2018年07月06日

神待ちアプリ

神待ちサイトランキング
「神待ちアプリって知ってる?」
友達に不意にそういわれた。
私が最近パパ活の出会いが少ないと漏らしたらそういわれた。
「神待ちアプリって家出してる子がやるやつでしょ?」
私がそう尋ねると、「それが、パパ活目的の男の人も結構いてさ、便利だよ」と勧められた。
興味本位で使ってみると、ほどなくして一人のおじさんからメッセージが来て、会いに行く。
待ち合わせ場所に行くと、素敵なおじ様が立っていた。
正直、枯専なところがあるから、場合によってはセックスもありな方なんだけど、それ書いちゃうとどんな奴が来るかわかんないしね。
今日は、ホテルもOKなタイプのおじ様だった。
うん、素敵。
ただ、おじ様はがっついていなくて、お食事をしてお買い物をして、夜の公園を二人で歩いた。
すごくムードがあって、素敵だった。
二人でベンチに座ると、おじ様がゆっくりと私にキスをした。
私は、そのキスだけでムラムラしちゃって、おじ様の胸に頭を置いた。
おじ様の心臓がどきどきしているのがわかって、私は自分の胸におじ様の手を導いた。
「ねっ、私もドキドキしてるの」
おじ様は私の胸をゆっくりと撫でてきたので、思わず声が出る。
外だしやばいなぁーと思っているとまたキスしてくれて、胸への刺激から出る声をふさいでくれた。
正直、マンコもびしょびしょだったけど、さすがに外でこれ以上はやばいかなぁと思って
「ホテルに行きたいかも」
というと、おじ様は「神待ちアプリっていう奴だったから、宿泊した方がいいのかな?」と尋ねてきた。
私は「デートだけの約束だしどっちでも」というと、
「君とは過程も楽しみたいから、今日は自分にお預けをしておくよ」と言って、財布から3万円を出してくれた。
その言い方が格好良くて、今すぐホテルに行きたかったけど、ぐっと我慢して、
「次はお泊りだからね〜」
とお願いした。
おじ様はにっこり笑って駅まで送ってくれたので、私は余計に夢中になっちゃったよ。
出会い喫茶
家出掲示板

神待ち掲示板

神待ちサイトランキング
神待ち掲示板で知り合った子がうちに来たんだけど、見た感じからもう疲労困憊という体。
「大丈夫?」って感じの様子だったんだよね。
取り合えず、うちに連れて来て、お茶出したんだけど、座ってるのもしんどそうな感じで、突っ伏しちゃうのよ。
「取り合えず、寝かせて」って言うから、俺のベッド貸してやって、しばらく寝かせてあげたの。
神待ち掲示板だから、エッチな方面も期待してたけど、こんなに体調悪そうだと襲う気にもならないし・・・心配だよね。
コンビニで冷たい飲み物数種類と、軽く食べられそうなものを買いこんでみた。
帰ってから「何か食べる?」って声をかけたんだけど「うん・・・」って言うだけで、ほとんど反応なし。
もしかして、真面目に病気かもって額に手を当てたら、やっぱり熱があってさ。
取り合えず、起して体温計で体温測らせたら、39度あるんだよ。
もうこっちがパニックで。
病人の看病とかしたことないから、実家のかーちゃんに電話しちゃった。
「友達が家にきてて、39度熱があるんだけど、どうしたらいい?」って。
「どうしたらって・・・病院連れていったら?」って言われた。まぁ、確かにそうだよね。
だけど、この子、保険証持ってんのかな。なんかとんでもない拾い物しちゃったなと思ったよ。
「まぁ、熱だけなら、しばらく様子みてね。水分は取るようにして、スポーツドリンクとか、プリンとかゼリーとか、胃に優しいものを食べさせて・・・」とか色々アドバイスもらった。
神待ち掲示板とかしてる子って、色々大変だなってちょっと同情したよ。
パトロン募集
メス豚募集掲示板
ファン
検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール