プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

広告

posted by fanblog

2019年06月29日

日常のアンチエイジング登山 関東1 鳴虫山

 登山がアンチエイジングに良い理由を解説していますが、

「どれぐらいのペースで続ければ良いの?」

と思われるでしょう。
 登山の運動強度は多くの人が想像する以上に高く、無積雪期の一般的な登山の運動強度はジョギングに相当するそうです。安全な登山をするためには、ある程度の体力を身に着ける必要があります。

 個人差もありますが、その目安は「3〜4時間の山行を週1回」になります。

 引用文献: 山本正嘉(鹿屋体育大学教授)著、「登山の運動生理学とトレーニング学」、東京新聞(2016年)

 そんな日常のアンチエイジング用に適した山を紹介していきます。交通のアクセスが良く、3〜4時間で登れ、無理なく日帰りができる山になります。それゆえ標高1000メートル前後の低山になるので、真夏の登山にはあまり適していません。早朝に登る必要があります。

IMG_20170521_144943-2.jpg 鳴虫山は、JRもしくは東武日光駅から歩いて登れる山です。眺めはそれほど良くないですが、綺麗な清流にも出くわします。日常のアンチエイジング登山に適した山だと思います。

 写真は、憾満ガ淵(かんまんがふち)付近のものです。


IMG_20170521_105835.jpg 登山口からの登り始めは急坂が続きます。


IMG_20170521_113702.jpg 駅から歩き始めて約1時間で神ノ主山(こうのすやま)まで来れます。

IMG_20170521_163559.jpg さらに1時間、木の根がはびこった山道を歩くと鳴虫山の頂上に出ます。写真を見て分かるように、樹林でおおわれているので、眺望はあまり良くないです。
 ここでお弁当を食べている人が多いです。

IMG_20170521_151420.jpg下山時に、清流に出くわし、慈雲寺を横切り、さらに降りて行くと日光東照宮の参道にたどり着きます。時間に余裕があれば立ち寄りも良いかと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8929299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。