プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

広告

posted by fanblog

2021年08月27日

8月 羅臼岳(北海道) 前後泊ー日帰り

 知床に鎮座する百名山の一つ羅臼岳。標高は1,661 mとそれほどでもないが、アクセスの大変さ、山頂付近の険しさ、ヒグマ対策など、意を決して行かねばならない山です。

1.JPG 羅臼岳を登るのは、一般には7月〜9月初旬ぐらいになります。北海道は涼しいかと思いきや、たまたま登った日は真夏日で、水の消こうかふこうは費が激しかったです。また、幸か不幸か自分はヒグマに遭遇しませんでしたが、後から登ってきた方は、ヒグマとニアミスしたと言っていました。
 しっかりと準備が必要です。

2.JPG アクセスは、知床自然センター横の93号を進み、さらに脇道にそれて終点となる岩尾別温泉がスタート地点になります。こちらに駐車場とトイレが設置されています。午前6時過ぎに行きましたが、既に駐車場は満車で、路駐する羽目になりました。

3.JPG 始めは、木立の中を進んでいきます。
 俄かにオホーツク海が見える場所が出てきます。

4.JPG さらに進んだところにある水場、弥三𠮷水です。

 山と高原地図では、「要浄化」となっていましたが、帰路にて水が無くなり、この水を生で飲んで、なんとか耐えることができました。

5.JPG さらに進むと、銀冷水なる水場があるようですが、自分が行ったときは、沢水はほぼなく、とても飲めそうなものではなかったです。
 その水場の側にトイレがありますが、携帯トイレの持参が必要です。要は、囲いだけの提供です。

6.JPG 登山道の至る所で倒木が横切っていて、これがちょうど頭の当たる高さになっていたりします。足元に気を取られ、何度もぶつけました。ヘルメットを着用した方が良いかもしれません。

7.JPG 極楽平を過ぎると、徐々に岩場の急登が出てきます。
 これを超えると羅臼平です。

8.JPG 羅臼平まで来ると、羅臼岳の頂上付近の全容が見えてきます。ここから頂上まで往復で2時間弱です。

9.JPG ここにリュックをデポして頂上をアタックする人も多いようです。その際に、知床特有のルールで、ヒグマ対策として食料は、フードロッカーに入れるようにするようです。

10.JPG 森林限界を超えると、頂上まで岩場の急登が続きます。

11.JPG 頂上からの眺めは絶景。硫黄山と北方領土が見渡せて感激の瞬間です。

 この後、来た道をひたすら下山することになりますが、概ね10時間を超える山行きになります。余裕をもって早めにスタートしてください。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10931593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。