2019年06月30日

エロチャット

おすすめサイトBEST5
 エロチャットって、自宅に居ながらにして気持ちよくなれる関係だから、結構好んでやったりします。
26歳のOLの私には、彼氏がいません。
仕事のストレスも、性欲も解消するために、エロチャットは欠かせない貴重な存在になっています。
この魅力的な男女のお付き合いなのですが、まさか同僚と出会ってしまうとは思ってもいませんでした。

 その日、いつものように、エロチャット相手を探すため出会い系を利用していました。
カカオトークを交換したのは、同い年の会社員。
この時点で、同僚とは少しも気が付いていませんでした。
早速エロチャットが始まったのですが、不思議なことに妙な既視感を覚えてしまうものがありました。
もちろんですが、性的興奮を呼び起こされます。
凄くエッチな気分になっちゃって、クリちゃんを夢中になって触ってしまった私。
相手の人もエロチャットで、とっても卑猥な発言をしてくれるものだから、気分がますますエロい方向に向かってしまって。
「通話の方がレスポンス良いし、もっと気持ちよくなれるよ」
誘われ、通話することになりました。
第一声を聞いた時、あれ?なんだか聞き覚えが?
でも性的な興奮がとても強くなっていたため、その時点で誰か掴むことができなかったのです。
どうやら、相手も似たような気持ちになっていたようでした。
気持ちよく相手の指示を聞きながら、クリちゃんを触っているときに、はたと気が付いたのです。
あれ?同僚の内藤くんに、声や喋り方がそっくりなんだけど・・・。
瞬間、気持ちが凍りついてしまった私。
そしてそれは、どうやら相手も同時に気が付いたようで、相手の方から「あの・・・美紀ちゃんって、同僚の・・・」と言われてしまったのです。
それまで凄い興奮していたのが、一気に冷めて行く状態。
まさか同僚の内藤くんに興奮させられていたなんて、思いもよりませんでした。
「あの、気まずかったらこのままヤメようか?ちゃんと内緒にしておくしさ。こっちもバレたら気まずくなるし」
さすがに大きなショックを受けていた私、中断してもらうことにしました。

 だけど、内藤くんにエロチャットで投げかけられた言葉が、どうにも心の中に残っちゃってて、思い出すとムラムラした気分に。
翌日内藤くんに、社内の階段まで呼び出されて「本当に、ちゃんと内緒にするから、安心して」と、言われた時に思わず言ってしまったんです。
「仕事帰り、時間取れる?1回だけでいいから」
その時、彼はかなり驚いた表情を見せていました。
定時に会社を上がり、2人してとある駅で降りてホテルに向かってしまいました。

 内藤くんは、恋愛や性的な対象では全くなかったのですが、エロチャットの余韻があったせいか、その日凄く燃え上がってしまいました。
もちろん誰にも内緒の関係。
しばらく、この関係を続けてもらうことにしました。
センズリ鑑賞
エロチャット

相互オナニー

おすすめサイトBEST5
 ひょんなことから、女友達と相互オナニーをするようになりました。
挿入はしたいけど、恋愛関係ないからダメと言う桃香。
それでも、開けっぴろげな性格の彼女は、一緒にオナニーするのは問題ないなんて言い出すんですからね。

 桃香とは、小学校の頃から友達関係。
大学生になった今でも、その友達関係は継続中です。
正直、なかなか魅力的な女の子ではあります。
ただ、見た目がぱっとしなく、明るい性格でもない自分は異性としては確実に見てもらってないのは、よく分かっていました。
オッパイもそこそこ大きいし、一発ぐらいはヤラせてもらえないかな?と、常々考えていた相手です。

 相互オナニーになったのは、桃香が「エロビデオって面白いの?」と、言い出したからです。
いくら女友達とは言え、エロビデオでシコシコやっているなんて、なかなか言いにくかったり。
「ねえ、彼女いないんだから、そういうので、オナニーするんでしょう」
あからさまに聞いてくるものだから、タジタジでした。
「レンタルして、一緒に見てみない?」
こんな提案に、逆らうこともできませんでした。

 エロビデオ見ていれば、そりゃ勃起もしてしまうものです。
桃香は「あっ、康介!オッキしてるでしょ(笑)」
彼女は、本当に不躾なことを言い出すから困ったものです。
「そ、そんなわけねえだろ」
言葉とは裏腹に、股間はギンギン。
「ねっ、シコシコしたいんじゃない?」
「馬鹿言え」
「無理しなくてもいいよ、私も変な気分なっちゃったし。オナニーしちゃおうかな?」
「えっ・・」
「いっしょにスルってどう?」
こんな提案されて、ドキドキものでした。
桃香から、オナニーを始めてしまうのだから、そりゃ興奮ものでした。
「絶対に、私に触れちゃダメだよ、見るだけね」
「あ、ああ・・」
彼女を見ていると我慢ができなくなり、イチモツを取り出してシコシコを始めてしまいました。
「結構、サイズが大きいんだね」
恥ずかしさと興奮で、言葉が出ませんでした。
生で見せ合いの相互オナニーは、本当に危険でした。
メチャクチャな勢いで、スペルマが飛んでしまいました!

 その後、桃香とは、時折見せ合いの相互オナニーをするようになっています。
お互いに見ながらするだけという、厳しいルールがあるため、セックスは無理そうですけど、それなりに楽しめています。
オナニーの見せ合い
エロチャット

2019年06月29日

テレクラ

おすすめサイトBEST5
 今から3年ほど前、大学生の頃のことです。
失恋を機会にテレクラを初体験しました。
大好きだった彼女に別れを切り出され、やけっぱちな状態。
心の寂しさはもちろんですが、セックスができない肉体的な寂しさもとても強く、何らかの美味しい出会いがあればという気持ちからのテレクラ利用でした。

 テレクラで話すことになったのが、33歳の人妻。
タダマンではありませんでした。
ホ別苺で、何とかお願いできないか?と、言われました。
丁度アルバイト代も出た後だったし、彼女と別れて捨て鉢状態だったこともあり、とりあえず会うだけはという気持ちで待ち合わせすることになりました。

 ラブホテル街がある都内某所の駅前。
到着して連絡を入れたところ、すでに待機中とのこと。
彼女のいるところまで、歩いていくと、ちょっとふくよかな人妻が声をかけてきました。
顔は中の中程度。
肉好きは良い。
決して、セックスが無理というタイプではありませんでした。
「あの、イチゴでいいですか?」
自分もムラムラはしていたし、他の女を抱くことで、前カノのことも忘れられると思っていたため、ホテルに向かうことにしました。

 旦那さんの稼ぎが悪く、家にお金を入れないこともあるため、援交を始めたと彼女は話していました。
それが本当かどうかは、もちろん判断のしようがありませんでしたけれどね。
随分と手慣れた様子でした。
室内に入るなり、直ぐシャワーにとバスルームへ向かう。
バスタオル姿で出てくる。
かといって、風俗業者とは全く違っていました。
キスはさせてくれるし、熱い抱擁もOK。
バスタオルを取ると、艶めかしい女の肉体が目の前に。
オッパイの形や張りはまだまだ大丈夫。
足を広げさせると、薄めの陰毛だからオマンコの形がくっきり。
すでにマン汁が出ている。
「それじゃ、フェラでサービスしてくれる?」
「うん」
このフェラは、なかなかこってりしていて、とても気持ちよくさせられてしまったのでした。
たっぷりとフェラでチンコの味を楽しませた後、人妻の肉体を食べていきました。
反応は素晴らしい。
前カノの何十倍も、魅力的な反応を見せてくれるため、興奮度が高い。
思わず、ゴム無しで挿入を始めてしまったのでした。

 寂しさと欲求不満が手伝ってか、結局2回戦楽しんでしまったんですね。
そしたら相手も本気になっちゃって、もっとお願いなんて言われちゃって、3回戦目に突入になりました。
それで後日、金銭の支払いはいらないから、待ち合わせに応じて欲しいって、お願いされちゃって、タダマン!
テレクラで、思わぬタダマン相手を探せてしまった感じですね。
テレクラ
テレクラ

センズリ鑑賞

おすすめサイトBEST5
「やばい」と、会社の営業車で高速に乗っていた僕に、後ろに座っていた同僚のクルミザワさんが本当にヤバそうにつぶやいた。
「おしっこよ!」となんかの掛け声のようにクルミザワさんが叫んだ。
クルミザワさんは2年先輩である。僕とは同じチームで仕事をすることが多い。今日は隣県の得意先まで二人でプレゼンに行ってその帰りなのである。
突然の尿意告白に僕は困った。もう少ししたら出口なのでそこまで我慢してください!と懇願すると、クルミザワさんは「わかった」と声を震わせた。その震え具合からおそらく閉じられた太ももの奥にある胡桃のようなマンコもプルプル震えているのだろう。
「でも、もし万が一漏らした場合は、あんたが漏らしたことにしてくれるかしら?」
なんでやねん!と突っ込みたかったが、それよりも早くクルミザワさんの放尿先を見つけることである。
ちなみに、クルミザワさんとは相互オナニーする仲である。いや、相互オナニーと言うよりも途中から自分でいじるのを止めて僕のセンズリをじっと見つめているから、センズリ鑑賞する仲と言うべきだろう。きっかけも隣の席のクルミザワさんから消しゴムを借りたら、「お礼代わりにあんたのセンズリを見せなさい」と命令されたからと言うトホホな理由だ。
なかなか出口が見えない狂い咲きサンダーロードと化した車中で、クルミザワさんが息も絶え絶えに言った。
「最後になるも知れないからはっきり言っておく」
いや、最後って、おしっこ我慢してるだけでしょうが・・・
「好きな人のセンズリを見たいっておかしなことじゃないよね」
え?と僕が思ったのと、目の前に簡易休憩所が見えたのは同時だった。
クルミザワさんがトイレで放尿している間に僕はいろいろ考えた。クルミザワさんは僕のことが好きなのだろうか。普通に考えたら好きでもない人にまんこを見せたりはしない。もしかしたら、僕がその気になれば憧れのクルミザワさんとエッチも可能なのではないか。
やがて、すっきりしたクルミザワさんが僕の待つ車の中に戻ってきた。クルミザワさんの思いを知った今、放尿後の彼女が輝いて見えた。すると彼女は僕が声をかける前に言った。
「猿みたいに必死こいてポコチンしごいているあんたの姿が面白いだけよ」
食えない人だ。
ホ別2
円交

2019年06月04日

不倫アプリ

おすすめサイトBEST5
「プリンぱっくり?」
不倫アプリの話を始めると、奈々未さんにお約束のようにボケられてしまいました。
僕はただいま絶賛ダブル不倫中です。お相手の奈々未さんは熟れ始めている人妻であり、僕はしがない1児のパパです。
奈々未さんとはお互いの趣味を通してインターネットにあるサークルで知り合いました。ちょっと天然が入っているボケ体質の奈々未さんを僕は瞬時に気に入ってしまいました。さらに同じ県に住んでいることも発覚して実際に会うまでに障害は何もありませんでした。
そして、僕たちはたちまち恋に落ちました。ああ、忘れかけていたこの感覚。まるで高校時代に好きだった女の子に寄せていたような気持ちを奈々未さんに感じてしまったのです。
ただし、僕は旦那さん、彼女は人妻。道ならぬ恋であります。ですが、僕の「不倫になりますがよろしいでしょうか」とのお誘いに対して、奈々未さんは「ええ喜んで」と了承してくれたのです。何とうれしい事でしょう。もっとも、今から考えれば、ボケない奈々未さんは貴重でした。彼女なりに緊張していたのかも知れません。
こうして僕たちのダブル不倫は始まりました。相談してスマホにぎっしりと不倫アプリを入れまして、お互いのパートナーに悟られないように慎重を期しました。まあ、バレを恐れてガクブルしていた僕と比較して、奈々未さんはケラケラ笑いながらアプリをインストールしてました。何だかゲーム感覚で彼女は不倫を楽しんでいたようです。何でも、改めて話を聞くと、昔は高校時代からずっと不倫を繰り返していて「何だろう?好きになっちゃう人にみんな奥さんいるんだよねー」なんて言ってました。今の旦那さんもどうも略奪婚らしいです。旦那さんも奈々未さんの不倫体質は存じていて「不倫してもいいけど僕を捨てないでね」と泣きつかれているんだとか。僕なんて、奥さんにバレて捨てられるのが怖いので必死で不倫アプリで偽装しているのに、この違いは何なのでしょうね。
「私はプリンよりもコーヒーゼリーの方が好きかな?」
ベッドの上で僕にお尻を撫でられながら、奈々未さんはボケ続けていました。僕は苦いコーヒーゼリーよりも甘いプリンが、そして甘いプリンよりもさらに甘美な不倫がもっと好きです。
セフレ探し
エッチしたい

浮気したい

おすすめサイトBEST5
こういう事になるとは思ってもいませんでした。浮気したいという気持ちもはいつもどこかでありましたが、夫もいて子供もいて幸せな家庭を築いているから浮気したいなんて思うのはいけないのも分かってます。浮気をしたらその幸せも一気に崩壊されるし、そんな行動を自分が起こせるとは思ってもいませんでした。
ところが、今私の隣で寝ているのは会社の同期。しかも、どこかのホテルにいて互いに裸になっていました。まずは旦那が心配しているから急いで連絡をしました。すると、まだ時刻が夜11時ということもあって「帰りが遅いから心配だったけれど、気をつけて帰ってね。」と、言ってくれした。その言葉に安心しつつも寝ている同期を起こしました。すると「もう一回やる。凄い気持ち良かったね。」会社の忘年会で飲み過ぎてホテルに来た事や、エッチした事も覚えてない私は今日の事は忘れてということが精一杯でした。
そして、家に帰ると子供は寝ていました。夫は帰りを待ってくれましたが、私はゴメンねと涙を流して謝罪。そんな私に夫は連絡が遅くなったことに泣いているのかと勘違いしているなと思いましたが、本当の理由は言えませんでした。
年明け、家族で帰省していた時に親戚の人も集まり飲み会がありましたがあれ以来飲むのが恐怖になり私はお酒を止めました。その事に夫も私が酒好きだからとても不思議に思いまさか子供が出来たと誤解されましたが、もうあの失態は繰り返したくなかった。そして、仕事が始まって同期に会っても普通の会話をしてホテルに誘ってきますが浮気したい気持ちはもう無くなっていた私は、もう無理とはっきり断りました。しかし、今は断れるけれどまたいつか浮気したい気持ちが復活したらやってしまわないかと不安になる私でした。
人探し
オナ友募集

2019年06月03日

不倫掲示板

おすすめサイトBEST5
従姉が離婚したんだけど、原因は従姉が不倫掲示板とかで遊んでたってことだったらしいの。
親戚はみんなでその従姉のことを悪く言ってたんだけど、なんかさ、私は同調出来なかったんだよね。
だって、なんとなくだけど、従姉の結婚式の時さ、相手の新郎の人、感じ悪かったんだもん。
エリートっぽい雰囲気ではあったの。いい会社に勤めてて、すごくお金も持ってたみたい。
それで、親戚も「いい旦那さんを見つけてー」なんて褒めてた。
だけど、私はなんとなく、その人、心の冷たい感じがしたんだよね。意地悪っていうか。
自分勝手で身勝手で、お金があるから女の人のことを見下してるような雰囲気。
あんな旦那さんと一緒にいたら、自己肯定できなくなって、どんどん自信なくなって、元気じゃなくなる。
だから、私、従姉が不倫掲示板で遊んでたって聞いて、ちょっとほっとしたの。
そうやって息抜きできる環境だったんだと思って、安心したの。
それで離婚になっちゃったら、まぁ、可哀想だけど、いずれそうなる運命だったんだから、早いうちで良かったんじゃない?って。
不倫掲示板で遊ぶくらいだから、従姉も一応損得考えて、離婚は考えてなかったんだろうって思ったな。
なんとか、不幸な結婚生活を不倫掲示板でやり過ごそうって考えてたんじゃないのかな。
従姉が、自分の幸せを考えられる人で良かったって私は思ったけど。
親戚中から「恥さらし」みたい言われ方してたけど、私はなんとなくそういう生き方って素敵だなと思ったのね。
セックスしたい
割り切り掲示板

オナ友募集

おすすめサイトBEST5
オナ友募集とかしたことないし、オナ電もしたことなかったの。
だけど、今は、オナ友募集っていいかも?って思ってて。
彼氏と別れ話してる最中のことだったんだけど、私は別れたくて、彼はすがりついて来てるって構図だったのね。
私も、すっきり別れて、フリーになりたかったからちゃんと話をしないとって思って、長電話になっちゃって。
だけど、12時過ぎると、だんだんと彼が思い出話とかするようになって・・・あの時のエッチが良かったとか、あの時の表情が良かったとか・・・
「君の乳首が立ってて、触るとピクンって感じるのが分かって・・・」「ヴァギナの締め付けがきつくて、我慢しようと思ってたけど、出ちゃって・・・」なんて言われたら、体が思いだしちゃって。
性格は合わなかったけど、体の相性は本当に良かったんだよね。
だけど、体だけ相性が良くても、付き合うとなったら無理、それに気付いたから別れようとしてるのに、体が勝手に快感を思いだして・・・。
私、ついオナニーしちゃってて。
その後、彼とは会わなかったんだけど、時々オナ電みたいなことをするようになって。
オナ友募集ってわけじゃなかったんだけど、最近は元彼がオナ友って立ち位置になってる。
だけど、フリーでいても性欲ってあるし、オナ友募集してやり過ごすっていうのもアリなのかなって最近は思うのね。
元彼だとどうしても、過去のエッチを思いだして、感情移入もしちゃうんだけど、やっぱり、性格的に無理な部分も同時に思いだしちゃって。
普通にオナ友募集した方がいいのかもなって思ってる。
LINE掲示板
割り切り掲示板
ファン
検索
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール