プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2019年08月22日

富士山登頂へ向けて その4 御朱印 #登山でアンチエイジング

 富士山は、古より信仰の対象になっている霊山です。
 頂上には神社があり御朱印をいただくことが出来ます。

_20170805_100658.JPG 吉田ルートの登頂地点にあるのが、久須志神社です。
 ここでの御朱印がこちらになります。

_20170805_100608.JPG 富士宮ルートの登頂地点にあるのが、浅間大社奥宮です。
 ここでの御朱印がこちらになります。


 両社とも値段は1000円(令和元年時)で、日本一値段と標高が高い御朱印をウリにしているのだそうです。

 御朱印を集められている方は、是非、リュックの中に御朱印帳を入れて行ってください。その場で記帳してくれます。

2019年07月11日

富士山登頂へ向けて その3 山小屋宿泊 or 夜間登頂? #登山でアンチエイジング

 初めて富士山登頂した時は、朝早く新宿を出発し、昼過ぎから上りはじめ、本8合目の山小屋で食事、仮眠をとり、0時頃再出発して登頂しました。
 二回目を登頂した時は、昼過ぎに新宿を出発し、5合目のレストハウスで夕食をとり、20時頃出発して登頂しました。
 後者を、俗に「弾丸登山」と呼び、推奨されていません。
 しかしそれを敢えて実行したのは、富士山の山小屋はシーズン中は混みすぎて、とても休めなったからです。

029.JPG 1階は、中国からの団体客の予約で満杯になっており、屋根下の空きスペースに押し込まれました。「このどこに荷物を置くのですか?」と仰天して尋ねたほどです。
 これでもまだ、寝袋にて自分の体のスペースが確保された分だけましなそうです。
 されど、階下の団体客の中国語が筒抜けで、とても眠れる状況では無かったです。


028.JPG はじめから山小屋の食事には期待はしていなかったものの、「食べ終わったらすぐにテーブルを空けてください。」とせかされ、あまり良い気分にはなれませんでした。


033.JPG それゆえ、この混雑が解消されるまでは、ゆっくりと登る弾丸登山にて登頂しようと思うのは言い訳でしょうか。







 

2019年07月10日

富士山登頂へ向けて その2 直前の高所訓練 #登山でアンチエイジング

 さて、生涯に一度は富士山登頂をと意気込んだのは良いけど、気になるのは体力と高山病です。体力は日頃のトレーニングで身に着けることが出来るでしょうが、高所へ適用できるかは心配ですね。特に50歳を超えたとなると重要な懸念となります。
 富士山登頂へ向けて、その1、年間計画にても述べましたが、段階的に高所へ挑戦することで、無理なく富士山登頂を成功させることができました。

 富士山登頂を目指す場合、概ね2週間ほど前に高所(標高2500〜3500 m)の山に登ると良いトレーニングになるようです。

 理屈上、直前の方がよいでしょうが、筋肉痛が残るようだと厳しいので、個人によりいつ実施すべきかは異なります。皆さんも筋肉痛と相談して、適宜、実施してください。

 引用文献: 山本正嘉(鹿屋体育大学教授)著、「登山の運動生理学とトレーニング学」、東京新聞(2016年)

094.JPG 富士山登頂の2週間前に登頂した南あるアルプスの仙丈ケ岳(標高3,033 m)。登山に王道なしを実感しました。




2019年06月07日

富士山登頂へ向けて その1 年間計画 #登山でアンチエイジング

 生涯に一度は富士山を登頂したいと思うのは、多くの日本人が思うことのようです。「山一緒に行きませんか?」と誘っても即座に断る人でも、「富士山に登ってみませんか?」と誘うと乗ってくることが多い。(笑)

 名山紀行で述べたように、富士山は登山シーズンが7〜8月の2か月と短く、その期間に世界中から観光客が集まってくるので渋滞します。途中に山小屋も多くあり、迷うことや熊と遭遇することはまずないことから安全です。しかしながら、日本最高峰であり、高齢者は高山病に罹る率も高いことから、それなりの準備が必要です。半年前から体を慣らすことをお勧めしています。

 以下は、著者が2017年に、50歳の誕生日前に富士山を登頂するまでに実施した山行です。徐々に体を鍛え、高地にならすことで、高山病は発症せず、無事登頂することが出来ました。

IMG_20170127_121253.jpg1月 鋸山(千葉県)330 m

022.JPG2月 八丈富士(東京都)854 m







029.JPG4月 大菩薩嶺(山梨県)2,057 m

064.JPG6月 蝶ヶ岳(長野県)2,677 m

059.JPG7月 仙丈ケ岳(長野・山梨県)3,033 m

081.JPG8月 富士山登頂!3,776 m