広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



中長期
このスタイルは、放置です。


よっぽどの事件(リーマンショックなど)がない限り、
ポジションを作ったら、もう放っておけといった感じです。


チャートを毎日確認する必要もありません。

むしろ見ないほうがいいくらいです。


なので、

ちょっとやそっとのことでは利食い、損切りはしません。


ですが、これまでのスタイルではあまり気にしない

もしくは、全く気にならなかったものが、


気になるようになります。


それが、


スワップです。


数ヵ月や数年のポジションを保有しているため、
スキャルピングやデイトレードようにスワップを
無視できません。(スイングもスワップを無視できませんが
中長期ほどではありません。)


スワップは土日祝祭日は関係ありませんので1年間、
ポジションを保有していたら365日分のスワップが発生します。

また、
スワップはポジションを決済しなくても毎日確定していきます。


プラススワップのポジションを保持したら、毎日スワップが
確実に貰えます。まさに錬金術みたいです(⌒-⌒)


では、
マイナススワップのポジションを保持したらどうでしょう?


毎日スワップを確実に払わされます。

数日なら気にならないかもしれませんが、中長期は数日では
ありません。数ヵ月、数年と払っていくのです。

1日単位では少しかもしれませんが、確実にボディーブローの
ように効いてきます(×o×;)


『じゃあ、プラススワップが貰えるように

ポジションを保持すればいいんだ。』


と思えてきますが、そんな単純ではありません。


スワップの記事であるように、
FXの利益の大半が為替差益です。


それは、中長期であろうが同じです。為替差益を狙うのです。


いくらプラススワップを積み重ねていても、為替差益での
損失が大きければ損失になります。

逆に、マイナススワップを積み重ねていても、為替差益での
利益が大きければ利益になります。

他のスタイルと違ってスワップを考慮しつつポジションを
慎重に作るということです。


「慎重」にとありましたが、

他のスタイルは慎重にポジションを作らなくていいという
意味ではありません。

他のスタイルでも慎重にポジションを作った方が
いいのですが、中長期では決済までのポジション保有時間が
違い過ぎます。

値が多少の上下動で、利食いや損切りしていたんでは、
中長期の取引きになりません。

それでも、含み損やロスカットが気になるのは、
下記原因があります。


@ 口座維持率が低い

A そもそもポジションを作ったタイミングが間違っている



@は、スイングでの説明と同じですが、
Aでの原因であればそう思ったときに損切りすべきです。

でも、

数ヵ月、数年の値動きを狙ってポジションを作ったはずです。

ポジションを作って数日、数週間もしくはもっと短い時間
でそう思うのであれば、安易に作ったポジションなのです。


慎重にかつ自信を持って作ったポジションならば、
Aの考えはすぐには思わないはずです。


しかし、例外があります。

スイングで説明しましたが、「リーマンショック」級、それ以上の
事件があれば、即損切りをしたほうが安全です。

損切り後に逆のポジションを作った方が効率がいいですが、
それすら想定してるのであればその限りではありません。


つまり、このスタイルはポジションを小さくし、口座維持率に

余裕がなげれば、とても放っておくなどできません。


中長期のスタイルは、ちょっとやそっとのことでは

気にしない鈍感力がポイントです。


次回は、各スタイルのメリット、デメリットについて

注目したいと思います。


【中長期向きFX業者】

中長期でFX業者を選ぶときに
優先とするところは、スワップです。
ポジション保有時間がかなり長いため、スワップにより
収支も変わってきます。スワップが多いFX業者ですと、
外為オンライン
になります。






もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。