2019年10月07日

フェラ友

おすすめサイトBEST5
同性のフェラ友が欲しくてその手の掲示板やらSNSを探っているのだけど、どうもカミングアウトしているゲイってのは年配が多いな。そんな場所に堂々とフェラ友募集なんて書き込む大胆さは、ある程度開き直れる年齢にならないと無理と言うことだろう。潜在的な若年層のゲイってのも多いと思うのだけど、自分もそうだったようにやっぱりカミングアウトは勇気がいるものな。
で、俺はやっぱり年下好みなんだよ。何とかジュニア的な男の子のアイドルばかり追いかけている。彼らの本来のファンである若い女の子に混じって、おっさんの俺がノリノリでサイリウム振ってるんだよ。キモい絵柄だよね(笑)こんな男の子たちとフェラ友になれたらなあ、なんて叶わぬ夢を抱き続けているんだ。
で、やっぱり夢を叶えるためには円に走っちゃうんだよ。俺好みの年齢の男の子で、ビジネス抜きでフェラ友募集しているのなんていないよ。1回いくらの小遣い稼ぎ目的の男の子ばかりだ。俺がかつてノンケだった頃は、そんな年頃の女の子とフェラ援していたものだけど、対象が男の子に変わってもやってることは変わりないね。
ただ、フェラ援の女の子と異なるのは、彼らはまだ自分を持っていないんだよ。「キミってゲイなの?」と聞いてみると、だいたいが「ノンケだと思う」て返事が来る。最初はゲイであることの照れ隠しなのかな、と思っていたのだけど、きっと、それはノンケかゲイか自分でもわかりかねているんだと思うよ。フェラもどことなくぎこちなくてさ(それがいいんだけど)、完全にビジネスと割り切っているフェラ援女子の方がよっぽど肝が据わってる感じはするな。
まあ俺もね、以前に借金抱えちゃって、手っ取り早くお金を稼ぐ手段として、フェラを選んだんだ。ゲイのおっさんのチンチン舐めてお金稼ぐことに全く抵抗なかったからね。だから割り切っていた面が大きかったのだけど、自分の中でも迷いがあった。フェラされるよりもする方が性に合ってることに気づいてしまったんだよ。そして、借金の返済も終えて、晴れてゲイデビューしたって流れなんだ。
だから、ゲイとノンケの狭間で俺をフェラしてくれる男の子が、きっといつか自分に目覚めて俺のフェラ友になってくれることを夢見て、今日も投資しているよ。
ノンケのちんこ
ちんこ画像

イケメンとの出会い

おすすめサイトBEST5
犬のように尻を突き上げているアキラの剛毛に覆われたアナルを舐めていると「はあー、イケメンとの出会いが欲しいわあ」とため息をつかれた。可愛いアキラのために汚いアナル舐めも厭わない行為こそがイケメンの所業だと思うのだが、
「ないものねだりってのはわかってるんだけどもー」と、俺のアナル舐めに股間をビンビンにしながらアキラがぼやいた。
俺はアキラの出会い掲示板での「舐め犬募集」に喜んで応募した口だ。アキラはヘンタイだった。出会ったその足でホテルに駆け込み「バッチコーイ!」とばかりにパンツを脱いで尻を突き出してきた時はどうしようかと思ったが、俺もヘンタイなのでそんな行為は屁でもない。屁をこかれたらちょっと嫌だが。
だから別にアキラは俺のようなヘンタイを求めていたのであって、イケメンとの出会いを求めていたわけじゃないと思っていたので、そのボヤキが意外だった。
「イケメンはアナルなんて舐めない」アキラの主張はこうだ。ルックス的なイケメンでも、アナルを舐めだしたらそれはイケメンではない、とアキラは尻の穴をピクつかせながら力説した。
じゃあ、無理なんじゃね?と俺は言った。アナル舐め大好きアキラがイケメンとの交際のためにアナル舐めを捨てられるのだろうか?それはないことはアキラの我慢汁まみれのチンコが語っている。
俺自身はアキラのアナル舐め要員でも全く構わない。俺のナメナメにアナルから喘ぎ声を出しているようなアキラがかわいくてたまらない。逆にアナル舐めをさせてくれないのならば、それはアキラではない。
「それは、わかってるんだけどもー」と、アキラは体を反転させて俺の首に手を回すと、目を潤ませながらアナル舐めたての俺の唇を吸い取った。そして、俺にこう告げた。
「今日から、アナル舐め止めてくれる?」
俺はそんなアキラのことがますます好きになった。でも、アナル舐めは止めないけどね。
フェラされたいノンケ
舐め友
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール