広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

αリノレン酸とは

αリノレン酸はオメガ3不飽和脂肪酸です。
このαリノレン酸は、体内に入ると青魚からとれるEPAやDHAに変換されます。

つまりEPAやDHAが血液サラサラ効果があるわけですから、
当然αリノレン酸にも同様の効果が認められることになるわけです。

何といっても、生活習慣病は食が体をつくるといわれる通りに、
いつもどんなものを食べているかで、血液のう状態が変わります。

私もかつては血液ドロドロ、いまは体重大幅減で体は軽くなりましたから、
あとはストレスを解放してあげるだけです。

αリノレン酸はどんな食品に含まれているのでしょうか?

先ずは緑色野菜です。
青物は化学式が血液と似ているといわれますが、
それを食べることが血液サラサラになるようです。
ほうれん草やしそなどが典型的な食材です。

そして、亜麻種子やエゴマもあります。
この2つはオイルとしての利用も既にされてきています。

エゴマは、高齢の人は大抵どこの人も知っているようですが、
いつの間にやら冷涼地に偏ってしましました。
独特のにおいが嫌だという人もある様ですが、血液サラサラにいいですよね。
これをエゴマ油にして販売されています。

エゴマ油は、種子自体のオイルの量で少々地域差がある様です。
一番多い比重でαリノレン酸が取れるのは田村種子のようです。
何一部データからすると67%もαリノレン酸が含まれるとも記されています。

そして、亜麻仁油です。
材料となるのは亜麻ですが、αリノレン酸の量は殆ど比率としてはエゴマ油と同等です。

いずれも熱には弱いため、揚げ物や炒めものには使用できません。
ほとんどが生でそのまま小さじで1杯飲むか、あるいはサラダにドレッシングとして使うかです。

どちらにしても、これらの食品を知って、
手軽に少しづつオメガ3系脂肪酸を摂取することで、
理想とされるオメガ6とオメガ3との比率が、4対1で利用されることが好ましいとされます。
【このカテゴリーの最新記事】

食物繊維の重要性

日本人、特に女性は大腸がんが増えているようです。
その背景には食物繊維が不足した、現代人の生活があるようです。

私たちは今日スーパーなどでの買い物を見ていると、圧倒的に加工食品を選んでいます。

加工食品は、食事を作るのには手っ取り早くていいのですが、
残念ながら、白米をはじめとして必要な食物繊維をそぎ落と利てしまっているものや、
加工段階で過剰に添加物を加えられているものなど、食を取り巻く環境はけして健全ではありません。

こんな状況にあるにもかかわらず、わたしたちはあまりに食材や食品に無頓着なのではないでしょうか?
特に、外食が多いであろう男性は、食材や調理の過程すら十分に理解していないわけです。

こうした状況にあって、食物繊維を取れと言われても、何を摂っていいのかもよくわからない人もいます。
そこで、何点かご紹介しますと、
 ・ トウモロコシ
 ・ ごぼう
 ・ ひじき
 ・ 各種豆類
 ・ 海藻
など、たくさんありますが、むかしは食卓に上っていたものが、肉などにとって代わられています。

こうした食の変化が、大腸ガンなどが急速に増えている背景にあります。
日本人は、欧米人に比べて腸が2m以上長いのだそうです。

長いということは、その文長く体内に留まるわけです。
欧米人が短いのは、不要なもんは早く押し出すという遺伝子レベルの食の変化を反映した結果のようです。
これには500年単位で変化があるようですから、とても現代日本ではあり得ないことにもなりますね。

とにかく、食物繊維を摂りましょう。
こうすることで、不要な中性脂肪でも食物繊維がこうした脂肪酸なども体外に一緒に排出してくれます。
そうすると血管にも無用な負担をかけることが亡くなります。
つまり、動脈硬化などのような、異常な状況から遠ざかることができるわけです。

また、腸内の環境も善玉菌、悪玉菌とは言われますが、
両方がバランスよく共生することが健康の証でもあります。

あなたの今の食事は如何でしょうか?
食物繊維が十分に足りていますか?

私は圧倒的に少なかったわけで、それをごぼう中心の食事に見直したらダイエットにも拍車がかかりました。
それまで一時期停滞気味で、これ以上は痩せないのかな~などと思っていましたが、
壁となり、またリバウンドもしていた体重が、一気にすんなりとクリアできてしまいました。

こんなことならきっと女性たちのダイエットにも一役買ったくれるのではないかと思いますよ。

梅肉エキスで血液サラサラ

梅肉エキスは、管理人はここ1年以上毎日飲んでいます。

そのせいか、最近は疲れることがなくなりました。


一般社団法人梅研究会の発表にも以下の効能が書かれています。
-------------------------------------------------------------------------------------------
◆◆梅肉エキスに18の効果◆◆
-------------------------------------------------------------------------------------------
梅肉エキスには、18項目にもわたる健康への効果が確認されています。

【インフルエンザを予防】
【抗アレルギー作用】
【活性酸素消去作用】
【カルシウム吸収率アップ】
【抗ストレス作用】
【インフルエンザを予防】
【抗アレルギー作用】
【活性酸素消去作用】
【カルシウム吸収率アップ】
【抗ストレス作用】
【殺菌作用:ピロリ菌やMRSAも殺菌】
【強力なアルカリ性食品】
【胃腸の活性化作用】
【疲労回復作用】
【血圧安定作用】
【肝臓の保護強化作用】
【美容効果】
【血流改善効果】
【免疫細胞マクロファージを強化】
-----------------------------------------------------------------------------------------

どうですか?
私が疲れなくなったのがお変わりですよね。

それに加えて、肌も徐々に若返っているようです。
一番よくわかるのは手の甲ですが、従来は加齢と共に血管が浮き出てきていましたが、
最近は何だか若返ってきているように感じます。

こんな風になるなら、使用前、使用後の写真を撮っておくんだったと思いますが…

当初はそんなことは全く期待もしていませんでした。
ただ、中性脂肪地があまりにたかく、血液がドロドロだったために、
少しでも血液サラサラにならないかとネットで探していたら、「梅肉エキスがいい」とありました。

早速、梅肉エキスと酸っぱいのを甘みを持たせるために、天然蜂蜜を購入しました。
それ以来、殆ど1日も欠かさず飲んでいます。

それに加齢と共に気になるのが、骨折などを機会に寝たきりにならないかということ。
幸いにして、梅肉エキスにはカルシウムの吸収も良くしますので骨密度も上がります。

他にもいい事づく目の食品というのは、見たことがありません。

食生活改善に、青魚と食物繊維

あなたは日頃から運動をしていますか?
血液サラサラを目指すには、どやら食生活の改善と定期的な運動が大切なようです。

運動によって筋肉に刺激を与えることで新陳代謝が高まり、
血液の脂肪の中性脂肪やコレステロールが燃焼されて、
今の血液ドロドロが改善され、今後のサラサラ度を向上させることになります。

血液サラサラ食材の代表といえば、青魚ですが、中でも簡単に手に入るのは、
イワシ、サバ、サンマなどで、それをお刺身で食べることでDHAを摂取することができます。

血液サラサラ効果は、青魚の脂肪分に含まれる、
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸) によるものです。
目安としてサバには1.6g 、イワシには1.2gほどの不飽和脂肪酸が含まれています。



-----------------------------------------------------------------------------
きんき 80g当たり EPA 6.2g DHA 6.2g
さんま 100g当たり EPA 4.6g DHA 8.6g
いわし 80g当たり EPA 8.9g DHA 10.1g
ぶり 80g当たり EPA 5.9g DHA 10.8g
はまち 80g当たり EPA 5.7g DHA 10.2g
ほんまぐろ 50g当たり EPA 3.2g DHA 7.0g
さけ 80g当たり EPA 5.5g DHA 8.9g
さわら 80g当たり EPA 4.0g DHA 9.7g
うなぎ蒲焼き 120g当たり EPA 4.8g DHA 8.2g

◆ 血液サラサラにする食材
---------------------------------------------------------------------------------------
【胚芽米や玄米】
胚芽米や玄米には、食物繊維が豊富
【ライ麦パン】
ライ麦パンには普通のパンに比べ食物繊維が多い
【海藻類】
わかめ・昆布は、食物繊維が豊富。ねばねば成分に、血圧を下げる効果あり
【こんにゃく】
食物繊維が豊富で、便秘に効果で老廃物を排出し、血液サラサラに
【いも類、根菜類を食べる】
根野菜には、全般的に食物繊維の多く含まれ、生よりも加熱した温野菜や煮物が効果的
【果物】
果物にも食物繊維が多く含まれていますが、糖分も高めとなりますので食べすぎにご注意
【他の食物繊維食品】
コーンフレークやオートミールなど、シリアルにも食物繊維が豊富