2017年06月10日

仮想通貨(暗号通貨)って普通の通貨とどう違うのか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

根本的な違いは以下の3点。
・政府が関与しない
・実物がない
・取引履歴を第三者が閲覧可能

これにともなう安いや速いなどのメリット、デメリットはまた後でまとめたい。



仮想通貨に関するブログを集めたサイトへ


【資料】
一覧表にまとめられていてとても分かりやすい。
ビットコインと法定通貨 どこがどう違うのか?│幻冬舎 GOLD ONLINE
実体……ない
発行量……一定
信用……国による裏付けはない
額面……実物はない
額面の価値……需給バランスによって決まる
用途……法定通貨と違いはない
取引の場……仮想通貨の取引所



取引の透明性について参考になった。
ビットコインとは?−法定通貨との比較│BLOCK CHAIN business community
「発行主体の有無」
「取引の透明性」
「第三者を介さないP2P送金」
※P2Pは、peer to peer で、第三者を介さない個人間でやり取りすること

また、通貨に共通する3つの機能という観点から仮想通貨を比較しているところも、とても勉強になった。
(1)価値貯蔵  △
(2)価値尺度  ○
(3)交換手段  ○



こちらでの保管方法という観点も参考になった。
【ビットコイン消費税が非課税に?】2017年春目処、通貨としての期待高まる ~ビットコインニュース~│coincheck blog
@管理者(発行元)の違い
A保管方法
B取得方法、課税
C送金手数料
D使用場所



日本では、仮想通貨を決済手段として扱う方向であることを知った。
仮想通貨と現金(お金)の違いって?│仮想通貨ラボ
・国家や中央銀行が発行したものではない
・価格が変動しすぎる(通貨としての安定性がない)
・しかしお金のように米ドルや日本円と交換できる
・金のように発行枚数が制限されておりインフレを予防している


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
投資に関するブログを集めたサイトへ


【疑問】
仮想通貨が使える店舗は、価格をどうやって決めているのだろうか?
国の物価に合わせて決めているのだろうか?

仮想通貨は値動きがあるので、寿司屋の時価のように今日は○○BTCみたいな感じなのか?

もしそうだと、仮に国が破綻し、物価とのバランスがおかしくなったら、その国での仮想通貨はやはり紙くず(?)のようになってしまうのでは?その国を出れば解決するだろうが、国を出ることが簡単ではない人の方が多いような?



2017年06月08日

仮想通貨って実際お金のように使えるの?

調べてみると、まずは
→ビットコインの事例ばかり
ということ。
仮想通貨まとめ│仮想通貨の使える店
他の通貨はどうなのかあまり分からない。

ビットコインの支払いの端数はどうするのかなぁと思っていたけど、どうやら小数にして支払うことができることも分かった。


使える場所の数としては、以下のサイトから、2016年は世界で4,000以上はあるようだ。
・約2,500店舗(2016.9)
【ビットコイン消費税が非課税に?】2017年春目処、通貨としての期待高まる ~ビットコインニュース~(2016.10.12)│coincheck blog
・4,500以上(2016年)
ビットコインの今後の加盟店について(2017.4.19)│
投資ビットコイン

・世界で4,000以上、日本では数十件
リップルの特徴とメリット(2017.3.9)│サラリーマンの仮想通貨活用術


ビットコインが利用できる店舗を調べるには、
CoinMap
という便利なサービスもあった。

店舗は飲食店が多い。でもその他に、
・ネイルサロン
・美容室
・クリニック
・動物病院
・レンタルバイク
・中古車販売
などもあるそう。


実際に使う場所の少なさを考えると、通貨としても使える部分は考えずに、投資商品として考えた方がよいのかなと思った。



【疑問】
○「もっとも加盟店が多いcoincheckは…」
ビットコインの今後の加盟店について(2017.4.19)│
投資ビットコイン

店舗がcoincheckやbitFlyerなどどこかの取引所に加盟するということか……するとそのお店が導入するアプリが違う、つまり取引所が違うと同じビットコインでも店舗によっては使えない可能性があるのか?

○「リップルはビットコイン」
ビットコインは仮想通貨の代表的な名詞として使われており、通貨の種類が違っても導入されている店舗ならどこでも利用できるということか?リップルに限った話なのか?
リップルの特徴とメリット│サラリーマンの仮想通貨活用術

○「今のところ、お取り扱いできる仮想通貨は、「Bitcoin(ビットコイン)」と「NAGEZENI(投げ銭)」の2種類だけです。」
第5回仮想通貨まとめ主催!ビットコイン飲み会を開催します♪【仮想通貨まとめ】 │仮想通貨通貨の使える店
投げ銭ってすごくたたかれてた松宮義仁さんのあの投げ銭?
松宮義仁のnagezeni投げ銭は無駄銭?
投げ銭はビットコインと肩を並べる感じの通貨なのだろうか?

○日本の数十件というのは多いのか?

○利用が盛んな国はあるのか?



2017年06月04日

仮想通貨の法律に関しては、日本が世界をリードしている!その内容は?

資金決済に関する法律と犯罪による収益の移転の防止に関する法律に、仮想通貨についての内容が加えられたようだ。

こちらで改正のポイントが5つにまとめられている。
現役弁護士による仮想通貨(暗号通貨)に関する資金決済法改正についての概要│ブロックチェーンビジネス研究会

・仮想通貨の定義
・仮想通貨交換業の登録制
・仮想通貨交換業者の業務規制
・仮想通貨交換業者への監督(以上、資金決済法)
・仮想通貨交換業者の本人確認義務(犯罪収益移転防止法)

それから、
・消費税がかからなくなる
(2017年7月1日より施行)

と、こちらにあった。
ビットコインの消費税が非課税に【BTC(仮想通貨)】│丸山正行税理士事務所
お金と業務効率化のサポートをする税理士



こちらのサイトでは、法の施行による影響として、以下の2点を挙げている。

仮想通貨 法案 2017 施行はいつ?どうなる?変わることとは?│仮想通貨投資入門


・大手FX業者・証券会社・金融機関が仮想通貨業界に参入してくる。
・資金力のない仮想通貨業者は淘汰される。


ちなみに
・資金決済に関する法律
・資金決済法
はどちらも同じ意味で使っているようだ。

さらに、
・資金決済に関する法律
・犯罪による収益の移転の防止に関する法律
これらの一部に、仮想通貨のために加えられたものを仮想通貨法と呼んでいるようだ。


資金決済法についてすごく詳しいサイトをみつけたので掲載しておく。
第1回 資金決済法の改正に伴う「仮想通貨交換業」の規制とは│BUSINESS LAWYEAR
全部真面目に読んでみたが、ちょっと難しくて頭に入っていかない部分もも多かったが…。



さて個人からすると、消費税がかからなくなり、取引業者も制限されるのであれば、お得感、安心感が増すのかなと感じた。
今年の7月は、1つの転換期か?

【疑問】
法改正によってどのような影響が考えられるかもっと詳しく知りたい。



2017年06月02日

日本でビットコインが遅れていると言われている理由?

結論は、
遅れているところと進んでいるところがあって、
そもそも何をもって遅れているというのか。

通貨として欧米などで使われている例を聞き、「日本ではどこで使うのだろう?」と。
使える実感がなく、そういう意味で遅れている感じが実は私もしていた。

「日本」のビットコインは遅れているのか否か?│ビットコイン研究所ブログ

分類してみるとどうやら仮想通貨でも、日本のハイテクや IT などのガラパゴス的傾向は類似しているようだ。
ただ、法整備に関しては珍しく世界をリードする形になっていると。


1つ気になったのは、このサイトの中で
「現在はビットコインは下火で、ブロックチェーンが流行っている。」
とあった。

この文章だとブロックチェーンはビットコインと同様、仮想通貨の一種のようにもとれる。
私の勝手な解釈では、仮想通貨を成り立たせる技術的なものと捉えていた。
ブロックチェーンもよく目にするので、いつか勉強しなきゃと思っていたが、そろそろタイミングのようだ。


日本が遅れているという理由として、日本人の心理面から3つ挙げているサイトがあった。
要は
@マウント・ゴックス事件
A詐欺が多い
B国民性が慎重

日本は 「仮想通貨」 に関してもっとも遅れている国の一つです│ドラゴンアカデミー極上投資情報をどうぞ

この3つ、おそらく泉忠司さんが言っていることなのかなという印象を受けた。
他のサイトでもよく見かけるので。

このサイトの中で、
本当は仮想通貨ではなく、暗号通貨が正しいとあった。
ずっと仮想通貨でやってきてしまったが……。
このことについても調べなきゃ。


とにかく、日本が進んでいる部分もあることを知れてよかった。
今後、実際に使うこともできる通貨として広がりをみせていくのかについて私は興味がある。


【疑問】
法律の内容は、どのようなものなのか?
ブロックチェーンとは?
暗号通貨が正しい呼び方なのか?



仮想通貨が盛んに取引されているのはどこの国?

少し前までビットコインの取引量は、
1位が中国(90%以上)
2位がアメリカ
ぽかった。
けれど、ここ最近(2017.2.12)で日本が1位になったことがあるようだ。

日本でのビットコイン取引が世界1位に│仮想通貨ラボ

この時、日本の取引量は48.27%
1位だった中国は21.86%

中国では逆風のニュース、日本では追い風となるニュースが重なった日のようだ。
正直日本がそんなに盛んなのは知らなかったし、感じてもいなかった。


この日のちょっと前に、アメリカを抜いて2位になったというサイトも見つけた。
日本がアメリカを追い抜いて、世界第2位のビットコイン取引市場へ│CryptStream
どうやらここ最近、日本は急成長をしているようなのだ。


でも、アメリカの方が日本より断然ビットコインが使える店も多く、生活との関わりも深いようだ。
アメリカのビットコイン利用の現状や規制│ビットコインラボ
小規模店だけでなく、大手のスタバやアマゾン、楽天でも利用できるらしい。


正確な順位は変動するようだが、主な国に日本がいるということを知って驚いている。
日本は投資商品として盛んに取引されているという認識であっているのだろうか?


【疑問】
ビットコインが盛んな日本ならもっと利用できる店舗等があってもよいのではないか?



2017年06月01日

ビットコインって以前問題があった記憶が?

ビットコインに関係したニュースは確かにあった。(2015.8)
事件の内容は、業務上横領。
マウント・ゴックス取引所のマルク・カルプレス社長が、利用者から預かったビットコインや資金を私的に流用していた。

ニュースでよく取り上げれていたので、勝手に仮想通貨のシステムに不安を抱いていた。
しかし、仮想通貨のしくみ自体による問題があったわけではないということだ。

さらにこの事件により、仮想通貨の取引所に関して法の整備が行われことになった。
・取引所は国に登録
・国が取引所を検査
・本人確認
これは、安心感をもたらすだろう。
詳細は、
仮想通貨の法律に関しては、日本が世界をリードしている!その内容は?

ニュースによって悪い印象をもってしまっている人も少なくないと思うが、それでもなお注目されている理由が分かった。



【資料】
ニュースの概略、法が改正されることがわかりやすくまとめられている。
「仮想通貨 安全に使えるの?」(くらし☆解説)│解説委員室(NHK)


マルク・カルプレス容疑者来日から逮捕までの概略が表にまとめられていて分かりやすい。
ビットコインの衝撃(2) マウントゴックスの真の罪とは? 高値1242ドルは自作自演?│ザイFX!
FX業界でも取引所が登録制になる前はよくあった犯罪だそうだ。






2017年05月30日

仮想通貨は全部で何種類?

仮想通貨って調べると、よく上位5位、10位、100位が出てくるけど、仮想通貨は一体いくつあるのだろうか。


以下のサイトが参考になった。
仮想通貨入門│仮想通貨の種類は一体どれ位存在するのか?!


結論は把握できていないとのことだ。

ただ、総数に関して押さえておきたい数字が3つあった。
@2000種類
A700種類
B5%


@まず、利用されているかは無視すると、恐らく2000種類あるといわれているそうだ。

A次に、総数が700種類というところもあるそうだ。
その理由は、まずランキングを調べるときにはみんなこのサイトをチェックするそう。
Crypto-Currency Market Capitalization
(検索かけたら英語だったので、すぐあきらめたので、リンクにはなっていない。)
そして、このサイトに登録されている数が711種類だからだそうだ。

B最後に、必要性があって使われているのは5%だそうだ。2000の5%といえば、100。だからランキングも100位まで出てくるのかもしれない。


Aだとしても、思っていたより全然多くて驚いたよ!

ついにでに世界の通貨の数も調べてみると、やっぱり多いなぁって実感した。
世界には何種類のお金があるの?【お金の雑学 No.003】│お金持ち養成学校
そこには165種類(2011年)。

でも、投資商品として考えると、2000種類ってそんなに多い訳でもないのか。


さてさて、これだけの種類からどの通貨を選んだらいいものか…。



【疑問】
何でビットコインは有名なのか?
仮想通貨同士で、為替みたいなこともあるのか?
仮想通貨ってお金として使えるのか?



2017年05月29日

仮想通貨がアツいなら、投資したい!

私が急に仮想通貨に興味をもったのは、
川島和正さんのメールマガジン
がきっかけだ。
川島和正さんのオフィシャルブログはこちら
世界を旅する年収1億円ブロガー 川島和正オフィシャルブログ

簡単にいえば、仮想通貨が激アツだということだった。
乗り遅れてしまった川島和正さんは次の波に備えて勉強中だそうだ。
自分の性格的には、とりあえずビットコインとかしちゃいそうなところだが、(有益な情報がすぐに集まりそうな)川島和正さんでさえきちんと勉強するなら、私がしないわけにはいかない。


とりあえず、川島和正さんのメールマガジンを頼りに、載っていた松宮義仁さんを検索。

………結果はひどい叩かれよう。
1つ目に開いたサイト↓で、調べるのを一旦ストップした。
松宮義仁のnagezeni投げ銭は無駄銭?

本人と会ったことがあると言っていた川島和正さんも信じていいのか迷った。

とにかく、いろいろな情報が渦巻いているようなので、これはよく勉強が必要だと痛感しているところだ……。


【疑問】
仮想通貨って何種類ぐらいあるのか?
ビットコインって昔何か問題があったんじゃなかったっけ?



ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール