2020年05月22日

エロチャットアプリ

おすすめサイトBEST5
そもそも、僕は奥さんとのセックスに不満があった。いや、奥さんのことは嫌いではないのだ。子供には恵まれないものの、夫婦間の営みは欠かしていない。ただし、どうも「夫婦だからとりあえずセックスする」ような気持ちになっているのである。そこには、恋人時代に味わったような快楽も興奮も存在しない。単にザーメンを消費する作業だ。
そんなマンネリな日常から脱け出すきっかけとしてエロチャットアプリでセックスについて衒いもなく話せるような女性を僕は求めた。そこで知り合った晴恵さんもまた僕と同じような悩みを持っていた。僕たちは必然的にマッチングされたのである。
晴恵さんは旦那さんから求められたらセックスに応じるが、何だか単なる旦那さんの肉便器になっているようで、そこにはときめきも何もない。苦痛ではないものの、気持ちが入っていかなくなっているとのことだった。だが、彼女も別に旦那さんのことが嫌いになったわけじゃない。
お互いにセックスに物足りなさを感じるのは、相手に原因があるのか自分に原因があるのか?それを見極めるために一度セックスしましょうか?と言うことになった。ただ、本当に会ってやってしまったら、それは不倫だ。万が一、晴恵さんとのセックスが絶品だった場合、僕はそこから脱け出して家庭に戻れるのか?と言う恐れがあった。そして、それは晴恵さんも同様で「テレフォンセックスならいいんじゃないかな」と言うことで、僕たちはエロチャットアプリを通じてテレフォンセックスを行うことにした。
重ねて言うがそれは浮気ではない。同じような悩みを抱える男女が実際に会うこともなくエロチャットで問題解決を図って日常に復帰しようと努力する関係にしか過ぎなかったのだ。
そして今、僕は晴恵さんとのエロチャットに夢中である。僕の脳は晴恵さんのエロっぽい喘ぎにより理想のセックスパートナー像を作り上げてしまっていた。今日も晴恵さんのマンコに僕のチンコをぶち込めると考えると昼間っから興奮してしまうくらいだ。
相手の姿を自分の都合の良いように構築できるエロチャットは、普通にセックスをするよりも危険な行為なのかもしれない。
テレフォンセックス掲示板
新型コロナにはオンラインセックス

オナ友募集

おすすめサイトBEST5
オナ友募集した時、相手の女が五十代だと知ってちょっとためらったんだ。
年上の女と付き合ったことはあったけど、せいぜい三個上くらいまで。それ以上年上の女とあんまり接点なかったし、何話したらいいのか分からなくて。
自分の母親より若いけど、自分の姉よりは年上・・・そういう女性とどう接していいか分からない。
そう思ってたんだけど、今の五十代の女って、自分は若いつもりでいるんだよね。
話してると違和感なくなってくるんだよ。同世代ではないけど、自分の母親とも姉とも違う、別の生き物っていうか。
オナ友募集するような女だから、普通の人とは違うんだろうか、と思ったことはある。
だけど、最近なんとなくなんだけど、オナ友募集する女がどうとかじゃなくて、五十代ってところが問題なんじゃないかって。
つい先日なんだけど、珍しいことに取引先の相手が女性で、五十代だったんだ。
世間話なんかもして仕事の話してたんだけど、どことなくオナ友募集のあり五十代の女性と似たような感覚があったんだ。
なんだろうって毎回会うたびに考えてたんだけど、「バブル世代」という共通点があったんだ。
どこか刹那的でありながら、古き良き時代の幻想から目覚めていないような乙女感覚。
そして、自分が知ってる女たちより、もっと肉食的でガツガツしてる、自分の損になることは一切しないし、自分の得になると思ったら急に掌返してくるところとか・・・。
あー、俺、こういうバブル感覚が苦手なんだな〜って最近は五十代がどうとか年上がどうとかじゃなくて、そういうことなんだなって気付いてきた。
電話エッチ
チャットオナニー
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール