広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



ムキになる
誰でも、チャンスを逃したり損失を出すと、

ムキになりますo(`ω´*)o


まして、自分の予測とあっていたのにポジションを
作らず、チャンスを逃したり、何度も予測を外して
損失を出すとイライラします。


まず、次のパターンから見てみましょう。


@ チャンスを逃して、ムキになりすぐに
  取り戻そうとする。



このパターンは、自分の予測に結構自信がある場合です。
しかも、予測に時間をかけた場合です。


あくまでも予測であって予想ではありません。

予想でポンポンとポジションを量産して損失を出すのが
初心者です。


ここで、予測と予想の違いですが、

予測 ・・・ 将来の事を前もって推し測ること
予想 ・・・ 将来の事を前もって見当をつけること



そして、

『なんだ!やっぱり予測はあっていたんだ。

チャンスを逃した、悔しい。こんなに短時間で

動いたのだから、すぐにでもポジションを

作らなければ、また、チャンスを逃してしまう。』



と思い今度は、予測ではなく予想でポジションを作ります。


そうすると、

当然、予想のほうが精度が低いですから損失を出します。

『なんだ!今度は予測とは逆に動いたよ。』

と勘違いします。

本人は、最初の予測が当たっていて、次の予測が外れた
思い、気づいていません。

実際は、最初の予測が当たっていて、次の予想が外れた
のです。


予想は、見当をつけたに過ぎません。「大体こんな
感じかな」という思い考えです。

一方、予測は、推し測っています。何かを測っている
のです。手間がかかっているぶん予測のほうが時間が
かかります。


もちろん、最初は予想から入ります。大体こんな感じ
かなと見当をつけます。その後、その見当が本当に
正しいのか確認をするために、自分なりの材料や
根拠を探して測るのです。


ムキになり、時間を惜しんで手間を省き、その結果、
精度の悪い予想でポジションを作り損失を出すのです。


『スキャルピングでは、そんな時間はないのでは?』

と思うかもしれません。確かに他のスタイルと比べると
明らかに時間がありません。でも、利益を出している人は

何か1つでも材料や根拠を見つけ、測っているのです。


予測でも外れるのに、予想が当たって利益が出るならば、
誰も苦労はしないのです。



また、最初の「やっぱり予測はあっていた」と思っても

ポジションを作らない判断をしたのは自分です。

自分の予測に自信が持てなかったのです。

自信があれば、ポジションを作ればいいのです。

自信が持てるくらいの予測ができなかったことを素直に
認めれば、ムキになるなんてことはないはずです。



次のAのパターンですが、


A 損失を出して、ムキになりすぐに
  取り戻そうとしとする。



これも、同じことが言えます。


『私の予測は、間違っていないはずだ!今の相場が

おかしかっただけだから、今度は大丈夫だ。』



とムキになり予想でポジションを作り損失を出します。


確かに、時間をかけた予測がすぐに否定されれば
ムキになりやすいです。

また、予測は通常であれば間違ってないのかも
しれません。

ただ、

絶対はありません。100%予測することなど不可能です。


まして、

「今の相場はおかしい」と思うならばなおさらです。


相場は時として、おかしな動きをします。おかしな動き
というのは、とても予測できないと思われるものです。

しかし、これも受け取る人の違いです。人によっては
予測しているかもしれません。


自分でおかしいと思うならば、手を出さないことです。


損失を出したときに、間違いを素直に認め、今の自分では
判断できないと謙虚になれば、ポジションをすぐに作る
なんてことはしないはずです。


チャンスを逃したり、損失を出したりしても
ムキにならず、すぐに間違いを認め、態勢を整え、
予測して利益を出せるのは、上級者です。


このように、「ムキになる」というものは、

自分の実力を認識し、間違いを素直に認めて

謙虚になれば防げるリスクなのです。



まず、初心者の方はチャンスを逃したり、損失を出したり
したときは、時間を置くことを目標に考えてください。

時間を置くというのは、すぐにポジションを作らない
いうことです。

それぞれの性格の差やスタイルの時間軸が違うため、
これくらいの時間とはいえませんが、目安としては
自分が冷静になる時間です。

冷静になってから予想し、予測をしてから
ポジションを作るのです。



次回は、疑心暗鬼になるを見ていきたいと思います。







もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。