2021年02月26日

お金を恵んでくれる人

おすすめサイトBEST5
「あと1年くらいかな」
出会い系で知り合った二つ下の彼女はそんなことを言っていた。
見るからに不健康なほどのやせ型。抱いたら折れてしまいそうな儚げな女の子だった。
「ガンなんだよね。摘出はしたんだけど転移したら多分もう終わりだなって」
胃袋が半分くらいしかないらしい。今は自宅療養で経過観察中だが、体力の低下もあって自分が長くないことは感じている。そんな状態で仕事を探す気にもならず、だからと言ってお金を恵んでくれる人もおらず、こうして出会い系で援助交際をして日々を過ごしている毎日だそうだ。
「まあ私がガンだと言ったら、腰引けちゃう人も多いけどね」
ガンは遺伝はするが伝染するわけではない。そうはわかっていてもガン患者相手に勃起するような男も無神経だろう・・・僕のことだが。
彼女が本当に1年後に死ぬのかはわからないが、人はいずれ亡くなる。当たり前だが亡くなったらセックスはできない。貴重なマンコがこの世から亡くなるのだ。ガンだろうが何だろうがやれるうちにやっておきたいではないか。彼女もお金を恵んでくれる人を出会い系で求めているのだから、セックスに耐えうる体力は残っているのだろう。冥土の土産と言えば何様目線だけどこれも何かの縁だ。僕の援助したお金で彼女が余生を楽しんでくれたらそれでいいし、僕も一期一会のセックスを楽しませてもらえればギブアンドテイクだ。僕はちょっとでも彼女が長生きしてくれたらいいなと思いながら、その細い体を存分に抱いた。
それが10年前くらいの話だ。彼女は今、僕の横にいる。
「毎年、年始にはあと1年くらいかな、と思っているうちに10年が経過しちゃったなあ」
あれから、僕もまた彼女を抱けるのは今年限りかなあと思い、お金を恵み続けて抱いているうちに10年が経過してしまった。彼女は僕の援助で治療を重ねて今のところガンの転移も見つからず10年目を迎えた。
何事も終わりを意識しておけば集中力も増すと言うもの。彼女とのセックスはいつも全力だ。
ガンを遺伝させたくないので子供は作っていないが、僕たちはなかなかいい夫婦になったなあとは思っている。
主婦のパパ活
ぽっちゃりのパパ活
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10564231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール