2020年05月04日

今日の作文練習

今日は、志望先の企業が想定するテーマを選び、作文を書いてみた。

テーマ「安全」
 安全は決して保証されたものではない――。中国武漢を発生源とする新型コロナウイルスの蔓延により、感染者が多発し、経済も停滞する今、その思いが去来する。特に、後者の経済的損害については、これまでに接してきた飲食店経営者の知人らが、現実に苦悩する姿を見て、実感する。
 「私だけの力ではどうにもなりません。少し力を貸して頂けると幸いです」。新型コロナが全国に徐々に広がりつつあった3月26日、フェイスブックの投稿フィードを眺めていると、そんな文言が目に飛び込んできた。さらに、クラウドファンディングの募集ページも付けてあった。投稿主は、大学時代によく通っていた徳島市の居酒屋店長だった。
 早速、募集ページをクリックし、中身を覗いた。すると、経営に苦慮する実情が赤裸々に綴られていた。「新型コロナウイルスにより宴会がキャンセルになり、3月の売上が例年の3割落ち込みました」「銀行の融資だけでは個人事業での存続の危機に立たされております」。経営危機に対する表現はストレートで、言葉が心にダイレクトに響き、胸がつまった。ここまで苦しいのか、と。
 企業が軒並み活動を抑えており、頭を抱える求職者の自分と店長の苦悩を重ねた。「大変な思いをしているのは自分だけではない」。人を助けるだけの余裕はないと頭でわかっていても、無意識に支援ボタンを押した。支援金額は3000円。その店の人件費に占める100分の1の金額でしかないが、少しでも足しになれば、と願った。
 新型コロナに効く特効薬は5月上旬時点でないうえ、収束する見通しが立っておらず、支援した居酒屋も経営が回復する保証はない。むしろ、資金繰りとランニングコストの面から倒産する可能性の方が高いのかもしれない。それでも、記者になった時、自分に何かできるか置き換えて考えれることがある。「言葉で伝えていくことで救われる人は、きっといる」。その思いが、再びペンを握りたい原動力となる。

財経新聞掲載記事

財経新聞投稿記事です。
5月3日掲載記事「抗HIV薬と脱毛症の治療薬が新型コロナの治療薬候補に 東京理科大などの研究」

https://www.zaikei.co.jp/article/20200503/564811.html

2020年04月27日

新聞社作文練習A

新聞社の試験で与えられるタイトルは、基本的に一言なので、どのように書いてよいか、抽象的でわかりにくい面がある。

だけど、求められていることは押しなべて共通しているようで、軸は@言いたいことを伝えられる文章力があるかAしっかりとした自分の意見があるかB社会に広いアンテナを持っているかC入社意欲があるかーの4つのようだ。

これまでの職業と人生の経験から、伝えられる能力はあると思うので、後は自分の気質が会社に合うかどうかかなぁ(だだでさえ扱いにくいやつなのに…)

信濃毎日新聞 過去問2016秋「20年後」
 現代は人口減少社会と呼ばれて久しい。首都圏などの一部都市部では、人口の一極集中という現象が起きている反面、私が住む島根県を筆頭に多くの地方は人口の漸減が続く。人が減れば、市場経済が縮小するほか、地域社会は伝統行事を継承する担い手がいなくなる。現象面を見ると、弊害は余りにも大きい。人口減少の悪影響はじわじわと住民生活に影響を与え、生活維持に支障をきたす可能性がある。
 人口減少が身近に表れる分野と言えば、農業だ。居住地である出雲平野は、古来より肥沃な土壌を持ち、水稲のほか、ブドウや菌床シイタケなど多彩な農作物の栽培に適しているが、人口減少で農業従事者が減り、耕作放棄地となったところも少なくない。農地は一度所有すると、農地以外の土地にする転用が難しく、耕作放棄地になれば忽ち負の遺産と化す。耕作放棄地は負債として所有者の肩にのしかかるだけでなく、時間の経過に伴って周囲の景観を劣化させ、周辺地にも悪影響を及ぼす。そんな問題が、あちこちで頻発し、深刻化する未来も絵空事ではない。
 また、人口減は税収の減少に結び付き、公的サービスを低下させる。ただでさえ現時点でも、東京都など一部を除き、多くの自治体は国から交付される交付金に頼り切り。自主運営では成り立っていないのが実情だ。そうした中で、税収が減れば、サービスが縮小しかねないのが社会福祉、とりわけ医療分野だ。中山間地域に立地する医療機関では、診療報酬で経営が出来ず、自治体からの交付金で支えられているケースがあるが、そのような病院が税収減の影響を受けて閉鎖に追い込まれるといった事態になりかねない。影響のある社会福祉を中心とした行政サービスを維持するための方策は不可欠だろう。
 国立社会保障・人口問題研究所の推計で、人口が1億人を割るのは2053年。年率で40万人が減っている現在の状況を考えると、人口減の影響は早期に表れ、20年後には顕在化するとみられる。政府は、すでに移民政策や働き方改革など、様々な対策を打っている。しかし抜本的な改革は今日明日で訪れない。官民問わず、問題解決に向けて日々汗を流す必要がことが求められる。

再び新聞社への入社に向け

ひたすら入社試験対策の文章を書いている。

このところ、毎日のように文章を書いており、その一部を公開したい。何かしらとレスポンスがあると良いなぁ。。

作文練習 読売新聞2019年テーマ「共存」

 近年、日本に来訪する、あるいは日本に居住する外国人が増えている。観光地ではパンフレットを片手に散策する訪日外国人観光客であふれ、小売店ではレジ販売に従事する外国人が目立つようになった。経済が活発化し、企業は人手不足が解消されるなど、プラスの影響も大きいが、島国に住む私たちにとってまだまだ慣れない状況だ。文化や言語の壁を超えて日本人と外国人が共存できる社会の実現を探って行かねばならないと、実感する。
 例えば、異文化理解の壁。外国人技能実習制度の実習生をはじめ、出稼ぎにきた外国人は、地域社会に溶け込めず、孤立していると聞く.。数年の任期の中で、家と職場の往復という日常が常態化。就労先の近辺でコミュニティーの輪を広げることなく、帰国する人も少なくない。世界の中では経済大国に位置づけられる日本に憧憬の念を持つ者もいるであろう海外の若者が、現地の日本人と交流を深めず、帰国するのはあまりにも寂しい。
 また、外国人を受け入れる教育基盤の脆弱さも大きな問題だ。日本語教育の質は地域によってばらつきがあり、日本語教室が開設されていないところも多い。つまり、日本社会で生きていくのに必要な語学の習得ができず、児童の不就学などの問題が生じているのだ。原因には、日本語教師の不足という人材難の課題が横たわっているといい、教員養成の法制化を含めた早期の体制整備が求められる。
 雇用・労働環境も万全とは言えない。技能実習制度は法制化されて20年以上が経過する今でも、実習生への残業代未払いや不法就労が後を絶たない。ひどいケースでは、残業代にとどまらず、契約上に定めた賃金を払わなかったり、過酷な労働環境を押し付けて過労死に追い込んだりするケースもある。就労の適正化や就労条件の向上も待ったなしだ。
 2019年4月に改正入管法が施行され、農業や漁業など一部の単純労働における外国人雇用が解禁。在留資格「特定技能」が新設され、さらなる外国人労働者の増加が見込まれる。社会福祉や教育、労働法制など多分野に渡って外国人を受け入れる体制が不足している日本。制度などのハード環境から、心理的ケアを含むソフト環境までしっかりと整えていくことが必要不可欠であろう。

2020年04月10日

転職内定辞退してそれから

内定辞退をしてからとにかく暇な日が続いている。

昼頃に起きて、ご飯を食べてはカフェに行き、提携しているWEBメディアの記事を書く。

記事を書くといっても、1日2本程度で、金額換算では2000円程度の日銭稼ぎだ。

そうした状況を両親は、咎めることもなく静観している。
そのため実家は居心地は悪くはないのだが、些か暇な時間が悪目立ちしてきた。

現実的に考えると、やはり転職活動に専念した方が良い。しかし、コロナショックで、企業が採用活動を控える動きが目立っているだけでなく、マスコミ畑を歩んできた自分を平然と受け入れる一般企業は如何せん少ないのが実情だ。

そんな厳しい状況が続くためか、この前、内定を辞退したIT大企業が最後のチャンスではないかとの気持ちも芽生えてくる。ただでさえ、住んでいる地域は、田舎で経済規模は小さく、雇用の受け皿はない。

どうすれば良い。現実問題、自分のキャリアを活かせる職が地元にない以上、外に出るしかない。一方で、個人ビジネスを始める手もある。しかし、これは非現実的だ。資源もなく、アイデアがない。

元に立ち返ると、とりあえず、職探しに注力するしかないか…と思う令和2年の春。

2020年04月07日

久しぶりの投稿

久しぶりの投稿になる。

1月に地元に帰郷後、転職活動や職業訓練校への入校試験など、4月からの居場所確保に向けて様々な手を打ってきた。

前者の転職活動試験では、日刊建設工業新聞という鳥取県米子市の企業を落ちた後、五月雨式にWEB上で企業に応募を続けた結果、九州の某IT大手の子会社に引っ掛かった。つまり、書類選考、Web上での面接を経て内定を貰ったのだ。

雇用形態は準社員。配属部署はメディア運営に関連した部署で、業務は大手が配信したニュースの編集が割り当てられる予定だった。

このIT企業は、外資系企業調査会社が行った調査で、福岡県人が最も働きたいと思う企業らしい。オフィスも綺麗で、国内外から優秀な人材が集う。福利厚生も良く、まさにホワイト大企業という体を成していた。

しかし、私は内定を辞退した。理由は非正規社員に分類される準社員という雇用形態で、先行きが不安だったからだ。年収は年俸制で300万円。年間の昇給は2000円程度と低く、給与面から見ても希望を薄いと感じた。

断った理由は給与面以外にもある。非正規から正規へと昇格する可能性の低さだ。同社では入社する社員の9割が準社員、パート・アルバイトとして入社する。その後、9割を占める非正規社員の中から正規に上がる割合は、わずか2〜3%。非正規の巣窟と言っても、言い過ぎではない環境だった。

同社の人材の質や職場環境は悪くない。むしろ、日系企業と比べて格段に良いだろう。それでも、自分の本心に逆らえなかった。最先端分野に向いてそうな自分の性格を考慮すると、少し残念な気持ちもした。

本格的に転職活動を始めて3ヶ月あまり。まだまだ、諦めるのは早い。積極的な職探しに力を入れよう。



2020年02月16日

職探しの現状

前回の投稿で、キャリアの反脆弱性を高めるためにIT職を求めていると書いた。しかし、現状、未経験ではその世界に辿り着くまでが大変なのが実情だ。

実用的なプログラミング言語が駆使するプログラマーはもちろんのこと、顧客の要求に応えて仕様を設計し、情報システム開発の全般の担うシステムエンジニアも、これまでどれだけの職業スキルを培ってきたかが中途採用の試験で見られる。

自分は大学で体育学を専攻し、就職してからはマスコミ業界でのライター業務が中心。大学では、脳波や筋電図などスポーツ科学を学んでいたとはいえ、理系と縁遠い世界にいた事実は認めざるを得ない。

経験が求められるエンジニア職。だが、システムエンジニアはさほどプログラミングスキルが求められないとも聞く。未経験であっても、対顧客との折衷能力があれば、仕事の本質を外すことなく、業務を全うすることができるだろう。

それでも、要求分析・定義、基本設計、詳細設計、テストといった業務行程を辿るシステムエンジニアは、RubyやJavaといった技術的能力を保有しているのは必須だ。そのスキルが無ければ、医療や金融など様々な業界、現場に合わせたシステム設計の提案はおろか、IT業界という入り口に立つこともままならない。

今はとにかくIT業界に入りたい。Webページの構造を規定するHTMLや、Webのデザインを指定する言語・CSSを学び、Webデザイナーとしてのスキルを学ぶのも良い。今できることを着実に積み重ねることでしか、目標達成の道はない。そう感じている。

2020年02月13日

キャリア形成に向けた青写真





現在、新たなる職を見つけるために試行錯誤を続けているが、以下の点を念頭に置いている。

それは、キャリアにおける反脆弱性の獲得だ。

これまで職務経験から主に人の目を引く文章力や取材力、文章編集力といったスキルを磨いてきた訳だが、自身のキャリアを頑強なものにするためには、上記のスキルだけでは物足りない。

文章力という業界横断型のスキルに加え、専門性を持ったスキル、能力が今後、安定した人生を作る上で重要になってくると考えている。

具体的には、IT分野の知見(プログラミング、ネットワーク)のスキルだ。

なぜこれらのスキルが自分に必要であると考えているのか。

まず個人的特性から見た場合は、自分の理詰めで考える特性、論理を重んじる性格から、自分にマッチすると思うからだ。

物事がなぜこのようなメカニズムで起き、システムの仕組みがどうなっているのか。

思いを馳せて、本を読み、知識を元に追求していくのが自分にとって飽きない。

世の中の仕組みから自分の身に起こる運不運まで、結果から原因を辿り、インターネットや本の知識をもとに明らかにし、知恵に消化していく。

これはどの職業についても求められるスキルであると思うが、とりわけ科学的知識に対する興味は止まることがない。

また、IT分野のスキルは汎用性があり、転職やフリーランスで仕事を受注する上でも有利に働くと考えている。

現在、居を島根に移し、安穏と過ごしているものの、いざ都会でもう一度働きたい、もっと稼ぎたいと思い立った時に、ITのスキルであれば、応用が効くし、キャリアアップできる可能性が出てくる。

いざ失業した時でも、そうしたスキル、知見があれば、ライティングスキルに限られる現在よりも、人生を鷹揚として構えることも可能になるだろう。

ライティング、編集、そしてITスキルが加われば、失業、天災、人災といった不幸に対するレジリエンス能力が高まる。すなわち、反脆弱性が強化されると予想している。

もちろん、思い描いた人生が簡単に実現する保証はない。しかし、努力し続けていれば、一歩でも二歩でも理想に近づくはずだ。




2020年02月10日

今後やりたいこと





唐突だが、今後はYoutubeで情報発信をしていきたいと漠然ながら考えている。

なぜYoutubeなのかと言うと、文字メディアでの情報発信の訴求力には、限界がある。そして、プロの情報商材屋を見ると、やはり文字言語よりも、音声言語、そして動画の方が情報に臨場感があって、伝わりやすいからだ。

もちろん、目的はお金儲けではない。Youtubeは収益化まで相当数のチャンネル数が必要とし、時間と労力がかかる。そもそも、Youtubeで稼ぐ技術もない。

だから、まず自分が訴えたい情報を配信したい。例えば精神医学や暗号資産。これらを軸に話を組み立てるとともに、音声か動画にし、地道に活動していきたいと思う。

早速だが、明日は家電量販店に出向き、自撮り棒でも買おう。思い立ったが、吉日だ。鉄は熱い内に打てば、継続することもできるだろう。


【ニッテイライフ・セミナー】

2020年02月07日

体調

昨日の夜から今日にかけて、体調がよろしくない。

転職サイトに書いた前職の悪行を修正したためだろうか。それとも、今週の月曜日に受けた米子の新聞社を落ちたためだろうか。

恐らく前者が影響しているが、なぜ今でも敢えてどブラック企業に関わってしまったのか、自分でもよくわからない。

わざわざ口コミを修正しようと思った理由は、Youtubeで仕事系ユーチューバーのUtsuさんの動画を見てしまったためだと思われる。

Utsuさんによると、転職サイトに口コミを書く社員は、組織の半分から下に位置する人材で、インターネットに悪いことを書くメンタリティ自体が酷くモラルが欠ける行為だという。

その通りだが、自分の身に起きたことを社会的に看過されること自体が納得いかないし、許せない。

それをネットに書き込むことが悪いのだろうか。

とは言っても、世の中が許さないか。。
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
ファン
最新コメント
極秘情報 by こお (01/02)
写真ギャラリー
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
小村 海さんの画像
小村 海
東京と故郷島根を行ったり来たりしているライター。現在、人生の谷に直面中。
プロフィール