広告

posted by fanblog
プロフィール

ゴウノスケ
【好きなこと】 ビジネス書を読みながら寝ることzzz 自転車を走らせてポッドキャストを聴くこと。 古着屋やインテリアショップで没頭できる時間をもつこと。 【夢】 ツイッターを使いこなすくらい、かっこよさげな大人になること。 ただいま本を買って勉強中。。。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
リンク集

広告

posted by fanblog
2010年08月30日
『泣いてはいけない』 カンボジア孤児院の代表
先日、カンボジアに旅行に行き、孤児院に訪問をしてきました。

今回紹介するのは、そこで「お母さん」と呼ばれている方が
話されていた一言です。経営者やコンサルタントではないのですが、
とても気になる言葉だったので、書かせてもらいました。

この孤児院は、カンボジア人によるカンボジアの子供を守るべく、
孤児院を作り上げようという気概を持って、
現在まで様々な経緯を経て、立派に作り上げていました。

さて、訪問した際、ある女の子が泣いている場面がありました。
その女の子に対して、「お母さん」は、
『泣いてはいけない』と気丈に言い放っていました。

とても優しい方でしたが、その瞬間だけとても厳しく
伝えていました。

泣いても何にもならない、と暗に伝えようとしているように
勝手ながら感じてしまいました。

カンボジアは内戦など治安がかなり悪かった時代が近年まで
続いており、その都度、子供や高齢者達に被害が及んでました。

泣くだけでは解決できないことがある。
泣く代わりに自ら行動を起こさなければならないという現実を
過ごしていたからこそ、敢えて厳しくその子に伝えていたのだと思います。

泣くのを我慢した女の子を見て、先ほどまで厳しかったお母さんの表情が、
優しくなったのも印象的でした。

この孤児院には、3時間ほど滞在していたのですが、
とても穏やかな時間を過ごすことができて、
本当にいい機会となりました。

アンコールワットなどの世界遺産をめぐってきましたが、
それ以上の価値がここにはあったと今では思います。

この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。