2019年03月16日

フェラ友の作り方

おすすめサイトBEST5
僕とサクちゃんはプチ援の仲だった。本番やキスはNGなのだがフェラはしてくれる。そして、これがまた上手いのだ。僕もこれまで高い風俗でフェラは受けてきたが、それに勝るとも劣らない。「これでお金もらってるから練習はいっぱいしてるよ」とサクちゃんは笑っていた。
フェラのみではあるが、相場を考えると格安であり、相手をしている男性も結構な数に上って順番待ちしてもらったりしていたそうだ。ここまで来ると立派な商売である。僕はやっぱり着衣のままのフェラのみとは言えホテルの一室を押さえないと気恥しいが、ホテル代をケチるような男性も存在していて、公園の茂みの中とか、施設の公衆トイレで手早く済ました経験もあるらしい。
でも、僕がサクちゃんと定期的にプチをしているのはフェラ目的だけのためではなかった。実質フェラなんて5分くらいのものだ。60分の内、55分はベッドの上でサクちゃんとの会話を楽しんでいて、むしろ、そちらがメインだったりした。僕はサクちゃんのことが好きだったのである。口では「サクちゃんのフェラが好きなんだよ」と言っているが、それは口実なのだ。フェラ援でしかサクちゃんと会えないから、僕は彼女とプチしていたのである。
フェラ友の作り方としては、普通の友達からフェラ友に発展するケースはあると思う。でも、僕はその逆をやろうとしている。「サクちゃんお友達化計画」だ。何とか今の関係から、お金とフェラを抜きたいなと心の中では思っていたのだ。
そんなある時、目標額を達成したから、とサクちゃんはプチ援からの卒業を宣言した。つまりお金で結ばれていた僕との関係も終わりなのである。そこでいたたまれなくなった僕は「友達になってください」と告白したのだ。
これが、僕とサクちゃんの馴れ初めである。その後、紆余曲折はあったものの、サクちゃんとはプライベートでデートする仲になれたのだ。そして、今でもフェラはしてもらっている。「お金のためだけじゃなかったんだよ」とサクちゃんはウェットティッシュで口を拭いながら言ってくれた。サクちゃんにとって僕はフェラし甲斐のある男性だったそうだ。フェラは5分程度の行為だ。ただ、その前後の55分の会話タイムがサクちゃんにとっては、前戯であり後戯だったのである。フェラ友の作り方としては、フェラ好きの女の子を見つけるだけではない。自分が満足するだけではなく、女の子も満足させるフェラさせる側の姿勢も大切なのだと思う。
オナ電
センズリ鑑賞
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8642707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール