プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2020年06月03日

6月 甲斐駒ヶ岳(南アルプス)1泊2日 #登山でアンチエイジング

 南アルプスには、100名山も含め魅力的な山が数多くあります。距離的には東京から近い位置にありますが、登山シーズン期間中(6月中旬から11月上旬まで)、前衛基地となる広河原や北沢峠まではマイカーでのアクセスが規制されているため、公共交通機関を使うことになります。なので、最低1泊2日は必要になります。

received_1679463632167317.jpeg甲斐駒ヶ岳頂上付近からの絶景。森林限界を超え、花崗岩でできた山道は白く見える。雲海の向こうには富士山を拝むことができる。


001.JPGJR中央線の茅野駅にてレンタカーを利用し、仙流荘までドライブ。ここの無料駐車場に車を泊めて、バスにて北沢峠まで向かいます。


009.JPG北沢峠から歩いて40分ぐらいのところに位置する仙水小屋。予約が必須です。6月中旬の登山シーズン初期の週末は空いていました。昼間は軽装で過ごせますが、夜は冷え込むので防寒着は必携です。


017.JPG仙水小屋での夕食(例)です。刺身が出ました。近くまで車での輸送ができるからでしょうか。


020.JPG朝早く出発すると、雲海を楽しめることが多いようです。もう少し上ると富士山が顔を出します。


044.JPG森林限界を超え頂上が近づくと、白く輝く花崗岩でできた通路をたびたび通り抜けます。


041.JPGもはや別世界!


051.JPG山頂での記念撮影。

057.JPG




2020年06月02日

6月 上高地と蝶ヶ岳(北アルプス)2泊3日 #登山でアンチエイジング

 6月は、上高地訪問のベストシーズンです。氷壁の宿で知られる徳澤園をベースに、蝶ヶ岳を登頂しました。

016.JPG新緑の緑、梓川の青、残雪の白が見事なコントラストを醸し出します。

050.JPG

056.JPG山道途中には残雪があるので、(軽)アイゼンの装着を推奨です。

064.JPG森林限界を超える頂上は、強風に晒され、残雪は無し。写真では伝わらないですが、吹き飛ばされないよう必死に耐えて記念撮影しました。

069.JPG


徳澤園 入り口.jpg豪華な食事とお風呂で知られる徳澤園。山小屋というよりかはホテルですね。

徳澤園 夕食2 信濃牛 (2).jpg徳澤園での夕食に出された飛騨牛ステーキ。美味でした。




2020年05月27日

登山計画 その2 株主優待券を利用して賢く節約

 登山計画を立てる際のちょっとしたテクニックについて紹介します。
 その1は、株主優待券の活用方法です。

 鉄道会社は株主優待券を発行し、それを使えば1枚で全区間乗ることができます。もちろん1回改札に入り出るまでですが。この優待券は、各社沿線の駅側のチケット屋に売っていることが多いです。


IMG_20200526_095827.jpg 写真は小田急電鉄のものです。

 ここで着目すべきは有効期限です。通常、各社は3月末および9月末の時点で株を保有している株主に優待券を発行します。それらが届くのが5月および11月頃になります。有効期限はそれから半年で設定されることが多いので、11月および5月末に有効期限となります。

 チケット屋で販売している株主優待券は、株主が売ったものでしょうが、有効期限を過ぎるとただの紙屑になります。それゆえ、5月末および11月末に近づいても優待券が残っている場合、バーゲン―セールになります。


 私が、5月下旬に小田原駅側のチケット屋で購入した際には、1枚380円でした。直前になるともっと安くなるかもしれません。売切れたらおしまいですが。新宿―小田原間の小田急線の運賃は900円なので、半額以下ですね!
 
 上記は小田急電鉄の例ですが、他の鉄道会社も同じような時期に優待券を出しています。
 5月下旬および11月下旬は、登山シーズンなので、この時期の山行きには是非とも活用してみてください。

2020年05月25日

地産地消グルメ めし家やまや(小田原) #登山でアンチエイジング

 丹沢登山の後、都内へ向かうには逆方面になってしまいますが、ちょっと足を延ばして小田原へ立ち寄ると、そこはぐるめの宝庫。小田原漁港周辺には仲卸直営の食堂が数多くあり、地魚を楽しむことができます。

 その中でお勧めの一つが「めし家やまや」です。

IMG_20200524_103830.jpg とれたてのしらすをはじめ、地魚を安くいただくことができます。これで500円です。臭みの全くないしらすはまさに絶品でした。

IMG_20200524_101827.jpg メニューの一部です。廉価ですね。

IMG_20200524_102332.jpg ここで食べるべきは、鰺フライ。確か300円ぐらいだったかと思います。食べるのに忙しくて、記録が追い付かなかったです(笑)

IMG_20200524_102505.jpg 地魚三点盛です。メニューボードに記載の「本日の地魚」より3点選ぶことができます。店の人にお勧めを尋ねて選んでもらいました。

IMG_20200524_102153.jpg さり気においしかったのが、お通しとして出てきたポテトサラダ。見た目はごく普通ですが、手作りで、隠し味にわさびが入っていて、なんとも美味でした。

IMG_20200524_094450.jpg 駅に向かう途中には、小田原城があります。余裕があれば見学してみると良いですね。




2020年05月09日

バイクでトレーニング しまなみ海道(5月)

 本州の尾道と四国の今治を結ぶ しまなみ海道 は、「サイクリストの聖地」として知られています。

1.jpg 全長は約60 kmで、途中、7つの橋を渡ります。ターミナル(尾道、今治)にてレンタサイクルを借りることができ、乗り捨ても可能です。

2.jpg この度は、今治駅にて荷物を預け、自転車をレンタルし、途中、大三島の多々羅大橋の手前まで行き、引き返しました。一日かかりでした。

 慣れないとお尻が痛くなるので無理しないでくださいね。

3.jpg 今治側から行く場合、最初に渡るのが来島海峡大橋です。しまなみ海道の中では最大の橋で全長は4 kmにもおよびます。
 ワクワク・ドキドキがたまりません。
 

4.JPG 途中、6つの島を経由します。それぞれ名所・名産があり、それらを巡るのが楽しみになります。
 伯方島(はかたじま)は、塩の島として有名で、塩アイスをいただきました。絶妙です。
 その他、売店にはタコ飯が売っていたりして、いろいろと楽しめます。

5.jpg 頑張れば、一日で反対側のターミナルの尾道まで行くことできますが、荷物があったため、大三島の多々羅大橋の手前まで行き、記念撮影して引き返しました。
 出発地にて、荷物を宅急便にて送るなどすれば、走破可能ですね。次回はチャレンジしたいと思います。

2020年05月08日

バイクでトレーニング 淡路島(5月)

 春から初夏になる頃、花粉症も一段落し、夏登山に向けて活動を再開します。なまった体を徐々に鍛えていきます。低山、ジョギングなどしますが、下半身強化にバイクも実践しています。日本には素晴らしいサイクリングロードがあります。

 その一つが淡路島です。

1.jpg 淡路島は、通称アワイチと呼ばれる、島内を一周する150 kmの道があり、大会も行われます。

 明石大橋など見どころも多く、海を眺めながら、島のグルメを堪能しながらのバイクは「楽しい」につきます。

7 Bike shop.jpg 島内には、レンタサイクルが多数ありますが、今回お世話になったのが、「Bicycle Hub Awaji」です。東浦バスターミナルの側にあり、クロスバイク他、タンデム車、電動自転車などレンタルできます。

1 Toura Start.jpg この度は、7000円/日でYAMAHAの電動クロスバイクをレンタルしました。電動アシストで走行できる距離が長く、本格派バイクです。

 電動バイクに乗るのは初めてと伝えると、最初10分ほど乗り方をレクしてくれました。親切ですね。


2 Awaichi.jpg こんな海沿いの道を、爽快に飛ばしていきます。

 最高!

3 Rice field.jpg 初夏にて、田植えが始まる時期だったので、途中あえて山道を進み、棚田を見学しました。一部、水をはりだしていました。

 全部の田に水がはられると、もっと綺麗な眺めになるでしょうね。

4 shrine.jpg 淡路島には「伊弉諾(いざなぎ)神宮」があります。

4-2 .jpg ここは、国生み伝承のある、有名な神陵でした。

5 Gourmet.jpg 淡路島には沢山のグルメがあり、楽しめます。
 甘〜い玉ねぎの他、海鮮グルメは豊富です。その他、タコせんべい、明石焼き(写真)など楽しみました。

また訪れたい場所です。


2020年03月07日

3月 寒霞渓(小豆島) #登山でアンチエイジグ

 3月は花粉症に悩まされる季節。山行が遠のく時期です。そんな時には、比較的温暖で、山海のグルメが楽しめ、観光スポットも多い、小豆島の寒霞渓がお勧めです。

 小豆島からのアクセスは、高松港から土庄港や草壁港までフェリーで行くのが一般的のようです。

012.JPG 土庄港の近くには、有名な観光スポットであるエンジェルロードがあります。恋人たちでごった返しています。(おじさんの写真ですみません。)

 土庄港の近くには、多くの宿が所在するので、こちらに宿泊する人が多いようです。
 ただし、寒霞渓に行くには、土庄港から草壁港までバスに乗り、そこでバスを乗り換えて、ロープウェイのこううん駅(紅雲亭)まで行く必要があります。
 冬季はこのバスが運行されていなかったため、草壁港から1時間ほど歩きました。「タクシー乗ったら10分だったよ!」と言われましたが、ここはアンチエイジング登山です。

031.JPG こううん駅(紅雲亭)からロープウェイの山頂駅まで、寒霞渓表登山道があります。ここは、奇岩が沢山あり、展望もよろしく、最高の登山道です。
 ロープウェイを使うなんてもってのほかと思います。

030.JPG 右側の奇岩が烏帽子岳です。そのほか、沢山あります。瀬戸内の海の眺めも格別です。

036.JPG ロープウェイの山頂駅付近です。島の最高峰は、星ケ城山で、ここから30分ほど歩いたところにありますが、そこからの眺望はそれほど良くなかったかと思います。
 ここで記念撮影です。

044.JPG 帰りは、内海ダムを通りました。
 なかなか大きなダムでした。

049.JPG 小豆島は、オリーブ、そうめん、魚など、食べ物がおいしいです。
 写真は、その他の地産地消グルメです。



2020年02月18日

地産地消グルメ 青ヶ島(東京都) #登山でアンチエイジング

人口約170名の青ヶ島では、過度なグルメは期待できませんが、秘境ならではのおもてなしがあります。

青ぐ038.JPG 
 ビジネス宿中里 に宿泊した際の夕食です。周りは海ですので、魚はおいしく、ずけ寿司の島寿司も出てきました。八丈島とは異なり素朴な味で美味でした。

青ぐ039.JPG 青ヶ島内で製造されている焼酎「あおちゅう」をいただくことができました。まあ、味はご愛敬で。

青ぐ046.JPG カルデラ内には、活火山の地熱を生かした地熱釜が設けられていて誰でも無料で使うことができます。

青ぐ045.JPG 宿の方にカルデラ内に行く旨お伝えすると、地熱釜弁当を準備してくれました。

青ぐ049.JPG こんな感じです。ワイルドですね。

2020年02月17日

2月 青ヶ島(東京) #登山でアンチエイジグ

 青ヶ島は、東京の秘境、日本で最も行くことが困難な有人島と呼ばれています。
 アクセスするには、八丈島から船「あおがしま丸」、もしくはヘリコプター「東京愛らんどシャトル」に乗ります。波浪、潮流の影響を受けるため、あおがしま丸の就航率は約60%つまり2日に1回ぐらいしか運航されません。ヘリコプターの就航率はもう少し高いようですが、1日1便で定員は9名しかないようで満席であることが多いです。天候に恵まれ、運良く予約が取れれば、八丈島を訪れた際に是非とも足を延ばしてみたいところです。ただし、日程に余裕がない場合は、絶対に行かないでください(笑)。

青012.JPG 「東京愛らんどシャトル」です。予約は取れたものの、いざ出発できるか、最後までハラハラドキドキです。

青018.JPG フライト時間は、わずか20分。青ヶ島が近づいてきました。集落があるのは岡部地区のみのようです。


青029.JPG 青ヶ島は、外輪山と内輪山からなる二重カルデラ構造となっていて、世界的にも珍しい地形になっています。
 内輪山は丸山と呼ばれ、縞模様は椿の植林帯になっているようです。

青051.JPG 大凸部だったか、外輪の展望台からの眺めです。
 雄大ですね。

青034.JPG カルデラ内へ降りていくと、至る所に「ひんぎゃ」と呼ばれる活火山が作り出す熱が至る所で水蒸気となって溢れ出る場所があります。
 まさに秘境感溢れています。

青ぐ047.JPG 地熱を利用したサウナ「青ヶ島ふれあいサウナ」があります。タオルを持参したほうが良いでしょう。
 温度はう〜ん、といったところです。




2020年02月16日

地産地消グルメ 八丈島(東京都) 梁山泊 #登山でアンチエイジング

 八丈富士登山後の楽しみといえば、温泉と地産地消グルメです。
 八丈島の地産地消グルメを楽しむのにお勧めが居酒屋「梁山泊」です。私の中で、全国の居酒屋の5本指に入るほど大好きな店です。混んでいるので、予約することお勧めします。三根地区にあり、底土港から歩ける距離にあります。

八20170219_134849.JPG 名物の島寿司です。ずけ寿司です。当日注文すると時間がかかるようなので、予約の際に何名分食べるかあらかじめ注文しておきましょう。

八011.JPG 八丈島産の焼酎が数多くあります。私のお気に入りは八重椿で、フルーティーな味わいです。

八005.JPG お造り。トビウオが出てきた時もあったかと思います。新鮮で美味しいです。

八041.JPG こちらは明日葉入りのビールです。
 まあ、話の種に、乾杯用にですね。(笑)

八043.JPG こちらは明日葉入りのかき揚げです。ここは、何を食べても外れはありません。
 八丈島に来たら必ず訪問する居酒屋です。