広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



やらないリスク
リスクというと、

”〇〇をやるには××のリスクがある”

というように、何々をやることによる

リスクを思い浮かべることが多いと思いますが、

今回のテーマとしてお話するのは、

やらないことによるリスクです。


じゃあ、何をやらないことによるリスクか?

それは投資をやらないことによるリスクです。


投資をやるリスクとは、お金を失うリスクです。

投資をやらないリスクとは、
お金を増やす機会を失うリスクです。

投資をしていれば、この期間にお金が増やせていたかも
しれないのに、投資をやっていなかったので、
そのタイミングを逃すということです。

お金は取り戻せても、機会は取り戻せません。

もちろん、投資をする人全員がお金を増やせるわけでは
ありません。中にはお金を失い「あの時、やらなければ
よかった」と後悔する人もいると思います。
しかし、「あの時、やらなければよかった」と思うことも、
チャレンジした結果からしか得られない思いです。





もし、数年後に日本が好景気になり、投資でお金を
増やしたという話をいろんな人から聞いたとします。
そのときに「あの時、投資をやっていれば良かった」と
思う人は投資に興味があったけれど、
チャレンジしなかった人です。

『もしかしたら、やっていればお金が増えたかも!?
いや、そんな簡単に増えやしないかも!?』

と考えるかもしれませんが、どちらの可能性もあり、
チャレンジしなかったのでは答えは出ません。
しかし、過去にチャレンジした結果失敗し、「やらなければ
よかった」との思いがある人は、「自分はチャレンジした
結果、損をしたから向いてなかったんだ」と結果から判断
できるので納得いくはずです。

でも、投資に興味があるのにチャレンジしなかった人は
「自分は投資の才能があったかも!?なかったかも!?」
と答えの出ない悩みの中で、周りは好景気で投資をやって
いる人が多くなってきて焦りを感じます。

人は自分だけ少数派になることに不安を感じます。

「この好景気のなか自分は投資をやらないことで損を
しているのではないのか?」と思い始め、投資をついに
はじめます。「やはり、あのときにやっておけば良かった」
との焦りもあり、その時間を取り戻そうと投資額を多額に
します。

数年の時間を掛ければ、たいしたリスクを負うこともなく

増やせた金額でも、
時間を短縮して同じ金額を増やすには

それ相応のリスクを伴います。


もし、このタイミングでバブルがはじけたらと
思うとゾッとしますねぇΣ(||゚Д゚)

好景気のときには、ほとんどの人がバブルだとは思って
いません。だから平均株価や土地価格やら投資額が増えて
いくのです。”普通の好景気”か”行き過ぎた好景気”かの
判断はその時では、中々わからないものです。

はじけて初めてバブルだったと気づくのです。

後から、あーだった。こーだった。なんて言うのは誰でも
できます。そんなのは当たり前ですよね。
結果がわかってからの結果論に過ぎないのですから。

重要なのは、”今”どういう状態なのかを見極めるのが
大切なのです。

「今は好景気ですか?」とのアンケートでほとんどの人が
好景気の実感がないとの回答だと言われてます。
つまり、ほとんどの人がまだ不景気と感じているわけです。
しかし、不景気まっただなかということでもありません。

なぜなら、
アベノミクスからわかるように、政府も日銀もデフレ脱却という
はっきりとした方向性を示しています。この20年ぐらい続いた
デフレを脱却するために結構なインフレ政策を行なっている
のです。
今現在、「デフレ脱却しつつある」、「既に脱却した」など
いろいろな意見があり”今”を判断するのは難しいですが、
デフレを脱却し不景気が終わり、好景気の入り口に
さしかかっているような気がします。

「あのときデフレ脱却してたんだ」と誰もがはっきりと
実感できるときには、もう既に好景気の状態です。
正直、その状態のときに投資をはじめても遅いのです。
誰もがはっきりと実感できるという状態は、
もう既にあらゆる価格が上がっているということです。
それが普通の好景気なら、まだいいのですが、
もし、バブルだとしたら高値でつかまされたあとは
価格が下がるだけということになります。

今現在、日本人の大半がデフレ思考です。
20年もデフレだったのだから、それは自然のなりゆきです。
デフレ時代ですと預貯金額が増えます。
物の価値が下がり、お金の価値が上がるので当然です。
今は、まだ、物価が上がってない物のほうが多いですが、
最近、段々と物の値上がり情報を聞くことが増えてきてると
思います。物の価値が上がってお金の価値が下がってきて
いるのです。

銀行に預けているお金が段々と価値が下がるのです。
利息があるといってもスズメの涙ほどです。
預けている100万円が5年後10年後も数字的には
同じ100万円ですが、その価値、つまり100万円できることに
違いがあるということです。

昔は、1000円や2000円で家が買えたのです。時代の
流れとともに物価が上がっていくのは自然の流れです。
つまり、デフレ時代の20年が異常だったのです。
500円札が500円玉の硬貨になったように、そのうち
1000円玉という硬貨が流通し始めるかもしれません。



ここまで、投資をやらないリスクについて
書いてきましたが、

中には、『私はどんなに好景気になったとしても、

投資をやっておけばよかったなどとは思わない!』


という人もいると思います。人それぞれなので
そういう考えも当然あると思います。

しかし、

その考えを持つ人は投資に全く興味の無い人です。
そういう人が”投資をやらないリスク”
という考え自体を持つとも思えません。

投資に少しでも興味がある人が、
『私はどんなに好景気になったとしても、
投資をやっておけばよかったなどとは思わない!』
というのは嘘をついているような気がします。


今回のテーマである”やらないことによるリスク”とは、

投資に興味がある人がやらないことによるリスク”

というのが正しい言い方なのかもしれません。


投資に全く興味の無い人が、このサイトに訪れるとは
思えませんので、このサイトを見ているあなたは、
少なからずFXという投資に興味をもった方のはずです。

”投資をやるリスク”を選ぶタイプか、
”投資をやらないリスク”を選ぶタイプかで言うと、
前者の方だと思います。

投資をやるといっても多額でやる必要もないのです。
少額からはじめられるのがFXの魅力の1つです。
目安として最初は、損失をしても生活に影響がない程度の
余力の資金ではじめることが賢明なやり方です。


試しもしないことに関して自分は〇〇の才能はないと

考えるのは、もったいないことです。

人は自分ことをわかっているようで

わかってないことが多いです。

実体験してはじめて気づくことだってあるのです。

これを読んでいるあなたは

投資の才能があるのでしょうか?

それともないのでしょうか?

それは、あなた自身が実体験してみて

はじめてわかることです。

投資をやるリスクを選ぶのも、

投資をやらないリスクを選ぶのも、あなたの自由です。

お金を流動させるのも、

お金を眠らせておくのも、あなたの自由です。

どちらを選択するにしても、

誰に何を言われようとも、

あなたの人生です。

自分が納得する道を選べばいいのです。

どんな嘘つき名人も自分に嘘はつけないのですから。






もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。