2020年01月17日

オナ電アプリ

おすすめサイトBEST5
オナ電アプリで、いつの何時から何時まで誰と一緒に喋ってたか、なんて覚えてる?
私、いきなり「先週の金曜日、九時くらいから○○っていうオナ電アプリで話したよね?」ってテキストで確認された時、ほんっとに分かんなかったんだよね。
先週の金曜日・・・って何かあったっけ?
昨日のことすらあんまりよく覚えてないから、先週の金曜日に誰とどのオナ電アプリでイチャイチャしたかなんてハッキリ言えなくて。
「すみません、先週の金曜日のことはもう覚えてなくて」って返信したの。
そしたら、そのまま何の返答もなし。
どんな内容を話したのかとか何かとっかかりがあったら覚えてたかもしれないんだけど・・・。
もしかして、アリバイ確認か何か?(笑)
だけど、殺人事件とかのアリバイでオナ電アプリってめちゃくちゃ頼りないよね〜。
だって、スマホで通話してたら持ち歩きできちゃうわけじゃない?
私の場合、たいていビデオ通話にするから、相手の人が室外にいるってことはないんだけどさ。
室内だとしても、誰の部屋なのか、そこがどこなのかまでは証言してあげられないじゃない?
オナ電アプリの相手にアリバイ証明してもらわなきゃいけなくなった容疑者っていうのも可哀想だな〜って思ったんだよね・・・。
本人からしたら、部屋にいてオナニーしてました!一緒にオナ電アプリの子と話してました!という確実なアリバイがあるにも関わらず・・・
証明できないんだからね〜。
下半身無防備になってるだけじゃなくて、アリバイ的にも無防備すぎるんだなとなんとなく学習した(笑)
テレセ
テレフォンセックス

テレフォンセックス

おすすめサイトBEST5
 テレフォンセックスは、自分でも知らなかった自分を目覚めさせてくれました。
自分の中に、こんな敏感な自分がいるのかと、驚くばかりです。
テレフォンセックスを知る前と知ってからでは、全く人生が変わってしまったような気がします。

 38歳、人妻です。
夫と子供の3人暮らしをしています。
子供が生まれてからは、やはり家庭の中でのセックスは殆んどない。
これは、多くの家庭でも経験していることではないでしょうか?
夫の方は仕事が忙しい。
一緒にいる時間が長ければ、共に異性という意識も乏しくなります。
私も家事に子育てにパートに、てんてこ舞いです。
そんな私が、まさかテレフォンセックスをするようになるとは。

 きっかけは、子供も夫もいなかった時間帯に、ツーショットチャットをやってしまったこと。
何となく、女としての刺激が欲しいという気持ちからでした。
相手の人は、40代。
気分を盛り上げるのが上手だと言っていたけれど、文字だけでも激しいトキメキを感じてしまった私。
「もし可能なら、通話でもっと責めてあげられるよ」
この一言にスカイプで、お話をすることに。

 Sな性質の方のようでした。
かといって、暴力的とは違うのです。
私の性的な琴線に触れるような言葉を投げかけてくるのです。
いつしか、彼の言葉に耳を傾け、素直に指示に従ってしまった私。
アソコを広げろと言われればそうする。
クリを皮から出せと言われればそうする。
「私の臭いオマンコ舐めてください・・」
こんな破廉恥な言葉まで言わされて、鳥肌が立ってしまっていたのです。
いつしかオナニーに没頭してしまう私。
以前夫と楽しんでいた時のおもちゃを取り出し、あの部分に挿入してしまっていました。

 前の彼氏や、現在の夫では感じたことがないような、奥深いアクメをテレフォンセックスで感じてしまったのです。
それからはチャットした男性と、通話を繰り返すようになってしまっています。
無料のオナ電
エロチャット
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール