2021年11月16日

舐め犬募集

おすすめサイトBEST5
 自分から舐め犬募集してしまうくらい、クンニされたい気持ちを強めてしまっていました。
学生時代の彼氏は、凄く沢山クンニをしてくれた人でした。
しかし、それ以降の彼氏と言えば、クンニが嫌いなようで少しも舐めてくれません。
ハッキリしたことを言えば、この部分は凄く不満だったりもするんです。
やっぱり女としてはクンニして欲しいのです。
そういう気持ちが我慢出来なくなってしまっていたのでした。
現在お付き合いのある彼氏も、クンニは全く駄目。
「臭いとか味が駄目でさ」とフェラはさせてもクンニは少しもしてくれないのです。
だから、舐め犬募集する気持ちになってしまいました。

 凄く有名な出会い系アプリの中で舐め犬募集することにしました。
私が求めるのはクンニだけです。
それ以上の関係は作らない男性と出会いたいと、投稿していくことにしました。
優秀な出会い系アプリですから、このような発言も気軽に出来るところも良かったと思います。
ただ舐めてくれるだけの男性を募集していくと、ちょっとずつですが手応えがやってきます。
メール交換を始め、相手の安全性を確かめて行きました。

 26歳の私からすると、かなり年上に感じる40歳の男性とのやりとりが弾んだんです。
「舐め犬という関係だけでも大丈夫だよ」と言ってくれていました。
クンニが大好きで、長時間舐めつづけたいと言われ次第に私の気分も盛り上がっていく状態でした。
通話するようにもなり、相手の人間性も大丈夫そうでしたから待ち合わせすることになりました。

 舐め犬募集で知り合った中年男性は、とても紳士的でした。
公衆トイレでやってもらうことになりました。
超がつくほど久しぶりのクンニの味は、天にも昇るって感じです。
凄くエッチな舌の使い方で、あの部分を舐めまくってくれました。
声が出てしまいそうで、ちょっとドキドキ。
凄く沢山舐めてもらって、アクメ感じることも出来ました。
募集して良かったって、心の底から思ってしまいました。
プチ援アプリ
割り切り募集
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11097900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール