2019年12月15日

円光掲示板

おすすめサイトBEST5
円交掲示板で知り合った男性とホテルに行ったんですけど・・・生理的にやっぱり無理だったんですよね。
だって、相手のその男の人、背中にも一面にきびがあるんです。
触るのも気持ち悪くて、「すみません、やっぱり無理です」って断っちゃったのね。
最初は、その人もなだめすかすように「ここまで来たんだから」「せっかくなんだし」って口説いてたけど、やっぱりボツボツした感じがダメで。
泣きながら「本当にすみません」って謝ったんですけど・・・。
そしたら、もうどうあがいてもダメって思い知ったのか、その男、急に態度変えて「だったらいいよ、出ていけ!」ってお金投げつけたの。
円交掲示板でお金払うのは当たり前だけど、今回の場合、何もしてないからお金もらおうとは思ってなかったのね。
だから、もらう理由ないし、こっちの都合で無理だったわけだから、その人からお金もらおうなんて思ってなかった。
だけど、お金投げつけられて、とっさに拾い集めちゃったんですよね。
それで、ふっと「このお金・・・もらっちゃっていいのかな」って魔がさしたんですけど、すぐに我にかえって「もらう理由ないし」って思って、お金をテーブルの上に置いて、ホテルを出たの。
ホテルを出てから、なーんかもやもやっとしてしまったんですよね。
交通費だけでももらっとけばよかったって。
その日、ものすっごく寒かったんです。雪が降るかもって予報でした。
円交掲示板の人と約束してなかったら一日家にいて、コタツでゴロゴロ幸せタイムしてたんだろうなって思ったら・・・交通費だけでももらえばよかったって思いましたね。
ゴムフェラ
ゴム有

プチ援掲示板

おすすめサイトBEST5
地方都市になると、出会いの方法もだいぶ限られてくるんだよな。
インターネットが発達して便利な世の中になってマッチングアプリとかあるけどさ、地方だから絶対母数が少ないもの。俺も下心満載でガラケーからスマホに乗り換えてはみたんだけど、その手の出会い系って極端に俺の地方は少ないんだよ。あっても「ムラムラしている私を誰か鎮めて〜」的な、いかにも業者だろ!という募集ばかり。
そんな土地にしがみついているわけなんだけど、出会いがないことを除けば悪いところではないんだよ。子供の頃から住んでいるから愛着もあってね。地元ならではの夢も着実に叶えている。子供の頃はさ、地元の繁華街にあるキャバレーのエロい看板に勃起したり、開店前の風俗店にエロそうなお姉さんが入っていく様子だけで興奮したりして、大人になったら絶対に行こう!と心に誓っていたりしたんだよ。で、成人式を迎えて入店御解禁になり、悪友といざ乗り込んだら、おばちゃんばっかりでがっかりしたのも楽しい思い出だよ。
そして、俺もおばちゃんをおばちゃんと呼べない年になってさ、今ではすっかり地元のなじみ客をやってる。なじみの店ができると、なかなか地元からは離れたくなくなるんだよね。
ある時、ホステスの1人が店の人間には内緒で「プチ援掲示板って知ってる?」て俺に聞いてきた。「プチ援くらいだったら店が休みの時に小遣い稼ぎになるかなーと思って」とのことだった。
まあ、確かにマジモンの援助交際やって警察の厄介になるよりは、食事やデートに付き合ってナンボのプチ援掲示板の方がいいわな。だが、前述のようにこの地方はその手の掲示板やってる人間がほとんどいないし、仮に男が引っかかってもそれはたぶん業者で逆にお金をむしられる。残念だけど、店に入るシフトを増やしてもらって地道に稼いだ方がいいね、と答えると、ホステスは「うー」とむくれていた。無店舗商法なんて詐欺の巣窟だよ。こう言うしっかりした店で楽しんでお金を落とすことが一番賢いんだよ、と俺は周りの人間には常に言っているんだ。
と言うわけで、むくれるホステスをなだめて楽しんだので、俺も仕事に戻ることにしよう。「ムラムラしている私を誰か鎮めて〜」なんてさすがに誰も引っかかってこないから、ちょっと文面を考えないとだな。
円光掲示板
援交サイト
ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール