2018年05月31日

婚活

割り切りサイトRANKING
当時、私は20代前半の事務員。
ある会社に、役員秘書として勤務していました。
秘書課に配属されてすぐに、常務と愛人関係になりました。
常務はもう60歳近くで、私の父よりも年上ですが、エッチのテクニックがすごいし、精神的にも経済的にもかなり支えてくれているので、奥さんにはなれないけれど、愛人としての立場に不満はありませんでした。
ところが今年になって、私よりも若くて可愛い女の子が総務課に配属になったんです。
常務はもうすでに目をつけているらしく、次回の定期異動でその子と私を交代させると言い始めました。
つまり、私の愛人としての役割はもう終わりということなんです。
さすがに悲しくなって、私は常務の前で涙を流しました。
すると常務は、私に婚活をするように勧めてきました。
常務の知り合いの男性を紹介してもいい、なんてことまで・・・
「常務は私が他の男のものになってもいいんですね」
私がそう言って泣くと、さすがに動揺しているようでしたが、やっぱり心はもう総務課の子にいっているのがわかりました。
旦那様の心がそこまで離れているのであれば、愛人としては、もう身を引くしかありませんよね。
私は泣く泣く身を引き、婚活を始めました。
幸い、年齢もまだ若く、見た目も悪くはないので、すぐに相手が見つかりました。
すぐに結婚も決まり、交際開始から半年後に退職することになりました。
常務は「幸せになってね」と抱きしめてくれました。
そのとき私はまだ常務のことを愛しているのに気づきました。
もう常務には新しい愛人がいるのに、また愛人になりたい!なんて思っちゃったんです。
でもなんとか婚約者へ心を戻して、彼と結婚しました。
彼との結婚生活は平穏で何の不満もないのに、たまに今でも常務のことを思い出しては、体が熱くなるのを感じています・・・
ホ別3
ホ別苺
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7718700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
somethingさんの画像
something
プロフィール