広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

那須男(なすお)
とにかく那須が大好き。 目指せ那須マイスター!
リンク集

ボックス型香立て

新品価格
¥1,095から
(2012/4/18 14:53時点)

HEM ムーン 3個セット

新品価格
¥441から
(2012/4/18 14:55時点)

<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年04月22日
るるぶトラベルで那須旅行
こんにちは!那須男です。

先日ご紹介しました、温泉がるるぶトラベルさんに載っていました!
←の大きいバナー

「絶景一望閣 様」
八幡温泉を引くホテルです。
いくつもの温泉があり、スパとしても楽しめます。
客室からの景色はまさに絶景!
関東平野を一望できます。
さらに5月半ば〜6月上旬には、およそ20万本もの群生つつじが咲き乱れ、その景色は忘れることの出来ない思い出になると思います。


「大丸温泉旅館 様」
川の湯で有名な旅館です。 露天風呂は混浴(女性専用あり)です!
那須でも2番目に高い標高に位置する温泉で、乃木将軍も愛した温泉です。
なんといっても温泉の素晴らしさは言い表すことのできないほど。
裏山から湧き出た温泉をそのまませき止めて、温泉にしています。
家族やカップルで泊まる方にオススメです。


「大鷹の湯 様」
こちらは那須七湯ではありませんが、那須から近い、西那須野温泉のお宿です。
5つ星温泉に選ばれ、まさに真の掛け流しが味わえるといっていいでしょう。
さらに平日限定ですが、日帰り入浴が安い!
大人600円で入浴できます。
もちろん宿泊もでき、充実した施設でのんびりと過ごすことが出来ます。


シーズンオフであれば予約は比較的簡単に取れると思いますが、いずれも人気のある温泉です。
早めに予約を取って、楽しい旅行を楽しんでください。

2012年04月20日
那須の温泉
こんにちは。那須男です。
仕事でクタクタになって帰ってきましたが、更新はどんどんしていきたいと思います。

さて、那須といえば温泉というイメージがありますね。
しかしたくさんありすぎて、どこがいいのかわからない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、那須を代表する温泉をご紹介したいと思います。

那須には那須七湯といわれる温泉があります。
茶臼岳の麓に湧き出ている温泉はそれぞれ泉質が違い、殺生石付近にある「那須湯元温泉(鹿の湯)」から始まり、「高雄」「北」「弁天」「大丸」「三斗小屋」「八幡」の7つ。
どれもこれも素晴らしい温泉です。

特にオススメしたい温泉が、まず「鹿の湯」
鹿の湯は今から1300年ほど前に、猟師が仕留め損ねた鹿がその湯に浸かり、傷を癒していたのを発見したことが由来。
那須の中でも一番古く、由緒ある霊泉です。
入浴方法も独特で、洗い場がありません。
入浴前にかぶり湯を頭から数十回もかぶり、それから入浴します。
浴槽が複数あり、それぞれ温度が違います。お好みの温度でゆったり入浴してください。

鹿の湯そのものに宿泊施設はありませんが、付近には民宿やホテル、旅館が多くあります。
そのほとんどが鹿の湯の源泉を引いています。

また、那須与一が必中祈願をしたといわれる「温泉神社」が殺生石付近にあります。
温泉入浴ついでに参拝してみてはいかがでしょうか。

続いて、「大丸温泉」
ボルケーノハイウェイをひたすら登り、大丸温泉駐車場までたどり着けばすぐです。
ロープウェイのちょっと下くらいに位置します。
川の湯といわれる温泉は、湧き出た源泉をそのまませきとめて温泉にしたもの。
内湯と露天風呂があり、その露天風呂が最高。
しかも混浴!
ですが、女性専用露天風呂もありますのでご安心?くださいw
個人的にはこの「大丸温泉」はかなりのオススメです。
過去に何度も訪れています。

「三斗小屋温泉」
この温泉はたどり着くまでにかなりの労力と気合が必要です。
トレッキングをしていかなくてはなりません。
その時間実に約2時間半以上。
もちろん帰りも徒歩。

ぶっちゃけ、軽装だとキツイです。気合を入れた装備で挑んでください。
かなりの山奥ですので、電気がありません。
自家発電による電気はありますが、必要最低限と思ったほうがいいですね。
夜9時には消灯しますから、ライトが必要です。
温泉はトレッキングの疲れを癒してくれる野外温泉。
大変な思いをしますが、その反面たどり着いたときの達成感はいい思い出になるでしょう。


番外編
「老松温泉」
那須湯元温泉に入るちょっと手前(郵便局まで行ったら行き過ぎ)にある、知る人ぞ知る温泉。
いろんな意味で名湯。ある意味秘湯。
看板に従って進むとアスファルトから砂利道。そしてどこが駐車場なのかわからない駐車場。
歩いていくと、よくわからないものが捨ててあったり、どうみても崩れた家。
本当にあるんだろうか…と不安になってしまうほど。
道を挟んで2件の家があり、受付と温泉の入り口は別。
なんていうか、その家も今にも崩れ落ちそうなほど。
ドキドキしながらお金を払い、階段を降りていく。
脱衣所手前にある自販機。
ちゃんと動いてます。しかも普通に街中にあるような立派な自販機w
脱衣所に入ると、正直汚いって思う。
カゴはちゃんとあるけど、数が少ない。
そしてなぜかカゴの中に意味不明の灰皿。
とりあえず、浴場へ。

浴槽は2つあり、ぬるめの湯と熱めの湯。
青白い湯が張っており、硫黄?と思いきや実はアルカリ泉。
浸かってみると、じわじわと体の中が熱くなって来る。
ほんの数分で頭から汗が滴り落ちてくる。

飲泉も可能で、軽く飲んでみるとそこまでキツイ味ではない。
といっても口に残るようなザラザラとしたような…

風呂上りの肌は妙にツルツル。
冬場の那須なのに、外でもしばらく体はホカホカ。
逆に冷たい空気が心地よいくらいに感じました。

日帰り入浴であれば、ここもかなりオススメです。
見た目とは裏腹に、効果は素晴らしいものを持っています。
真の意味で秘湯ですね。

今日はここまで!
読んでいただきありがとうございました。

2012年04月18日
那須!
本日よりブログを書いていくことにしました、那須男(なすお)です。
プロフィールから見ても分かるかと思いますが
とにかく那須が大好きなやつです。

さて、もうそろそろGWですね。
色々と予定を立てている人もいるでしょうし、すでに立てたという人もいることでしょう。
GW中の那須はそりゃあもう大賑わいですよ。
あちらこちらに人人人…
去年は震災と原発の影響もあってか、それなりって程度でしたが、今年はたくさんの観光客で賑わって欲しいですね。

まだ予定が…って方はぜひ那須へ行ってみてください!
本当に素晴らしい場所ですよ!

Q.何がある?
A.なんでもあります!

答えになってないですね。
1つだけ言えることは、まず1日じゃ遊びきれません。
自分は何度も那須に足を運んでいますが、まだまだ未開拓の場所がたくさんあります。
有名な雑誌などで掲載されているところはもちろん、それ以外にもスポットがたくさんあるんです。

温泉があって、牧場があって、テーマパークがあって、おいしいレストランがあって、癒されるカフェがあって、思わず見とれてしまうような美術館があって、アウトレットまであって、外すことの出来ないお土産屋さんもあって…

さらに、四季折々の姿を見せる那須です。
春は新緑の山での森林浴ができて、夏は避暑地として、秋は絶景とも言える紅葉を見ることが出き、冬はスキーやスノボを楽しめ、雪景色の中での温泉…

たまらんwwwの一言。

あ、そうそう。
那須には天皇陛下ご一家がご静養なされる御用邸があります。
もちろん一般の人は立ち入ることは出来ませんが。
運がよければご一家を間近で見ることができるかもしれませんよ!?

とにかく、那須は老若男女問わず楽しめる観光地です。
一度ご計画を立ててみてはいかがでしょうか。


これから先、自分のお気に入りスポットやお店などを紹介していきたいと思います。
(もちろんどーでもいいことも書くけど)
よろしくお願いします!


あ、それから那須が好きな方や自分の日記を気に入ってくれた方、ぜひリンクしていってください!コメントもお待ちしております。

読んでいただきありがとうございました。


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。