2020年09月25日

フェラ友掲示板

おすすめサイトBEST5
絶世の美女には程遠いし、かと言って世間が歪んで見えるブスでもない。喋っていて楽しくて何時間でも一緒にいられると言うわけでもなく、かと言ってジコチューでもメンヘラでもないから害はない存在だ。スタイルもモデル顔負け!とはちょっと言えず、かと言って、すいませんあなたのお胸はどこですか?と聞かなければわからないほどではない。
だから、この子とセックスしたいか?と聞かれると、そうでもない。もちろん、やらせてくれるならありがたく頂くが、フェラ友くらいがちょうどいい感じなのかなと思った。
ちなみに、僕が想定する序列は「伴侶>恋人>セフレ>フェラ友>ガールフレンド」である。この中では、セフレとフェラ友の間に結構高い壁がそびえていて、セックスまで行っちゃうとどうしても1回こっきりの割り切った関係になりにくい印象がある。この子とは、そこまで深くつながる気はなかった、と言うのが正直なところだ。
これがマッチングアプリで出会ったマユミに対する僕の評価である。
マユミは「いい人がいれば」的気持ちでマッチングアプリで相手探ししていたそうだが、性獣の僕はセックスフレンドを探していた。求めているものが異なるので噛み合わなかったのは事実だ。
ああ、この子とはフェラ友掲示板で出会いたかった。だったら、仲良くフェラやクンニをする仲になれたのにと思った。セフレとして深く付き合う気はないが、ゲーム感覚でフェラするくらいが最も適したマユミとの遊び方だと思ったのだ。
もちろん「君とはフェラ友として付き合いたい」なんて言えるわけがなく、その日はマユミと何事もなく別れた。・・・が、マユミに対する評価が急変したのはその後である。何と、マユミはフェラ友掲示板にもいたのである。彼女はマッチングアプリとフェラ友掲示板で、出会いとなる対象を分けて募集していたのだ。
フェラ友掲示板にいるフェラ友目当ての男たちではなく、マッチングアプリにいた僕を彼女が選んだ・・・と言うことは?
長くなったが、これが僕とマユミとの馴れ初めである。その後、順調に交際を重ねて、来春には結婚する予定だ。
あの時、僕もまたフェラ友掲示板にいて、フェラ友としてマユミと付き合っていたら、こうはならなかったのだろうな、としみじみ思う。
トイレでフェラ抜き
フェラ援
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10220005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール