プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2019年07月09日

アンチエイジングに登山を勧める理由 その8

 登山を始めて、日常生活に変化が出ました。
 それは、「非バリアフリーを楽しむ」ことです。


 
IMG_20190624_132509.jpg 左は、日常の通勤にてよく見かける光景ですね。
 私は、少し前までは迷わずエスカレータやエレベータを使っていました。

 駅(および公共場所)の階段は、1段の高さが   約16 cm、足を置く面の幅は30 cmに統一され、傾斜は約30度になっているそうです。これは登山道で言うと最も傾斜のきつい部類になるそうです。
 これを普通の人は、登高ペースに換算して700〜900 m/hで登っているそうです。富士山の富士宮口五合目の標高が2,390 mなので、標高3,776の山頂まで約1時間30分で踏破してしまうペースです!(通常は所要時間5時間30分とされています。)こんな速いペースで上り下りできるのも、階段が短いからです。

 私はその事実を知った時、日常生活にも登山の練習ができることに気づきました。駅の階段、職場のビルの上り下り、非バリアフリーを楽しむようになりました。雨の日の昼休みには、時々、近くの10階建てのビルの階段を数往復して食べたカロリーを消費するようにしています。

 登山すると日頃の生活にメリハリを生むことをお伝えしましたが、階段の上り下り一つをとっても楽しくなります。皆さんもいかがでしょうか。
 

  引用文献: 山本正嘉、「登山の運動生理学とトレーニング学」、東京新聞(2016)




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8917778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック