2019年05月01日

クリイキ

おすすめサイトBEST5
 僕はどこにでもいる、ありふれたサラリーマン。
年齢24歳。
彼女もできなくて、女友達もいない。
いろいろな部分で不満を抱えていました。
でも、まさかな展開というのが世の中あるんだって分りました。

 1人で通っている、小さな居酒屋があるんです。
そこの常連客の1人、30歳の人妻は、とても魅力的な人でした。
決して美人とか、超可愛いわけではないけれど、不思議な魅力に溢れた人。
オッパイも大きくて、旦那さんが羨ましいなと、いつも思ってしまっていたんです。
その日も人妻の友香と、酒を飲み交わしていた時のこと。
何気なく下ネタになっちゃって、興奮することに。
「こんな素適な奥さんがいて、旦那さんがいつも羨ましいって思っててね」
「本当に?夫は全然かまってくれないけど」
「ガチですか?勿体ない、僕なら毎晩ですよ(笑)」
「そんなこと言われると、本気にしちゃうぞ(笑)」
この笑顔が、たまらなく魅力的だったんです。
居酒屋を出た途端でした。
腕に抱きついてきて、大きなオッパイを、押し当ててくるんです。
「ねぇ、時間あるなら楽しみに行かない?」
酔っぱらった勢いなのか、誘って来ちゃって、ひたすら驚くばかり。
何とか食わぬは男の恥とか、家庭内セックスがないと言うことは、不満である。
瞬時に脳内が判断、近場をホテルに向かってしまったのです。

 凄い敏感体質。
歴代の経験した女の子たちとは、全く違う肉体。
激しくクリイキしまくりでした。
勃起して飛び出しているクリを、弄りまくっていただけで「逝くぅっ・・・」と、歓喜の声を出してしまうんですから。
「もっと、友香のクリちゃん弄ってぇ」と、懇願までしてきます。
クンニでクリ刺激すると、さらにクリイキで絶頂に。
マン汁垂らしつ、大きなオッパイを揺らしながら、何度もクリイキしていきます。
散々クリイキした後「お願い、友香のオマンコの、奥までオチンチンを入れて」って、叫び出すし。
僕が興奮しないわけがないのです。
しかもゴム無しOKでした。
相当不満を溜め込んでいたのか、何度もクリイキした後なのに、挿入でもやはり絶頂を感じまくっていました。
自ら腰を振り、快楽を強めている姿が、まさに雌犬!
飲み友達のオマンコの中で、散々快楽つくしを味わえました。
チクニー
乳首責め

チクニー

おすすめサイトBEST5
「落ち着いてさりげない様子で横を見るんだ」と小笠原くんが耳元で言ってきた。
初夏の海水浴場に俺たち悪友コンビはナンパ目的でやって来ていた。ただ、どの女性もほぼカレシ持ち。普通に考えて、女性だけで海水浴に来ることなんてあまりないよな、と焼きソバでも食って帰ろうか、と言っていた矢先である。
小笠原くんの言葉に目を横向けると、そこにはビーチフラッグの下、サングラスをかけた長身の女性があおむけに横たわっていた。ちょっとまどろんでいるのか体がもぞもぞと動いている。そして羽織っていたであろうパーカーがはだけて、薄い緑のビキニがあらわになっていた。
うおっ!と俺は目を見張った。そこには、水着越しでもはっきりわかるくらい、乳首が勃起していたのだ。そうでなくても目を引く豊満なバストである。俺たちの目は勃起乳首に釘付けになった。
そして、「うう〜ん」と悩ましい声を出しながら、その女はビキニをつまみだした。水着のずれを直そうとしているかのように見えたが、その指は明らかに自分の乳首をつまんでいた。チクニーだ!海水浴場と言う公共の場で、この女は淫らにチクニーをしているのだ。更には、日光で乾いた口をいたわるかのように、桃色の舌が現れて唇を舐め始めた。胸を触りながら半開きにした口から舌を出している・・・これは、何と言うAVなんだ。見ると、足もちょっと開きかけていてもじもじしているように見える。もしかしたら、濡れ始めているのではないか?と考えると、俺は一気に勃起した。
こんな栄養満点なおかずの前で何もしない方がおかしい。今から思えば、こっそり動画でも撮っておけばよかったのだが、その時の俺はオナニーをしたかった。どうにかして、周りに悟られずにこの女の勃起乳首でオナニーする方法はないかと、ない頭で必死に考えた。
その時「チクニーにはチクニーだ!」と小笠原くんはオイルを塗る振りをして自らの乳首をいじり始めた。それだ!と俺もオイルを借りてチクニーを始めた。俺たちはいざと言う時は乳首イキができるように訓練されているのだ。ヌルヌルのオイルが心地よくて俺はたちまち暴発しそうになった。仮に発射しても海に飛び込めば何ともないしここまで来たら止まらない。女が勃起乳首をさらしている内にフィニッシュだ。
だが、そこに「そろそろ行こうか」と女のカレシらしき存在が現れたのと、俺が水着の中で果てたのは同時だった。見ると、男の姿でイッてしまったらしい小笠原くんも呆然としていた。切ない夏の思い出だ。
乳首開発
乳首舐め
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール