JPG 山頂からは、丹沢山地の山々、富士山、湘南の海が見えます。また、尊仏山荘があり、食事・宿泊ともできるようです。いつも日帰りですが、夜には街の夜景が綺麗に見えるかと思います。





003.JPG アクセスに関しては、小田急線秦野駅からバスに乗りヤビツ峠まで行き、そこから歩くのが最短コースになるかと思います。週末には、秦野駅にてバスを待つ長蛇の列ができますが、臨時便を増発してくれると思います。

 ヤビツ峠から車道を30分ほど下ったところから登山道に入ります。そこから6.2 kmの山道になります。

009.JPG途中、鎖場が数か所あります。手袋持参した方が良いです。また、鎖場が終わるまでは、ストックはリュックにしまった方が良いかもです。週末混雑してくると、鎖場の前に行列ができる時もあります。


IMG_20190406_112718.jpg ヤビツ峠から約3時間の急坂(上りのみならず下りもあります)を踏破したところに頂上があり、かなりの広いスペースがあるので、皆さんこちらで昼食をとられています。







IMG_20190406_120149.jpg 帰りは同じ道を引き返すのはつまらないので、大倉尾根を通り、大倉に下山して、バスで渋沢駅に行くようにしています。
 山頂から金冷しと呼ばれる鍋割山への分岐点まで30分、そこからひたすらバカ尾根と呼ばれる長い尾根を下り続けます。
 途中山小屋で、かき氷を食べて休憩するのを、楽しみにしています。また、当初は湘南海岸の眺めを楽しめます。

IMG_8354.jpg 新緑の季節では、途中で美しい緑が楽しめます。写真はモミジです。





2019年06月14日

6月 仙丈ケ岳(南アルプス) 1泊2日 #登山でアンチエイジング

仙丈ケ岳は、「南アルプスの女王」と呼ばれる100名山の一つです。北沢峠を狭間に甲斐駒ヶ岳と対峙する恰好で鎮座しています。山頂の標高は3000 mを超え、甲斐駒ヶ岳よりも高いですが、登山道は比較的登りやすい山です。

059.JPG

こもれび山荘 夕食会場.jpg山行きは、前日に北沢峠に入り宿泊し、翌日の早朝から登頂するのが一般的かと思います。北沢峠のバス亭近くにあるこもれび山荘は、6月以後のシーズンには多くの登山客が訪れます。
写真は、夕食会場の様子です。





こもれび山荘 夕食 主食.jpgメインはハンバーグでしたが、手作りのようで美味でした。

049.JPG始めは、樹林帯の中をひたすら登っていく感じですが、小仙丈ケ岳が近づいて来ると森林限界を超えるので、にわかに眺望が良くなります。
雲海の向こうに富士山が見えました。

063.JPGいたるところに高山植物が開花しており、和ませてくれます。

068.JPG雷鳥の親子も見ることが出来ました。

仙丈ケ岳 山頂.jpg頂上からの眺めは格別です。北岳、甲斐駒ヶ岳はもちろんのこと、北アルプスの山も見えました(と記憶しています。)山頂周辺にはスペースがあり、食事を作っている登山客もいました。
ここから少し下ったところに、仙丈小屋があり、先ほど登った頂上方向を見ると、薮沢カールの雄大な眺めが楽しめます。この山小屋に泊まると星空が綺麗そうです。次回はチャレンジしてみたいと思いました。