2017年09月26日

お金くれる人

パパ活サイトランキング
世の中には、「いいことをしたい」病にかかってる人がたくさんいるんだよ。
私はお金くれる人とか、お金くれるパパを探してる人って、逆に人助けしてると思えるの。
だって、世の中には、貧困で苦しい生活を余儀なくされるている人を助けてあげたいと思ってる人もいるわけだよ。
そういう人って頼られたい!俺に頼って!ってガツガツしてるわけでしょ?
思いっきり頼ってあげて、人助けさせてあげて、お互いハッピーになれるということで、私は決してパパ活してる人って悪い人じゃないと思うのね。
お金くれる人ってそうそういないけど、頼られれば助けてあげたくなってしまうという人は多いよね。
誰にでもというわけにはいかないけど、頼ってくれる人のことは、助けてあげたいって思ってるわけだよ。
パパ活女子って、それを狙ってるんだよね。頼ってあげる、甘えてあげる、それによって、お金くれる人はその場だけヒーローになれる特典がついてる。
人生の中でほんの三分でも誰かにとっとのヒーローになれるチャンスがあるとしたら、多くの男性はそのチャンスをつかむんじゃないのかな。
男ってそういう生き物なんじゃないのかな。
私は、お金くれる人のこと、そういう風に解釈してるんだけどね。
だから、お金くれる人からお金を貰っても別に悪いことをしてるとか、そんな感覚は一切ない。
お金を巻き上げてるという意識もない。
実際、お金に困ってるのは本当だし、お金をくれる人がいなかったら野垂れ死にしててもおかしくない状況だったこともあるし。
パパ活
パトロン募集

パパ活

パパ募集サイトランキング
元彼と付き合ってた頃に思ったんだけど、「逆にパパ活ってアリなんじゃないか」って。
その彼とは、私の方から告白して付き合いだして、すごく幸せな時期もあったんだよね。
だけど、だんだんとお互い気持ちが離れて行って、一緒にいるのが義務というか何かの刑みたいに感じるようになって、どんどん一緒にいるのが苦しくなってきたんだ。
お互い自分からは別れ話をしない、相手に別れ話を切り出させようとしてるっていうのかな。自分が悪者になりたくないから、相手に責任を押し付けようとしあってる、みたいなね。
すごい好きな相手でも、こうなっちゃうんだよ?
だったら逆にパパ活ってアリなんじゃないかって思ったの。
好きな人とでも、こんなイヤな関係になってしまうなら、お金が残る分だけパパ活の方が堪えやすいって。
だって、こういう気まずい雰囲気でも、お金もらえてるしって思ったら、切り替えて雰囲気良くする努力ってするじゃん。お金貰えるんだよ?
だけど、彼氏相手にそんなことしても、一円の得にもならないわけよ。
もともと、付き合いだしたころから、割り勘だったしさ、お互い貸し借りはない関係なのね。
だからこそ、彼に対して我慢をしてあげたいとは思えなくなっていたわけ。
彼のことを好きって思えてた時期はいいよ?好きな人に喜んでもらいたいって素直に思えて、損得勘定なんて考えなかった。
だけど、末期となった今、パパ活の方がよっぽどお互いに気を使い合えるんじゃないかと思うわけ。
別れたいって一言を相手に言わせようと、わざと雰囲気を悪くしようとしあってる関係なんて、もう最悪としか言いようがない。
パパ活
お金くれる男

愛人の作り方

パパ活アプリランキング
会社の失敗を私が背負うことになり退職しました。大好きな彼女に捨てられてしまう。お金がない、妻持ちの私なんか彼女にお金がないことが知られたらと妻との今後より彼女の事ばかり考えてしまう私。彼女とはキャバクラで知り合いそのまま付き合うことになりました。家賃とかも私が払い、彼女には何不自由ない生活を送っていましたがもうその生活も出来ません。妻には仕事の話をすると「退職金出たならまた、生活はできるでしょ。また違う仕事して。」と、冷たく言われてしまいましたが彼女に思い切って言うと「そうか、もうこの生活出来ないか。大丈夫今までもらったお金貯金もしてたから今度は自分の力で生活するよ。落ち込まないで。」と、励ましてくれます。ところが私が彼女が住む部屋で風
呂に入ると彼女が誰かに電話している声が聞こえました。

「そうなの。また愛人の作り方でも調べてお金ある人を見つけなきゃ。」その言葉にショックを受けました。やはりお金の切れ目が縁の切れ目かとおもいました。彼女が愛人の作り方を本格的にやる前に彼女と今のうちに楽しむかと思い、風呂から出た後に私は彼女にキスをしました。「どうしたの急に。」「退職金があるからまだ君にお金をあげられる。」そう言うと彼女は私にキスをしました。本当は嘘。ほとんど妻に持っていかれました。でも、お金をちらつかせれば彼女との関係はまだ続けられる。愛人の作り方を調べることを先延ばし出来る。私は彼女を今まで以上に体の関係を求めました。
パパ活
パパ募集

パトロン募集

愛人募集サイトランキング
私の友達はいつも私をライバル視しています。小学生からの幼馴染で25歳になった今でも張り合ってきます。

「今日、彼氏からこのバック買って貰ったんだ。明美欲しかったでしょう。私が入らなくなったらあげるね。」「結構です。」

「明美彼氏できたんでしょう。今度紹介してよ。私みたいにお金持ちの人かな。」「考えとく。」

「明美、成績一位なんだね。勉強だけはいいよね。運動は苦手だけどね。」「そうだね。」

何故、彼女が私をライバル視しているか分かりませんでした。そして、25歳の時夢だった自分のスイーツ店を出す事になりました。売上も順調で高校から付き合っていた彼氏と結婚も控えている時に明美が来店してきました。「ここの店すごい評判いいって聞いたけど、パトロン募集してその人に色々やって貰ってるの。」「そんな人いません。」「本当に、私なんかパトロン募集してたら数人の人から援助してもらえることになって今度自分の洋服店を出すから見にきてね。」「でも、店が落ち着いたらね。結婚も控えているから当分無理かも。」「結婚するの。」「うん。高校の時の彼氏とね。パトロンとか募集しなくても普通に人生を過ごせているから私は今すごく幸せなの。あなたも早く幸せになってね。」それを伝えると彼女は店から去りました。

後日、彼女はパトロンから見捨てられ店も赤字で閉店しました。「今後どうするの。うちで働いてみる。「いいの。」「妊娠して人出が欲しかったから本当にやる気があるなら雇ってもいいよ。」「ありがとう明美。」こうして、最後は私が勝ちました。
クリ肥大
クリローター
ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール