広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



各トレードスタイルのメリット、デメリットとは?
ここでは、各スタイルのメリット、デメリットに

ついて注目したいと思います。



【スキャルピング】

メリット
 
 ・1回の取引き損失は、かなり少ない

 ・マイナススワップを払わなくていい
   

デメリット

 ・1回の取引き利益は、かなり少ない

 ・プラススワップを貰えない
 


【デイトレード】

メリット

 ・1回の取引き損失は、結構少ない
 
 ・マイナススワップを払わなくていい
  

デメリット

 ・1回の取引き利益は、結構少ない

 ・プラススワップを貰えない



【スイング】

メリット

 ・1回の取引き利益は、結構多い
 
 ・プラススワップを少し貰える
 

デメリット

 ・1回の取引き損失は、結構多い

 ・マイナススワップを少し払わされる



【中長期】

メリット

 ・1回の取引き利益は、かなり多い
 
 ・プラススワップを結構貰える
 

デメリット

 ・1回の取引き損失は、かなり多い

 ・マイナススワップを結構払わされる
 


これらを見ると、スキャルピングは利益や損失が少なく

中長期は利益や損失が多いのですが、


あくまで、1回での取引きのことです。



スキャルピングは、取引き時間を少なくし、

回数を多くして利益を増やすのです。


中長期は、取引き回数を少なくし、

時間を多くして利益を増やすのです。



極端な話、

スキャルピングの複数の取引き時間を合わせれば、

中長期の1回の取引き時間と同じになるのです。


要は、時間の使い方の違いです。


しかし、ある可能性に関しては、話が違ってきます。


ある可能性とは、




チャンスの可能性と、ピンチの可能性です。


チャンスとは、事件が起こったときに、

利益になるようなポジションを持っているときです。


ポジションを保持してる可能性が高い中長期は、
チャンスになるかもしれません。

ポジションを保持してる可能性が低いスキャルピングは、
チャンスを取り逃してしまうかもしれません。


逆が、ピンチです。

ピンチとは、事件が起こったときに、

損失になるようなポジションを持っているときです。


ポジションを保持してる可能性が高い中長期は、
ピンチになるかもしれません。

ポジションを保持してる可能性が低いスキャルピングは、
ピンチを避けらるかもしれません。


ポジションの保持時間が多ければ、チャンスやピンチも
拾いやすく。ポジションの保持時間が少なければ、
チャンスやピンチも拾いにくいのです。



ここまでで、これからFXをはじめようとしている方は、

取引きのスタイルを1つ選べましたでしょうか?

何も1つに決めなくてもいいのです。

複数、もしくは全てを選んでもいいのです。

興味をもったスタイルから、はじめればいいのです。


また、テクニックを学んだ上で利益を出せていない方は、

自分とは、合わないスタイルなのかもしれません。

他のスタイルも試してみることをオススメします。


ただ、

FXをこれから経験を積んで学んでいきたい
と思っている方に、

オススメできない選び方があります。


それは、中長期のみで、はじめようとしている方です。


理由は、絶対的に経験量が少ないからです。


例えば、

1回の取引き(注文 ⇒ ポジション保有 ⇒ 決済)を
経験値がとします。

中長期では、数ヵ月か数年で経験値がです。
他のスタイルとでは比べ物にならないくらい少ないです。


中長期のみで、はじめるというのは、

『私は特に経験を積んで学びたいわけでなく、売買も

興味なく預金のように預けてプラススワップが貰えればいい』


というような方です。


もし、中長期のみで、はじめようと考えている方は、

プラス他のスタイルも一緒に、

はじめることをオススメします。


以上が、スタイルを選ぶときの私の考え方です。


でも、

FXは利益、損失を時間ではない別の方法で

調整することも可能なのです。


例えば、

中長期の利益や損失をスキャルピングで

超えることもありえるのです。


それが、レバレッジです。


次回は、レバレッジについて説明したいと思います。






もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。