<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ファン
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

スポンサードリンク




・激売れ導リメイクアップブラ
・脇肉背肉逆流補正ブラ
・ノーホック式で背肉も集約

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月29日

≪高樹沙耶 容疑者≫ 大麻は「極上品」・・・取引価格3倍のブランド品もあったとのこと・・・


大麻取締法違反(所持)で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)容疑者(53)ら3人が共同生活を送っていた沖縄・石垣島の自宅から押収された乾燥大麻が“極上品”だったことが28日、分かった。

m_sponichi-spngoo-20161026-0161.jpg


厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、大麻は花の部分に種がないことから「シンセミア」と呼ばれる未受粉の雌花とみられるとしている。


現在出回っている大麻の大半は「バッズ」と呼ばれる花穂(かすい)の部分。その中でも、このシンセミアは幻覚作用が強く、高値で取引されているという。

シンセミアは幻覚作用のある成分「THC(テトラヒドロカンナビノール)」の濃度が最も高いとされ、大麻事情に詳しい専門家は「“極上の大麻”と呼ぶ人もいます。元売人から“モノがいい”という話を聞いたこともある」と明かす。

THC濃度が高ければ高値になるといい、医療用に大麻が認められている国や地域では、通常の3倍近い値段で取引されるブランド品もある。

高樹容疑者の自宅では大麻栽培をした形跡は見つかっていない。

専門家は「通常、受粉を防ぐためにシンセミアは室内で栽培する。受粉してしまったら品質が落ちるため屋外栽培はめったにない。

入手先は室内栽培か海外からの密輸ではないか」と指摘した。

麻薬取締部はこの日、押収した大麻の写真を公開。見つかった計55グラムの一部で、5グラム分ほどという。

一方、元麻薬取締官の小林潔氏は、高樹容疑者、森山繁成容疑者(58)、小見祐貴容疑者(26)の3人が共謀して所持した疑いで逮捕されたことについて、吸える場所に大麻が置いてあったのではないかと思われる。

3人が自宅で使用している状況を確認して捜査員が踏み込んだ可能性がある」と話した。

森山容疑者は所持を認めており、高樹、小見両容疑者は「私のものではない」と否認している。

2016年10月27日

≪オーディションの低年齢化≫・・・アイドルや子役ブームで拍車がかかる。

2000年前後から大人数の女性アイドルグループ人気が続く中、アイドルの“低年齢化”が進んでいると言われるが、プロダクションなどが主催する女優・タレントオーディションでもグランプリや各賞受賞者の低年齢化が目立ち始めている。

例えば、石原さとみや深田恭子を輩出したホリプロの「ホリプロタレントスカウトキャラバン」は今年、開催史上初となる小学生グランプリが誕生。

他の老舗オーディションでも、小学生の受賞者が目立つ状況となっている。この背景には何があるのだろうか?


■“子役”枠にとどまらない若年タレントの活躍の場が拡大

芸能プロダクション「ホリプロ」が主催する新人発掘オーディション「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナル大会が9月に行われ、2万4794人の応募者の中から栃木県出身の小学6年生、柳田咲良さんがグランプリに輝いた。

21世紀生まれとしては初のグランプリ、しかも12歳4ヶ月での受賞は史上最年少記録。

また、審査員特別賞を受賞した愛知県出身の三浦理奈も現在12歳、こちらは2004年1月1日生まれの中学1年生だが、いずれにしても若い。

応募資格は10〜16歳。つまり小学4年生から応募可能だっただけに、チャレンジした小学生も多かっただろう。

同オーディションは毎回テーマを設けて行っているため募集年齢も一定ではないが、一昨年の第39回開催は16〜25歳、昨年の第40回開催は中学3年生〜22歳だったことを鑑みると、ぐっと低年齢化していることが見て取れる。

オーディションの低年齢化傾向はホリプロだけではない。

東宝芸能が主催する「東宝シンデレラオーディション」も、かつて長澤まさみが小学6年生でグランプリに輝いた際に大きな話題を呼んだものだが、2011年の前回開催では当時10歳の上白石萌歌が史上最年少グランプリを受賞している。

今年の応募資格は9〜18歳なので、史上最年少記録を更新する可能性も大いにありそうだ。

そのほか今年行われたオーディションでは、「ミスセブンティーン2016」「2017ミス・ティーン・ジャパン」がともに中1のグランプリを輩出。

現在、AKB48の第16期生オーディションが約3年ぶりに開催中だが、こちらも小・中学生の合格者が多数出ることだろう。


こうしたオーディションの低年齢化の背景としてまず挙げられるのは、特に大人数の女性アイドルグループが相変わらず人気となっている現在、子役の枠にとどまらない若年タレントの活躍の場が拡大していることだろ

例えば、低年齢層向けのファッション媒体の充実で、大人顔負けのスタイリッシュで洗練された佇まいを発揮する“キッズモデル”たちが活躍。

さらにドラマ・映画に目を向けてみれば、スター子役たちの活躍はもはや言うまでもないだろう。

つまり、芸能界に興味があるティーンはある程度の年齢になると事務所に所属している子が多いのだが、多くのオーディションで条件として“芸能プロ未所属”を掲げているところも多く、低年齢化の傾向は必然といえるかもしれない。

■スキャンダル対策にも一役? 低年齢から徹底した“タレント教育”

そうした同世代たちの活躍は、「自分もあの子みたいになりたい!」と、さらに若い子たちに刺激を与え、低年齢化の波に拍車をかけていく。

一方で、芸能プロダクションにとっては、まだ手のつけられていない将来的に光る人材を確保するのが難しくなっている実情もある。

近頃は子役事務所や児童劇団だけでなく、アイドルグループなど低年齢の芸能界志望者の受け皿が広がったこともあり、街頭スカウトでも「事務所に入っているので……」と断られてしまうケースが増えているという。

つまり、裏を返せば、オーディションの低年齢化は、小・中学生の芸能界志望者を真剣に獲得しようというプロダクション側の攻めの姿勢の表れと言えるだろう。


もちろん従来のように、輝いている子役に目を光らせて、ある程度の年齢になったら子役事務所からの移籍を打診し、大人のタレント・俳優へと脱皮させるといった手法もあり続けるだろう。

しかし、プロダクションにとって低年齢のうちから生え抜きで育成するメリットは大きい。

誰もがSNSを利用するようになった今の時代、これから売り出そうとしているタレントの過去のスキャンダルを発掘されるのはプロダクションにとって大きな痛手。

要は低年齢であればあるほど、タレントとしての教育に時間をかけることが出来るため、リスクも軽減することが出来る。少々うがった見方かもしれないが、そうした思惑からも、今後さらにオーディションの低年齢化は加速していくことが予測される。

2016年10月25日

≪女優 大河内奈々子≫ 一度は断った再婚・・・受け入れたきっかけは愛息が持ってきた指輪と笑顔であった。


昼ドラの名作「牡丹と薔薇」(04年放送)で知られる女優の大河内奈々子(39)が、25日放送の日本テレビ系バラエティー番組「解決ナイナイアンサー」(火曜・後9時)に出演し、再婚した経緯を再現VTRで紹介した。

一度は断ったプロポーズを受け入れるきっかけをつくったのは、大河内の長男だった。

大河内は08年に俳優で脚本家の宅間孝行(46)と結婚。長男をもうけたが、12年に離婚。14年8月にアウトドアのインストラクターの柏木星詩さん(34)と再婚した。

出会ったきっかけは、離婚後1年を経てから出席した友人主催の食事会だった。

子どもも同伴して行った際、愛息がとても楽しそうに遊ぶ男性が柏木さんだった。

その後交際に発展し、プロポーズを受けた大河内だったが「ごめんなさい。ちょっと考えさせてください」と一度は断ったという。

心が変わったきっかけは、道路に飛び出そうとした愛息を真剣にしかる姿を見たことだった。「男の人として、私たちを守ってくれると心を動かされた」(大河内)という。

そしてある日、ママっ子の愛息が小さな小箱を持って「パパがね、これをママに渡してって」と手渡すと、中には指輪が入っていた。

大河内は「子どもがすごくうれしそうにしていたことがなによりもうれしくて。その時の子どもの顔が忘れられない」と嬉しそうに語った。

柏木さんが子どもに指輪を託したのは理由は、まず子どもに家族になることを認めてもらいたかったからだという。

「パパと本当の家族になっていいと思ったら、これをママに渡して」と、指輪を渡す作戦を一緒に考えたという。


心温まるエピソードに、MCのお笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之(45)ら出演者も笑顔だった。

2016年10月22日

≪宮崎あおい≫ 撮影中、監督のむちゃぶりに即興で歌ったとのこと!初日の舞台あいさつで再現...


女優の宮崎あおいさんが22日、東京都内で行われた映画「バースデーカード」(吉田康弘監督)の初日舞台あいさつに主演の橋本愛さんらと登場した。

司会者に好きなシーンを聞かれ、吉田監督が「映画の冒頭の方のシーン。(宮崎さんに)現場で、むちゃぶりで『(娘の)のんちゃんを励ます歌を歌ってください』と言ったら、躊躇(ちゅうちょ)なく歌ってくれて……」と明かすと、宮崎さんは照れながらもそのシーンをその場で再現して、イベントを盛り上げた。


宮崎さんのエピソードに、共演したユースケ・サンタマリアさんは「即興で? 歌えませんよ!」と感心したが、宮崎さんが「のんちゃん、頑張れ! のんちゃん、頑張れ!」と呼びかけのように歌ってみせると、「それ、歌じゃねーよ!」とツッコみを入れつつ、「ラップ寄りのヒップホップ系ね……」とすぐにフォローして、笑いを誘った。


映画ではバースデーカードを通じて成長していく主人公・紀子を橋本さん、紀子が10歳のときに亡くなった母・芳恵を宮崎さん、紀子の父・宗一郎をユースケさん、弟・正男を須賀健太さんが演じた。

橋本さんは「やっと自分の手元から手放すような感覚。

こうやって初日をたくさんの方と迎えられてうれしいです」と笑顔であいさつ。

最後には「オリジナルでもここまでできるんだということを示したい。勝負を懸けているような気持ちで、この映画を全国に届けたい」と熱い思いを語った。


舞台あいさつには宮崎さん、橋本さん、ユースケさん、吉田監督のほか、須賀さん、中村蒼さんも出席。

手紙を通して思いを伝える同映画にちなんで、娘役の橋本さんから母役の宮崎さんへ、息子役の須賀さんから父役のユースケさんへ、初恋相手の中村さんから橋本さんへ、感謝の手紙が披露された。

フォトセッションには、映画の“誕生日”である初日にちなんで、バースデーケーキを持って、橋本さんの子ども時代を演じた篠川桃音ちゃん、須賀さんの子ども時代を演じた星流くんが登場。

子役の2人と約1年ぶりの再会となったユースケさんは「久しぶりだなー! 桃ちゃん大きくなってるよ!」とその成長に驚いていた。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

検索
最新コメント
≪高校サッカー≫ 佐野日大が快進撃で初のベスト4進出! by かずみんぐ (01/06)
投資について by fake bvlgari b zero ring pink gold (09/15)
プロフィール
たぁにゃんさんの画像
たぁにゃん
プロフィール

スポンサードリンク




・武田静加チャンプロデュース
・脇肉、背肉を胸に集めて即盛れるブラ


・従来の高級プエラリアの2.5倍の有効成分プエラリン含有原料使用!
・【グラマーEpisode(エピソード)】
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。