<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

スポンサードリンク




・激売れ導リメイクアップブラ
・脇肉背肉逆流補正ブラ
・ノーホック式で背肉も集約

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月22日

≪大相撲 稀勢の里≫ 男泣きの初優勝!大関昇進後31場所は史上最遅・・待ちに待った勝利・・

長く苦しい時を経て、大関・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が涙の初優勝を飾った。

単独トップで迎えた平幕・逸ノ城(23=湊部屋)との一戦を寄り切りで退けて13勝1敗とすると、ただ一人の2敗だった横綱・白鵬(31=宮城野部屋)が貴ノ岩(26=貴乃花部屋)に敗れ、千秋楽を待たずに初優勝が決まった。

新入幕から73場所目での初優勝は史上2番目の遅さで、大関在位31場所での初優勝は昭和以降最も遅い記録。

kisenosato.jpg


2横綱1大関が休場する中で先場所の12勝に続いて結果を出し、場所後の第72代横綱昇進も濃厚となった。

優勝決定の瞬間は支度部屋の上がり座敷でテレビに背を向けていた。帰り支度で足袋をはいていた時、付け人から「横綱が負けました」と知らされた。

報道陣の方を振り返った時には目は真っ赤。これまで支えてきてくれた人について尋ねられると「本当に感謝しかない」と答え、直後に右目から一筋の涙がこぼれた。あまり感情を表に出さない大関に、さまざまな思いがこみ上げてきた。

04年九州場所、史上2位の18歳3カ月の若さで新入幕を果たした。入門時の師匠だった鳴戸親方(元横綱・隆の里)の厳しい指導で、順調に番付を上げた。

その師匠は11年11月に急逝。「あれだけ稽古をやることで学ぶこともあったし、人間としても成長できた。いい教育を受けた」と今でも感謝の気持ちは忘れない。強く意識していたのは「自分を信じてやること」という言葉。

幾度となく優勝争いを繰り広げながら白鵬らの壁にはね返され、優勝に準ずる成績は12回。「相撲を楽しいと思ったことはない」というが、自分を信じられたからこそ耐えられた。

「おしん横綱」と呼ばれた亡き師匠は、新入幕から45場所目の29歳11カ月で初優勝を飾った。自らを「晩成」と捉える大関は、隆の里よりも耐え抜き賜杯にたどり着いた。

素直に「うれしい」という言葉が出て、ここまでの道のりについては「長かった?そうですね」と答えた。やってきたことは間違いではなかった。

ライバルの活躍も転機となった。昨年初場所では琴奨菊が日本出身力士で10年ぶりの優勝を果たした。

同じ大関に初優勝で先を越され「言いたいことは山ほどある。胸にしまって頑張ります」と唇をかんだ。この後から勝利への執着が強くなった。

続く春場所では珍しく立ち合いの変化で琴奨菊を破るなど13勝を挙げた。「自分でどうにかするしかない」。秋場所では豪栄道が全勝優勝を果たしたが、安定感は稀勢の里が一番で、69勝で年間最多勝に輝いた。

その実績が落ち着きを呼び、逸ノ城戦も突っ張ってから冷静に右を差し、優勝へとつなげた。

初優勝を果たし、横綱昇進は濃厚といえる状況だ。番付編成を預かる審判部は千秋楽に横綱昇進について議論する見通し。

周囲を納得させるためにも、千秋楽の白鵬戦は重要になる。15日制定着後の1949年(昭24)夏場所以降、横綱昇進直前場所で対戦した横綱から勝利を挙げられなかったのは26人中、北の湖ただ一人だ。

「また明日、しっかり締めて(優勝を)味わいたい」。3代目若乃花以来19年ぶりの和製横綱誕生に花を添えるため、最強横綱も突破すると意気込む。


◆稀勢の里 寛(きせのさと・ゆたか)本名・萩原寛。
1986年(昭61)7月3日生まれ、茨城県牛久市出身。小3から中学まで野球少年。
茨城・長山中時代はエースで4番だった。
中学卒業前に鳴戸部屋に入門し、02年春場所初土俵。
17歳9カ月での十両昇進と18歳3カ月での幕内昇進は貴花田(元横綱・貴乃花、現貴乃花親方)に次ぐ歴代2位の年少記録。
大関昇進は所要42場所で史上5位のスロー出世。
新入幕時に改名したしこ名は故鳴戸親方(元横綱・隆の里)が「稀(まれ)なる勢いをつくってほしい」と名付けた。
家族は両親と姉。

2017年01月08日

≪アマチュア野球「茨城ゴールデンゴールズ」で選手兼監督を務める片岡安祐美が元DeNAの小林公太氏との交際を認めた。


アマ野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」で選手兼監督を務める片岡安祐美(30)が8日、プロ野球・元DeNAの小林公太氏(25)と交際していることを、自身のブログで報告した。2人の交際はこの日、一部で報じられていた。

833_A_628.jpg


片岡は「記事にありました通り、小林公太さんと良いお付き合いをさせていただいております」と報道を認めた上で「今後も引き続き、いや今まで以上に、野球にお仕事にと頑張りたいと思います。お互いにとって、刺激となり支えとなるよう、お互いのやるべきことを第一に考え行動していきたいと思います」としている。

同時に「私たちのことなんかがこんなに大きく取り上げてくださったことに、申し訳なさとびっくりなのとこっぱずかしいのと…これが正直な気持ちです」と素直な感想もつづった。

この日は練習のためグラウンドに出向いたという片岡。「ここぞとばかりに選手達からいじられたことは、ご察知かと…」とチームメートの反響をジョーク交じりに明かした。

小林氏は右サイドスローの投手で、2009年ドラフトでDeNAに育成2位で指名されたが、12年に戦力外通告。1軍登板はなかった。現在は都内でラーメン店を営んでいるそうである。

2017年01月05日

≪高校サッカー≫ 佐野日大が快進撃で初のベスト4進出!


千葉・フクダ電子アリーナで5日に行われた第95回高校サッカー選手権準々決勝の第1試合・佐野日大(栃木)対駒澤大高(東京A)の一戦は、駒澤大高が後半22分に米田泰盛のゴールで先制するも、後半26分に梅澤峻の同点弾で佐野日大が1−1に。

そしてアディショナルタイムにはカウンターから長崎達也が豪快な一撃を決めて、2−1で逆転勝利。佐野日大は1998年度の第77回大会で記録したベスト8を上回り、過去最高の4強入りを現実のものとした。

news108541.jpg


5−4−1の布陣で粘り強い戦いを見せ、和歌山北(和歌山)、米子北(鳥取)、一条(奈良)を撃破してきた佐野日大。彼らの勢いは本物だった。

この日もポゼッションに長けた駒澤大高に序盤から主導権を握られながらも、体を張った献身的守備で応戦。前半を0−0で乗り切った。後半に入って一段と前掛かりになってきた相手に苦しみ、1点を献上したが、彼らは最後まで決して諦めることはなかった。

「駒大さんは力があるチーム。ウチは頑張って頑張ってワンプレーを大事にしていれば、必ずチャンスが来ると信じていた。1失点した後も、まだ時間があるから大丈夫だと信じて最後まで戦えた」(海老沼秀樹監督)

指揮官が一条戦で好プレーを見せた2列目の大熊啓太と右アウトサイド・小澤亮祐をベンチに温存。ここぞというところで2人を投入してスイッチを入れたのも大きかった。特に大熊は長崎の決勝弾をアシストしており、「ベンチから試合を見てウズウズしていた。そのパワーを出してくれた」と海老沼監督も納得の表情で語っていた。

得点に直接絡んだ大熊、長崎ら以上に、体を張った献身的プレーで指揮官から高評価を受けたのが1トップの野澤陸だ。彼は前半から2〜3人のDFを背負いながら前線で起点を作り、梅澤の同点弾はフリーキックからのボールを野澤が巧みなヘッドで競って落とし、アシストした飯淵玲偉につなげたもの。長崎の決勝弾の場面でもターゲットになってゴールを演出した。

「駒大のDFは高さも強さもあるし、自分が前でしっかり背負ってプレーすることが大事。その結果として2点とも起点になれたのは良かった」と野澤は安堵(あんど)感をのぞかせた。

野澤は昨夏までボランチに入っていた。高校総体の栃木県予選準決勝で矢板中央に0−3で敗れるまでは、ボールを回したがるタイプだったという。

その直後に海老沼監督が5−4−1の守備的布陣にシフトし、走力や守備に注力し始めたタイミングで、180センチと長身の野澤が1トップにコンバートされたのだ。

「正直、自分はボールを回すサッカーをしたかった。監督にもそう言いました。だけど『まず守備からやることが大事なんだ』と言われて、少しずつ意識を変えようと思いました。ただ、1トップに慣れていないので、どうしても動きがぎこちなくなってしまう。大迫(勇也)選手をイメージしながらやってきたけれど、なかなかうまくいかなかった」と本人も苦しかった半年間を述懐する。

戸惑いがなくなる重要な転機になったのが、駒澤大高戦前日のトレーニング。かつてFC東京などで活躍したOBの小林成光(現U−12育成担当)から直々にポストプレーを教わる機会を得たのだ。

「(控えFWの)川崎(洋暢)と2人で指導を受けて、太ももや尻を使いながら相手を力強く抑えるようにとアドバイスをもらいました。そうやって一緒に練習した川崎が昨晩から熱を出して、今日ベンチに入れなくなった。その分、自分がやらなきゃいけないという自覚が生まれました」と彼は強い気持ちを前面に押し出して90分間、フル稼働した。

「野澤は真面目にチームのために働いてくれた。まだまだFWとして伸びしろがあると思う」と海老沼監督も太鼓判。発展途上の長身FWが7日の準決勝・前橋育英(群馬)戦のキーマンになるのは間違いなさそうだ。


高校サッカー、我が栃木県代表の佐野日大がベスト4進出の快挙!

夏には高校野球で全国制覇した作新学院も有名であるが、ここまできたら野球同様、優勝して我が県にもどってほしいと願うものである。

2016年12月09日

≪長谷川穂積が現役引退表明≫ 現役世界王者のまま引退で17年間のプロボクシング人生に終止符を打った


WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)=真正=が9日、神戸市内で会見し、現役引退を表明した。

国内ジム所属選手ではただ一人の2ケタ防衛と世界3階級制覇を達成した名チャンプが、17年間の現役生活に終止符を打った。

sty1612090010-f1000.jpg


11月中旬に決断し「これ以上、証明するものがなくなった。前回以上の気持ちをつくるのが難しくなった。思っていた以上の足跡を残せた。これからもボクサー長谷川穂積として生きていきたい」と壇上であいさつした。

長谷川は9月のWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチで王者ウーゴ・ルイス(メキシコ)を9回終了TKOで破り、5年5か月ぶりに世界王座返り咲きを果たした。

2年5か月ぶりの世界戦で国内男子最年長の35歳9か月で王座を奪取し、国内ジム所属選手では5人目の世界3階級制覇を達成した。

長谷川は1999年11月にプロデビューし、2003年5月に東洋太平洋バンタム級王座を奪取した。

3度防衛後の05年4月にWBC世界同級王者ウィラポン(タイ)に世界初挑戦。元WBC世界同級王者の辰吉丈一郎が2度敗れ、元WBC世界スーパーバンタム級王者の西岡利晃氏が4度戦って、一度も勝てなかった名王者に判定勝ちし、新王者に輝いた。

その後は日本ボクシング界のエースとして、WBC世界同級王座を10度防衛。

10年4月のV11戦でモンティエル(メキシコ)に4回TKO負けし、王座から陥落したが、10年11月に国内初となる飛び級(フェザー)での世界2階級制覇を達成した。

11年4月の初防衛戦でゴンサレス(メキシコ)に4回TKO負けし、王座から陥落。

14年4月のIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチでもマルティネス(スペイン)に7回TKOで敗れた。

何度も引退の危機を乗り越え、現役世界王者のままグラブをつるすことになった。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

検索
最新コメント
≪高校サッカー≫ 佐野日大が快進撃で初のベスト4進出! by かずみんぐ (01/06)
投資について by fake bvlgari b zero ring pink gold (09/15)
プロフィール
たぁにゃんさんの画像
たぁにゃん
プロフィール

スポンサードリンク




・武田静加チャンプロデュース
・脇肉、背肉を胸に集めて即盛れるブラ


・従来の高級プエラリアの2.5倍の有効成分プエラリン含有原料使用!
・【グラマーEpisode(エピソード)】
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。