2020年09月23日

ホ別苺

おすすめサイトBEST5
「ホ別苺でいい?」
幼なじみのミノリンが就職活動のために上京してきた。高校卒業後、僕は就職で先に上京してきており、ミノリンは地元の大学に進んでいた。
「一週間くらい滞在するつもりなんだけどさ、ホテル代もったいないから泊めてよ」
と言ってきた。僕が冗談のつもりで「うちの宿泊費はホテル代より高くつくよ」と言ったら、ホ別苺提案してきたと言う流れだ。なんのこっちゃ。
「苺でピチピチの女子大生と一週間生活できるんだからお得じゃん?」
ピチピチかどうかは知らんが、高校時代はお菓子の食べ過ぎで腹回りがピチピチだったことは知っている。
てか、ホ別ってなんじゃい?うちに泊まるなら実質無料じゃないか。なんで幼なじみを家に泊めて15Kも払わなきゃならんのか。そんな民泊はいやだ。
というかそれ以前に、僕とミノリンはそんな関係ではない。ご近所さんで小中高と一緒で、友達以上きょうだい未満って感じであり、セックスはおろかキスさえしようと思ったことがない。ミノリンのマンコやおっぱいは見たことはないが、屁の音は何度も聞いたり聞かれたりしているそんな仲だった。
そのミノリンがやらせてくれると言うのだ。ぶっちゃけた話、僕は上京後は童貞だ。当時はミノリンのことを「ブスだなー」と思っていたが、こうしていろんな女性と接する機会が増えると、ルックスはともかく気さくで明るいミノリンはそのパーソナリティー自身が女性としての魅力であることに気づいていた。もしかしたら、ミノリンもまた、僕がいない大学生活において、僕の価値を再認識したのかもしれない。
幼なじみが3年間の空白を置いた後に、お互いの気持ちに気づいて熱く結ばれる・・・そういうのもありかもしれない。いくら何でも15Kはべらぼーだが、本当は僕に抱かれたい気持ちを隠すミノリンの強がりに違いない。ああ、ミノリン、会いたいよー早く上京してきてー。
「ホ別苺だったよな。はい、お礼の15円」
よっこいせ、と荷物を置いて片足上げながら、ついでにぶっと屁をこくミノリンを前にして、妄想にまみれた3年間の空白が全て幻だったことを僕は知った。
お金くれるパパ
パトロンにお金を貰う

パトロンの作り方

おすすめサイトBEST5
バーで知り合って、意気投合した女と一時期付き合ってたことあるんだけど、その女、パトロンの作り方には苦労したことがないって自分で言ってた。
俺と付き合っていた間は、パトロンの存在はなかったみたいで、結構質素な感じだったけどね。
ただ、服とか身の周りのものは確かにいいものを持ってた。
パトロンがいた時代に買いこんだり、貰ったりしたものだったんじゃないの?
もし、本人が言う通り「パトロンの作り方に苦労したことがない」のだとしたらね。
バーで知り合って、意気投合しただけ・・・俺としてはただワンナイトで終わる関係のつもりだったから、二度目三度目って会うようになると、だんだん重く感じられてきてね〜。
それに、どこかで「パトロンの作り方には苦労したことがない」というセリフがずっと引っかかってたんだよ。
結局、男は金だと思ってる人種なのかなって。
今思うと、ちょっとイキってただけなのかも?って思う。
パトロンの作り方がどうの〜って言うのも、ちょっと背伸びしたかっただけだった可能性もあるな〜なんて。
それとも、俺がワンナイトのつもりだったから、悔し紛れにそんなこと言ったのかもしれないしね。
今となっては分からないし、どうでもいいけど。
時々思い出すんだよ、あの女のこと。
もしかしたら、ちゃんと付き合いたいとか、結婚したかったとかそういう願望があったんじゃねーのかなーって。
素直に言ってくれれば俺だってやり様はあったと思うんだけど・・・いや、ないか。結局ワンナイトで終わりになってたね。
助けてくれる人募集
コロナパパ活
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール