2021年05月11日

オナニーアプリ

おすすめサイトBEST5
お、お、おばちゃーん!!!
オナニーアプリを通じてスマホ越しに現れたのはおばちゃんだった。
僕も今年で30歳。ただ、そう老化は感じておらず、オナニーアプリで相手探しをする時も同年代中心に探している。
が、彼女はおばちゃんだった。清ましていればそうでもないが、笑うとほうれい線と首筋のシワが否が応でも気になる。これが30歳という年齢なのか。愕然とするが現実を見なければならない。例えば、アイドルとして鑑賞に堪えうるのは20歳までであり、それを超えると単に「アイドルと言う肩書を持つ女」でしかない。
それはともかくオナニーだ。もっと若い容姿を期待していたのだが、夢を見ていたようで現実の30歳はおばちゃんなのだ。だが、おばちゃんはおばちゃんで若い女の子にはないオナニーがあるはずなのだ。
俺もオナニー歴20年を誇る。ちょっとやそっとじゃ覆せない歴史だ。まあ、オナニーは人に見せるものではないが、それでも20年間、鍛えに鍛えた力と技のチンコがある。今こそ公開する時だ。
そして、それは彼女も同様だろう。同年代だから彼女のオナニー歴も半端ないはずだ。20年間、独りで蕩かし続けた熟練マンコを拝ませてもらうべき時だ。彼女にとっても、その相手が同年代の僕と言うことは幸せなのかもしれない。学生時代に気になっていたクラスメイトの女子と相互オナニーできると思えば、同年代である価値も上がるはずだ。
「こんばんわ〜」
と、おばちゃんは明るく話しかけてきた。同年代がこんなおばちゃんだったことへの動揺を見せてはいけない。僕も明るく「こんばんわ〜」と笑顔をマックスにした。
「プロフ見たんですけど、同い年なんですよね」
おばちゃんもまた、ものすごい笑顔で語りかけてきた。「そうなんですよ〜」と僕もものすごい笑顔で返した。
そこからしばらくの沈黙ができた。お互いにものすごい作り笑いをしていた。
彼女がおばちゃんだったら、僕はきっとおじちゃんに映っているのだ。おそらくカメラ越しの彼女も「げ!おっさん!」とか感じていると思われる。ここから僕たちは相互オナニーに辿り着けるのだろうか?笑顔を崩さないようにして僕は思った。
テレフォンセックスの募集
エロチャット掲示板
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10719875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール