プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

2020年01月08日

日常のアンチエイジング登山 関東6 鋸山

 千葉県には高山は無く、もっぱら低山登山を楽しむところです。12月〜2月においても南房総は比較的温暖な気候ゆえ、低山登山が楽しめます。その代表的な山の一つが鋸山です。鋸山自体は、それほど面白くないのですが、周辺に様々な観光スポットがあり、それらを含めて楽しむ山となっています。

0511.JPG 意外に知られていないかもしれませんが、内房の海岸線からは東京湾を挟んで富士山が良く見えます。特に冬場は空気が澄んでいてよく見えるようです。
 鋸山登山の最寄り駅はJR内房線の浜金谷ですが、東京湾フェリーにて久里浜から40分でアクセスできるので、神奈川在住の方にもおすすめです。

001.JPG 浜金谷駅です。トイレは改札内にあります。
 東京方面から到着する場合、プラットホームから陸橋を登って線路を横断し改札に行くことになります。
 一番後ろの車両に乗ると便利です。

004.JPG 駅を出て前の道をすぐ左折します。
 そして、この肉屋と薬屋の間の道を入っていきます。

015.JPG このJR線路のガード下を潜り抜けて行きます。
 線路に手が届きそうなぐらい近く感じます。

005.JPG 二股を「車力道」、「観月台」方面に行きます。

006.JPG 台風の爪痕が残っていて、鋸山の一部の登山道は閉鎖されていました。比較的緩やかで道が整備されている「関東ふれあいの道コース」を登りました。
 途中まで階段が整備されています。

007.JPG 台風にてなぎ倒された気が残っていました。

019.JPG 入り口から10分ほどで観月台に着きます。登って来た方向を振り返ると壮大なる眺めが楽しめます。
 東京湾を航行するLNG船も見えます。
 手前に接岸しているのは、東京湾フェリーです。

014.JPG 観月台から撮影した、これから登る方向の写真です。
 ここから約30分ほどの行程になります。

021.JPG 途中、右手には名所である「地獄のぞき」が見えます。別途解説しますが、あそこは日本寺の境内にあり、に入観料が必要になります。
 まずは、T字路を左折して、鋸山頂上を目指します。そちらは無料です。

022.JPG 鋸山は、かつて建材用の石切の産業が栄えた歴史があります。至る所にこのような石切の跡が見られます。

033.JPG 15分ほど行くと「地球が丸く見える展望台」に到着します。ここからの東京湾、太平洋の眺めは壮大です。後程、写真を見て、自分が壮大な眺めの邪魔をしていることに気づきました。(汗)

045.JPG 展望台から10分くらいで鋸山山頂に到着します。
 山頂からの眺望はほぼなく、標識も小さなもので、特に来る必要は無かったように思ってしまいますが、とりあえず記念写真です。
 ここから、日本寺の方に戻り観光を楽しみましょう。

2020年01月07日

積雪期のトレーニング ジョギング編 皇居ラン #登山でアンチエイジング

 都内に住んでいる方は、一度ぐらいは皇居ランを楽しまれたことがあるのでは。
 1週5 kmで、程よいアップダウンと周辺には多数のランステーションが完備され、ジョギング天国になっています。信号に引っかかることが無く、治安も良く、トイレも多数利用できるのでお勧めです。

IMG_20191229_133618-001.jpg 皇居ランの地図です。一周5 kmなので、体調に合わせて2週(10 km)、3週(15 km)と調節しやすいですね。

IMG_20191229_114238-001.jpg ランステーションは、いろいろあります。その一つがこちらのRaffine神田です。神田駅西口から徒歩10分くらいのところにあります。
 ロッカーにシャワーが利用できます。靴とバスタオルをレンタルを付けても合計750円と廉価です。
 週末は早朝から営業していますが、混雑していることが多いです。

IMG_20191229_115214-001.jpg 上記のランステーションを使った場合の皇居ランの出発点は、竹橋の気象庁前になります。

IMG_20191229_115850.jpg 竹橋から平河町の交差点までは、緩やかな登りになります。

IMG_20191229_120705.jpg 左折して半蔵門を過ぎたころからは、皇居ランの最も長めの素晴らしい下り坂となります。

IMG_20191229_120536.jpg 公衆トイレが1 kmおきぐらいに併設されているので安心です。

IMG_20191229_121449.jpg 警視庁を過ぎたところで桜田門に入っていきます。

IMG_20191229_121601.jpg 皇居の広さを実感できる広場を左手に見ながら走っていきます。

IMG_20191229_125015.jpg 内堀通りの直線をひたすら走ります。
 東京敵から皇居に向かう観光客が大勢いるので、衝突注意してくださいね。

IMG_20191229_121731.jpg ひたすらまっすぐです。

IMG_20191229_121843.jpg 左手に皇居

IMG_20191229_122127.jpg 右手は東京駅です。

IMG_20191229_122349.jpg 奥に東京消防庁の建物が見えます。これが1週のゴールになります。

2020年01月06日

地産地消グルメ 沖縄宜野湾 うみちか食堂 #登山でアンチエイジング

 沖縄の宜野湾マリーナ地区、沖縄コンベンションセンターやラグナガーデンホテルの近くにある
「うみちか食堂」。飛び込みで入ってみましたが大当たりでした!

IMG_20191226_174949-001.jpg お店は、ラグナガーデンホテルの出口から信号を渡って1分の所にあります。近くには居酒屋やラーメン屋などが数軒あります。


IMG_20191226_173009-001.jpg とんかつすば定食(1100円)です。

 写真からは大きさが伝わらないのが残念ですが、このとんかつ、草履のように大きく大人一人が食べるのにも苦労しそうです。それにご飯と沖縄そばに小皿料理がついて、大満足でした。

IMG_20191226_174209-001.jpg 店内には、所せましと色紙が掲示されていました。有名人が多く訪問しています。

IMG_20191226_173952-001.jpg





2020年01月05日

地産地消グルメ 那覇 そば処 きくや #登山でアンチエイジング

 沖縄そばについて紹介していますが、那覇空港近くのそば処「きくや」を紹介します。

 那覇空港そばの田原地区にはレンタカー屋が多数あります。それゆえ観光客が最後に立ち寄るグルメスポットになっています。きくやは、ABCレンタカーの裏手にある、古民家を利用したような店構えになっています。

DSC02513.JPG 店の外観。店前には2台ほどしか駐車できませんが、道路の反対側の先にもう一つ駐車場があります。

DSC02514.JPG 入り口です。

DSC02515.JPG 店内の様子です。沢山の色紙が展示されていました。

DSC02516.JPG こちらは軟骨ソーキそば。コラーゲンが豊富なようで、女性に人気のようです。

DSC02517.JPG こちらは「ジューシーセット」です800円と廉価です。
 三枚肉、軟骨ソーキ、じゅーしぃ、お漬物、アイスティがついた満足できるお得なセットメニューです。(すみません、お店のメニューの紹介をそのまま使いました。)

2020年01月04日

地産地消グルメ 名護(沖縄県) 宮里そば #登山でアンチエイジング

 沖縄では「そば」が名物の一つです。
 そばと言っても、どちらかというとうどんに近く、店により出汁が微妙に異なり、自分の好きなそば屋を見つけるのが旅の楽しみの一つです。

 名護岳登山の際に立ち寄りたいのが、名護市の宮里そばです。

DSC02475.JPG 午前10時から営業しており、ひっきりなしに地元の方が家族連れで来ていました。人気店のようです。
 駐車場は、店の裏側にあります。

DSC02477.JPG 入り口にて食券を購入します。
 いたってリーゾナブルです。カレーライスに、トースト付きのスパゲッティもありましたが、さすがにここではと思いきや、食べているお客も多数いました。家族連れで毎日のように来ている人にはありがたいメニューのようです。

DSC02478.JPG ソーキそばにご飯を付けました。

DSC02479.JPG こちらは三枚肉そばです。この店では、昆布そばがあるように、昆布がアクセントになっています。

DSC02476.JPG 店には、東南アジアの食堂で見かけるようなプラスチックの椅子・テーブル席、そして奥には座敷があり、結構な人数が入れます。


2020年01月03日

地産地消グルメ 沖縄県 ステーキ88 #登山でアンチエイジング

 沖縄の方はステーキ好きで知られます。
 夜、飲み会の〆にステーキ屋に行くぐらいですので。おのずとステーキ屋が沢山ありますが、その中でもお勧めが「ステーキハウス88」です。沖縄本島に数店舗あるようです。
 名護岳登山&古宇利島ジョギングの際に、本部町のコンドミニアムに宿泊しましたが、その近くに「美ら海店」がありました。

DSC02453.JPG 外観はこんな感じです。
 場所柄、観光客が多そうでした。

DSC02451.JPG 一番人気のUS牛のサーロインステーキを230 gいただきました。

 ソースや醤油が数種類ありましが、塩と胡椒で食べるのが一番美味しかったです。

DSC02450.JPG メインにステーキを注文すると、サラダバーとスープバーが付いてきます。ステーキ屋ではよくあることですが、肉のスープがものすごく美味で、おかわりしてしまいました。

2020年01月02日

地産地消グルメ 沖縄県 ブルーシールアイスクリーム #登山でアンチエイジング

 冬でも温暖な沖縄。アイスクリームが美味しくいただけます。中でも、沖縄発祥の「BLUE SEAL ICE CREAM」がお勧めです。県内のいたるところにあります。
 余談になりますが、レンタカーを借りると一人一カップのアイスクリーム無料券が貰えました。12月の閑散期では、空港送迎のある比較的大きなレンタカー屋でも、小型車を3日借りても合計3500円で、アイスクリームの無料券が付き、お得感半端無いです。

DSC02502.JPG 折角なので、浦添市牧港にある本店を訪問しました。
 こちらは、BLUE SEAL ICE CREAMの歴史が展示されていたり、体験型ミュージアムも併設されている大型店舗です。国道58号沿いにあり、アクセスは容易です。

DSC02506.JPG 店内にはこんなオブジェもあり記念撮影しました。

DSC02504.JPG アイスクリームも美味です。
 左は、「うべ」なる紅山芋のアイス で、濃厚な味が良かったです。一方、右側は「トロピカルマーブル」なるブラッドオレンジ、キウイ、バナナの3種類からなるアイスです。沖縄ならではの味を堪能しました。

DSC02503.JPG 多数の種類があり、何度も訪れたくなる気持ちになります。

DSC02507.JPG ギフトセットも多数あります。

DSC02508.JPG 歴史館。

DSC02510.JPG 体験型ミュージアム入り口です。家族連れでにぎわっています。

2020年01月01日

積雪期のトレーニング ジョギング編 古宇利島@沖縄 #登山でアンチエイジング

 冬の沖縄はジョギング天国です。

 最高気温は20℃を超え、半袖に短パンでジョギングしたくなります。いろんなコースがありますが、人気の観光スポットでもある古宇利島(古宇利大橋)でのジョギングを紹介します。

DSC02462.JPG 古宇利島大橋は長さ約2 kmちょっとで、GPSで計測したら2往復したら9 kmの走行でした。
 車道と歩道が分離しているので安全ですし、途中、船の航行用に少し高くなっている箇所があるので、走りながら絶景が楽しめます。

DSC02473.JPG 古宇利島に行くには、屋我地島から古宇利大橋にてアクセスすることになります。

 古宇利大橋の両袂には駐車場があります。屋我地島側の駐車場からは、海岸に降りていけるようになっています。
 
 

DSC02458.JPG 屋我地島側から古宇利大橋および古宇利島を見た眺めです。

DSC02464.JPG こちらは、大橋を渡り古宇利島側の袂にある古宇利島物産センターです。
 駐車場の他、公衆トイレ、シャワー、店があり、使い勝手はこちらの方が良いです。レンタカーでアクセスする際には、まずはこちらまで渡りジョギングを開始することをお勧めします。

DSC02472.JPG 屋我地島付近にある奇岩。ジョギングしながらこんな眺めを堪能できるのも沖縄ならではですね。

DSC02470.JPG 橋のいたるところに「釣り禁止」の看板がありました。それでも、釣り人を数名見かけました。
 それだけ魚が釣れるのでしょうね。

IMG_20191226_094628.jpg古宇利島物産センターでは、南国フルーツが沢山売られていました。切り売りも販売されているので、いろいろと試してみてください。

IMG_20191226_094632.jpg






2019年12月31日

地産地消グルメ 本部(沖縄県) 紀乃川 #登山でアンチエイジング

 名護市から少し離れますが、本部町の瀬底島の近くにあるレストラン「紀乃川」をお勧めします。

 国道449号線にて美ら海水族館に行く途中、瀬底島の手前で右折した高台にあります。
 とんかつ定食、ソーキそばなど、沖縄の日常の定食が楽しめます。

DSC02439.JPG 高台に行くまでは狭い路地を通るので運転は慎重に!
 駐車場は5〜6台ほど停めれますが、夏季の繁忙期は一杯になることありますので、開店の11時を狙っていくのが良いかと。

DSC02440.JPG 対面式キッチンになっていて、中の厨房の様子が見えます。

DSC02441.JPG お勧めのメニューが掲げられています。

DSC02444.JPG いつもはとんかつ定食を注文しますが、この日のお勧めのアジフライ定食を注文しました。タルタルソースで食べるアジフライは絶品でした。しかも880円と安いです。

DSC02443.JPG こちらはソーキそばです。
 ちょっと迫力に欠けますね。以前はソーキがもっと大きかったような気がします。

DSC02445.JPG こちらは、夕日に映える瀬底大橋です。夕方に来ればこのような美しい光景に出会えます。




2019年12月30日

地産地消グルメ 名護(沖縄県) オリオンビール #登山でアンチエイジング

 名護岳登山の際に是非とも立ち寄りたいのがオリオンビールの名護工場です。

 名護城公園南口に隣接しており、1時間の工場見学コースの最後には生ビールの試飲ができます。もちろん無料ですが、ドライバーはビールは飲めない(その代わりのジュースかノンアルコールビールが1本もらえます)ので、レンタカーで行く際には注意が必要です。
 
DSC02413.JPG これが工場入り口です。

DSC02428-001.JPG こちらが入り口にある受付と仕込釜です。釜は実際に使われていたものだそうです。
 工場見学は、Webか電話による事前予約制になっていますが、幸運にも当日空きがあり参加できました。韓国など海外からの家族連れもいて、人気のスポットですね。

https://www.orionbeer.co.jp/brewerytour/


DSC02416.JPG 仕込釜が並んでいます。


DSC02417.JPG 仕込釜の中の醗酵している様子も見ることでできました。
 このスペースは、醗酵のために必要な温度に保たれているので暑いです。

DSC02424.JPG 1分間で生産される缶をビジュアル化したものです。本数は説明されましたが忘れました。

DSC02425.JPG 一通り見学が終わると最後に試飲があります。
 出来立てのビールは格別のうまさです!


DSC02426.JPG ドライバーには、ノンアルコールビール(向かって左側)が1本配布されます。こちらも美味しいですよ。

DSC02438.JPG 名護城公園の一番桜?です。本当に花見の季節にまた来たいですね。

DSC02511.JPG 沖縄では、12月下旬ころから、「一番桜」のラベルの入ったオリオンビールが売られています。
 ホテルで余韻に浸りながらもう1杯飲みました!