<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

スポンサードリンク




・激売れ導リメイクアップブラ
・脇肉背肉逆流補正ブラ
・ノーホック式で背肉も集約

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年05月05日

『 MAKIDAI』が事故から復帰で、 心境変化を激白した!!

MAKIDAIが事故で重傷――。衝撃の一報が飛び込んできたのは昨年末のことだった。

MAKIDAIは、VERBAL、DJ DARUMAらユニット「PKCZレジスタードマーク」のメンバーとともに函館から札幌へ車で移動中、大型トラックと衝突。MAKIDAIは肋骨骨折、肺挫傷など大ケガを負った。

makidai.jpg


事故から4カ月。すでに火曜パーソナリティーを務める日本テレビ系「ZIP!」やステージへの復帰を果たすなど驚異的な回復力を見せているが、1カ月に及んだ入院生活で、これまでの人生観が大きく変わったという。復帰後の心境を初激白。

以下激白文

僕はいま41歳。デビューは遅い方で、「J Soul Brothers」の時が26歳。それからはや15年。振り返るよりも、新しいチャンスと出会いを求めて突っ走ってきました。

大きな転機は40歳のタイミングで「EXILE」という自分を形作ったグループからパフォーマーとして卒業したことですが、卒業とはいえ「ああ、これでゆっくりできる」という感覚は全然なくて、むしろ「PKCZレジスタードマーク」の活動などで忙しく、東京にいる時間は前よりも少なくなっていました。

平均年齢からすれば40歳は人生の折り返し地点。100歳ぐらいまで生きたいなあとは思いますが、これからもっと本気で仕事に取り組むぞと思ったときに事故に遭いました。

当時は朦朧としていて、気がついたらベッドの上。函館の救急病院に入院当初は、自分で水も飲めないし、トイレにも行けない。ナースコールのボタンにも手が届かない。病院の白い天井を見ながら、ふと頭に浮かんだのは家族の顔でした。

■病院の天井を見つめながら考えた「仕事、家族、結婚」

一年のうちで実家の家族と顔を合わせるのは正月とか年に3回くらい。この15年はずっとそんな感じでしたが、事故の翌日に函館まで両親が来てくれた時は本当にありがたかった。

一つでも希望の兆しを見せねばと、「おりゃああ!」と絶叫しながらベッドに腰掛けました。むちゃくちゃ痛かったですけど(笑い)。それからは歩く、食べる、トイレに行くなど当たり前のことが当たり前じゃないという発見の連続。

それまでは仕事を軸にガムシャラに生きてきたから今の自分があるのは確かですが、見えないところで家族が支えてくれていたことに気づけたのは大きかった。早期復帰できたことも含めて丈夫な体に産んでくれた両親のDNAにも感謝しました。

僕も年齢を考えると早く自分の家族を持ちたい感情が自然と湧いてきました。独身主義ではないし、結婚の予定は今のところありませんが、願望はあります。両親に孫の顔も見せてあげたいし、60代の時に20歳の子供がいたらベストかもしれません。相手が必要なことですけど(笑い)。

もちろん仕事もバリバリやります。入院中は仲間が出演しているテレビを見たり、携帯にメッセージが送られてきたりすると不思議と力がみなぎってきました。

看護師さんがいつ入ってくるか分からないから照れくさくて泣くに泣けませんでしたが、エンターテインメントが生み出すパワーを身をもって感じました。今までは中にいたから分かりませんでしたが、これも第三者的な立場になって初めて気づけたことです。

まずは仕事の遅れを取り戻すのが先決ですが、人生は一度きり。そして究極いつかは死にます。それももう半分まできた。だったら、生きているうちにしかできないことをもっとやりたい。それがいまの率直な気持ちです。

☆1975年、横浜市生まれ。本名・眞木大輔。
99年に、J Soul Brothers加入。01年、J Soul BrothersからEXILEに改名。
その後は、EXILEとしての活動にとどまらず、俳優、モデルとしても活躍。15年いっぱいでEXILEのパフォーマーを引退。
現在は、DJ MAKIDAIとしてクリエーティブユニットPKCZレジスタードマークの活動のほか、日本テレビ系「ZIP!」の火曜日メーンパーソナリティーも担当。LDH所属。

2017年04月29日

≪俳優の原田龍二≫ バラエティー力の開花で反響を呼んでいる。

昨年大みそかの「ガキ使」で“丸腰デカ”を演じきり、大反響を呼んだ俳優・原田龍二(46)が29日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×2イケてるッ!」に出演。

入浴中に仕掛けられたドッキリに絶妙の切り返しをみせ、ナインティナイン・岡村隆史や加藤浩次らレギュラー陣から「素晴らしい」「いい人」と“バラエティー力”を絶賛された。

haradaryuuji.jpg


原田は昨年大みそかに日本テレビ系で放送された「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」で、アキラ100%とともに、全裸におぼん一丁で局部を隠す芸“丸腰デカ”を披露し、反響を呼んだ。

この日の番組では、入浴中に、野性爆弾・くっきー演じる“お風呂の妖精チェチェナ”に水ビンタ攻撃されるというドッキリが仕掛けられた。

原田は突然の襲撃に、タオル1枚で急所を隠しただけの危険な全裸姿。くっきーに急所を握られ「あったかいね」ととんでもないツッコミを入れられると、一瞬、驚いた表情を見せたが、すぐにひょうひょうとした表情で「生きてるからね」と返した。

VTRを見守っためちゃイケメンバーは「原田龍二さん、すごくない?」(岡村)と驚き。「一切、怒らない、原田さん」(加藤)、「いい人でした」(岡村)と一斉に感嘆の声があがった。

さらに返答に困る「あったかい」というツッコミに、「生きてるから」と絶妙の切り返しをみせたことに「返しが素晴らしい」(岡村)、「ちょっと相田みつをさんぽかった」(加藤)、「めっちゃこれからバラエティー呼ばれるんちゃう」(ナイナイ・矢部浩之)と原田の“バラエティー力”も称賛の的となっていた。

================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

2017年04月10日

元SMAPの木村拓哉が10日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」でSMAP解散について心境を語った。


元SMAPの木村拓哉(44)が10日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」(月〜金曜・前5時25分)で同局の軽部真一アナウンサー(54)の単独インタビューに応え、「SMAP最後の日」となった昨年の大みそかについて「残念だなと思っていた」と初めて当時の心境を明かした。

今月29日公開の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)の撮影が行われた京都・太秦の東映京都撮影所の食堂で軽部アナの取材に応じた木村は、まず現在の心境として、「新人と思って取り組んでいる。新年という言葉を聞いた時、自分もそうだと思った。今年の頭にそういう(新しい)気持ちに切り替えてやっていました」と、正直な気持ちを吐露した。

kimuratakuya.jpg


28年活動したSMAPが昨年大みそかで解散。5人のメンバーが同日の「NHK紅白歌合戦」への出場を辞退したため、木村も大みそかはオフだった。「年末にNHKホールにいなかったのが、すごい風変りな時間でした。思いとしては正直、複雑でしたけど、(紅白歌合戦の現場に)いたかったというか、本当にたくさんの声だったりとか、NHKさんの関わっていた人たちからの気持ちも実際に受け取っていたので、正直ちゃんと応えられないのは残念だなとは思った」と当時の心境を明かした。

グループを解散し、一俳優、一歌手となった、これからの活動について「自分が猪突猛進ではないですけど、どこか、ちょっと自分が走れば物事が成立する、そうではないっていうのが改めて思ったので」と

「自分以外にも同じグループとしてメンバーがいたので、どこか、ちょっと自分が漕がなくても前に進んでいるような感じがあった時期も実際あった。でも、舵を切るのも推進力を得るのも、追い風となってくれる共演者とかスタッフの協力がないと、自分が表現しても何もならないので。そういう人たちの気持ちと要望と、必要とされるっていうことのありがたさは感じながらやっていきたいと思います」と前向きに話した。

最後に今後の歌手活動について「正直、『歌筋』(歌う筋肉)が落ちているのを痛烈に感じて…。歌うのであれば、ちゃんと歌っておかないといけない。それも必要としてくれる方がいたらと思います」と謙虚に話した。

2017年04月09日

≪ノンスタイルの井上裕介≫「ワイドナショー」でテレビ復帰も“泣き会見”に総突っ込みとなった。


お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介(37)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で“テレビ復帰”をした。

inoue.jpg


井上は、昨年12月に乗用車を運転中、タクシーに衝突し逃走したとされる事故を起こし、謹慎。道交法違反と自動車運転処罰法違反の疑いで2月に書類送検されていたが、3月6日に不起訴処分。7日夜に都内で謝罪会見を行い、30日にライブで復帰していた。

井上が号泣した謝罪会見の際には「うそ泣きかと思った」と話していた松本は、久々の対面に「ここは泣かへんのか。泣き待ちだぞ」と突っ込み。井上は「1時間くらいの会見ので質問のなかに、相方の話を振られると、謹慎の間、頑張ってくれていたことや、いろいろなことを思い出して感極まって…」と号泣会見について弁明したが、ヒロミ(52)は「謝るときはしっかり謝ったほうがいい。我慢しなくちゃ。(井上は)泣き8、謝り2ぐらいだったからね」と手厳しかった。

千秋(45)も「何で泣いてるのって、テレビに(向かって)言っていた。泣けてラッキーと思ったでしょ」と一斉に突っ込みが入った。

かつて泥酔してタクシー運転手に暴行したことで謝罪会見した前園真聖(43)は「僕も泣きたい気持ちだったけれど、ぐっとこらえた。周りの人の方が泣きたい気持ちだったと思う」と話すと、松本は「同じ運転手だったっけ」のボケ。前園は「違います」と過去の騒動を蒸し返され苦笑いを浮かべた。

復帰舞台での漫才について松本は「ネタ面白かったわ。上手やわ。まだまだ漫才見たいなと思うな」と絶賛。相方の石田明(37)は「昨年くらい、井上の漫才の熱がさめていて、今年は2人でライブせえへんなと思っていたけれど…。今回のせいで…」とコンビ間の方向性の確執があったことと、今回の件で軌道修正した舞台裏を明かした。

松本の井上への攻撃は止まらず。「篠原ともえちゃんを紹介してくれって言ってたじゃないか。(昨年の)10月くらい」と井上から依頼を受けていたことを暴露。「当て逃げのあとに、やり逃げは許さんぞ」とまたも突っ込みを入れた。

今後の活動について、井上が「許していただけるのであれば…」と話すと松本は「絶対許さへんからな。運転手さんかわいそうやわ」と愛のある突っ込みをしてていた。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

検索
最新コメント
≪高校サッカー≫ 佐野日大が快進撃で初のベスト4進出! by かずみんぐ (01/06)
投資について by fake bvlgari b zero ring pink gold (09/15)
プロフィール
たぁにゃんさんの画像
たぁにゃん
プロフィール

スポンサードリンク




・武田静加チャンプロデュース
・脇肉、背肉を胸に集めて即盛れるブラ


・従来の高級プエラリアの2.5倍の有効成分プエラリン含有原料使用!
・【グラマーEpisode(エピソード)】
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。