広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2013年02月27日
上棟後120日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、120日経過した現地の写真でごんすメモ

いよいよ、外壁サイディングが張られはじめましたよまる
やっぱし、グーンとイメージが変わってきますね〜。

・・・玄関ポーチ横に張られたサイディング・・・。

玄関ポーチエリアに張るサイディングだけは、少し違った風合いの
ものを張ることにしましたので、今のところまだ断熱材がむきだしです汗

そして、東側の壁面・・・。
子供部屋の窓のトコロになりまする鳥

早く、足場が取れて広くなった姿を見たいもんですわぃキラキラ

内装のほうも一枚・・・。
キッチンからリビング方面を見渡した風景になります。

建築資材、並びに棟梁のシブい背中、そして電気屋さんの足ィ・・・困った
ま、完成の暁には、きっと気持ちよく明るい風景になっていることでしょうバニー

もうすぐ、屋内の階段なんかも設置されてまいります!
次回の記事でレポートさせてもらいますね〜笑い

2013年02月26日
地震保険が値上げに・・・
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

先日(2月24日)のビルダーさんとの打ち合わせの際に、
火災保険および地震保険の話題が出たんですわ。

もうそろそろ、ローンや団体信用保険の手続きと合わせて
火災保険(注・地震保険は必ず火災保険とセットになります)
の検討に入らないとイカン時期なんですってロケット

そのときに、今回の表題「地震保険の値上げ」について
軽く話を聞いたんですが、詳しい記事がありましたので
ここに載せておきますねメモ

以下、引用になりまするはさみ
-------------------------------------------------------------
政府・損保各社、地震保険料15%引き上げ 来年7月めど

SankeiBiz 2月19日(火)8時15分配信

政府と損害保険各社は18日までに、家庭向け地震保険の保険料を
来年7月をめどに平均で15%程度引き上げる方向で検討に入った。
2011年の東日本大震災を踏まえ巨大地震の発生リスクが高まったと判断。
リスクに見合った保険料に見直すことで、地震保険制度の安定的な
運営を目指す。

損保各社でつくる損害保険料率算出機構が、地震保険料の値上げを
今年3月末までに金融庁に届け出る方針。

金融庁の審査後、損保各社の準備期間を経て、14年7月をめどに
新たな保険料を適用する見通しだ。

値上げの背景には、地震保険による保険金支払いが1兆2000億円を
超えた東日本大震災を機に「将来の巨大地震発生リスクが高まっている」
(大手損保)という状況がある。

現在の地震保険料は、都道府県ごとの発生リスクや住宅密集度などに
応じて4区分に分かれており、値上げ幅は全国一律とはならない見通し。

また、新たな保険料には政府がまとめる南海トラフ地震の被害推計を
反映させたい考えだが、推計が遅れており、値上げは2段階に分かれる
可能性がある。

家庭向け地震保険は、地震の揺れや津波などによって建物や家財が
損害を受けたときに、加入者に保険金を支払う。
単独では加入できず、必ず火災保険とセットで加入する必要がある。
-------------------------------------------------------------

われわれお気楽家族、ちょうど今週末に、ローン絡みの打ち合わせ
が入っておりまして・・・。

火災保険や地震保険に関しましても、
ある程度知識を入れておかなければなりません汗

今後、段階的に値上げされるんなら、イッパツで前納しちゃったほうが
イイのかな〜、とか、関東平野のど真ん中なんで津波や水害関連の
オプションを除いて、少しでも安くできんのかな〜、とか・・・

いろいろと考えを巡らせている今日この頃でぃす走る

2013年02月24日
上棟後117日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、117日経過した現地の写真でおますメモ

まずは、子供部屋入り口の写真をば・・・。

子供部屋は、とりあえず9畳(収納は別)あるんですが、
お気楽小僧とお気楽坊主に個室が必要になったときのため
真ん中の柱の所で2部屋に仕切れるようにしてもらいましたまる

で、以前の記事でも書きましたが、2つの入り口ドア上部に
それぞれのテーマカラーである「」と「」のガラスブロックを
はめ込もうってしだいなんですわ。

その枠組みができたぞ〜ぉ!ってのがこの写真汗

大小4つのちっちゃい四角枠の中に、ガラスブロックが入ります。
設計担当者さんの発案で、「末広がり」風の配置となりました笑顔

ちなみに、ウチで購入したのは、このシリーズ!

ガラスブロック 145ブルー(青)  GB145-IB

新品価格
¥525から
(2014/10/26 13:40時点)



・・・外壁サイディングも現場へ納入されてきましたキラキラ
横積みされている状態ですのでメチャわかりにくいですがすいません

いよいよ外壁が張られる段階になってまいりました。
どんどん、傍目にも「家」らしくなってくることでしょう走る

今のうちに、ガラスブロックやその他の施主支給品を
再チェックしとかないとな〜困った


2013年02月23日
上棟後116日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、116日経過した現地の写真だっきゃメモ

まずは、こちらの写真から・・・。

なんで、外張り断熱構造なのに壁内にグラスウールが
入っているのでしょ〜うか?

ヒント:この部屋はお仕事部屋(事務所)です。

正解は、屋根裏のロックウールと同じく、
「防音」対策でしたぁ〜拍手

ある日のビルダーさんとの打ち合わせのときに、
「この部屋、仕事用に使いたいんで、何か防音対策を施すわけに
いかないですかね〜?」って、軽い気持ちで言ってみたんですよ。

そしたら、キッチリと考えて下さって、まず対策パート1として、
このように壁内にグラスウールを詰めて、部屋の外の騒音を
和らげる提案を頂いたってワケですまる

で、これだけに留まらず、対策パート2として上階からの
振動対策として、天井裏にダンパーを取り付けておりまする〜キラキラ

もしかしたら覚えてらっしゃる方もいるかもしれませんね。
上棟後88日目の現場記事で写真を掲載したアレです。

・・・しかも、この工事は元々の本体工事価格に、こっそり(笑)
入れてもらったので追加料金はゼロ!・・・ ナイショやで汗


次の写真は、リビングから小屋裏部屋を見上げたところです。

ずいぶんと枠組みが出来てきました笑い

この小屋裏部屋は、外張り断熱ならではの恩恵で、
他の居室と同じく、しっかりと断熱されているんですよ。

フツー、小屋裏というと真夏は立ち入ることもできないような
猛烈な暑さになるものなんですが、昨年8月にこのビルダーさんの
物件見学会に参加したとき、確か気温28℃でした拍手


お次はキッチンの枠組みでぃす。
だいたいのイメージができるようになってきました。

キッチンまわりにも、なかなかに面白い工夫をこらすことに
なっていますので、完成をお楽しみに・・・。

最後の写真は、リビングから吹き抜け天井を見上げたところです。
(今回、ちょっと長文やな・・・汗


化粧梁(構造に関係ないデザインとしての梁)の見え方が
分かりやすいかな、と思いまして・・・。

ホントは、1階から天井までの吹き抜けを作りたかったんですが、
実際見てみると、想像以上に開放感があり、これで十分かな、と。

そんなこんなで、少しずつ完成に近づいております走る


2013年02月17日
上棟後110日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、110日経過した現地の写真でありんす〓。

まず、2月11日の記事で紹介した、天井裏に敷き詰めている
防音用ロックウールを、1階から見上げた写真がコチラカメラ

お気楽小僧、お気楽坊主およびその一味(友だち汗)の
大騒ぎ対策に、大変心強い装備となってくれそうです力こぶ

お次は、2階のトイレを取りやめにして設けた収納部屋を・・・笑顔
小さめのモノを収納できるよう、壁面に棚を作ってもらいました!

少々(?)ムリな注文をしてしまいましたが、そこは男前の棟梁
翌日にはバッチリ木枠が入っていましたよまる

さらに、洗濯物の仮吊るし場所としても使えるよう、
頭上にポールを渡すこととなりました拍手

トイレの数が減ったということで、時にはウ○コを我慢しなくては
いけませんが、そのリスクを補って余りある機能を持たせましたうんち

で、3枚目は、キッチンの予定地でぃす猫
特になにか進展してるってこともないのですがぁ汗

見ていただきたいのは、この現場の整頓ぶりなんですわキラキラ

あ、ヤラセじゃないですよクジラ
お昼休みにこっそり(笑)撮影した写真ですから汗


これから家を建てる皆さん、必ず「構造見学会」なんかで、
施工中の物件を見てくださいね。できれば抜き打ち的に。

完成物件の見学会よりも役立つこと間違いないですから!

化粧した姿よりも、スッピンを見たほうが
より的確な判断ができるってもんですよねラブ

2013年02月11日
上棟後104日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、104日経過した現地の写真だがやメモ

まずは、外壁の写真から・・・。
断熱ボードの上から、木材が貼られているのが分かるでしょうか?

1月5日の記事の写真と比べると一目瞭然なんですが笑顔

この構造は、外張り断熱住宅ならではのものなんですよめがね

要するに、断熱ボードとサイディング(外壁)の間にスキマを作って、
そこに空気を通すってことです。

こうすることによって、空気の層が天然の断熱効果
発揮してくれるっていう按配なんですOK

ビルダーさんは、「特に夏太陽!効果が実感できる家ですよ!」
と言っていましたので、暑さに弱いお気楽父としては
今夏にむけて期待が高まるってもんですわぃ力こぶ

・・・光熱費削減効果も含めてね・・・ウインク

次に、サッシのほうをば・・・。

窓枠が入りましたので、ずいぶんサマになってきました。
外張り断熱ですので壁部分が厚く、プチ出窓のようですねぇ汗

ま、何かを置く場所として有効活用いたしましょう拍手

で、次は2階の床下部分でぃす。
完成後には隠れてしまうところですが、しっかりと工夫がされています。

あれ、なんで充填断熱用のロックウールがここ(天井裏)にあるの?

・・・これ、実は、意外な盲点の記事にある構造見学会
(施工中のおウチを見せてもらうイベント)の際に目ざとく(笑)気づき、
担当者さんに質問したことがあるんですクジラ

で、答えは、「防音」対策のためなんですわ。
本来、断熱用に使われるロックウールを防音用に使っているんですね。

こんなこと、わざわざしなくってもって思うでしょ?
でも、吸ホル素材を使った資材なんかも、見えない部分に工夫して
しかもコストは大してかかっていないんですよバニー

・・・この辺が、選んだビルダーさんに間違いなかったなあ〜、
と思わされるところなんですわ。


これからは、どんどん住宅っぽくなってまいります。

家が建つ過程を、簡略にお伝えしていければと
思っていますので、引き続きお付き合い下さいませすいません

2013年02月09日
引越しの見積もりを取ってみました!
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

今回はちょっと趣の違う記事をば・・・。

われわれの引越しは3月末になる予定でして、
それはつまり引越し業界の「ザ・繁忙期」にあたるわけです。

こりゃ、あんまりもたもたしてるとマズイわな・・・汗

ってことで、とりあえず引越し業者さんの一括見積もり
とやらを、ふたつ申し込んでみましたよめがね




ズバット引越し比較




HOME'S引越し見積もり

・・・結果、合わせて7社へ依頼を出し、そのうち4社に
訪問見積もりをお願いすることにしましたメモ

ちなみに、個人的にこのふたつのサイトでは
HOME'S引越し見積もりのほうをオススメします。

なんでかっていうと、見積もりを取れる業者さんがいくつか提示され、
その中から、依頼を出す業者さんを自分で選べるんですねまる

ズバットのほうは、条件を入力すると、セレクトされた何社かに
自動的に依頼されてしまうんですわ。
先入観なしに業者選びをするにはこちらのほうがいいかもですがね。

機会を見て、引越し業者さんとのやり取りも記事にしていきますね力こぶ

2013年02月03日
上棟後96日目の現場
いい家探索人のみなさん、こんにちは笑い

さて、上棟式の記事の後、96日経過した現地の写真どすえメモ

いわゆる配管関連の工事が着々と進行しております。
こちらは、キッチンの換気扇の排気管ですねダッシュ

完成後は見えなくなってしまう場所ですが、
大変重要なパーツであります注意

そしてこちらは、キッチンのシンク下の配管口ですキラキラ
え〜と、どれが何の配管口なのかは、忘れてしまいました汗

ここにもキッチリと、以前紹介した吸ホル養生ボード
使われていますね。安心ですまる

木工事のほうでは、コチラ!
・・・小上がり風の畳敷きスペースの外枠が出来てきましたよバニー

写真手前がリビングで、そこからつながった間取りにしています。

日ごろは仕切り戸を開け放しておき、腰掛け&寝転び等のスペース、
そして来客の際には仕切り戸を閉めてお泊り部屋として・・・猫

大いに活躍が期待されている場所であります。

・・・家づくりもこの辺の段階まで来ますと、打ち合わせの相手が
ビルダーさんだけでなく、電気工事屋さん、ガス工事屋さんなど
多々にわたってきます。

う〜ん、何かよく分からんな〜汗っていう内容も結構あります・・・。

今後は外構業者さんなども登場することでしょう怒り

私たちは、分からんまま済ませるのが不安(小心者ヒヨコ)なので
こういった個別分野のことに関しても、ついついビルダーの担当者さんに
細かいところまでアドバイスを求めてしまうんですわすいません

スミマセン、Nさん。心の中では本当に申し訳なく、恐縮しております・・・。
いつか、何らかの形で恩返ししなければなぁ力こぶ

プロフィール

いい家探索人
ある日、マイホームを建てようと決意した お気楽家族のブログです。



ポチッと応援、お願いします


ブログランキングならblogram

ブログランキング

出会い
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。