2019年12月04日

お小遣い稼ぎアプリ

おすすめサイトBEST5
お小遣い稼ぎアプリをやってたんだけど、ほんと、稼げないよね!
時給で働いた方がよっぽど楽に稼げると気付いてからは、ちゃんとパートに出て働くようになったわけ。
主婦っていう肩書きってずっと欲しかったものだけど、実際主婦になると何していいんだか、けっこう時間が余って退屈しちゃってるのね。
私が今まで知ってる娯楽ってみんなお金がかかることだから、主婦の立場としてはちょっと気が引ける・・・
で、お小遣い稼ぎアプリ始めてたんだよな。
だけど、ちまちまやってる割には全然稼げなくて。旦那にも笑われてた。
「パートに出たほうがよっぽど稼げる!」ってバカにされて。
別に生活費に困ってるわけじゃないの。旦那さんも「仕事したいならすればいい」ってスタンス。
だけど、私は、ちょっと考え方で古風なところがあって、母が専業主婦だったこともあるけど、家のことは女の仕事って感覚があるのね。
結婚したら、家のことをちゃんとして、余った時間で仕事はいいけど、その逆はダメって思ってた。
お小遣い稼ぎアプリくらいだったら、空いた時間にちゃちゃっとできるし、ストレスにもならないって思ったんだけど・・
外で働いた方がストレスなかったなり・・・。
昼間の三時間とか四時間なんだけど、外に出て働くようになってからは、家事も日替わりで分散してやるようになって、食費も節約できるようになってね。
お小遣い稼ぎアプリの時は、専業主婦だしって思って、食事もちゃんと作らなきゃっていう意識が高かったもんだから、食費でずいぶん使ってたんだよね。
お金欲しい掲示板
お金支援サイト

お金支援サイト

おすすめサイトBEST5
高校生の頃はよくセックスしたもんだ。クラスの中にいわゆるサセコがいたんだよ。俺のクラスメイトはみんな穴兄弟だったね。
サセコは何と言うか若干オツムが弱かった。かわいい子だったんだけど、どこかポヤーンとしていてちょっとばかし天然が入っていて浮世離れしている感があった。頼まれたら断らない性格っぽくて、誰にでも股は開いていたね。
こう書くと、いじめていたり肉便器にしていたり、とか散々責められそうだけど、そんな印象はなかったな。「妊娠だけはヤだからね」とゴムは必ず着用させられたから、バカではなかったと思う。今から思えば、サセコはサセコでゲームを楽しむような感覚でセックスを楽しんでいたんだと思うよ。
でもね、男としては「頼めばやらせてくれる子」よりも、やっぱり「やらせてくれそうにない子」の方が最終的に惹かれないか?俺もそうだった。女に限らず、手の届かないものを望んでしまうのは人間のサガだよな。俺も結局、クラスで一番かわいかった、セックスどころかうんこさえもしなさそうな子に気持ちが走ってしまった。
そうなると、サセコからは距離を置くようになったんだよ。サセコと寝ることで好きな子に対する後ろめたさができちゃうからね。まあ、そんな俺の純愛はその子に「何とも思っていません」と言われて終わってしまったわけだが。
結局、俺の人生で無償でセックスさせてくれたのはサセコだけだった。今では、お金支援サイトでお金でやらせてくれる子ばかり探すほどに落ちちゃったね。お金支援サイトなんてマンコの切り売りだよ。そんな空しさがあるけど、お金支援してでもセックスはしたいんだよね。言い換えればお金支援しなくても、やらせてくれたのはサセコくらいのものだった。そんな現状だからこそ、サセコのことを頻繁に思い出すんだよ。
サセコがどういう人生を歩んでいるかはわからない。でも、きっといい人生を歩んでいると思うよ。少なくとも、お金支援サイトでマンコの切り売りをするような人生ではないはずだ。セックスをお金にしない子が損をする世界であってはならないと思っているからね。
プチ援女子
プチ援交掲示板
ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール