プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2019年11月05日

11月 神島 1泊2日 #登山でアンチエイジング

 伊勢詣での前後に立ち寄りたいスポットとして神島があります。伊勢湾口に位置する周囲3.9kmの小さな島ですが、三島由紀夫の「潮騒」の舞台になったことで知られています。灯明山(海抜171 m)が最高地点で、島を周回するコースが整備されていて、名所を巡ることができます。1時間程度のコースなので、日帰りも可能ですが、折角なら1泊して島のグルメを堪能することをお勧めします。

025.JPG 神島へは鳥羽、伊良湖から定期船が出ています。鳥羽からはおよそ30分です。鳥羽市営の定期船なので運賃も廉価に設定されています。(740円、令和元年時)

055.JPG 神島に上陸すると、「三島文学 潮騒の地」の碑が迎えてくれます。

033.JPG 港の目の前から灯明山の方に向けて坂を上っていきます。少し登ると港が一望できます。

034.JPG 標識に従い、神島灯台に向かいます。

035.JPG 神島灯台からは伊良湖水道を行き来する船が沢山見えます。交通の要所です。対岸は渥美半島の伊良湖の街です。

039.JPG灯台には「恋人の聖地」(桂由美)の石碑が飾られています。

041.JPG さらに山道を登り少し下ったところに監的哨跡があります。これが潮騒のクライマックスシーンの場所ですが、コンクリートの廃屋から想像するのは少し難しいからもしれません。(笑)

042.JPG 監的哨跡からは断崖絶壁が見えます。

044.JPG さらに下るとニワの浜、カルスト地形が見えてきます。小さな島ですが、撮影スポットに事欠きません。

048.JPG 八畳岩でしょうか?奇岩が並んでいました。

 ここまでくればゴールの神島港はすぐそこです。
 夜は神島グルメを堪能しましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9380561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック