2020年06月30日

オンラインパパ活

おすすめサイトBEST5
その昔、僕がよく通っていたライブチャットサイトにハナちゃんと言うチャットレディがいた。ライブチャット界のアイドルと言っても過言ではないくらい、彼女は人気者だった。
そのサイトはアダルト寄りであり、中には禁止行為であるモロだしをしてアコギに有料ポイントを稼いでいるチャトレもいたが、ハナちゃんに関しては脱ぎ行為は一切なかった。せいぜい、胸元やオシリの割れ目がちらりと見えたりするくらいだ。
それも普通だったら、オシリの割れ目が見えて「いいぞーもっと脱げー!」となるところだが、ハナちゃんに関しては「ハナちゃん!オシリ見えちゃってるよ!スウェットずり上げて!」と周りから心配されるような存在だった。それに対してはハナちゃんは「あ、ごめーん。ゴム緩くてさー、エヘ」って感じで、ちょっと照れている感じの様子がやたら可愛かった。
なぜ、脱ぎもしないハナちゃんがそんなに人気だったのかと言えば、もちろん愛くるしいルックスもあるだろう。エッチネタOKのトークも効果があった。でも、何というか自分も含めた男性たちはハナちゃんを父親目線で見ていたような気がする。父性に訴えかけるような可愛さと、うっかりオシリ見せちゃうような危なっかしさが同居していたからだ。
「オンラインパパ活みたいなもんだったよね」
後年、僕はハナちゃんから直接そんなことを聞いた。
「他の人みたいにパンツ脱いだら、もうその先はないことはわかっていた。息長く稼ぐには、アクシデント的なエロ路線がベストと判断したんだよ」
わざと見えるように胸元やスウェットを緩めておいたらしい。すべてはハナちゃんの計算づくで、ひたすらポイントを買ってハナちゃんとのライブチャットを楽しんでいた僕たちは、まさにオンラインパパ活におけるパパみたいなものだったのだ。
あのかわいかったハナちゃんももうすぐ30になろうとしている。
「さすがにあざとさを売りにするには痛い年齢だしね」
と言うハナちゃんと僕は、本当のオンラインパパ活をしている。
でも、カメラの前で足を開いてモロ見えのマンコよりも、スウェットがずれてちらりと見えていたオシリの方が何だか色っぽかったようにも思う。

リモートパパ活

おすすめサイトBEST5
コロナ始まる前から私はリモートパパ活だねー。
リモートパパ活っていうか、最初は日本語を学びたい外国人のためにオンラインで日本語教えてたの。
たいした収入にはならないんだけど、そういうサイトに登録してて。
だから、日本にいる外国人も、海外の日本語勉強したいって人もいるし。
レベルはそれぞれなんだけど、勉強してるうちに相手の情報って入ってくるでしょ。
だいたいの年収もなんとなく分かるし。
それで、年収の高い人に対してはパパ活みたいな感じで、お付き合いしてたっていうか・・・。
リモートパパ活の一種かなと自分では思ってますねー。
だけど、海外にいる人たちにとっては、そういうリモートパパ活っていいアイデアだと思うんだけどね。
例えば、私がお金をもらって富士山に行き、写真を送る。
そしてどんなものを見て、どんなことをしたのか、そういう体験を話すことで、向こうもちょっとした旅行気分が味わえる。
オンラインでリアルタイムで見せてあげることだってできる。
リモートパパ活って言ったらちょっと意味合い違うかもしれないけど、こういう自分にはできない体験を少し覗き見する感覚ってアリなんじゃないかなって思うのね。
エッチな展開になることもあるし、シチュエーションプレイになっちゃうこともあるし。
リモートパパ活っていうよりは、ライブチャット的な感覚。
コロナの時は、数人でリモート飲み会したんだけど、時差があるので、日本にいる外国の人数人と中国やシンガポールあたりの人たち数人と日本語で会話しながら楽しかったなー。
ピンチの時に助けてくれる人
リモートパパ活
ファン
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール