2017年09月28日

パトロン募集

パトロン募集サイトランキング
外資系の会社に勤めてた時の話だけど、パトロン募集のサイトに登録してたことあるんだ。
私、英語とフランス語ができるのね。だけど、会社では多少は英語使うシーンもあるけど、フランス語は使う機会なくて。
もともとフランスが好きで、二年くらいフランスにいたこともあるから、思い入れが強くてね。
当時はできればフランス人とお付き合いしたい、結婚してフランスに住みたいとまで思ってたんだけど。
パトロン募集したのは、そのフランス語のためでもあったの。
パトロン募集のサイト見てると「英語もしくはフランス語が堪能な方」って条件付けてくる人がいるんだよね。
そういう人とお付き合いしたら、フランス語を生かせる!もしかしたら、出会いもあるかも!って思ってたんだ。
だけど、実際フランス語ができる方、なんて募集事項に書いてる人って、ただのコレクション目的で女性を収集してるような似非インテリ男ばっかりなわけ。
実際、フランス語で会話できるわけでもないし、フランスに関わりのある人というわけでもないし。
「この子、フランス語が堪能なんだよ」って自慢したいだけのイヤらしいオッサンばっかりなのね。
中にはちゃんとした人もいるんだろうけど、ほら、フランスと関わりの深い仕事してて、それで接待にどうしてもフランス語が堪能な女の子が必要って人もいるんじゃない?
ただの通訳じゃ接待にならないから・笑
通訳もできて、接待もできるような若い美人をパトロンとして囲えば便利!っていう人もいるのかもしれないけど、私はそういう人には巡り合わなかったな。
お金くれる人
パパが欲しい

お金くれるパパ

パトロン募集サイトランキング
自分、数カ月前まで「お金くれるパパ」を演じてたんだよね。
自分みたいな人間が若い子と付き合おうと思ったら「お金くれるパパ」として存在するしかないって自分を卑下してたところがあってさ。
それで、無理して、お金くれるパパ演じてた。
だけど、その子も多分こっちがコンプレックスの塊だってすぐ気付いたんだろうね。
一応決めていた額以上の額を要求するようになってきて。
最初は、自分のレベルのことを考えたら、このレベルの女性に求められて応じないという強気な選択肢はなくて。
言われるがままにお金を渡してたの。
ほんと、金ヅル、ただのお金くれるパパだよね。
女の子には悪いことしたと思ってるよ。ほいほいお金をあげるもんだから、調子に乗っちゃったんだよね。
ある時、深夜にクラブに呼び出されたことあってさ。
それが決定的だったんたけど・・・女王様気取りで男に囲まれて、女からの羨望のまなざしを受けてた、、、のはいいけど、「お会計よろしく」って。
お会計のためだけに呼ばれたんだよ。
僕もいいところ。
そりゃ、すごい美人の女だったし、若かったし、スタイルも良かったし。
そんな女と付き合えるなら、多少の出費も仕方ないと割り切れると思ってた。
だけど、この扱いには耐えられなくて。
自分がただのお金くれるパパだという事実をどこかで認めたくなかったんだろうね。
男ってバカだから、お金出してれば愛してもらえる、特別扱いをしてもらえるって期待しちゃうんだよね。
そんなわけないのに。
お金くれるパパ
お金くれる人
ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール